ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「通訳」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「通訳」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

電化製品の「ピ」を人間の言葉に通訳してくれるスマートスピーカーがあったら……? もしもの世界を描いた漫画に「かわいい」「一家に一台欲しい」
こんなスマートスピーカーなら迷わず買う!(2019/7/7)

好きな人が話す沖縄方言が分からない うまく話せない男子と通訳してくれる女子の漫画にでーじ(すごく)きゅんとなる
2つの恋模様がうすまさかわいい。(2019/6/20)

富士通がarrowsブランドの通訳端末「arrows hello」を発売
富士通コネクテッドテクノロジーズが通訳機「arrows hello AT01」を家電量販店で発売する。SIMは非対応で、Wi-Fi接続時は28言語、オフラインでは日本語/英語/中国語の3言語を双方向で翻訳できる。カメラで文字を撮影すると文字を認識して翻訳してくれる機能を搭載している。(2019/5/14)

組み込み開発ニュース:
ポケトークだけじゃない、ソースネクストのIoT製品は2019年度内に5つへ
ソースネクストが2019年度の事業戦略を説明。同社がIoT製品と位置付ける、AI通訳機「ポケトーク」に続けて、位置見守り機「FamilyDot(ファミリードット)」をはじめ4つのIoT製品を追加し、2019年度内にラインアップを5製品に拡充する方針を示した。(2019/4/1)

ソースネクスト、通訳デバイス「ポケトークW」の翻訳機能を実装できるSDK提供 JapanTaxiの車載タブレットに採用
ソースネクストが通訳デバイス「ポケトークW」の機能をSDKとして提供。JapanTaxiの車載タブレットに採用された。(2019/3/28)

Google Homeの通訳機能、日本でも利用可能に
Google Homeやスマートディスプレイで、日本語を含む26カ国語の通訳機能が使えるようになった。例えば日英通訳では、日本語を言うと英語に、英語を言うと日本語に翻訳して音声出力する。(2019/2/6)

通訳デバイス「ポケトークW」、技術基準に不適合 総務省が厳重注意
総務省が、ソースネクストを厳重注意。通訳デバイス「ポケトークW」が、電波法に規定される技術基準に適合していなかったという。(2019/1/25)

組み込み採用事例:
AI通訳機の日本語音声の新エンジンに音声合成ミドルウェアが採用
東芝デジタルソリューションズは、「RECAIUS 音声合成ミドルウェア ToSpeak」がソースネクストのAI通訳機「POCKETALK W」の新たな日本語音声のエンジンとして採用されたことを発表した。(2019/1/21)

CES 2019:
片耳渡し通訳するフルワイヤレスイヤフォン 日本語にも対応
Waverly Labsが15カ国語対応翻訳機能付きフルワイヤレスイヤフォン「Pilot Smart Earbuds」を展示している。(2019/1/9)

CES 2019:
GoogleアシスタントについてCESで発表された新機能まとめ マップサポートや通訳など
Googleアシスタントがモバイル版「Googleマップ」のナビ画面で使えるようになった。また、Google Homeおよびスマートディスプレイの「通訳モード」でリアルタイムの通訳機能が使えるようになる。その他、AmazonのACK対抗のサードパーティーを取り込むプラットフォームなども発表された。(2019/1/9)

Skypeにリアルタイム字幕機能 同時通訳は20カ国語以上に
Skypeの音声および動画チャットでリアルタイムの字幕表示を選択できるようになった。日本語版も対応した。(2018/12/4)

90歳の祖母「五輪で通訳したいから英語教えて」 LINEで孫から英語を習う姿に「すてき」「見習いたい」の声
おばあちゃん、「なす(エッグプラント)」を覚えるのに苦戦中。(2018/8/5)

オフライン通訳デバイス「ili」に新型“プロ仕様” 約1万超の「接客で使いたい」要望で
インバウンド事業者向けの多言語支援サービスをログバーが提供開始。個人向けオフライン音声通訳デバイス「ili」を接客に特化した「ili PRO」も提供する。(2018/7/31)

「ソースネクストの時価総額を約3倍にした」 通訳デバイス「POCKETALK」に新モデル 自社開発で大幅機能アップ
音声通訳デバイスの新製品「POCKETALK W」(ポケトーク ダブリュー)が9月7日に発売する。ソースネクストが完全自社開発した(2018/7/26)

モスバーガーで通訳デバイス「POCKETALK」の実証実験 店舗への本格導入を検討
ソースネクストは、音声翻訳デバイス「POCKETALK」を使った実証実験を、「モスバーガー」などの飲食店4店舗で開始した。モスフードサービスは実験を通じて通訳デバイスの実用性や有効性を検証し、店舗への本格導入を検討する。(2018/7/12)

「どうしてゴハン食べないの?」 人語をしゃべるクマさんが動物の通訳をしてくれるマンガが優しい世界
動物の気持ちを知りたい時ってあるよね。(2018/6/3)

“Fワード”に「デッドプール3」の話まで ライアン・レイノルズ、東京観光バスツアーで通訳泣かせの“デップー節”全開
通訳さんも困り顔。(2018/5/31)

元ソニーマンが教える「中国メカ設計事情」:
中国人通訳に通じない「しょっちゅう」「ハードルが高い」「反り」
私が中国に駐在中、中国メーカーの日本語通訳に必ずといって良いほど質問することがありました。それは「『しょっちゅう』の意味を知っていますか?」というものです。(2018/5/29)

通訳さんが手のひらに? 20言語対応の小型翻訳機がクラウドファンディング中
ボタンを押しながら話すと、設定した言語へ翻訳して伝えてくれます。(2017/11/14)

ロボホンは手話通訳を覚えた! AIを活用した手話認識アプリをシャープらが共同開発
未来感ある!(2017/11/8)

NTTデータ、AI技術を活用したロボホン向け手話通訳アプリを発表
NTTデータとシャープ、NTTデータSBCの3社は、ディープラーニングを用いたロボホン向け手話通訳アプリケーションを開発した。(2017/11/8)

Over the AI ―― AIの向こう側に(16):
モノマネする人工知能 〜 自動翻訳を支える影の立役者
最近の機械翻訳の発展には目を見張るものがあります。なぜ、ここまで進化しているのでしょうか。AI(人工知能)による翻訳、通訳を取り上げ、その発展の理由を探ってみると、その根底には、あるパラダイムシフトが存在していたことが分かりました。(2017/10/30)

ソースネクスト、世界50言語対応の通訳ガジェット SIMカード内蔵
ソースネクストが、世界50言語以上に対応する音声翻訳デバイスを発表。ソラコムと事業提携し、世界61カ国で使えるグローバルSIMカードも提供する。(2017/10/23)

ドコモ、富士山頂で「PREMIUM 4G」を提供 外国人登山者の急病時対応も
NTTドコモは、7月10日から富士山頂での「PREMIUM 4G」のエリア化を実施。外国人登山者の急病時対応としてリアルタイム映像サービス「みえる通訳forビジネスプラス(医療通訳プラン)」のトライアルも行う。(2017/6/26)

接客ロボが45カ国語の通訳をしてくれるロボアプリ「Robot Translator」
ヘッドウォータースは、45カ国語での翻訳機能を可能とするロボアプリ「Robot Translator」の販売を開始した。(2017/5/22)

45カ国語での通訳・接客を実現するクラウド型ロボアプリ、ヘッドウォータースが発表
ヘッドウォータースが、日常会話での音声翻訳に対応する、クラウドベースの多言語翻訳ロボアプリを発売。Pepper、Sota、ロボホンなどのコミュニケーションロボットで利用し、45カ国語での翻訳・接客を行える。2020年に向けた海外観光客対策や、サービス業などの労働力不足対策として活用を見込む。(2017/5/16)

「Build 2017」初日基調講演まとめ
Microsoftの開発者会議「Build 2017」の初日基調講演は「Visual Studio for Mac」など開発者向け発表が中心だったが、「Invoke」やPowerPointの同時通訳機能など、一般ユーザーにとっても興味深いデモも行われた。(2017/5/11)

人工知能がリアルタイム翻訳「KDDI AI翻訳」登場 ディープラーニング活用
AIを活用したリアルタイム翻訳アプリ「KDDI AI翻訳」と、オペレーターがタブレット画面越しに通訳してくれる「KDDI TV通訳」を、KDDIが法人向けに提供。(2017/2/15)

「え?」→「Oh?」 LINE英語通訳をグループに追加したら会話がカオス
(2017/1/15)

PR:海外旅行の強い味方に――電話で通訳してもらえる「J-TALK Travel」を活用しよう
海外旅行で不安に感じる「言葉の問題」を解決してくれるサービスが「J-TALK Travel」。アプリから電話をかけてオペレーターに通訳してもらえるので、会話に自信がないときでも安心。荷物の盗難や紛失など、いざというときのコミュニケーション手段にもなる。(2016/8/31)

「こんにちは、貞子です」 「あ゛ぁ゛あ゛あ゛あ゛」 貞子と伽倻子が政見放送で激突 得票数が拮抗中
通訳は一体何者なんだ……。(2016/5/12)

通訳をいつもすぐそばに:
白馬村に降臨、通訳女神 民宿×ITでつながる“おもてなし”の心
ITを活用してコミュニケーションの壁をなくす――。長野県スキー連盟は訪日外国人の対応に多言語通訳システム「V-CUBE トランスレーター」を導入した。その効果とは。(2015/9/7)

Skype同時通訳、プレビューが誰でも利用可能に
Microsoftがこれまで招待制で提供してきたSkypeの音声同時通訳アプリ「Skype Translator」(プレビュー)がWindows 8.1以降搭載端末で誰でもダウンロードできるようになった。まだ日本語には未対応だが、英語や中国語など数カ国語で使える。(2015/5/13)

「Google I/O 2015」のリアルタイム視聴イベント開催――日本語への同時通訳も
Googleの開発者向け会議「Google I/O 2015」に合わせ、世界各地でリアルタイム視聴イベント「I/O Extended」が開催。日本ではセッションの日本語同時通訳も提供する。(2015/4/30)

NEWS
1分単位で利用できる通訳サービス ブレインプレスが発表
円安やビザの拡大で増加している訪日外国人。同時に、多言語サービスの需要が増えている。ブレインプレスは、こうした需要に対し、1分単位で使えるクラウドベースの通訳サービスを発表した。(2015/4/20)

NEWS
会議の発言をリアルタイムにテキスト化、富士通が聴覚障害者支援アプリ
筆記通訳などの情報伝達手段がない会議では、聴覚障害者が議論の内容をリアルタイムに把握することは難しい。富士通は、音声認識を活用した会議の情報共有アプリケーションを発表した。(2015/4/14)

Skype翻訳、中国語とイタリア語をサポート
Skypeで異なる言語を話すユーザー同士の音声通話を同時通訳する「Skype Translator(Skype翻訳)」が、英語とスペイン語に続けて中国語(北京語)とイタリア語をサポートした。(2015/4/9)

NHK「あさイチ」で通訳さんまで大号泣 「マッサン」に感動し出演者にハンカチ配布の記録更新(ねとらぼ調べ)
NHK連続ドラマ小説「マッサン」に出演する玉山さんとシャーロットさんが出演。エリーとマッサンの感動のシーンで涙止らず。(2015/3/27)

ノリノリすぎる手話通訳者が全力でコンサートを通訳した結果、誰が主役だか分からなくなったと話題に
ノリノリ手話ニキ「今日は俺のギグに集まってくれてありがとう!」。(2015/3/18)

海底からの戦艦「武蔵」中継、ニコ生で同時通訳付きで放送
専門家による英語の解説を日本語音声で同時通訳する。(2015/3/12)

医療IT最新トピック
外国人患者へのおもてなし強化を目指す浦添総合病院、リアルタイム通訳を実現
「データヘルス計画」支援でのDeNAと住友商事の提携、浦添総合病院のリアルタイム通訳サービス導入、大阪市天王寺区のスマホ向け子育て情報アプリの提供開始など、医療IT関連の最新トピックを紹介します。(2015/2/12)

BIGLOBE、テレコムスクエアが提供する訪日外国人向けプリペイドSIMの販売を支援
BIGLOBEは、テレコムスクエアが訪日外国人向けに提供する電話通訳サービス付きプリペイドSIMカード「Wi-Ho! Prepaid SIM」にサービス基盤を提供し、販売を支援。(2015/2/10)

タブレットで使える:
沖縄の病院で活躍する“ビデオ通訳”サービス、外国人患者の診察がスムーズに
外国人が日本で診療を受けようとすると言語のカベが問題になりがちだ。沖縄県の浦添総合病院は、観光客など外国人患者とのコミュニケーションを円滑にするために、タブレットを使った通訳サービスを導入したという。(2015/2/6)

Skypeより一足先に:
Google、Android/iOS版翻訳アプリの画像と会話の“同時通訳”機能を正式発表
AndroidおよびiOS版のGoogle翻訳に、Microsoftが昨年発表したSkypeの同時通訳機能と同じような音声翻訳機能と、カメラに写した看板のテキストなどをそのまま希望する言語に変換する機能が追加される。(2015/1/15)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10にCortana追加、Skype同時通訳、Office新ツール――2015年に注目のMicrosoft新技術
流出したWindows 10 Techinical Previewの「Build 9901」には、パーソナルアシスタント機能の追加、設定メニューやアプリの変更などが見られる。Skypeの同時通訳プレビューや、Officeの新ツールも含め、2015年に注目のMicrosoft新技術を見ていこう。(2014/12/17)

Skype同時通訳のプレビュー開始 まずは英語/スペイン語から
Skypeの音声同時通訳機能「Skype Translator」のプレビュープログラムが、リクエストの多かった英語←→スペイン語でスタートした。(2014/12/16)

Skypeの音声通訳機能、Windows 8.1以降でのβテスター募集開始
Microsoftが5月に発表したSkypeの同時通訳機能「Skype Translator」のプレビュープログラムが年内にスタートする。まずはWindows 8.1以降を搭載する端末で、リクエストの多かった言語で利用できるようになる。(2014/11/4)

The Microsoft Conference 2014レポート:
声をテキスト化「Azure Media Indexer」、夢のリアルタイム通訳「Skype Translator」も近々
Microsoftエバンジェリストの西脇氏が、Azure上で動く「Azure Media Indexer」を紹介。Azureのクラウド基盤を軸に「リアルタイム通訳」まで想定できる。(2014/10/23)

「目と耳が不自由な友人にもW杯を見てもらいたい」ブラジル手話通訳者の考えた実況方法がすごい
リアルタイムに大盛り上がり。(2014/6/26)

Microsoft、Skypeの通訳アプリを年内にβ提供へ
「Skype Translator」は、例えば米国人とドイツ人の動画チャットで英語←→独語の音声での翻訳を介した会話を実現する。年内にWindows版Skypeにβ機能として追加される見込みだ。(2014/5/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。