ニュース
» 2012年01月30日 14時39分 UPDATE

電気自動車の充電スタンドをWi-Fiスポットに――トヨタとKDDIが協業

EV/PHV向け充電スタンドをWi-Fiスポットに――。トヨタ自動車とKDDIが協業し、EV/PHV向け充電スタンド「G-Station」へのWi-Fiアクセスポイント設置を推進する。

[ITmedia]

 KDDIとトヨタ自動車は、Wi-Fiアクセスポイントを備えたEV/PHV(電気自動車)向け充電スタンドの設置と、テレマティクス向けアクセスネットワークの構築で協業すると発表した。

 トヨタメディアサービスが開発した充電スタンド「G-Station」にWi-Fiアクセスポイントを設置し、「Gアクセスポイント ネットワーク」として展開する計画。これにより充電に訪れたEV/PHVユーザーは、G-Stationの周辺でWi-Fiを通じたインターネットへのアクセスが可能になる。

 Wi-Fiアクセスポイント機能を備えたG-Stationは、1月30日の「プリウスPHV」の発売に合わせて順次販売されており、今年度末までに1500台を設置する予定。なお、G-Stationを利用したネット接続については、au Wi-Fi SPOTだけに限らず他の通信キャリアのWi-Fi機器を接続可能にする枠組みも用意されるという。

 両社はショッピングモールやファミリーレストランなどの施設に設置するG-StationもGアクセスポイントとして展開し、au Wi-Fi SPOTのエリア拡大を目指す考え。また、将来は、トヨタ車に順次搭載されるWi-Fi機器からGアクセスポイントを通じて情報を収集し、その分析結果を反映させた、より精度の高い交通情報を提供することも検討している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.