レビュー
» 2015年08月18日 06時00分 UPDATE

Egdeは本当に速い?:「Boot Camp 6」でMacにWindows 10を入れてみた――ブラウザ対決編

「Boot Camp 6」で、MacBook Pro RetinaにWindows 10をインストールし、Edge、IE、Chrome、Firefox最新版の性能を比較してみた。

[後藤治,ITmedia]

Windows 10で「Microsoft Edge」と他社製ブラウザを比較

 前回の記事では、Boot Camp 6を使ってMacBook ProにWindows 10をインストールする際の手順を紹介した。せっかくなので、同環境下でWindows 10の標準ブラウザである「Microsoft Edge」と、従来の「Internet Explorer 11」、およびWindows 10に対応した「Google Chrome」と「Firefox」のパフォーマンスを比較してみた。

 Microsoft Edgeは、Webページの任意の場所へコメントが付けられる「注釈」や、シンプルな閲覧画面の「リーディングモード」といった新機能のほか、高速化もうたっている。テストはFuturemarkの「PEACEKEEPER」のほか、JavaScript関連のテストとして「SunSpider」、HTML5関連のテストとして「WebXPRT」と「HTML5TEST」を実行している。なお、Googleの「Octane 2.0」はEdgeのスコアが異常に低い数値となったので除外した。

 結果は以下の通りで、JavaScript関連のテストでは良好な結果を示す一方、ほかのテストでは他社製ブラウザを下回るスコアが多い。もっとも、IEに比べればすべてで上回っており、新機能や新デザインのUIといった面以外でも標準ブラウザがIEからEdgeに変更されたメリットはある。今回のテスト結果では全体的にFirefox(40.0.2)が最も良好な結果を残した。

og_bootcamp6_022.jpg PEACEKEEPEERの結果

og_bootcamp6_023.jpg SunSpider 1.0.2の結果

og_bootcamp6_024.jpg WebXPRT 2015の結果

og_bootcamp6_025.jpg HTML5TESTの結果

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-