ニュース
» 2016年10月28日 13時41分 UPDATE

日本では表参道店だけ:アップルストア表参道で新型「MacBook Pro」展示開始

新型入力インタフェース「Touch Bar」を内蔵するMacBook Proの実機展示がアップルストア表参道で始まった。見るだけかぁ。

[ITmedia]

 既報の通り、10月27日(現地時間)に行われた米Appleの新製品イベントで、Touch Barを搭載した新型「MacBook Pro」が発表された。これにあわせて、一夜明けた日本時間の10月28日から、アップルストア表参道店で製品展示が開始されている。

新型15インチMacBook Pro

 といっても、展示機は店舗入り口左右の円筒形ショーケースに設置された15インチ/13インチの1台ずつのみ。実機に触って操作することはできず、Touch Barが動作するデモをケースの外から見られるだけだ。

アップルストア表参道。入り口すぐのショーケース内に13インチモデルと15インチモデルが1台ずつ展示されている

新型13インチMacBook Pro。厚さ約14.9mmのボディーは、旧モデルに比べて数字以上に薄くなった印象を受ける

第2世代バタフライ構造の薄型キーボードもボディーの薄型化に貢献している

 従来のファンクションキーを廃し、これに代わる入力インタフェースとして、有機ELディスプレイと静電容量式タッチパネルを組み合わせたガラスのバーをキーボード上部に配置したデザインは、SurfaceシリーズなどノートPCにマルチタッチ液晶を採用する方向性とは異なるもう一つの選択肢として興味深いが、重要なのは実際にそれがユーザー体験の向上につながるかどうか。そういう意味で、タッチ&トライできない展示内容はちょっと残念だ。

注目のTouch Barは動いているのを見るだけ。残念

 ただし、実はTouch Bar搭載MacBook Proを展示しているのは世界でわずか7店舗のみ。米国を除けば、この表参道店とドバイ、上海、ロンドンの4店舗しかないという。現時点で、Touch Bar搭載MacBook Proの出荷予定日は2週間後〜となっており、日本のユーザーにとってこの表参道店が貴重な場であることは間違いない。見るだけでもかまわない、という方は、アップルストア表参道を訪れてみてはいかだろうか。

 なお、Touch Bar非搭載モデルはすでに購入可能だが、展示は土曜日からになるようだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう