調査リポート
» 2011年04月18日 16時21分 UPDATE

調査リポート:iPhoneユーザーの7割強が“次もiPhoneを選ぶ”

フィルモア・アドバイザリーの調査によると、iPhoneユーザーの76%が「次の買い替えでもiPhoneを選ぶ」と回答している。

[ITmedia]

 フィルモア・アドバイザリーが、iPhoneユーザーの端末買い替え意向に関する調査を実施。それによると、8割弱が「次もiPhoneを選ぶ」と回答している。

 iPhoneユーザー1162人に「次に携帯電話を買い替えるとしたらどの端末にする可能性が高いか」を複数回答形式で聞いたところ、4人に1人がiPhone以外のスマートフォンを選択。引き続きiPhoneに買い替える可能性が高いと答えた人は76%で、フィーチャーフォン(従来型携帯電話)と答えた人は9%だった。

 またiPhoneユーザーのうち、iPhone以外の携帯電話と合わせて「2台持ち」している割合は26%であることが分かった。「2台持ち」ユーザーのうち、iPhoneをメインで利用しているユーザーは64%を占めており、他のスマートフォンに乗り換える可能性は28%、フィーチャーフォンへの乗り換えの可能性は3%と、フィーチャーフォンへの買い替えにはほとんど興味がないようだ。

 他方で、iPhone以外の端末をメインで使っている「2台持ち」ユーザーは、約半数がメイン端末をフィーチャーフォンに買い替える可能性が高いと回答しており、引き続き従来型端末の機能とスマートフォン機能の両方を保持したいという意向がうかがえた。


 フィルモア・アドバイザリーは、アンケートに答えると換金可能な報酬ポイントがもらえるiPhoneアプリ「AskSmart.ly」を提供しており、4月8日から10日、同アプリを使用して今後の買い替え意向などについて調査した。回答サンプル数は1235サンプルで、内訳はiPhoneユーザーが1162サンプル、iPod touch/iPadユーザーが73サンプル。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.