ニュース
» 2012年02月23日 20時55分 UPDATE

転送速度、最大350Mbps超:Android端末にもTransferJet――ソニー、低消費電力で高感度なLSI開発

近づけるだけで大容量データを素早く転送できるTransferJetをモバイル機器にも――。ソニーが低消費電力のTransferJet対応LSIを商品化した。Android向け開発キットも提供する。

[ITmedia]

 最大375Mbpsの転送速度を持つTransferJetを、モバイル機器にも――。ソニーは2月23日、低消費電力のTransferJet対応LSI「CXD3271GW」を商品化したと発表した。2012年8月の出荷を予定しており、サンプル価格は500円。

Photo 低消費電力のTransferJet対応LSI「CXD3271GW」

 TransferJetは、対応機器同士を近づけるだけでデータの転送や共有を行える近距離無線伝送技術で、ソニーのデジタルカメラなどに搭載された実績がある。

 急速に普及しているスマートデバイスや小型モバイル機器のへの搭載にあたっては、無線通信LSIの低消費電力化や小型化、受信性能の高度化が求められることから、ソニーではこうしたニーズに対応するLSIを開発。TransferJetの理論上の最高実効速度となる375Mbpsに迫る350Mbps超の転送速度と、高い受信感度を実現する「CXD3271GW」を商品化した。

 同製品ではこれまで外付けしていた部品を内蔵しており、搭載機器の部品点数や搭載面積の削減が可能。低消費電力化も図っているという。Android端末への搭載も視野に入れており、これまで提供してきたLinux版ソフトウェア開発キットに加え、Android版の開発キットの提供も開始する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.