ニュース
» 2016年10月05日 03時00分 UPDATE

Google、Wi-Fiルーター「Google Wifi」を米国で発売 129ドル/台から

Googleが「OnHub」の特徴を継承したWi-Fiルーターを米国で11月に発売する。1台だけで使うこともできるほか、複数台を連携させて動作させることもできる。

[井上翔,ITmedia]

 Googleは10月4日(米国太平洋時間)、無線LAN(Wi-Fi)ルーター「Google Wifi」を発表した。価格は1台パックが129ドル、3台パックが299ドル。米国での販売は、Google Store、Amazon、Best BuyとWalmartで行う。11月から予約を受け付け、12月に発売する予定だ。

Google Wifi Google Wifi(発表会より)

 Google Wifiは1台でメインの無線LANルーターとして使うことができるほか、複数台設置して屋内のカバーするエリアを広げる使い方も可能だ。複数台で利用する場合、Google Wifi同士が「メッシュ(網状)ネットワーク」で通信し、屋内のどこでも最適な通信環境を実現できるようになっているという。

設置イメージ 屋内に複数台設置してエリアカバレージの拡大にも使える(発表会より)
メッシュネットワーク 「メッシュネットワーク」に対応することで、複数台設置時に最適な通信環境を自動構築する(発表会より)

 また、2015年8月に発表した「OnHub」の特徴も継承しており、シンプルな専用アプリを使ってGoogle Wifiの管理、接続中の端末の確認、通信の優先設定(より速く通信させる端末の指定)、端末ごとの利用時間制限設定、Wi-Fiパスワード(暗号化キー)のシェアなどを行える。

管理アプリ OnHubと同様に、シンプルな管理アプリで各種設定が可能(発表会より)
アクセス制限 接続端末単位で利用制限を加えることができるので、「子供のネット使いすぎ対策」も容易(発表会より)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう