ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「モデルチェンジ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モデルチェンジ」に関する情報が集まったページです。

午後の紅茶「夏はアイスティー」猛プッシュ 市場拡大で狙うコーヒーの座
キリンビバレッジが、「午後の紅茶」を6年ぶりにリニューアルする。リニューアルするのは定番3商品(ストレートティー、ミルクティー、レモンティー)で、中味、パッケージデザイン、容器を全て刷新。同社の看板商品である午後の紅茶をフルモデルチェンジする背景には、強力なライバルであるコーヒーの存在があった。(2024/6/10)

新型「iPad Pro」先行レビュー 6年ぶりのフルモデルチェンジで大幅進化も、その価格に見合うのか
フル装備で50万円を超える価格と、無神経なプロモーションムービーで悪目立ちしてしまったが、実際に触れたiPad Proは、非常に出来のいいデバイスだった。5月15日に発売されるiPad Proをひと足先に借りられたので、先行レビューをお届けしよう。(2024/5/14)

新しい「iPad Pro」と「iPad Air」どちらを選ぶ? 実機を試用して分かった“違い” 一新されたMagic KeyboardやApple Pencil Proも試す
まるでiPhoneのようなラインアップになったiPadだが、2022年以来のフルモデルチェンジとあって注目を集めている。そんな新しいiPad Pro(13型)、iPad Air(11型)を、非常に短い期間ながら試用することができた。2機種の違いも踏まえてレビューをお届けしよう。(2024/5/14)

有機EL&M4チップ搭載の新型「iPad Pro」発表 フルモデルチェンジで大幅刷新 Apple Pencil Proも登場
米Appleがディスプレイに有機ELを採用した新型「iPad Pro」を発表した。(2024/5/7)

工作機械:
ソディックの環境配慮型形彫り放電加工機に新製品、熱変位補正機能を標準装備
ソディックはリニアモータ駆動形彫り放電加工機「AL」シリーズをモデルチェンジした“環境配慮型”工作機械「ALプラス」シリーズにおいて、新たに「AL80G+」「AL100G+」を2024年5月から販売すると発表した。(2024/4/23)

トヨタ、新型ランドクルーザー「250」シリーズを発売 目指したのは「原点回帰」
トヨタ自動車は4月18日、新型ランドクルーザー「250」シリーズを発売した。中核モデル「ランドクルーザープラド」の後継にあたり、14年ぶりのフルモデルチェンジとなる。(2024/4/20)

ホンダ、進化した「VEZEL」を先行公開 今春にマイナーモデルチェンジ
本田技研工業は3月14日、今春にマイナーモデルチェンジを予定しているコンパクトSUV「VEZEL(ヴェゼル)」を先行公開した。現行モデルの外観デザインは残しつつ、フロントグリルやフロントバンパーを変更した。(2024/3/16)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
売れ続けるマツダ「ロードスター」 あえてフルモデルチェンジしない理由
売れ行きが好調なマツダ「ロードスター」。前回のフルモデルチェンジから約9年が経過する中、マツダがあえて商品改良したのには、ある理由がありました。(2024/2/21)

アイ・オーが録画機能付きTVチューナーに約8年ぶりの新モデル はやりの「チューナーレスTV」でも快適に利用可能
アイ・オー・データ機器が、録画機能付きTVチューナーを約8年ぶりにモデルチェンジする。外観は大きく変わっていないが、ハードウェア/ソフトウェア両面で改良を行ったことが特徴だ。合わせて、スマートTV向けの視聴アプリをリリースし、最近はやりの「チューナーレスTV」でも快適に利用できることを訴求する。(2023/10/18)

医療機器ニュース:
介護施設利用者の状態を見守る支援システムの提供を開始
パラマウントベッドは、睡眠データを遠隔で表示する見守り支援システム「眠りCONNECT」の提供を開始する。同時に、システムの中心となる体動検知センサー「眠りSCAN」をモデルチェンジする。(2023/10/2)

工作機械:
シチズンマシナリーが自動旋盤の人気機種を大幅刷新へ、2024年4月に発売
シチズンマシナリーは主軸台移動形CNC自動旋盤「Cincom L20」シリーズをフルモデルチェンジした。4機種を2024年4月より販売する。(2023/9/28)

Intel Evo準拠:
Intel製AIプロセッサ搭載の14.4型2in1 PC「Surface Laptop Studio 2」が10月3日発売 33万6380円から
Microsoftのハイスペック2in1ノートPCがモデルチェンジする。CPUや外部GPUを最新世代に刷新しただけでなく、Intel製のAIプロセッサを搭載することで、AI関連の処理パフォーマンスを一生高めたことが特徴だ。(2023/9/22)

AmazonがWi-Fi 6E対応+ストレージ倍増の新型「Fire Stick 4K Max」発売 「Fire TV Stick 4K」も廉価版として復活
Amazonの4K対応映像デバイス「Fire Stick 4K Max」がモデルチェンジした。ストレージが倍増し、Wi-Fi 6Eに対応した他、新しいリモコンが付属するようになった。また、本モデルの廉価として「Fire TV Stick 4K」も復活している。(2023/9/21)

直販限定のモバイルPC! 新型「VAIO S13」「VAIO Pro PG」登場 15万9800円から
VAIOが、13.3型モバイルノートPCをモデルチェンジする。先に登場した、新しい「VAIO Fシリーズ」とコンポーネントを共用してコストを抑えつつ、先代モデルと同様にモバイルノートPCに求められる機能やスペックをしっかりと満たしていることが特徴だ。(2023/8/29)

Wi-Fi 6E対応のメリットはある? バッファローの新型フラグシップルーター「WXR-11000XE12」を試して分かったこと
バッファローのフラグシップWi-Fiルーターが約3年半ぶりにモデルチェンジを果たした。パッと見は先代と変わりないのだが、6GHz帯の通信に対応するなど“中身”は大きく進化している。その実態に迫っていこう。(2023/8/16)

PR:XPPenの液晶ペンタブ「Artist Pro 14/16」に第2世代が登場! 世界初の“1万6384段階”筆圧検知できめ細かい描画を実現
XPPenが、ハイエンド液晶ペンタブレット「Artist Pro」の14型/15型モデルをモデルチェンジした。新モデルは、世界初となる1万6384段階の筆圧検知に対応しており、よりきめ細かい描画を実現できる。(2023/8/16)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
フルモデルチェンジした「Echo Show 5(第3世代)」をシビアに採点する
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする連載。フルモデルチェンジした「Echo Show 第3世代」を細かく確かめた。(2023/8/8)

日本一売れている軽自動車:
新型「N-BOX」先行公開 6年ぶりの全面刷新で、今秋発売
本田技研工業は8月3日、今秋発売予定の新型「N-BOX」を特設サイトにて先行公開した。発売に先駆け、先行予約の受付を8月に開始する。現行モデルは2017年にフルモデルチェンジした2代目で、6年ぶりの全面刷新となる。(2023/8/3)

ナナマルも復活:
新型ランクル、豊田前社長が求めた「原点回帰」 開発陣がたどり着いた答え
トヨタ自動車が発表した新型ランドクルーザー「250シリーズ」は、中核モデル「プラド」の後継で、14年ぶりのフルモデルチェンジとなる。これまでのプラドが「高級」「豪華」という路線を走る中で、豊田章男前社長は開発陣に「原点回帰」を求めた。(2023/8/2)

「70」も9年ぶり再投入:
新型「ランドクルーザー」世界初公開 「プラド」後継、14年ぶり刷新
トヨタ自動車は8月2日、ランドクルーザー(以下、ランクル)の新型「250シリーズ」を世界初公開した。中核モデル「ランドクルーザープラド」の後継にあたり、14年ぶりのフルモデルチェンジとなる。(2023/8/2)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタ新型「アルファード」と「ヴェルファイア」の正常進化
トヨタ自動車は、「アルヴェル」と呼ばれる人気の「アルファード」「ヴェルファイア」をフルモデルチェンジ。ミニバンの宿痾ともいえる2列目シートの振動問題が解決された。詳しく見ていこう。(2023/6/26)

車両デザイン:
新型アルファード/ヴェルファイアの意匠を実現した「体脂肪率ゼロ」
トヨタ自動車はフルモデルチェンジした「アルファード」「ヴェルファイア」を発売した。2015年以来8年ぶりの全面改良となる。(2023/6/22)

「Wi-Fi 7」が話題を集める中、なぜバッファローは「Wi-Fi 6E」フラグシップルーターを発売するのか? 開発陣に聞く
バッファローがWi-Fi 6ルーターのフラグシップをモデルチェンジし、「Wi-Fi 6E」に対応した。次世代規格である「Wi-Fi 7」の足音が聞こえる中、あえてWi-Fi 6E対応としてリリースしたのはなぜなのだろうか。開発担当者に狙いを聞いた。(2023/6/16)

直販限定モデルも大幅刷新:
FCCLが2023年夏商戦向け新型PCを発表 液晶一体型「ESPRIMO」やノートPC「LIFEBOOK」など
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)が、2023年夏商戦向け新型PCを発表した。デスクトップPC「ESPRIMO」では、液晶一体型モデルの「FHシリーズ」の上位構成をモデルチェンジし、ノートPC「LIFEBOOK」では15.6型メインストリームモデル「AHシリーズ」をアップデートする他、直販限定でモバイルノートPC「UHシリーズ」の2in1モデルのCPUを刷新する。(2023/6/13)

23年末より展開:
LEXUS、新型「GX」を世界初公開 約14年ぶりにフルモデルチェンジ
LEXUSは6月8日、米国・テキサス州オースティンで新型「GX」を世界初公開した。過酷な悪路から市街地までシーンを選ばず走る本格オフローダーとして、約14年ぶりにフルモデルチェンジした。23年末より、順次各地域に展開する予定だ。(2023/6/9)

FAニュース:
表示パネル設置と通信機能拡充、自社製半導体素子搭載のサイリスタ式電力調整器
三社電機製作所は、モデルチェンジしたサイリスタ式電力調整器「CALPOTE 単相シリーズ UG1」を発売した。自社製パワー半導体素子の搭載に加え、表示パネルの標準搭載や通信機能の拡充などで機能面を強化する。(2023/6/8)

27型と31.5型の2モデル:
EIZOが新型4K液晶ディスプレイを発表 環境対応+ドッキングステーション機能を強化してビジネスのど真ん中へ
EIZOが、USB Type-C接続に対応するビジネス向け4K液晶ディスプレイをモデルチェンジする。消費電力の削減やリサイクル素材の利用範囲の拡大など環境面への配慮を強化しつつ、新たに有線LAN端子を備えるなど使い勝手の改善も図っている。(2023/4/13)

PR:ハイブリッドワーク時代の「法人ノートPC」はどう選べばいい? デル・テクノロジーズの「Dell Latitude 7x40シリーズ」が狙い目なワケ
ハイブリッドワークに適したビジネスノートPCを導入する際、どんな機種を選べばいいのだろうか。迷っている人には、ハイブリッドワークに最適化したモデルチェンジを果たしたデル・テクノロジーズの最新モデル「Latitude 7x40シリーズ」をお勧めしたい。(2023/4/18)

電動化:
いすゞ「エルフ」が全面改良で安全装備充実、EVも幅広いラインアップ
いすゞ自動車は小型トラック「エルフ」をフルモデルチェンジして発売した。(2023/3/8)

3月2日発売:
ルノー、新型「カングー」発売 14年ぶりのフルモデルチェンジ
ルノー・ジャポンは3月2日、14年ぶりにフルモデルチェンジした新型ルノー カングーを発売する。(2023/2/28)

