ニュース
» 2010年06月22日 14時06分 UPDATE

Apple、iOS 4へのアップデートに伴いプライバシーポリシーを改定

Appleのプライバシーポリシーに、ユーザーの「正確な所在地データ」を収集するという項目が追加された。また、広告サービスiAdでのユーザーデータ収集をオプトアウトする方法を説明するサポートページが設けられた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは6月21日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向け新OS「iOS 4」の配布開始に伴い、プライバシーポリシーを改定し、新たに位置情報に関する項目を追加した。

 追加されたのは「ロケーションベースサービスについて」と題した項目で、「アップル製品でのロケーションベースサービスを提供するために、アップルならびに当社のパートナーおよびライセンシーは、お客様のアップルコンピュータまたはデバイスのリアルタイムの所在地を含む正確な所在地データを収集、使用および共有することがあります。この所在地データは、お客様を個人として識別せずに、匿名で収集され、アップルならびに当社のパートナーおよびライセンシーにより、ロケーションベース製品およびサービスの提供および向上のために利用されます。」となっている。

 App Storeからアプリをダウンロードしようとすると、新しいプライバシーポリシーの承認を求める画面が表示される。また、位置情報を利用するアプリをダウンロードする際には開発元へのユーザーの位置情報提供の許諾を求める画面が表示される。また新OSで位置情報関連アプリを起動すると「ロケーションベースサービス」アイコンがステータスバーに表示されるようになったほか、位置情報サービス機能のオン/オフをアプリごとに設定できるようになった。

 また、広告サービス「iAd」の7月スタートに向けて、Appleはユーザーの関心に基づく広告配信をオプトアウトする方法を説明したサポートページを新設した。iAdではユーザーの興味に合った広告を表示するためにユーザーの履歴データを利用するが、その利用をオプトアウトできる。iOS 4搭載端末から「http://oo.apple.com」にアクセスすると「You have successfully opted out(オプトアウトに成功しました)」というメッセージが表示される。オプトアウトしても広告の数が減るわけではなく、匿名情報に基づいた関連広告が表示される。複数のiOS 4端末を持っている場合は、各端末でオプトアウト作業をする必要がある。

変更履歴:本文中、「iPod touch」とすべきところを「iPad touch」と表記していました。お詫びして訂正いたします。[2010/06/23 8:28]

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.