ニュース
» 2017年11月08日 12時14分 公開

NTTデータ、AI技術を活用したロボホン向け手話通訳アプリを発表

NTTデータとシャープ、NTTデータSBCの3社は、ディープラーニングを用いたロボホン向け手話通訳アプリケーションを開発した。

[ITmedia]

 NTTデータとシャープ、NTTデータSBCの3社は11月8日、ディープラーニングを用いたロボホン向け手話通訳アプリケーションを共同開発したと発表した。

 聴覚障がい者の手話の動きを分析して健常者に日本語で伝える機能、および健常者の発話の内容を外部デバイスなどに表示できる機能を備えた双方向型の通訳アプリケーション。現段階では「手話初学者の手話練習」「単語レベルでの意思伝達交換」を想定している。

photo

 手話の認識範囲は、現段階では日本語対応手話の1種類。今後、国際手話など認識できる種類の増加を予定しており、早期の実用化を目指すとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう