調査リポート
» 2011年03月04日 22時28分 UPDATE

調査リポート:女性の約半数が“スマートフォンを買いたい” 購入意向高まる

MMD研究所が、女性のスマートフォン利用に関する調査結果を発表。女性の購入意向が高まっており、10代から30代の45%が購入に前向きであることが分かった。

[ITmedia]

 MMD研究所が、10代から30代の女性を対象に行ったスマートフォン利用に関する調査結果を発表した。調査は2月10日から18日まで、スマートフォン所有者300人とスマートフォン非所有者400人を対象に実施した。

 スマートフォン非所有者を対象にスマートフォンの購入意向を聞くと、「購入予定」が8.5%、「購入したい」が36.5%と、合わせて45.0%が購入に前向きであることが分かった。特に20代女性では半数が前向きという結果が得られた。

Photo スマートフォンの購入意向

 スマートフォンを購入したい理由は、「アプリが豊富だから」「インターネット機能が使えるから」がともに59.4%で最多となり、以下「タッチパネルが使いやすそうだから」が42.8%、「画面が大きいから」が42.2%、「容量が大きいから」が39.4%、「音楽プレイヤーとして使えるから」が38.3%と続いた。興味、関心のあるアプリのジャンルとしては、「ゲームアプリ」「写真アプリ(画像加工、フォトアルバムなど)」「地図・ナビ・交通系アプリ」に人気が集まっている。

Photo 購入したい理由

 スマートフォン非所有者に、欲しいスマートフォンの色を聞くと、「ピンク」が1位で43.9%。以下「白」が37.8%、「黒が」36.7%、「赤」が34.4%となった。スマートフォンに求めることは、「赤外線通信に対応している」「防水機能がついている」「電波が強い」という回答が、いずれも7割を超えて上位を占めているが、「カラフルでかわいい色」「コンパクトで女の子でも持ちやすい」といった女性らしい意見も5割近く見受けられた。

sa_rt03.jpgPhoto 欲しいスマートフォンの色とスマートフォンに求めること

 また、スマートフォン所有者を対象に、“スマートフォンを持って変わったこと”を聞くと、「分からないことがあると自分ですぐ調べるようになった」が55.7%、「別に音楽プレイヤーを持つ必要がなくなった」が54.3%、「動画をよく見るようになった」が44.3%で上位を占めている。

 さらに今使っているスマートフォンへの不満について聞くと、「携帯公式サイトに対応していない」が53.0%、「Flashのサイトを見ることができない」が51.3%、「赤外線通信に対応していない」が51.0%、「電波が弱い」が44.7%と並ぶ。iPhoneユーザーに絞って結果を見ると、「Flashに対応していない」「電話が弱い」という不満がどちらも59.9%と、他のスマートフォンユーザーと比較して突出していることが分かった。

Photo スマートフォンの不満な点

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.