ニュース
» 2010年08月03日 09時00分 UPDATE

10インチの大画面にFeliCa搭載――Android版デジタルサイネージ端末「NEXTOUCH」

タッチパネル対応の10.1インチ画面にFeliCaリーダー/ライター機能を搭載――。Android OSを搭載したデジタルサイネージ端末「NEXTOUCH」が登場する。

[ITmedia]
Photo Android OSを採用したデジタルサイネージ端末「NEXTOUCH」

 イデアクロスは8月2日、大型ディスプレイとフェリカ機能を装備したAndroid対応のデジタルサイネージ端末「NEXTOUCH」を、8月20日に発売すると発表した。

 NEXTOUCHは、タッチパネル対応の10.1インチディスプレイを搭載した端末で、画面の右側にFeliCaリーダー/ライターを装備。LANやWi-Fiなどでインターネットに接続できるほか、アクセスポイントとなる無線ルータ機能も搭載している。

 当初は、店舗や施設内、移動体車載などでのデジタルサイネージ端末としての活用を検討する企業や団体向けに、設置型のノンバッテリータイプを販売。今後は、NEXTOUCHに送信する動画コンテンツの管理、会員管理、ポイント/クーポン管理、メールの大量送信などのアプリケーションを端末付きのSaaSサービスとして提供する。

 2011年1月には、次期モデルとしてバッテリーを搭載したiPad型の「NEXTOUCH-i」を発表し、携帯ネットワークにアクセスできるようにするほか、10.1インチのLCDを裸眼3D対応させた「NEXTOUCH-i3D」を同時発表する予定だ。

Photo

関連キーワード

デジタルサイネージ | Android | FeliCa | SaaS


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.