ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「購入検討」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「購入検討」に関する情報が集まったページです。

産業動向:
「マイホームの購入」に関する意識調査、コロナ禍で20人に1人が住宅ローンを払えず
GOENは、地方在住でマイホームの購入を検討している既婚男女とマイホームを購入した既婚男女の合計1128人を対象に、「マイホームの購入」に関する調査を行った。調査結果によれば、新型コロナウイルス感染症の影響で約20人に1人が住宅ローンを払えない状況にあることが分かった。(2021/5/26)

産業動向:
住まい選びに関する意識調査、VR内覧をすればモデルルームの見学が不要な人は50.8%
スタイルポートは、インターネットアンケートで、1年以内に新築マンションを契約したことがあるか、もしくは購入を検討している315人にVR内覧を活用した住まい選びに関する意識調査を行った。調査結果によれば、「VR内覧を見れば、モデルルームに行く必要は無い」と回答した人が全体の50.8%に上ることが明らかになった。(2021/5/21)

産業動向:
中古マンション購入検討者にコロナ禍で人気の最寄り駅ランキング、1位は「北千住」駅
オウチーノは、住宅・不動産専門のWebサイト「オウチーノ」のアクセス数などを調査し、「中古マンション購入検討者」に人気の最寄り駅をランキング化した。調査結果によれば、広い物件を探しやすい郊外エリアにある駅の上位ランクインが目立ち、新新型コロナウイルス感染症拡大の長期化に伴い、テレワークを導入する企業が如実に増えたことを反映した結果となった。(2021/5/13)

「AirTag」に興味のあるiPhoneユーザーは47.7%、うち予約済みは9.1%――MMD研究所が調査
MMD研究所が「AirTagと忘れ物に関する調査」の結果を発表した。iPhoneユーザーのAirTagに対する関心度は47.7%で、そのうち予約済みは9.1%、購入意向は62.4%に。「忘れ物をして困るもの」の最多は「スマートフォン」となった。(2021/4/30)

不動産市況:
コロナ禍における注文住宅の購買行動を調査、Webでの情報収集時間が増えた人が41.9%
全研本社は、コロナ禍で注文住宅の購入を検討している105人を対象に、コロナ禍における注文住宅の購買行動の変化をインターネット上で調査した。結果、コロナ禍によるワークスタイルの変化で、注文住宅の購入を検討する人はインターネットを用いて情報収集する時間が増えた一方、ポータルサイトなどで表示されり候補企業が多すぎて絞り込めていないことが判明した。(2021/4/27)

不動産市況:
アットホームが不動産会社に求めることを調査、重説と契約は「対面を望む」が半数以上
アットホームは、物件の購入検討もしくは賃貸を検討している18〜50歳の男女412人に、今後希望する住まいの探し方や不動産会社に求めることについての意識調査を行った。その結果、住宅の購入検討者と賃貸物件を探している対象者ともに、重要事項説明と契約は対面で行いたい人が全体の半数以上を占めることが明らかになった。(2021/4/16)

CAD:
間取りスケッチから3Dイメージを作成、スマホに届けるサービス開始
スーパーワークスは、住宅購入検討者向けに、手描きの間取り図から3Dイメージを作成するサービス「ネットモケイfree」を提供開始した。空間イメージの把握・共有が容易になりトラブル回避に貢献する。(2021/4/7)

不動産市況:
規格住宅と注文住宅の魅力を調査、入居後は「断熱性」と「気密性」を重視する人が42%
ホクシンハウスは、規格住宅の購入者529人と注文住宅の契約者473人を対象に、インターネット上で規格住宅と注文住宅のニーズについてリサーチした。調査結果によると、住宅購入の検討段階では広さと間取りを重視し、入居後には断熱性と気密性にこだわる人が多いことが判明した。(2021/4/6)

調査レポート:
コロナ流行前から戸建て住宅購入を検討していた人が全体の70%、三井不動産らが調査
三井不動産レジデンシャルは、同社が販売するマンションもしくは戸建て住宅を契約した20代〜70代以上までの475人を対象に、インターネットアンケートを活用して、「新型コロナウイルス感染拡大による住宅検討・購入に関する調査」を行い、コロナ禍が住宅購入のきっかけになった層より、以前から住居取得を検討していた人のほうが多いことを明らかにした。(2021/3/30)

「中古マンション購入検討者」の人気駅ランキング調査 首都圏の人気トップ3は
住宅・不動産専門サイトを運営するオウチーノは、2020年4月から12月までの期間における、中古マンション購入検討者の人気駅ランキングを発表した。その結果は?(2021/3/18)

