ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「メッシュネットワーク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「メッシュネットワーク」に関する情報が集まったページです。

ホームネットワークの基礎知識【後編】
在宅勤務を危険・不快にしないためのホームネットワーク「4つの注意点」
在宅勤務などのテレワークを実施する際、ホームネットワークのセキュリティを確保したり、データ伝送を安定化させたりする上で注意すべきこととは何か。主要な4つの注意点を紹介する。(2020/7/31)

ベルキン、トライバンド接続をサポートした11ac無線LANルーター
ベルキンは、IEEE 802.11ac接続に対応する無線LANルーター「MR9000X」を発売する。(2020/7/10)

Edge Impulse:
TinyMLの簡素化に取り組む米スタートアップ
筆者は最近、TinyML(スマートフォンでも動作可能なほど低消費電力の機械学習)関連の動向について取り上げることが増え、その中でEdge Impulseの名前が頻繁に登場するということに気付いた。Edge Impulseはどのような企業なのか。(2020/7/8)

PC接続で利用可能な評価キットも:
ラピス、Bluetooth 5対応無線通信モジュール発売
ラピスセミコンダクタは、Bluetooth 5規格に対応したBluetooth low energy(BLE)無線通信モジュールとして「MK71511」と「MK71521」の2製品を発売した。評価キットも用意している。(2020/7/8)

応用製品の開発期間を短縮:
Bluetooth 5.0対応無線モジュール用開発ボード
STマイクロエレクトロニクスは、Bluetooth 5.0規格に準拠した無線モジュール「BlueNRG-M2SA」用の開発ボード「STEVAL-IDB008V1M」を発表した。(2020/7/3)

メッシュプラットフォームを活用:
オンセミ、BLEメッシュネットのソリューション
オン・セミコンダクターは、RSL10メッシュプラットフォームを用いた「Bluetooth Low Energy(BLE)メッシュネットワークソリューション」を発表した。(2020/6/26)

テレワークをするなら押さえておきたい基礎知識
いまさら聞けない「VPN」の必修12用語 あなたは幾つ知っている?
「VPN」は安全なテレワークを実現するための重要な技術だ。暗号化の方法からVPNサービスの種類まで、VPNに関連する主要な用語を理解しよう。(2020/6/10)

ASUS、Wi-Fi 6に対応した無線LANルーター「TUF-AX3000」 “ゲーム用”有線LANポートを搭載
ASUS JAPANは、最新のWi-Fi 6規格に対応した無線LANルーター「TUF-AX3000」を発表した。(2020/5/8)

オン・セミコンダクター QCS-AX2シリーズ:
「Wi-Fi 6E」アプリケーション向けチップセット
オン・セミコンダクターは、6GHz帯を使う「Wi-Fi 6E」アプリケーション向け「QCS-AX2」チップセットファミリーのサンプル出荷を開始した。トライバンド対応で、密集した環境やサービスが普及していないエリアにも、Wi-Fi性能と接続性を提供する。(2020/5/8)

組み込み開発ニュース:
BLE5やThread対応のゲートウェイ機器開発を支援する拡張ボードを発売
アットマークテクノは、同社のArm+Linux対応組み込みIoTボード「Armadillo-640」用の拡張ボードとして、BLE5やThreadに対応する「Armadillo-600シリーズ BT/THオプションモジュール」を発売した。(2020/4/24)

Pixel 3a XLは税込み2万2000円引き:
Pixel 4(128 GB)購入でNest HubとNest Miniをプレゼント――Google Storeでキャンペーン開催中
大型連休を控え、Google Store(Web直販)が複数のキャンペーンを開催している。Pixel 3a XLの税込み2万2000円引きを始めとして、お得にいろいろ購入するチャンスだ。(2020/4/23)

組み込み開発ニュース:
「BluetoothはIoTの主役」、2024年には搭載機器の66%がPCやスマホ以外に
Bluetooth SIG(Special Interest Group)がオンライン会見を開き、2024年までのBluetooth搭載機器の出荷台数予測をまとめた「Bluetooth市場動向2020」について解説。グローバルのBluetooth搭載機器の年間出荷台数は、2019年の42億台から年平均8%で成長し、2024年には62億台に達する見込みだ。(2020/4/20)

ASUS、Wi-Fi 6に対応したエントリー無線LANルーター
ASUS JAPANは、最新のWi-Fi 6接続に対応した無線LANルーター「RT-AX56U」を発売する。(2020/4/17)

