ニュース
» 2015年12月08日 16時30分 UPDATE

ポメラからPCへ進化:キングジムがついにPC発売へ 広く使える分割キーボード搭載の8型ノート「ポータブック」

キングジムは、左右に分割して収納できるキーボードが備わった8型モバイルノートPC「ポータブック」を2016年2月12日に発売する。

[ITmedia]

 キングジムは12月8日、分割して収納できるキーボードを備えたA5サイズのモバイルノートPC「ポータブック」(型番:XMC10)を発表、2016年2月12日に販売を開始する。価格はオープン、実売価格は9万円前後の見込みだ。

XMC10 「ポータブック」(型番:XMC10)

 同社初となるノートPC製品。クラムシェル型の文章入力デバイス「ポメラ」で培った折りたたみキーボードの特徴を生かし、PC市場に参入することとなった。携帯性を重視し、8型ワイド液晶ディスプレイ搭載のA5手帳サイズボディに仕上げている。

 最大のポイントはポメラを思わせるキーボードだ。左右に分割して90度回転させることで小さく収納できる「スライドアーク キーボード」を採用し、8型モバイルノートPCでありながら約18ミリ(縦)/15.5ミリ(横)のキーピッチ、約1.5ミリのキーストロークを確保した。キー配列は日本語85キー仕様だ。キーボード展開時はボディの幅からはみ出すが、キーボードの周囲をアルミフレームで補強し、安定した文字入力が可能という。

 キーボード中央部には、光学式ポインティングデバイスの「フィンガーマウス」を備えており、ボディ手前に左右のクリックボタンとスクロールボタンを配置している。タッチパッドは非搭載だ。

 本体サイズはキーボード折りたたみ時が204(幅)×153(奥行き)×34(高さ)ミリ、キーボード展開時が266(幅)×153(奥行き)ミリ、重量は約830グラム。ボディ内部はファンレス設計を採用、表面はレザーのような手触りだ。公称のバッテリー駆動時間は約5時間(JEITA 2.0)。

ボディ外観 A5の手帳とほぼ同じサイズのボディ。本体表面はレザーのような手触りに仕上げた
キーボードの変形機構 キーボードが左右に分かれ、弧を描きながらスライドして2つにたためる変形式の「スライドアークキーボード」。タイピング時の静音性にもこだわったという
キーボードの特徴 変形キーボードによって、小型ボディながら広いキーピッチを確保している

 プロセッサはSurface 3にも採用されているAtom x7-Z8700(1.6GHz/最大2.4GHz)を搭載。2Gバイトメモリ(LPDDR3-1600)、32Gバイトストレージ(eMMC 5.0)、1280×768ピクセル表示の8型ワイド液晶ディスプレイ(ノングレア)を内蔵する。

 通信機能はIEEE 802.11b/g/nの無線LAN、Bluetooth 4.0+EDRを標準装備。HDMI出力、アナログRGB(D-Sub)出力、USB 2.0、SDXC/UHS-I対応のSDメモリーカードスロット、ヘッドフォン端子、約200万画素のWebカメラ、1ワット+1ワット出力のステレオスピーカー、アレイマイクを内蔵する。

 充電端子はMicro USBを用いており、USBタイプの小型ACアダプターが付属する。市販のタブレット用モバイルバッテリー(5ボルト/2アンペア)からも充電可能だ。

 プリインストールOSは64ビット版のWindows 10 Home。オフィススイートはOffice Mobile プラス Office 365サービスを備えている。

背面と側面 ボディの背面と側面。背面のカバーを開くと、主要なインタフェースが現れる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.