コロナ禍で新築マンションの購入条件が変化 ワークスペースや徒歩圏内の環境を重視
リクルート住まいカンパニー(東京都港区)は、新築分譲マンションの購入検討者994人を対象に意識調査を実施した。その結果、ワークスペースのあるタイプの間取りを購入検討したい人が4割以上を占めたことが分かった。(2021/3/3)

コロナ禍でも都心マンションのニーズは回復 「自宅への投資」を重視
マンション購入に対するアンケートを実施した。その結果、新築マンションの購入意欲が「増えた」という回答は25.9%に及び、「減った」の9.6%を上回った。(2021/3/2)

PR:iPhoneユーザー必見、先着3000人限定! アンケートに答えてIIJmioのeSIMを体験してみよう
発売されたばかりのiPhone 12シリーズを購入した人、または購入を検討している人は多いだろう。iPhone XS以降のiPhoneは「eSIM」に対応しており、これを活用することで、通信費がよりお得になる。IIJmioの「お試しeSIMサービス」では先着3000人にeSIMを配布しているので、ぜひ試してほしい。(2020/12/3)

おでかけ前にラグを整えると…… 猫のかわいい“肉球跡”が「永久保存しておきたい」「ネコの軌跡」と話題
新しいラグの購入を検討したくなる。(2020/11/2)

産業動向:
コロナ禍で「住宅展示場の見学予約数」は4倍増に、住宅で欲しいのは「優れた空気清浄や換気」
ファジー・アド・オフィスは、住宅展示場の来場登録者を対象に、コロナ禍での戸建て住宅に対するアンケート調査を行った。調査結果では、モデルハウスの見学予約が2019年との比較で、約4倍増となり、戸建て購入を検討する人が増えている実態が明らかになった。(2020/10/31)

Apple Watchの「Series 6」と「SE」、どちらを選ぶ? 実際に使って分かった“違い”
前モデルから正統進化を遂げた「Apple Watch Series 6」と、価格を抑えた「Apple Watch SE」について、実際に両機を使ってみた印象を交えつつ、購入検討時にどんなところにチェックすればよいのかを紹介していこう。(2020/10/23)

iPhone 12シリーズ、どのモデルを購入したい? 5Gプランは契約する? MMDが調査
MMD研究所は、10月22日に「iPhone 12シリーズに関する購入意向調査」の結果を発表した。iPhoneユーザーの45.6%、Androidユーザーの16.0%が購入意向を示し、iPhoneユーザーは「iPhone 12(128GB)」、Androidユーザーは「iPhone 12(64GB)」が人気。(2020/10/22)

これからの広告の定石を語る(後編):
好意度と購入意向を10倍以上にした「局所的熱狂」をどう生み出すか
成功する広告は他と何が違うのか。マーケターが押さえておくべき新しい広告戦略の定石と注目のマーケティング手法について、最新事例とともにマーケティング戦略の専門家が解説する。(2020/9/17)

Nintendo Switchを再現したクッキーが本当にスマブラで遊べそう 夫のイメトレ用に作った真心の品
Nintendo Switchの購入を検討し始めた夫へ「イメトレ用に」と製作。いいなあ。(2020/3/24)

AI:
スマホで理想の“間取り”を作成、AIが似た物件を探す「三井のリハウス」の新サービス
三井不動産リアルティは、分譲マンションの購入を検討している人がスマートフォン上から専用Webサイトにアクセスし、部屋のパーツを組み合わせて間取りを作れば、AIが自動で似た物件を探してくれるサービスを開始した。(2019/11/6)

実はセダンに乗りたい人が多い? 75%が「購入検討」 日産、セダンのラインアップを充実へ
新型スカイラインも近く登場します。(2019/6/19)

「折りたたみスマホ」認知は約7割、「+メッセージ」の利用率は1割強
ジャストシステムは、5月15日「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2019年4月度)」の結果を発表した。液晶画面を折りたためる「折りたたみスマーホ」の認知は約7割で、若年層ほど購入意向が高い。(2019/5/15)

今日のリサーチ:
VR体験で購入意欲は高まるのか?――マクロミル調べ
VR(バーチャルリアリティー)に関する意識調査です。(2019/2/15)