Bluetooth SIGが普及見通しを説明:
Bluetooth搭載機器の出荷台数、2024年に60億台超へ
Bluetooth Special Interest Group(以下、Bluetooth SIG)は2020年4月15日、2024年にBluetooth搭載機器の年間出荷台数が62億台に達するなどとする市場見込みを発表した。(2020/4/16)

エレコム、メッシュ接続をサポートした11ac対応無線LANルーター
エレコムは、メッシュネットワークの構築が可能な11ac対応無線LANルーターセット「WMC-2HC-W」を発売する。(2020/4/7)

オフィスのWi-Fiメッシュ環境を自動構築してくれる「ケーブルいらず」
機器を複数設置すると、自動的にメッシュネットワークを構築してくれるオフィス向けアクセスポイントが登場。サブスクリプションモデルで提供する。(2020/4/6)

アイ・オー、メッシュ接続対応の11ac無線LANルーターに子機セットモデルが追加
アイ・オー・データ機器は、同社製の11ac対応無線LANルーター「WN-DX1167GR」に子機を付属したセットモデルを発表した。(2020/4/2)

幻想の5G 技術面から見る課題と可能性
夢のように語られる5G。課題としていわれるのは、エリア展開の遅さと料金面についてが多い。しかし、5Gを技術面から見た場合はどうか。「4Gと何が違うのか。本当の意味で違うのは、ミリ波帯域が併用になってきたとき。現状、3Gから4Gになったときのような感動は、あまり得られないだろう」と、無線通信技術の専門家、ピコセラの古川浩社長は話す。(2020/4/1)

スマートオフィス:
人検知センサー×ビーコンで、オフィス内のリアルタイム個人検索
大成建設は、人検知センサーとビーコンを組み合わせ、個人を特定できないデメリットや位置精度の低さといった互いの短所を補い、オフィス内の人の所在位置を高精度に把握する新システムを開発した。(2020/2/18)

ASUS、メッシュ接続もサポートしたWi-Fi 6対応無線LANルーター
ASUS JAPANは、Wi-Fi 6接続に対応した無線LANルーター「RT-AX3000」を発表した。(2020/2/10)

予算も余裕もないのに、一体どうすれば?:
PR:限られたリソースで、大企業と同等レベルのセキュリティを実現
サイバー攻撃による情報漏えい事件などが相次ぐ中、企業には高度なセキュリティ対策が求められている。だが、予算もスキルも限定的な中堅・中小企業の場合、セキュリティ対策に十分なリソースを投入するのは難しいのが現実だ。しかし、大企業の取引先となる中堅・中小企業をまず狙い、サプライチェーンに沿って攻撃対象を拡大するサプライチェーン攻撃も増えつつある今、中堅・中小企業にも大企業並みの対策が求められている。では一体どうすれば? 現実解を探る。(2020/2/5)

オートモーティブワールド2020:
車載リチウムイオン電池を無線通信で管理する理由は「リユースとリサイクル」
ケーヒンは、「オートモーティブワールド2020」において、リチウムイオン電池モジュールの各電池セルの状態を無線通信で管理できる「ワイヤレス式バッテリーマネジメントシステム」を展示した。(2020/1/24)

バッファロー、メッシュネットワーク対応11ac無線LANルーターをリニューアル 「ネット脅威ブロッカー Premium」1年ライセンス付き
バッファローは、同社製のメッシュネットワーク対応11ac無線LANルーター「WRM-D2133HP」のリニューアルを発表した。(2020/1/16)

CES 2020:
ジャガイモにもIoT化の波? アンテナ刺した「スマートポテト」がCES 2020で話題
米ラスベガスで開催中の「CES 2020」で、アンテナを刺したジャガイモを展示するブースが話題になっている。(2020/1/10)

高精度の測位も可能:
LoRaWANとWi-Fiは好相性、組み合わせて幅広い用途に
IoT(モノのインターネット)の導入を進める際、無線接続ソリューションの選択肢が多過ぎて、その検討にかなりの時間を費やしてしまうのではないだろうか。しかし、Wi-FiとLoRaWANは、エッジからクラウドへのエンド・ツー・エンドのソリューションとしての相乗効果を生み出すことから、非常に魅力的な選択肢だといえる。(2019/12/20)

