連載
» 2015年12月20日 13時46分 UPDATE

週末アップルPickUp!:2015年ベストの音楽、映画、アプリは? Appleが各ストアで「BEST OF 2015」を公開

2015年もあと2週間弱で終わろうとしています。2015年はどんなコンテンツがヒットしたのでしょうか? 各ストアのエディターたちが厳選した、2015年を代表する傑作タイトル特集「BEST OF 2015」で今年のエンターテイメントを振り返ってみましょう!

[らいら,ITmedia]

今年のベストアプリは「Enlight」

 App Storeのベストアプリでは、iPhone、iPad、Macの各デバイス部門に加え、今年からApple TVとApple Watchが追加されました。

og_applepickup_001.jpg Apple Watchの「BEST OF 2015」はWatchアプリの「おすすめ」タブからどうぞ

 iPhone部門の今年のベストAppは画像編集アプリ「Enlight」、ベストゲームは「トゥームレイダー」をテーマにしたパズルアドベンチャーゲーム「Lara Croft GO」が受賞。次点でカレンダーアプリ「Fantastical 2 for iPhone」や脳トレゲーム「Brain Dots」などが選ばれています。

og_applepickup_002.jpg 「Lara Croft GO」はアプリ価格600円のところ、期間限定60%オフの240円でセール中)

 今年のトレンドは、少人数の企業から世界中でヒットするアプリが多く生まれたことです。特に渋谷のスタートアップ企業、トランスリミットがリリースした「Brain Dots」は、1カ月で1000万ダウンロードを突破する大ヒットとなりました。150カ国以上にユーザーを持ち、海外ユーザー比率はなんと95%以上。すでに飽和状態と思われていたアプリ市場でも、発想次第で大手デベロッパーをしのぐヒット作はまだまだ生まれると言えそうです。

og_applepickup_003.jpg グローバルにヒットした「Brain Dots」

音楽&映画&本のベストは?

 iTunes StoreやApple Musicでは「BEST OF 2015:ミュージック」を公開中。ベストアーティストは「POSITIVE」のtofubeats、ベストアルバムは3代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「PLANET SEVEN」、ベストソングはOne Directionの「Drag Me Down」が選ばれました。

og_applepickup_004.jpg ベストニューアーティストは「THE BAY」のSuchmos

 映画部門も見てみましょう。ベスト大ヒット映画は「マッドマックス 怒りノデス・ロード」、ベスト監督作品はアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」、ベスト日本映画は「ビリギャル」、ベストファミリー映画は「インサイド・ヘッド」でした。

og_applepickup_005.jpg iTunes スタッフメモも必読

 iBooksのベスト小説は伊坂幸太郎の「火星に住むつもりかい?」、ベストマンガは東村アキコの「雪花の虎」、ベストミステリーは東山彰良の「流」、ベストビジネスはジョージ・フリードマン&夏目大の「新・100年予測 ヨーロッパ炎上」が受賞。

og_applepickup_006.jpg iBooksのBEST OF 2015は「おすすめ」タブページ中盤のバナーからどうぞ

 今年の洋画は大作ぞろいだったので、個人的には例年より映画館によく足を運び、映画をより楽しめた1年でした。あなたにとっての「今年のベスト」はどんな作品でしたか?

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-