長所と短所を見極める7つの観点
いまさら聞けないクラウドERPとオンプレミスERPの違い、できることとできないこと
ERP製品の購入を検討するに当たっては、SaaS ERPと従来型のオンプレミスERPの違いを理解しておくことが重要だ。機能や特性など、両者を大きく分ける7つの観点で比較し、できることとできないことを理解しよう。(2019/1/4)

Androidの最新スマホ、女性の7割が「よく知らない」 MMD研究所の調査
MMD研究所は、12月26日に「2018年秋冬発売の最新スマートフォンに対する意識調査」の結果を発表した。購入意向が高いのはiPhone XS/XS Maxで、iPhone XS/XS Max/XRは「デザインがいい」、Pixel3/Pixel3 XLは「魅力的な端末である」という意見が多く集まった。一方、iPhoneには「端末代金が高い」という声も約3割挙がっている。(2018/12/26)

太陽光:
蓄電池の購入を検討する理由、第1位は「太陽光のFIT期間が終了するため」
グッドフェローズが同社の蓄電池の見積もりサイトを利用するユーザーに緊急アンケート調査を実施。蓄蓄電池の導入を検討した理由の第1位は、「太陽光発電の固定価格買取期間(FIT期間)が終了するため」だったという。(2018/12/19)

トランプ氏の心証好転?:
政府、100機程度のF35購入検討 米通商圧力の緩和を期待
政府は米国製の次世代ステルス戦闘機F35を中期的に100機程度購入する方向で検討に入った。(2018/12/4)

PR:秋冬スマホと比べても遜色なし!? 「HUAWEI P20 Pro」が今なお“買い”と思える10の理由
秋冬モデルの最新スマートフォンが続々と発売されているが、いまだ現役として、最高峰のカメラ性能を誇るのが、「HUAWEI P20 Pro」だ。2018年夏モデルではあるが、今なお、購入の検討候補に挙げられる。この端末の魅力を10のポイントに分けて紹介する。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2018/11/27)

電気自動車:
急速に進むEVトレンド、ユーザーの購入意欲は?
パーク21が電気自動車に関するユーザー調査を実施。航続距離に関する認識や、購入意欲について調査した。(2018/6/21)

石川温のスマホ業界新聞:
米国シンクタンクが「端末購入補助規制は間違っている」と提言――5Gに向けて、消費者の購入意欲を奪う危険性を指摘
米国のシンクタンク「Progressive Policy Institute(PPI)」が、日本のモバイル通信政策に関するシンポジウムを開催した。総務省は端末購入補助を抑制する方向で政策を進めているが、これを問題視する意見が相次いだ。(2018/1/26)

冬ボで買うならマウスコンピューター:
PR:パソコン初心者は迷ったらコレを買え! コスパ抜群の高性能ノート「m-Book T」徹底レビュー
冬のボーナスで新しいパソコンの購入を検討している人は多いはず。「とにかく安く」「何をしたいのか分からないけれど、何でもしてみたい」、そんなパソコン初心者の漠然としたリクエストに応えられるのがマウスコンピューターだ。(2017/11/28)

iPhone 8/8 PlusではなくiPhone Xを買いたい理由は?
BCNは、同社が運営するオンラインメディア「BCN RETAIL」で「iPhone 8/8 Plus」または「iPhone X」の購入意向者に対するアンケート調査を実施。iPhone Xは機能やデザイン、高級感が評価されているという結果が出た。(2017/10/17)

太陽光:
消費者は売電より“自家消費”に期待、住宅太陽光の導入メリット
ソーラーフロンティアは新築一戸建ての住宅購入を検討している消費者を対象に、家庭のエネルギーに関する意識調査を実施。政府が普及を目指すZEHや、住宅太陽光発電に対する印象・導入意欲について聞いている。(2017/7/26)

3キャリアから発売された「Xperia XZs」、最も安いのは?
5月26日に3キャリアから発売された「Xperia XZs」。カメラ機能が大きく進化し、購入を検討している人も多いだろう。3キャリのオンラインショップでの価格をまとめた。(2017/5/29)

「Nintendo Switch」の“エミュレーター詐欺”に注意
「Switchのゲームで遊びたいなら、ぜひ購入を検討しましょう」(2017/4/3)

PR:ASUSTOR NASで始めよう――新生活に便利な3つのNAS活用術
この春から新しい生活を始める人は、家電やPCの購入を検討している人も多いだろう。その中で1つ、プラス購入しておくと新生活をさらに便利にできるのがNASだ。(2017/3/13)

au 2017年春モデルの価格をチェック
auの2017年春モデルが発表された。新機種の価格をまとめたので、購入検討の参考にしてほしい。(2017/1/12)