第4回 スマートビルディング EXPO:
ZETA通信を用いたIoTサービスをリリース、センサーは温湿度や人感などの5種類
NECネッツエスアイは2019年12月3日から2020年1月31日までの期間限定で、マルチホップ接続や双方向通信に対応したZETAネットワークを用いた「IoTトライアルサービス」をリリースした。センサーデバイスは温湿度や人感、照度、ドア開閉、漏水、電流向けの5種類を備えており、さまざまな施設状況を“見える化”するサービスとして拡販している。(2019/12/19)

16個並列でノイズを大幅に削減:
MEMS加速度センサーで精密な「たわみ計測」を実現
アナログデバイセズ(ADI)は「第6回鉄道技術展2019」(2019年11月27〜29日、幕張メッセ)で、同社の低ノイズMEMS加速度センサーを活用した「橋梁のたわみ測定ソリューション」などを展示した。(2019/12/5)

Google、自社ブランドのメッシュ対応Wi-Fiルーター「Nest Wifi」 29日に日本で発売 1万9800円から
Googleが自社ブランドのWi-Fiルーター新製品「Google Nest Wifi」を11月29日に日本で発売する。(2019/11/28)

GoogleのメッシュWi-Fi「Google Nest Wifi」が日本上陸 11月29日発売
Googleのメッシュ型Wi-Fi(無線LAN)ネットワーク機器が日本に上陸する。先代の「Google Wifi」とは異なり、外部ネットワークに接続する「ルーター」と、Wi-Fiネットワークを拡張する「拡張ポイント」が別体化し、単品またはセットで販売される。(2019/11/28)

バッファロー、メッシュネットワーク対応無線LANルーターに“ネット脅威ブロッカー”搭載モデルを追加
バッファローは、メッシュネットワーク対応無線LANルーター「AirStation connect」シリーズの新モデルを発表した。(2019/11/20)

ASUS、Wi-Fi 6もサポートしたメッシュWi-Fi対応無線LANルーター
ASUS JAPANは、最新のWi-Fi 6にも対応したハイスペック無線LANルーター「RT-AX92U」を発表した。(2019/10/25)

シリコン・ラボ MGM210x/BGM210x Series 2モジュール:
主要メッシュネットワークに対応したモジュール
シリコン・ラボラトリーズは、主要メッシュネットワークに対応した「MGM210x」「BGM210x Series 2」モジュールを発表した。スマートLED照明、ホームオートメーション、工業用IoT向けのワイヤレスソリューションの開発を支援する。(2019/10/15)

アライアンスの認証を取得:
ローム、Wi-SUN JUTA対応無線通信モジュール
ローム製の無線通信モジュールが、スマートメーター向けの新たな国際無線通信規格である「Wi-SUN JUTA」の認証を取得した。(2019/6/7)

シリコン・ラボ Wireless Gecko Series 2:
高いRF機能を備えたIoT接続プラットフォーム
シリコン・ラボラトリーズは、Wireless GeckoポートフォリオのRF機能とマルチプロトコル機能をベースにした、新しいIoT(モノのインターネット)接続プラットフォーム「Wireless Gecko Series 2」を発表した。(2019/5/29)

組み込み開発ニュース:
遠隔地からでもデータ管理が可能、次世代LPWA規格ZETA対応IoTデバイス
凸版印刷は、次世代のLPWA規格「ZETA」対応のIoTデバイス開発で、ACCESSと協業する。GPSを利用して位置情報を監視する「GPSトラッカー(ZETA版)」、カメラによる位置情報からAI解析する「IoTカメラ(ZETA版)」を今夏より提供開始する。(2019/5/16)

TECHNO-FRONTIER 2019:
STマイクロ、生産設備の予知保全などを可能に
STマイクロエレクトロニクスは、「TECHNO-FRONTIER 2019(テクノフロンティア)」で、産業機器のスマート化/IoT(モノのインターネット)化を加速するためのソリューションを提案した。(2019/4/19)

製造業IoT:
AP増設工数を10分の1に削減、アライドテレシスが無線LAN新技術を発表
ネットワーク機器を製造販売するアライドテレシスは2019年4月11日、無線LANアクセスポイント同士を無線接続することで容易に無線LAN環境を拡張できる「AWC-SC(Autonomous Wave Control Smart Connect)」を開発したと発表した。(2019/4/12)

第8回 IoT/M2M展 春:
ADI、振動計測や侵入検知を具体的事例で紹介
アナログ・デバイセズ(ADI)は、「第8回 IoT/M2M展 春」で、MEMS加速度センサーを応用した「振動計測レファレンスソリューション」など、ユーザー事例を含む最新ソリューションのデモ展示を行った。(2019/4/11)

