ニュース
» 2011年10月20日 22時05分 UPDATE

神戸デジタル・ラボ、Android端末向けのセキュリティ診断サービスを開始

「アンドロイド一括診断サービス」「アンドロイドアプリ提供診断サービス」「アンドロイドアプリ利用診断サービス」の3種類の診断メニューを提供する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 神戸デジタル・ラボは10月24日から、Android OSを搭載したスマートフォンやタブレット端末向けのセキュリティ診断サービス「ProactiveDefense for Android」の提供を開始する。

 このサービスは、同社が提供するセキュリティ診断サービス「ProactiveDefense」に新たに追加されたもの。診断内容は、アプリや接続サーバのセキュリティを診断するサービス提供企業向けの「アンドロイド一括診断サービス」、サーバ開発を行わないアプリ開発企業向けにアプリのみを診断する「アンドロイドアプリ提供診断サービス」、企業で利用するアプリのセキュリティを確認できる「アンドロイドアプリ利用診断サービス」の3種類が用意される。

 1アプリケーションあたりの診断価格はアプリの規模によって異なり、アンドロイド一括診断サービスが90万から、アンドロイドアプリ提供診断サービスが80万から、アンドロイドアプリ利用診断サービスが60万から。

Photo Androidのセキュリティリスク
Photo 神戸デジタル・ラボのサービスメニュー

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.