営業活動効率化の課題
確度の高い見込み客を見つけ、受注に導く方程式を作る
商談を成功させる最良の方策は、購入意欲を持っている見込み客を見つけることだ。SFAを用いれば、顧客のさまざまな関連情報を組み合わせて、優良顧客を見つけ出せる。(2017/1/6)

ディスプレイを買うなら必ずチェック!!:
PR:最新ディスプレイ講座――HDMI、DislplayPortから先進のUSB Type-Cまで映像入力インタフェース徹底解説
ディスプレイの購入を検討する際、どの映像入力に対応しているかは必ずチェックするべき重要項目の一つだ。現在主流のインタフェースや今後注目すべきインタフェースを中心に最新事情をまとめた。(2016/10/26)

「安物買いの銭失い」は避けたい
本当に必要なプリンタを見極める10カ条――機能“全部乗せ”がベストとは限らない
プリンタの購入を検討するとき、価格帯、機能など判断基準が多岐にわたるために、適切な1台を選ぶのは難しいものだ。自分が本当に必要なプリンタを知るためのヒントを紹介しよう。(2016/10/9)

イヤフォンジャック廃止の余波か? iPhone 7購入意欲に変化
防水、FeliCa対応でどうなる?(2016/9/9)

「ポケモンGO」効果で中古スマホの売上が倍増、約15%がゲーム専用端末の購入意向あり――ゲオ
ゲオが、「ポケモンGO」を利用するための中古スマホ購入意向に関する調査を実施。14.9%が、中古または新品のスマホの購入意向があることが分かった。ポケモンGO推奨中古スマホの売上は倍増しているという。(2016/8/10)

iPhone SEの購入意向は19.7% 約1割が格安SIMで利用予定――MMDの調査
MMD研究所が行った「iPhone SEの購入意向調査」によればiPhone SEの購入意向は19.7%で、そのうち約1割が格安SIMでの利用を予定していることが分かった。(2016/3/28)

KPI設計からクリエイティブ制作までプロのノウハウを提供:
PR:「オムニチャネルジャーニー」視点で考える不動産マーケティングの最適化
高額商品のマーケティングはWebだけで完結することができない。不動産はその典型例だ。オンラインとオフラインを行き来する見込み客の購入意欲を高め、ゴールに導くために必要なノウハウを探る。(2016/1/26)

冬ボで買いたいデジタル家電、4Kテレビが人気――MM総研調査
MM総研は12月10日、「ITデジタル家電購入意向調査」の結果を発表した。ボーナス支給額は改善傾向が続き、購買意欲も昨年冬や今年の夏に比べて回復傾向にあるという。(2015/12/10)

MicrosoftとVolvo、「HoloLens」による仮想ショールームを発表 自動運転技術でも提携
自動車メーカーのVolvoが、Microsoftの“混合現実”ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」を使った仮想ショールームを発表した。新車購入者はHoloLensでリアルサイズの仮想車にオプションを追加したり色を変えたりして購入を検討できる。(2015/11/21)

市場調査:
コミュニケーションロボット普及の鍵は「事例の提示」、MM総研調べ
MM総研はコミュニケーションロボットに関する一般消費者の意向調査を行った。認知度は7割近いが購入意欲は低いという結果について、「活用シーンや利便性が不明確」と指摘している。(2015/10/20)

iPhone 6s/6s Plus購入者の8割が「満足」――MMDの調査
MMD研究所は、iPhone 6s/iPhone 6s Plusの発売から約1週間経過後に購入状況と非購入者の購入意向を調査。9.7%が購入し、8割が「満足」と回答したほか、満足した項目は「Touch IDの高速化」が46.8%でトップとなった。(2015/10/14)

住みたい街は? 1位は「吉祥寺」ではなく
あたなが住みたい街はどこですか? このように聞かれて「吉祥寺駅」と答える人が多かったが、ちょっとした変化が起きているようだ。マンションの購入を検討している人に、住みたい街を聞いたところ……。MAJOR7調べ。(2015/10/1)

予約で人気なのは「iPhone 6s Plus 128GB」のローズゴールド――MMDの調査
MMD研究所が実施した「iPhone 6s/6s Plus購入意向調査」によると、発表後の購入希望は31.8%、購入予約は2.9%。予約人気モデルは「iPhone 6s Plus/ローズゴールド/128Gバイト」となった。(2015/9/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。