サイレックス MNS-300EM:
CPU搭載メッシュWi-Fi組み込みモジュール
サイレックス・テクノロジーは、メッシュ型の無線LANネットワーク環境を自律的にに構築し、搭載機器同士をシームレスに接続する、CPU搭載型メッシュWi-Fi組み込みモジュール「MNS-300EM」を発売した。(2019/3/26)

組み込み開発ニュース:
PythonだけでIoTのPoCを組める、「Degu」はWeb系エンジニア向けのIoTセンサー
アットマークテクノ、Seeed、コアスタッフの3社は、Python系言語を扱うWeb系エンジニアに向けてIoTセンサー技術をオープンソースで提供するプロジェクト「Degu(デグー)」を共同で発足すると発表した。(2019/3/18)

ITインフラは「究極の仮想化」へ 
5G、クラウド、ギガビット無線LANで企業ネットワークインフラが消滅する日
クラウド、5G、スモールセル、BYODなどによって、企業のネットワークインフラが完全になくなる可能性はあるだろうか。将来的になくなる可能性が大いにある。(2019/3/11)

Arm最新動向報告(2):
Armのサーバ向け戦略十年の計は実を結ぶか、新プロセッサ「Neoverse」
2018年後半に入って急激に動きを活発化させているArm。本連載では同社の最新動向について報告する。第2回のテーマはサーバ/クラウド向けの新たなブランド名として発表された「Neoverse」だ。(2019/1/16)

ASUS、IEEE 802.11axにドラフト対応した無線LANルーター「RT-AX88U」を発表 最大通信速度は4804Mbps
ASUS JAPANは、次世代規格のIEEE 802.11axにドラフト対応した無線LANルーター「RT-AX88U」を発表した。(2018/12/21)

HashiCorpがリリース予定
「Kubernetes」「Nomad」のマネージドサービスを比較 使い分けが進む?
NomadとKubernetesはコンテナ管理ツールだ。HashiCorpはマネージドNomadのリリースを予定しており、このサービスはクラウドベンダーが提供するマネージドKubernetesに対抗し得る。(2018/12/13)

建設現場で危険予知にAI活用、IoTセンサーとAzureを組み合わせたエッジ画像処理の実証実験を開始
協和エクシオは、自社のIoTセンサーと、Microsoft Azure IoT Edgeを活用した「Vision AI Developer Kit」を組み合わせた実証実験を開始した。これまでAIを導入することが難しいとされてきた建設現場やビルなどに適用し、IoTセンサーと組み合わせたエッジ画像処理で、現場の危険予知や施設の防犯などに役立てていく。(2018/11/30)

市場分析や国交省の講演など建設業の問題をICTで解くセミナーを開催、ヒューマンタッチ総研
ヒューマンタッチ総研は、「建設業界を魅力ある業界へ 生産性向上と働き方改革」をメインテーマに掲げた建設技術者を対象としたセミナーを開催した。建設現場の最前線で活用されているICT技術やIoTネットワークインフラ、建設生産支援クラウド、話題となっているRPAの建設業界への導入についてなど、豊富な事例を交えて紹介した。(2018/11/30)

組み込み採用事例:
IoTオーケストレーションサービス対応のゲートウェイ、レオパレス21が採用
ウフルは、IoTオーケストレーションサービス「enebular」の製品ラインアップに、IoT対応ゲートウェイ「enebular Mesh Network EGRET」を加え、販売を開始。レオパレス21が初採用した。(2018/11/27)

TP-Link、手軽にメッシュWi-Fiを導入できる入門機「Deco M4」 2台セットで実売1万2900円前後
ティーピーリンクジャパンは、独自のメッシュネットワーク機能を利用可能な無線LANルーター「Deco M4」の販売を開始する。(2018/11/22)

認証用標準器の候補に選定される:
ルネサス、年内にWi-SUN FAN 1.0の認証取得へ
ルネサス エレクトロニクスの「サブギガ帯無線ソリューション」が、国際無線通信規格「Wi-SUN FAN」の認証用標準器(TBU:Test Bed Unit)候補に選定された。(2018/11/8)

Bluetooth mesh入門(3):
デバイスの管理 〜Bluetooth meshネットワークへの追加と削除
今回は、Bluetooth meshネットワークにデバイスを追加あるいは削除する方法について解説します。(2018/9/5)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。