補助金

icon
自然エネルギー:

経済産業省は2015年度の概算要求の中で、先進的な発電技術や国内の資源開発を促進する予算として3000億円以上を盛り込んだ。そのうち1500億円以上を再生可能エネルギーの拡大に割り当てる。前年度から継続する洋上風力や地熱資源の開発に加えて太陽光発電のコスト低減にも取り組む。(2014年9月8日)

icon
補助金:

経済産業省は2015年度の予算の概算要求にエネルギー関連で約1兆円を盛り込んだ。特に省エネ対策と水素社会の実現に向けた取り組みを強化する方針だ。住宅やビルのネット・ゼロ・エネルギー化を支援する補助金を150億円に倍増するほか、水素・燃料電池の導入支援に400億円を確保する。(2014年9月5日)

icon
電気自動車:

埼玉県は2014年8月、電気自動車用の充電器インフラを整備する新しい計画を発表した。走行中に蓄電池の容量がなくなる「電欠」の不安を解消しなければ電気自動車は普及しないことを重視し、都市部以外の空白地帯を減らしていく。(2014年8月20日)

icon
補助金:

経済産業省が2014年度に28億円の予算をかけて実施する「地熱開発理解促進関連事業」の対象に、新たに15件が加わった。すでに確定している28件と合わせて43件に補助金を支給することになる。さらに9月19日まで追加の公募を受け付けて、支援事業の対象地域を拡大する方針だ。(2014年8月19日)

icon
スマートハウス:

京都市は伝統的な京町屋を「スマートハウス化」する取り組みを進めている。省エネ・創エネなどの最新設備を取り入れるだけでなく、自然を生かす知恵や工夫と省エネルギー改修に役立つ現代の建築仕様を組み合わせて実現した。(2014年8月13日)

icon
補助金:

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、エネルギー分野など製造業系を対象とした「研究開発型ベンチャー支援事業」(研究開発型ベンチャー支援プラットフォーム)を開始した。人件費や活動費を最大2年間支援する他、事業化に必要な技術やビジネスモデルに関する助言を受けられる。(2014年7月24日)

icon
自然エネルギー:

レオパレス21は太陽光発電システムを設置したアパートの累計が1万棟に達したと発表した。合計出力は136MWであり、これは国内最大のメガソーラーよりも大きい。(2014年7月16日)

icon
電力供給サービス:

JFEテクノリサーチは2014年7月、太陽光発電所に設置された多数の太陽電池モジュールを個別に測定し、不具合を見つけ出す出張診断サービス「ぱねるみえ太」を開始した。発電していないモジュール以外に、発電量が低下しているモジュールを見つけやすい。(2014年7月11日)

icon
エネルギー管理:

中央電力は高機能インターホンをマンションエネルギー管理システム(MEMS)と連携させる電力見える化サービスを開始、2014年7月には大阪府で全国初の導入が始まる。PCなどのIT機器を用意しなくても、節電につながる気付きが得られる。(2014年6月24日)

icon
エネルギー管理:

経済産業省は中小企業を主な対象にデータセンターによるクラウドサービスの利用を促進していく。企業の情報システムを省エネ型のクラウドサービスへ移行する費用に対して補助金を交付する。補助額は中小企業の場合で1件あたり最高1500万円になる。本日6月16日から申請の受付を開始した。(2014年6月16日)

icon
電気自動車:

日産自動車は全世界で11万5000台を販売した「リーフ」に次いで、2車種目の電気自動車「e-NV200」を発表した。バッテリー、モーターともリーフとほぼ同じでありながら、商用車らしい性能を求めた車だ。2014年10月に発売する。(2014年6月11日)

icon
スマートシティ:

兵庫県は山間部を中心に点在する世帯数50未満の集落を「エネルギー自立のむら」に変えていく。集落の拠点に発電設備と蓄電池を導入して、災害時にも住民が生活を継続できるようにする計画だ。導入費用の50%を補助するほか、無利子の貸付を1件あたり最高5000万円まで実施する。(2014年6月10日)

icon
補助金:

2014年度の「エネルギー使用合理化等事業者支援補助金」が新しい方式でスタートする。従来は事業所や工場の設備を改修する場合にだけ適用できたが、今年度は電力需要のピークを抑制する設備の導入にも補助金を交付する。さらに48社の「エネマネ事業者」を認定して導入を促進する方針だ。(2014年6月4日)

icon
補助金:

2008年度から6年間にわたって続いてきた住宅用の太陽光発電システムに対する国の補助金制度が2013年度で終了した。固定価格買取制度の開始に伴う措置で、最終の2013年度は交付件数が全国で約29万件になり、前年度から4%の増加だった。都道府県別では東京都が12%も減少した。(2014年5月23日)

icon
自然エネルギー:

経済産業省が地熱資源の開発を促進するために実施する補助金の対象地域が28カ所に決まった。最も多いのは北海道の11地域で、すでに地域内で開発プロジェクトが始まっている自治体などが選ばれた。補助金の総額は28億円を予定していて、1件あたり最大で1億8000万円を交付する。(2014年5月19日)

icon
電気自動車:

コンビニエンスストア大手のファミリーマートが新たに全国500店舗に急速充電器を設置する。国の補助金に加えて自動車メーカー4社が提供する支援制度を活用してコストを大幅に低減させる。コンビニチェーンで100台を超える規模の急速充電器を設置するのはファミリーマートが初めて。(2014年5月2日)

icon
電気自動車:

2015年の燃料電池車発売に向けて、水素ステーションの新設が相次いでいる。2014年4月に補助金の認定を受けた3社の設備の特徴を紹介する。東邦ガス、大阪ガス、岩谷産業だ。(2014年4月9日)

icon
補助金:

2013年度の補正予算で実施する「ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)」の補助金の受付が2月25日に始まった。大規模なビルを対象に省エネ機器や再生可能エネルギーの導入を支援するもので、BEMS(ビル向けエネルギー管理システム)の利用を条件に最高5億円まで補助する。(2014年2月27日)

icon
補助金:

2013年度の補正予算の中で、企業や家庭に節電・蓄電・発電機器を普及させるための補助金が5つの分野で確定した。定置用のリチウムイオン蓄電池や家庭用のエネファームなど、従来からある制度を継続するもので、総額は500億円にのぼる。(2014年2月17日)

icon
法制度・規制:

住宅向けの太陽光発電が低調だ。平均設置容量は伸び、平均システム価格は下がっている。ここまではよい。ところが、既築住宅を中心に設置件数が前年比で減っている。このような傾向は2014年4月以降、より顕著になるだろう。(2014年2月10日)

icon
スマートシティ:

政府が「好循環実現のための経済対策」として、総額5兆5000億円にのぼる補正予算を実施する。このうちエネルギー関連は930億円で、エネファームの補助金に200億円を割り当てる。さらに福島沖の浮体式洋上風力発電を推進する予算として280億円を盛り込んだ。(2014年1月6日)

icon
自然エネルギー:

レオパレス21はアパートオーナーの屋根を借り受けて太陽光発電事業を拡大する。屋根を貸すアパートオーナーの取り分は売電額の3%だが、初期投資が必要ないというメリットがある。(2013年12月20日)

icon
補助金:

いよいよ地熱発電の開発が全国各地で活発に始まる。2013年度に75億円の国家予算を投入する資源開発プロジェクトの対象事業に20件が確定した。すでに発表済みの16件に加えて、新たに4件が決まった。各事業者は国の補助金を受けて、地熱資源量の確認調査や掘削調査を実施する。(2013年12月18日)

icon
自然エネルギー:

メガソーラーにとって、積雪はなるべく避けたい条件だ。雪に覆われた太陽電池は発電できず、雪の重みに耐える機材も必要だ。旭川市で始まった事業では雪を避けるのではなく、利用する。太陽光を反射する雪の性質と、両面発電可能な太陽電池を組み合わせることで、出力を1.1〜1.3倍に高められるという。もはや雪は敵ではないのだ。(2013年12月17日)

icon
自然エネルギー:

千葉商科大学は閉鎖した野球場の跡地を利用して、国内の大学が単独で取り組む初のメガソーラーを立ち上げる。総工費は約7億円だ。(2013年12月12日)

icon
法制度・規制:

太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)が公表した補助金の申し込み受付件数によれば、住宅用の太陽光発電システムの伸びが、既築住宅を中心に落ち込んでいる。(2013年11月27日)

icon
電気自動車:

電気自動車を製造・販売する日本の大手メーカー4社が充電器の普及支援策を開始した。トヨタ、日産、ホンダ、三菱が共同で、充電器の設置事業者に対して設置費用や維持費用の一部、さらに充電時の電気代まで支給する。急速充電器の設置費用は1基あたり最高170万円まで申請できる。(2013年11月14日)

icon
エネルギー管理:

中小規模のビルを対象にエネルギー管理体制を整備する目的で始まったBEMS(ビル向けエネルギー管理システム)の補助金制度が10月末で終了した。予定の実施期間を4カ月も前倒ししたとはいえ、申請件数は1年6カ月の累計で6728件にとどまり、目標の1万件を大幅に下回る結果になった。(2013年11月7日)

icon
補助金:

経済産業省資源エネルギー庁は2013年度で5年目となる住宅用太陽光発電導入支援補助金を廃止する方向を打ち出した。補助金を概算要求に含めておらず、別の補助金を新設することもしない方向だ。(2013年11月6日)

icon
エネルギー管理:

マンション向けエネルギー管理システム(MEMS)を備えた新築マンションが増えてきた。これは経済産業省の補助金事業開始とともに、MEMSを扱うMEMSアグリゲーターが市場に参入したからだ。矢野経済研究所が発表したMEMS市場の現状と将来の姿について紹介する。(2013年10月25日)

icon
自然エネルギー:

ドイツのjuwi Renewable Energiesと合弁会社を設立した自然電力は、熊本で合弁会社による第1号のメガソーラーを立ち上げたと発表した。建設が難しい土地への施工にも対応できたという。(2013年10月11日)

icon
自然エネルギー:

京セラはこれまで太陽電池を自家消費用として26カ所のグループ拠点に設置してきた。全てミドルソーラー規模である。27カ所目は事情が異なる。初めて1MWを超え、固定価格買取制度(FIT)を利用するからだ。(2013年10月9日)

icon
補助金:

中小規模のビルを対象に2012年度から始まったBEMS(ビル向けエネルギー管理システム)の補助金の申請期限が10月末に迫ってきた。当初の予定よりも4カ月早く終了することになり、残り1カ月の時点で申請件数は目標を大きく下回る7320件にとどまっている。不振の要因は2つ考えられる。(2013年10月1日)

icon
自然エネルギー:

国内の太陽光発電市場はどのような指標から判断しても急速に拡大している。この勢いはどこまで続くのだろうか。矢野経済研究所によれば、2012年度の規模が2014年度には約2倍に拡大したのち、急速に縮小していくのだという。どのような理由によるのか。(2013年9月25日)

icon
補助金:

2012年度から2年間の予定で実施中の補助金が4カ月も早く終了することになった。BEMS/HEMS(ビル/家庭向けエネルギー管理システム)と定置用リチウムイオン蓄電池の導入を補助する制度だが、復興関連予算を厳格に執行するために期間を短縮して106億円を国庫に返還する。(2013年9月18日)

icon
自然エネルギー:

日立造船は広島県尾道市の因島でメガソーラーのEPC(設計・調達・建設)に取り組んでいる。2013年9月に出力1.5MWの発電所が完成、同月、出力1MWの発電所の建設を開始する。(2013年9月12日)

icon
自然エネルギー:

日の光がさんさんと当たる駐車場の屋根は、太陽電池モジュールの設置場所として適している。発電のために別途土地を用意する必要もない。太陽光発電システムの大量普及に向く設置方法だ。イー・コモンズ・ジャパンが車を6台駐車可能なシステムを製品化した。(2013年9月11日)

icon
スマートハウス:

マンションを分譲するグランディアは、HEMSを展開するファミリーネット・ジャパンと共同で太陽光発電システムが付いたマンションにさまざまなサービスを組み込んだ。太陽光や家庭の消費電力をより柔軟に取り回すことができる。(2013年9月11日)

icon
補助金:

2013年度に75億円の予算を投入して実施する地熱資源開発の補助対象に、新たに6件のプロジェクトが決まった。北海道と大分県で各2件、岩手県と富山県で1件ずつが選ばれた。2012年度から継続中の10件とともに、地熱発電に向けた地表調査や掘削調査を2013年度内に実施する。(2013年9月10日)

icon
法制度・規制:

国の産業支援策の中で最大の重点分野になっているエネルギー関連の予算が2014年度に1兆円を超える見通しだ。経済産業省が「エネルギー対策特別会計」の対象として概算要求で出した総額は1兆294億円にのぼり、2013年度の予算を2461億円も上回る大規模になる。(2013年9月4日)

icon
エネルギー管理:

無理なく節電でき、電力サービスの自由度が高い「スマートマンション」。しかし、新しい考え方が多く分かりにくい。経済産業省は従来の補助金政策に加えて、評価制度を開始した。新築マンションの購入時などに役立つことを考慮した制度だ。(2013年8月22日)

icon
自然エネルギー:

オランダの街並みを再現したテーマパークとして有名な「ハウステンボス」の運営会社が近隣の所有地でメガソーラーを運転開始した。もともと駐車場があった敷地に2.1MW(メガワット)の太陽光発電設備を建設したもので、5億円の事業費で年間8000万円の売電収入を見込む。(2013年8月15日)

icon
法制度・規制:

経済産業省の補助金の執行団体である太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)は、2013年4月から6月の補助金受付件数を公開した。4月〜6月期は補助金の端境期となるため、例年件数が低く出る。しかし、前年同四半期比で見ても、新築が15.7%伸びたことに対し、既築は42.5%も減ってしまった。件数は既築の方が多いため、合計でも29.7%の減少だ。(2013年8月13日)

icon
自然エネルギー:

2013年度に総額28億円の予算で実施する「地熱発電理解促進関連事業支援補助金」の1次採択案件が25件に決まった。北海道の6件を筆頭に、中国・四国を除く各地域の地熱開発プロジェクトが選ばれた。新たに追加の応募を9月11日まで受け付ける。(2013年8月7日)

icon
自然エネルギー:

固定価格買取制度を最初期に導入し、「卒業」直前のドイツ。FITを終わらせるときに何が起こるのかドイツの事例から学ぶことができる。家庭では系統から電力を買うよりも、太陽光の方が半分の出費で済むというのが答えだ。(2013年8月5日)

icon
自然エネルギー:

有機系太陽電池はシリコン太陽電池にはない性質がある。変換効率では劣るものの、軽量でフレキシブルであるため、シリコン太陽電池の設置に向かない用途を開拓できる。NEDOの支援により、国内メーカー7社の実証試験が始まる。(2013年7月18日)

icon
自然エネルギー:

空き地ではあるものの、さまざまな理由で利用しにくい土地がある。採石場(岩石採取場)もその1つだ。神奈川県と厚木市は、このような土地へのメガソーラー誘致に動き、県内の発電事業者の協力を得て、出力約2MWの発電所を2つ立ち上げる。(2013年7月17日)

icon
エネルギー管理:

業務用のビルでは消費電力のピークカットが「簡単」だ。設備を管理する専任の部門があり、コスト計算に基づいた行動が採りやすい。電力会社との協力も進んでいる。BEMSを入れて、節電アグリゲーターと契約すればよい。ビルに比べて一般家庭は難しい。現時点では需給ひっ迫時に素早く対応できない。このような状況を変える実証実験が横浜市で始まった。1900世帯を対象とする大規模な実験で、20%のピークカットを目指す。(2013年7月5日)

icon
補助金:

2年間で1万件の導入を目指すBEMS(ビル向けエネルギー管理システム)の補助金制度が軌道に乗り始めた。夏の節電シーズンを前に5月から6月にかけて申請が増え、ようやく目標の半分5000件を突破した。20社を超えるアグリゲータの中で日立製作所と日本テクノが件数を大きく伸ばした。(2013年6月28日)

icon
自然エネルギー:

14haの牧草地をメガソーラーに変える計画だ。総事業費が40億円に上るため、復興事業を支援する東光電気工事と特別目的会社(SPC)を設立し、SPCが運営する。(2013年6月25日)

icon
補助金:

東日本大震災の被災地を対象に、再生可能エネルギーによる発電設備の導入を支援する補助金制度が2011〜2015年度の5か年で継続中だ。総額316億円の国家予算を使った事業だが、2012年度の募集で認定対象が急増した。8つの県で674件の発電設備が補助金を受けて建設される。(2013年6月25日)

icon
自然エネルギー:

燃料電池車に向けた水素ステーションの建設が続いている。東京ガスは実証事業に続き、2013年からは一般商用の水素ステーション建設に乗り出す。特徴はトラックなどが利用する天然ガスステーションに併設することだ。(2013年6月24日)

icon
自然エネルギー:

新たな再生可能エネルギーとして期待が大きい地熱発電の開発を促進する補助金制度が始まる。地熱による熱水を利用した設備の導入費のほか、住民向けの講習会や勉強会の費用も補助金の対象になる。1件あたり最高で1億8000万円の費用を全額補助する。(2013年6月11日)

icon
法制度・規制:

経済産業省の「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」の内容が確定した。2012年度の制度とは補助金の計算方法が変わっており、減額となる車もある。(2013年6月3日)

icon
法制度・規制:

電気自動車の普及には充電インフラ、それも急速充電器のインフラが必要だ。ではどこに設置すれば良いのか。252基の設置を計画した岐阜県の例を紹介する。(2013年5月28日)

icon
法制度・規制:

経済産業省の補助金の申し込み先である太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)は、2013年3月までの補助金受付件数を公開した。前年度比、前年同期比とも7%以上の成長をみせた。東北地方の伸びが著しい他、固定価格買取制度の買取価格変更の影響も現れている。(2013年5月27日)

icon
自然エネルギー:

環境省が2003年度から継続している廃棄物エネルギー利用施設に対する補助金制度が2013年度も始まった。ごみなどの廃棄物のほか木質などのバイオマスを燃料に使う施設も対象になる。補助金の総額は前年度よりも増えて8億円を超える規模になった。第1次の公募を6月6日まで受け付ける。(2013年5月16日)

icon
スマートホーム:

4月から始まったMEMS(マンション向けエネルギー管理システム)の補助金制度で第1号の適用案件が決まった。NTTファシリティーズをアグリゲータとする10棟とファミリーネット・ジャパンをアグリゲータとする2棟の合計12棟で、導入対象は1000戸を超える。(2013年5月15日)

icon
エネルギー管理:

2013年度に実施するMEMS(マンション向けエネルギー管理システム)の補助金制度の適用対象になる24社のサービス内容がまとまった。すでに半数の12社はMEMSのサービスを開始できる状態になっている。電気料金を引き下げる「高圧一括受電」は計画中を含めて20社が提供する。(2013年5月15日)

icon
補助金:

3月に破産したイーエムシーのBEMS(ビル向けエネルギー管理システム)の事業を承継する会社が決まり、5月7日からサービスを開始した。写真プリンタや環境関連機器を製造・販売するノーリツ鋼機の子会社「NKワークス」が101か所の導入済みシステムを含めて受け継ぐ。(2013年5月8日)

icon
蓄電・発電機器:

蓄電池や太陽光発電を導入するメリットは大きい。しかし、初期費用が数百万円にも上る。このハードルは高い。オリックスとNEC、エプコは、蓄電池にレンタルサービスを採り入れることで、スマートフォンなみの月額料金を実現した。太陽光発電システムの屋根貸し契約と組み合わせることで、実質0円にすることも可能だという。(2013年5月2日)

icon
補助金:

マンション全体で使用する電力を削減して電気料金を引き下げることができるMEMS(マンション向けエネルギー管理システム)の市場が盛り上がってきた。MEMSを提供するアグリゲータが24社に増え、総額130億円の補助金を活用した電力・エネルギー管理の高度化プロジェクトが動き出す。(2013年5月1日)

icon
蓄電・発電機器:

京セラは家庭用の定置型リチウムイオン蓄電システムの第二弾を製品化した。太陽光発電システムと同時に利用した場合、自家発電設備扱いにならないような設計としたことで、太陽光発電の売電価格を38円に維持できる。(2013年4月23日)

icon
補助金:

環境省が小規模な自治体の節電対策を支援するため、街路灯などをLED照明に切り替える計画に補助金を交付する。すでに38の市町村が対象に決まり、さらに15件程度を5月17日まで募集中だ。総額11億5000万円の予算で実施するもので、1件あたり最高で2300万円まで補助金が出る。(2013年4月22日)

icon
自然エネルギー:

日本がメガソーラー立地において、国際企業の草刈り場となる可能性がある。買取価格に魅力があるからだ。ドイツ企業の9カ所945MWというプロジェクトに続き、スペイン企業が2年間で44MWという計画を明らかにした。(2013年4月22日)

icon
補助金:

総額130億円の予算で実施するMEMS(マンション向けエネルギー管理システム)の補助金制度で対象になる6社のサービスの価格と内容が明らかになった。1棟で100戸の場合の初期導入費は最低0円から最高4450万円まで幅があり、提供するサービスにも明確な違いがある。(2013年4月19日)

icon
補助金:

東京都が2013年度に100億円強の予算を使って、家庭やオフィスのエネルギー対策を支援する。家庭向けではコージェネレーション、蓄電池、V2Hの3種類の機器、オフィス向けでもコージェネレーションとBEMSの導入支援に補助金を割り当て、「スマートエネルギー都市」を推進する方針だ。(2013年4月17日)

icon
補助金:

2013年度に総額130億円の国家予算をかけて実施するMEMS(マンション向けエネルギー管理システム)の補助金制度が動き出した。中心的な役割を担うアグリゲータとして最初の6社が確定。さらに4月下旬までに10社程度が加わり、5月から本格的に導入プロジェクトが始まる。(2013年4月1日)

icon
補助金:

2012年度から総額300億円の国家予算で大々的に始まったBEMS(ビル向けエネルギー管理システム)の補助金制度が新たな局面を迎える。2年間に1万件の導入目標をクリアするため、BEMSを提供するアグリゲータの2次募集を実施して、10社程度を追加する予定だ。(2013年3月27日)

icon
自然エネルギー:

農林水産省を中心に7つの省庁が連携して「バイオマス産業都市」を推進する国家プロジェクトが始まった。2013年度に23億円の予算を使って、自治体などがバイオマス関連設備を設置するための補助金を支給する。2020年に向けて5000億円規模の新産業の形成を目指す。(2013年3月26日)

icon
蓄電・発電機器:

最新のスマートホームには蓄電池が標準で装備されるようになってきたが、電力のピークシフトに使える点ではオフィスや店舗、工場や学校・病院でも有効だ。これまで国の補助金の対象になる製品は最大で14.4kWhの容量にとどまっていたが、その4倍の58.8kWhの製品が新たに加わった。(2013年3月25日)

icon
電気自動車:

経済産業省による「次世代自動車充電インフラ整備」の補助金制度が始まった。電気自動車やプラグインハイブリッド自動車の充電器を全国に一気に広める目的で、1年間に合計11万基の設置を目指している。補助金の総額は1005億円にのぼる。(2013年3月21日)

icon
補助金:

経済産業省の補助金制度でBEMS(ビル向けエネルギー管理システム)を提供できるアグリゲータの1社、「イーエムシー」の破産が3月15日に確定した。補助金を運営するSII(環境共創イニシアチブ)は同日、イーエムシーから業務の継続不能に関する報告を受けた。(2013年3月16日)

icon
補助金:

2013年度から始まるマンション向けエネルギー管理システム(MEMS)に対する補助金制度の内容が明らかになった。各住戸には国内標準規格の「ECHONET Lite」に対応したシステムが必須条件になる。マンション全体で電気料金を安くできる「高圧一括受電」のための設備も選択可能だ。(2013年3月11日)

icon
補助金:

経済産業省が2013年度に130億円の予算で実施するMEMS(マンション向けエネルギー管理システム)の補助金制度の概要が決まった。補助金の対象になるアグリゲータとシステムを4月中に発表して適用を開始する。マンション1棟あたりの補助金は平均1600万円程度を見込む。(2013年3月4日)

icon
自然エネルギー:

温泉地には豊富な地熱資源が眠っている可能性が高い。地中深くまで穴を掘る本格的な地熱発電に踏み切らずとも、湧き出している温泉水を使った「バイナリー発電」という手法も使える。このたび、日本全国7カ所の温泉地で地熱発電に向けた調査が始まることになった。(2013年1月29日)

icon
節電に効くシステム(3):

短期連載「節電に効くシステム」の第3回では、BEMS(ビル向けエネルギー管理システム)の中でも、経済産業省の「エネルギー管理システム導入促進対策事業費補助金」の対象となっている製品を整理し、それぞれの製品がどの程度の規模の建物に適しているのかを解説する。(2013年1月23日)

icon
エネルギー管理:

先ごろ2012年度の補正予算が決定したが、その中で経済産業省は省エネ設備の補助に2000億円を確保したことを明らかにした。目玉の政策のひとつとして、マンション向けのエネルギー管理システム(MEMS)に対する補助金制度を総額130億円の予算で開始する方針だ。(2013年1月21日)

icon
自然エネルギー:

環境省は再生可能エネルギーの中でも導入に長い時間がかかりがちな陸上風力発電、バイオマス発電、小水力発電、地熱発電、洋上風力発電の事業化計画策定を支援することを決め、支援対象事業者を発表した。(2013年1月9日)

icon
2012電力トレンドまとめ読み(1):

東日本大震災を機に露呈した旧態依然の電力供給体制を変革するために、国のエネルギー政策が大きく方向転換した1年だった。電力会社を中心に原子力発電を長期的に拡大していく従来の方針から一転して、再生可能エネルギーと火力発電の増強へ舵を切り始めた。(2012年12月25日)

icon
自然エネルギー:

東京急行電鉄沿線でケーブル・テレビ(CATV)サービスを提供しているイッツ・コミュニケーションズは、CATVサービス加入者に向けて太陽光発電システムの販売を始めた。太陽光発電システムの稼働開始までに必要な作業だけでなく、保守、メンテナンスも一手に引き受ける点が特長。(2012年12月21日)

icon
補助金:

オフィスの節電対策に有効なBEMS(ビル向けエネルギー管理システム)を推進する国の補助金制度が揺れ動いている。夏から低迷していた申請件数が11月になって大幅に増えたものの、特定のアグリゲータからの申請が大半を占めており、まだ本格的な拡大には至っていない状況だ。(2012年12月12日)

icon
キーワード解説:

再生可能エネルギーの固定価格買取制度を利用するときは、売電収入をある程度見積もっておくことが大切だ。売電収入、つまり発電量は発電施設の「設備利用率」を参考にすれば、大体見積もれる。(2012年11月30日)

icon
エネルギー管理:

NTT東日本が提供しているHEMS「フレッツ・ミルエネ」は、導入時の負担額が実質1000円から、月々の使用料が210円という手頃な価格で人気を集めている。エアコンなどの電力使用量を計測したいという要望に応えて、200Vのエアコンにも対応した製品を発売する。(2012年11月29日)

icon
蓄電・発電機器:

ピークシフトや停電時の備えのために大型の蓄電池を導入する企業が増えている。エリーパワーは蓄電容量が最大で60kWhとなる産業用蓄電池を開発し、発売する。停電時も途切れることなく電力を供給することが可能な点が特長。(2012年11月26日)

icon
補助金:

3か月前から申請件数が大幅に減少してしまった政府のBEMS補助金。直近の1か月間でも上向く兆しは見えず、開始から半年の累計で1800件あまりにとどまっている。2年間で1万件の目標を達成するには、アグリゲータの入れ替えを含む抜本的な対策が必要な状況になってきた。(2012年11月7日)

icon
エネルギー管理:

節電に効果のあるBEMS(ビル向けエネルギー管理システム)を無料で使えるサービスが始まった。契約電力が500kW未満のオフィスなどを対象にしたサービスで、電気料金の削減分をシェアする仕組みだ。コストをかけずにBEMSを使った節電対策が可能になる。(2012年10月22日)

icon
補助金:

企業の節電対策として導入促進が期待されるBEMSだが、国の補助金に対する申請件数が9月に大きく減少したことが明らかになった。直近の約1か月で140件の申請にとどまり、目標の3分の1に落ち込んでしまった。2年間で1万件の目標達成が早くも厳しくなっている。(2012年10月10日)

icon
蓄電・発電機器:

経済産業省が進めている、工場やオフィスビルで利用する大型カスタム蓄電池向けの補助金制度が定める製造事業者に、三菱重工が加わった。独自のリチウムイオン蓄電池を活用して、蓄電容量が数10kWhの製品から、数百kWhにもなる超大規模な製品を製造、出荷していく。(2012年9月13日)

icon
補助金:

エコカー補助金よりも金額が大きいクリーンエネルギー自動車の補助金の対象車種に、新たにホンダの「フィットEV」とメルセデス・ベンツの「スマート電気自動車」が加わった。現時点でリース販売限定のフィットEVだが、補助金は最高94万円で日産の「リーフ」よりも高い。(2012年9月13日)

icon
補助金:

総額3000億円で2011年度から始まった「エコカー補助金」が9月中に終了する見通しになってきた。すでに残額が5%程度になっており、予算を超過した時点で受付をストップする。注意すべきは、補助金の終了が告知された当日の申請は無効になることだ。(2012年9月12日)

icon
補助金:

中堅・中小企業の節電対策を支援するためのBEMS(ビル向けエネルギー管理システム)の補助金制度が失速し始めた。直近の1か月で申請件数が200件にも満たない状況だ。このままでは2年間で1万件の目標の達成は難しく、抜本的な改善策を必要とする可能性が高まってきた。(2012年9月12日)

icon
エネルギー管理:

家電向け通信プロトコル「ECHONET Lite」は事実上の業界標準プロトコルとなっているが、ECHONET Liteを利用して通信する製品はまだ少ない。パナソニック エコソリューションズ社は、ECHONET Liteで家電と通信し、家電を制御するHEMSを発売する。(2012年9月12日)

icon
補助金:

各省庁による2013年度予算の概算要求がまとまり、注目の資源・エネルギー関連で経済産業省が1兆円規模の予算案を提出した。その中で「新たなエネルギー需給構造の構築」に最大の4025億円を要求して、省エネ対策の強化や再生可能エネルギーの開発に注力する姿勢を明確にした。(2012年9月11日)

icon
ウイークエンドQuiz:

自宅の屋根に太陽光発電システムを取り付ける人が多くなった。経済産業省も、太陽光発電システム導入に当たる費用の一部を補助して、導入を促している。ただし太陽光発電システムの公称出力がある値を超えると、それ以上は補助金対象とならない。では、その値は?(2012年8月24日)

icon
補助金:

2013年2月まで続く予定の「エコカー補助金」だが、すでに申請額が予算に近づき、期限前に終了する見通しだ。しかし金額の大きい別の制度がある。「クリーンエネルギー自動車」に対する補助金で、電気自動車、プラグインハイブリッド自動車、クリーンディーゼル自動車が対象になる。(2012年8月22日)

icon
エネルギー管理:

デンソーが開発した電気自動車と連携できるHEMS(家庭向けエネルギー管理システム)が新たに補助金の対象に加わった。発表されていなかった価格も明らかになり、モニター本体と拡張ユニットの合計で約30万円である。3分の1まで補助金を受けることができる。(2012年8月16日)

icon
補助金:

政府によるBEMS(ビル向けエネルギー管理システム)の補助金制度が始まって3か月が経過した。2年間で1万棟のビルにBEMSを導入する計画だが、この1か月間の申請件数が伸び悩んでいる。申請を担当するアグリゲータの一部からは審査方法の見直しを求める声も出始めた。(2012年8月14日)

icon
蓄電・発電機器:

経済産業省は、主に住宅で使用するリチウムイオン蓄電池の購入者に補助金を出している。一方で工場やオフィスビルで利用する大型カスタム製品に対する補助金支給の準備も進めていた。GSユアサは大型カスタム蓄電池としては初となる補助金対象製品を発表した。(2012年8月9日)

icon
蓄電・発電機器:

経済産業省が据え置き型リチウムイオン蓄電池の購入者に補助金を出す事業を続けている。これまで補助対象となった製品は住宅向け、あるいはオフィスのごく一部の機器で利用するもので、大規模なものはなかった。今回、ようやく「産業用」と言える大規模な製品が補助対象となった。(2012年8月2日)

スマートジャパン購読ボタン