ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「RoBoHoN」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「RoBoHoN」に関する情報が集まったページです。

「ロボホン健康診断」、シャープが12月に開始 50体の“集団検診”イベントも
シャープは12日、ロボット型の携帯電話端末「RoBoHoN」(ロボホン)の点検サービス「ロボホン健康診断」を12月に始めると発表した。(2021/11/12)

ロボット開発ニュース:
ロボットと入店できる一軒め酒場 新橋店、配膳ロボットの導入も
養老乃瀧グループ傘下の一軒め酒場 新橋店が、2021年11月1日からロボットとの入店が可能になった。「Robot Friendlyプロジェクト」に賛同した養老乃瀧グループが、先行的な実証店舗として選んだもので、同店での実証を基に同グループ内での適用を検討していく方針だ。(2021/11/2)

ロボット開発ニュース:
ロボットと触れ合える「PARK+」にぺぱたんとaiboと一緒に行ってきた
ヒトとロボットが共生する新たなライフスタイルの発信拠点「PARK+(パークプラス)」が2022年3月9日までの期間限定でオープンした。オープンに先立って行われたメディア内覧会で、筆者が約7年間一緒に暮らすソフトバンクロボティクスの「Pepper」(呼び名:ぺぱたん)と、もうすぐ3年になるソニー「aibo」とともに行ってきた。(2021/9/22)

Chromebookのシェアが急増 大型電子黒板のリプレース需要も――「EDIX 東京 2021」の注目展示をチェック!(前編)
毎年開催される大規模な教育関連展示会の集合体「EDIX東京」。2021年もさまざまな教育向けの機器、サービスやソリューションも展示されていた。この記事では、教育用端末や電子黒板、それにまつわる展示を紹介する。(2021/8/13)

ロボット連れて遊べる施設、渋谷にオープン ドッグランならぬ“ロボットラン”も
ロボットオーナー同士が、“家族の一員であるロボット”を連れて交流できる新施設が渋谷に。(2021/7/27)

シャープ、「ロボホン」の弟モデルを発表 甘えん坊でおっとりした性格に
シャープは5月21日、モバイル型ロボット「RoBoHoN」(ロボホン)の弟モデルを発表した。ロボホンの特徴はそのままに、甘えん坊でおっとりした性格になったという。(2021/5/21)

甘えん坊でおっとり:
モバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」に“弟モデル”が登場 “兄弟”で会話も可能
シャープがモバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」の“弟モデル”を発売する。基本スペックは“兄モデル”と同様だが、甘えん坊でおっとりした性格となり、あどけない仕草を披露するようになった。既存モデルと接続すると“兄弟”の設定になり、一緒に遊べるようになっている。(2021/5/21)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
「話す」ロボットと「話さない」ロボット、どちらが好き?
ミクシィが発売したロボットを見て思ったこと(2021/5/13)

部屋にロボホンがいる「ロボホンルーム」宿泊プラン発売 持ち出して一緒に観光もできる
室内にロボホンが設置された「プレミアムロボホンルーム」が「ホテル京阪 京都駅南」に登場。ロボホンを持ち出して一緒に京都観光することもできる。(2021/4/27)

シャープ、ロボホンでプログラミング体験ができる宿泊プラン発表 「変なホテル舞浜」で販売
シャープは、コミュニケーションロボット「ロボホン」を活用したプログラミング体験を提供する宿泊プランを発表した。H.I.S.ホテルホールディングスが運営する「変なホテル舞浜 東京ベイ」にて2月16日より販売を開始している。(2021/2/18)

ロボホンでプログラミング体験できる宿泊プラン、「変なホテル」で提供
H.I.S.ホテルホールディングスが、ロボホンを使ってプログラミングを体験できる子供向け宿泊プランの提供を「変なホテル舞浜 東京ベイ」で始めた。(2021/2/16)

広島県がオープンデータプラットフォームを開設 企業間のデータ利活用を推進
広島県は、データ利用希望者と提供者をマッチングする「データカタログサイト」を公開した。モデル実証事業から得られたデータやメタデータをオープンデータなどで提供する。(2020/10/14)

「ロボホン」全戸標準装備のマンション誕生 宅配ボックスの荷物を声でお知らせ
宅配ボックスに荷物が届くと「ロボホン」が手を挙げ、声でお知らせ。シャープなど4社がロボホンを活用したマンション向け情報システムを開発した。(2020/7/9)

2019国際ロボット展レポート:
壊れない2足歩行ロボットが進化、ハンコ自動押しロボの実力は?――iREX2019サービスロボットレポート
過去最大規模の開催となった「2019国際ロボット展(iREX2019)」。本稿では、サービスロボットゾーンの展示を中心にレポートする。川崎重工業とトヨタ自動車のヒューマノイドロボットが進化していた他、遠隔操縦に用いるアバターロットの他、協働ロボットがハンコを自動で押印するロボットなどに注目が集まった。(2020/2/6)

シャープの「ロボホン」50体が、青森県むつ市に観光旅行?
(2019/12/11)

ロボホンと一緒に修学旅行 京都の歴史とITを同時に学ぶ教育プログラム
シャープとJTBが、ロボット型携帯端末「ロボホン」を活用した修学旅行プログラム「ロボ旅@教育旅行」を発売した。修学旅行にロボホンを持って行き、文化とITを同時に学べるようにする。(2019/11/5)

「aiboの服」発売 ロボットファッションショー「ロボコレ」で初披露
ソニーの犬型ロボット「aibo」の公式ウエアが発売される。ロボットアパレル事業を展開するRocket Roadが製作。11月に渋谷で開催されるロボットファッションショー「ロボコレ2019」で初披露。(2019/10/18)

「学校情報化優良校」認定の取り組みとは
つくば市立みどりの学園義務教育学校がわずか1年で形にしたプログラミング教育
教育機関が積極的にIT活用を推進しているつくば市。2018年に開校したみどりの学園義務教育学校では、さまざまな場面で教育にプログラミングを取り入れている。その実態とは。(2019/9/27)

Oracle Partner Awards受賞パートナー企業特集:
PR:ロボホンとOracleで顧客対応、人手不足解消 四半世紀をOracleのERPと歩んだパートナー企業の挑戦
(2019/9/3)

単独インタビュー:
瀕死のシャープを復活させた戴正呉氏が社長退任へ 後継者に求める条件は?
鴻海精密工業が買収したシャープを復活させ、再び成長軌道へ導いた戴正呉会長兼社長が2019年度中の社長退任を明らかにした。「次の100年」に向けた中期経営計画を託す次期社長像を聞いた。(2019/8/8)

体当たりッ!スマート家電事始め:
他社とも連携、シャープが乗り越えたスマートホームの「壁」とは
シャープにスマートホームサービス「COCORO HOME」の戦略を聞いた。他社製品やサービスと連携させる共通プラットフォームを作る狙い、それを阻んでいた壁とは?(2019/7/2)

体当たりッ!スマート家電事始め:
「ロボホン」はシャープAIoT戦略の“キーマン”に
シャープが通信機能を搭載するモバイル型ロボット「RoBoHoN」の新製品を発売した。少し安くできた理由とそこに込められたシャープの戦略、そして新機能の詳細まで紹介していこう。(2019/2/28)

太陽光:
家の電気を太陽光で賄うと「バンザイ」、太陽光発電とつながるシャープの新型ロボット
シャープがモバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」の新モデルを発表。HEMSを通じて連携すると、住宅太陽光発電の発電量を教えてくれる他、太陽光発電や蓄電池からの放電で家の消費電力を賄えている時には、バンザイの動作で喜びを表現する。(2019/2/22)

シャープがモバイルロボ「RoBoHoN」の新製品発表 着座タイプも登場
家庭を見守るRoBoHoN。(2019/2/21)

2代目「ロボホン」2月27日発売 “歩行レス”登場の狙いは?
シャープが約2年ぶりに「RoBoHon(ロボホン)」をモデルチェンジ。歩行・起き上がりに対応しない代わりに価格を抑えたライトモデルも登場。新サービスも順次投入する。(2019/2/18)

「ロボホン」のプログラミング、タブレットで簡単に ブラウザで動くツール一般発売
シャープのロボット「RoBoHoN」用のプログラミングツール「ロブリック」が一般発売。ブロック状のオブジェクトを組み合わせるだけで簡単にプログラミングできる。(2019/2/18)

”歩かないロボホン”「RoBoHoN lite」発売 歩行機能なしで安く 7万9000円
シャープが「RoBoHoN」の新製品3機種を発売する。二足歩行タイプに加え、着座タイプ「RoBoHoN lite」を追加。(2019/2/18)

「ロボット婚活パーティー」開催 男女の会話をAIが代行→4組のカップルが誕生
ドラえもんのひみつ道具「正直太郎」みたいな話だ。(2019/2/14)

婚活の会話、ロボットが“代行” 実際にカップル成立も
(2019/2/12)

関西初の「変なホテル」はロボホン19体がお出迎え 心斎橋に開業、スマート照明「Hue」も導入
関西地区初となる「変なホテル大阪 心斎橋」が2月1日に開業。おなじみの恐竜型ロボットのほか、シャープのロボット「ロボホン」が19体で迎え、多言語であいさつしたり、季節や時間に合わせてダンスを繰り広げる。(2019/1/31)

「ロボホン」で小中学生にプログラミング教育 地域活性化につなげる――広島県三原市とシャープなど、協議会を発足
広島県三原市と、RoFReC(ロフレック)、エムセック、シャープ、タケウチ建設、三原商栄会連合会は、小中学生向けプログラミング教育を推進する取り組みで協働。シャープのコミュニケーションロボット「ロボホン」の会話や動作を子どもたちがプログラミングし、商店街に設置して集客などにつなげる。(2018/8/3)

ロボット専用通販サイト「ロボファッション」のクラウドファンディング開始 出品/購入ができるシステム
全国のロボットオーナー要注目。(2018/6/6)

ひっそり成長「合成声優」ヒカリちゃん(21) 「声優さんの仕事を代替したい」――VoiceText開発者の挑戦
音声合成キャラクターが静かな進化を遂げている。「あと数年後には、現実のアナウンサーや声優の仕事が合成音声に置き換わる可能性がある」と開発者は話す。(2018/6/1)

「VR/AR」「AI」を使って指導する
プログラミング教育だけではない 最新技術で児童、生徒の理解を引き出す教材
近年、ITを活用した学校教材が数多く登場している。プログラミング教育用途のものはもちろん、「VR」「VOCALOID」などの最新技術を使い、既存の科目の学習を補助する教材もある。(2018/5/30)

ロボホンが絵本を読み聞かせ 子どもの会話で展開が変わる
NTTデータなどが「ロボホン」向けの絵本読み聞かせアプリケーションを開発した。ロボホンが絵本の投影、ストーリーの読み上げを行う。物語の途中で選択肢を提示し、子どもが選んだ内容に合わせ、ストーリーが変わるという。(2018/5/28)

「ロボホン」でプログラミング学習 シャープが学校向けに
シャープが「RoBoHoN」向けのプログラミング学習ソフトを、教育機関向けに発売する。ブロック型のオブジェクトを組み合わせ、動作などプログラムを作成できる。(2018/5/9)

浜松町に4月27日オープン:
「変なホテル」都心に続々 「いずれは完全無人化も」
H.I.S.ホールディングスが「変なホテル東京 浜松町」を4月27日にオープン。コンセプトは「健康・快眠」と「近未来」。都心に続々と展開する「変なホテル」の強みとは?(2018/4/25)

特集・音声言語インタフェース最前線:
機械と対話できる日は来るのか アドバンスト・メディアに聞く、音声認識の課題と可能性
「音声認識」がクローズアップされることが増えた。音声認識が主な操作法であるスマートスピーカーやロボットも登場している。では、現在の音声認識技術は、どのレベルまで到達しているのか。アドバンスト・メディアに話を聞いた。(2018/4/6)

