ニュース
» 2017年10月05日 12時00分 公開

「Google Home」が10月6日に発売 小型の「Google Home Mini」も登場

音声アシスタントデバイスの「Google Home」がいよいよ日本上陸。10月6日に発売する。小型の「Google Home Mini」も登場する。

[田中聡,ITmedia]

 Googleが10月4日、音声アシスタントデバイス「Google Home」と「Google Home Mini」の日本発売を発表した。Google Homeは10月6日に、Google Home Miniは10月23日に発売する。価格(税別)はGoogle Homeが1万4000円、Google Home Miniが6000円。Google Store、auショップ、ビックカメラ、ヤマダ電機、楽天で取り扱う。

Google Home 「Google Home」(左)と「Google Home Mini」(右)
Google Home Google Home
Google Home 片手で持つとちょっと重い
Google Home パッケージ
Google Home Google Home Miniは手にすっぽりと収まるサイズ

 Google Home/Google Home Miniは、Googleの音声アシスタント「Google Assistant」を搭載したデバイス。スピーカーとマイクを内蔵しており、「OK Google」と話しかけるとGoogle Assistantが起動し、音声でさまざまな操作ができる。通信はWi-FiとBluetoothをサポートしているが、モバイル通信には対応しない。

Google Home 「OK Google」と話してGoogle Homeが認識すると、上部に丸いアイコンが点灯する。端にある2つの穴がマイク

多彩な調べ物や設定ができる

 起床時や就寝前にあいさつをしたり、当日の天気や予定、最新のニュースなどを教えたりしてくれる。ニュースはNHK、日本経済新聞、J-WAVEなどのコンテンツを聞ける。

 質問に対しては、Googleの検索結果をもとに回答してくれる。「1ドルは何円?」「25×83は?」「東京タワーに行くには?」などを調べてくれるほか、「トラの鳴き声は?」「早口言葉を言って」といったリクエストにも応じてくれる。さらに、「食べログ」や「ホットペッパーグルメ」など、外部パートナーのコンテンツとも連携する。例えばレシピを調べたいときは、「楽天レシピ」を呼び出して質問ができる。

 アラームを音声でセットしたり、複数のキッチンタイマーを個別にセットしたりもできる。スマート家電の操作にも対応しており、「朝起きてから夜寝るまでをサポートする」のがGoogle Home/Google Home Miniの狙いだ。

音楽や映像のサービスとも連携

 連携したスマートフォンで利用している音楽のストリーミング再生にも対応しており、「Google Play Music」と「Spotify」が対応する。「○○(アーティスト名)の●●(曲名)をかけて」などと音声で楽曲の再生をリクエストできる。スマートフォンで音楽を再生していないときでもGoogle Home/Google Home Miniで再生が可能だ。

 Google Homeは高出力のスピーカーを搭載しており、外部スピーカーとしても活躍する。

 Chromecastとも連携し、見たい映画の作品名などをGoogle Home/Google Home Miniに話しかけると、テレビ側で再生が始まる。映像の早送りや一時停止も音声で操作できる。

 米国とカナダでは、Wi-Fi経由の通話機能が提供されているが、日本では利用できない。連携したスマートフォンにかかってきた電話をGoogle Homeで受けて通話することもではできない。

最大6人の声を聞き分けられる

 本体上部にはタッチセンサーを備えており、指でなぞるとスピーカーの音量調節ができる。音量調節は音声でも可能。マイクは上部に2つ内蔵しており、ある程度離れた場所から話しかけても認識してくれる。

Google Home 上部をなぞると音量の調節ができる

 自然言語処理と音声認識技術により、最大6人の声を聞き分けられる「ボイスマッチ」に対応。最大6人が、それぞれのGoogleアカウントを登録できる。例えば複数の人が「今日の予定は?」と話しかけると声で判別し、Aさんが話したときはAさんの予定を、Bさんが話したときはBさんの予定を教えてくれる。

Google Home 連携するアプリ。Google Homeで利用する音楽サービスや、家電操作などの設定を行う

基本スペック

 Google Homeのサイズは96.4(直径)×142.8(高さ)mm、重量は477g。カラーはホワイトとファブリックの組み合わせ1パターン。コーラル、カーボン、カッパーの着せ替えベースを3000円〜4500円で販売する。

Google Home 別売りのGoogle Homeベース

 Google Home Miniのサイズは98(直径)×42(高さ)、重量は173g。カラーはチョーク、チャコール、コーラルの3色。

 2機種ともディスプレイは搭載していない。バッテリーも内蔵しておらず、電源アダプターに接続した状態で使う。

 2機種ともAndroid 4.2以降、iOS 9.1以降のスマートフォンと連携する。

Google Home Google Homeの底面に技適マークがある
Google Home Google Home Miniの裏面。右下に技適マークがある
Google Home マイクスイッチと外部接続端子(Micro USB)

KDDIも販売

 日本の信キャリアとして唯一、KDDIも取り扱う。価格はGoogle Homeが1万4000円、Google Home Miniが6000円。auオンラインショップやKDDI、沖縄セルラー直営店で販売する。10月4日から予約を受け付ける。

 11月下旬以降、KDDIのホームIoTサービス「au HOME」、音楽配信サービス「うたパス」、動画配信サービス「ビデオパス」がGoogleアシスタントに対応し、「OK Google」と呼びかけて、au HOME対応の家電を操作したり、音楽・動画を再生したりできる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう