ニュース
» 2016年03月22日 08時00分 UPDATE

思わず見とれてしまう:iPhoneを分解するために生まれたロボット「Liam」

Appleの手にかかれば、iPhoneの分解作業さえ美しい。

[ITmedia]

 米Appleは3月21日(現地時間)の「iPhone SE」発表イベントで、環境への取り組みを説明し、製品リサイクル施策の一環としてiPhone自動分解ロボット「Liam」を紹介した。

Liam iPhone自動分解ロボット「Liam」

 Liamは使用済みiPhoneを分解するために設計された工業用ロボット。年間120万台以上を分解できる。iPhoneのディスプレイを取り外し、センサーで部品を検出した後、ネジやSIMスロットのトレイ、ケースといったパーツを分解、部品内の素材を再利用するために分別を行う。具体例としては、iPhoneに内蔵されたバッテリーからコバルトとリチウム、カメラの中から金と銅、メインボードから銀とプラチナを取り出し、それぞれ再利用する。

Liam ディスプレイをベリッと剥がす
Liam センサーで内部のパーツを検出
Liam ドライバーでネジを外す。外されたネジはチューブをつたって分別される
Liam SIMスロットのトレイも器用に引っこ抜く
Liam バッテリーが外された状態
Liam カメラだけを挟んで分離
Liam メインボードも吸盤で取り外す
Liam それぞれの部品を分別し、リサイクルへ

 なお、Appleは同日、最大3万6000円割引の「iPhone下取りキャンペーン」およびリサイクルプログラム「Apple Renewプログラム」を開始している。

関連キーワード

iPhone | 分解 | Apple | ロボット | リサイクル | iPhone SE


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-