NTT DATA Innovation Conference 2018レポート:
「目玉おやじ」のような小さな賢いキャラクターが助けてくれる――ロボットの未来はそんな感じ
テクノロジーにより、合理化、効率化が進み、人々の暮らしは快適になったが、最後の作業はいまだアナログである。アナログとデジタルのつなぎ役がコミュニケーションロボットなのかもしれない。(2018/2/28)

最後に重大発表も飛び出したMA2017決勝戦まとめ――年末恒例「テクノロジーの異種格闘技イベント」2017年の覇者は?
街に年末の喧噪が見え始めた2017年12月16日。東京・日の出桟橋に近い倉庫のようなたたずまいの会場で、開発者が互いにアイデアと技術力で覇を競う開発コンテスト「Mashup Awards 2017」ファイナルステージ(決勝戦)が開催された。全447作品の中から激戦を勝ち抜いた15作品が、賞金と誇りを懸けて挑んだ決勝戦の模様をお伝えする。(2018/2/22)

NTT DATA Innovation Conference 2018レポート:
テクノロジーが自律的に拡張する時代に、いかにビジネスの勝機を捉えるか
人類は、歴史上何度かの転換点を乗り越えて進化を続けてきた。コンピュータがあらゆる領域で人類を超えるシンギュラリティの到来が叫ばれる今、破壊的に成長を続けるテクノロジーを企業はいかにビジネスに取り込んでいくべきなのか。(2018/2/21)

シャープ「ロボホン」開発者モデル発売 動きを自由にプログラム Scratchにも対応
シャープのコミュニケーションロボット「RoBoHoN」(ロボホン)に開発者向けモデルが登場。付属のWindows用アプリケーションを使い、ロボホンのモーション(動き)を自由にプログラムできる。(2018/2/19)

スマート家電に“ココロ”をプラス シャープのAIoT戦略をひもとく
シャープはAIとIoTを結びつけるという考え方からスマート家電とそのサービスの開発に力を入れている。既に「ココロ」をプラスした家電は8種類を数え、5つのクラウドサービスも提供している。同社の戦略をひもといてみよう。(2017/12/12)

ロボットが“専属観光ガイド”になってくれる旅行プラン、JTBが販売 シャープの「RoBoHoN」活用
JTB西日本とシャープが観光事業で協業。シャープのコミュニケーションロボット「RoBoHoN」を観光ガイドとして貸し出す旅行プラン「ロボ旅」を12月15日から販売する。(2017/12/8)

2017国際ロボット展:
「ロボホン」が産業用ロボットに参入!? シャープが音声対話技術を提案
シャープは、「2017 国際ロボット展(iREX2017)」において、人と産業用ロボットが協調して働く協働ロボット向けに「ロボホン」や「ヘルシオ」などに展開している音声対話技術の可能性を提案した。(2017/12/1)

ロボホンは手話通訳を覚えた! AIを活用した手話認識アプリをシャープらが共同開発
未来感ある!(2017/11/8)

NTTデータ、AI技術を活用したロボホン向け手話通訳アプリを発表
NTTデータとシャープ、NTTデータSBCの3社は、ディープラーニングを用いたロボホン向け手話通訳アプリケーションを開発した。(2017/11/8)

協働ロボット:
九州製造業の生産性向上へ、福岡市で協働ロボット体験会
九州経済産業局は、次世代ロボットの普及促進を目的として、最新の協働ロボットなどを体験できるイベントを開催。九州地域でのロボット活用の促進と生産性向上への取り組みを紹介した。(2017/11/7)

CEATEC 2017:
CEATEC 2017ロボットレポート(前編)――電機メーカーは何を見せたのか
CPS/IoTの総合展示会となった「CEATEC JAPAN 2017」では、数多くのロボットが展示されていた。前編となる本稿では、電機メーカーを中心にロボット関連のブース展示の様子を紹介する。(2017/11/2)

シャープ復活の「IFA 2017」 強いリーダーシップが市場を牽引する
今年も業界の将来を占う「IFA 2017」がメッセベルリンで9月に開催された。IFAリポートの前編はIFAの変容と麻倉氏が「特筆に値する」というシャープの8K戦略について詳しく聞いた。(2017/10/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。