ニュース
» 2009年12月02日 19時20分 UPDATE

ゼンリン、「e-map」と「セカイカメラ」の連携サービスを発表

ゼンリンデータコムが、法人向けソリューション「e-map」と「セカイカメラ」の連携サービスを発表。ユーザーは、企業や店舗の拠点情報を絞り込んで閲覧できるようになる。

[田中聡,ITmedia]

 ゼンリンデータコムは12月2日、同社の法人向けソリューション「e-map」の拠点案内サービスと、「セカイカメラ」の連携サービスを発表。e-mapのオプションとして2010年2月に販売する予定。

 同連携サービスは、e-map導入企業の拠点情報をセカイカメラ上で提供するもの。企業が店舗や物件などの案内情報を「オーソライズドタグ」化することで、ユーザーは街中でiPhoneをかざすだけで、各拠点の案内情報を絞り込んで閲覧できる。なお、案内情報はe-mapのデータを共用する。

photo 連携サービスの仕組み

 また、本サービスの販売に先立ち、「マツモトキヨシ」の店舗情報をセカイカメラ上で表示する試験運用が2009年内に開始される予定。

 e-mapは、Webサイトに地図やナビゲーション機能を採用した拠点案内ソリューション。流通、金融、不動産、観光、自治体など、これまでに約300以上の企業や団体が活用している。

photo 「セカイカメラ」での情報表示イメージ(マツモトキヨシ)
photo セカイカメラではオーソライズドタグ化した情報のみが表示される

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.