MWC Barcelona 2023:
Ryzen搭載のフラグシップ「ThinkPad Z13/Z16」が第2世代に 基本スペックを底上げ
LenovoがAMDプロセッサ専用モデルとして用意した「ThinkPad Z13」「ThinkPad Z16」が、APU(GPU統合型CPU)を刷新してモデルチェンジする。基本的なコンセプトは先代と変わらないが、Z13のブロンズモデルの天板が亜麻繊維由来のものに変更されている。(2023/2/27)

スーパーマーケットトレードショー2023:
三菱電機が冷媒漏えい箇所を特定する新技術を冷凍機に実装、作業時間の短縮を実現
三菱電機は「冷媒漏えい箇所特定技術」を開発し、2023年7月にモデルチェンジして発売するR463A-J/R410A兼用コンデンシングユニット「ECOV DUAL(エコブイデュアル)」シリーズに実装する。(2023/2/20)

1kg切りモデルも健在:
14型軽量モバイルノート「dynabook Rシリーズ」がモデルチェンジ 第13世代Coreプロセッサに
Dynabookは、第13世代Coreプロセッサを採用した14型プレミアムモバイルノートPC「dynabook R8」「dynabook R9」を発売する。(2023/2/10)

“無限の柔軟性”を提供するM2搭載「Mac mini」という選択肢の魅力
Appleがエントリー向けのデスクトップPC「Mac mini」をモデルチェンジした。最新のM2やM2 Proチップを選べるなど、プロフェッショナルユースもカバーできる高いポテンシャルを備えた1台だ。発売に先立ち、林信行氏が実機を試した。(2023/2/2)

Intelモデルは終売:
「Mac mini」がM2/M2 Proチップを搭載してモデルチェンジ 2月3日発売で8万4800円から
AppleがエントリーMac「Mac mini」をモデルチェンジした。最新のM2チップに加えて、それをパワーアップした「M2 Proチップ」を搭載するモデルも用意しており、プロフェッショナルユースもカバーできるようになっている。(2023/1/18)

CES 2023:
HPが「OMEN」シリーズに第13世代Core採用の最新モデルを投入
HPのゲーミングPC「OMEN」に新モデルが登場する。ノートPCは「OMEN 17 Laptop」、デスクトップPCは「OMEN 40L Desktop」「OMEN 45L Desktop」「OMEN 25L Desktop」がモデルチェンジを行う。(2023/1/4)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
vivoの「X90」はカールツァイス仕込みのカメラスマホ X90 Proは1型センサー搭載
カメラ性能を強化したスマートフォンは、中国でも活発です。vivoとカールツァイスの協業は2020年に始まり、2021年発売の「X60」からZEISSのロゴを背面に入れています。その後Xシリーズは半年ごとにモデルチェンジを繰り返し、今回の最新モデルとしてX90が登場しました。(2022/12/29)

電子ブックレット(オートモーティブ):
プリウスを振り返る(2015〜2022年)
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、トヨタ自動車を代表するハイブリッド車(HEV)で、先日フルモデルチェンジした「プリウス」に関する過去の記事をまとめた「プリウスを振り返る(2015〜2022年)」をお送りします。(2022/12/5)

電動化:
e-POWERの加減速とハンズオフ対応の運動性能で、乗り物酔いしないミニバンに
日産自動車は2022年11月28日、ミニバン「セレナ」をフルモデルチェンジして発表した。ガソリンエンジンモデルを2022年冬から、シリーズハイブリッド「e-POWER」搭載モデルを2023年春に発売する。(2022/11/29)

家族のミニバン:
新型「セレナ」発表 疲れにくく、酔いにくいクルマを極めたワケ
日産自動車は11月28日、フルモデルチェンジした新型「セレナ」を発表した。室内空間の広さや利便性はそのままに、最先端技術の搭載やさまざまな機能の拡充、移動時の快適性を徹底追求したという。(2022/11/28)

ガソリン車の代わりに:
日産、新型「セレナ」を発表 来春からe-POWER車を販売
日産自動車は11月28日、「セレナ」をフルモデルチェンジし、ガソリン車を今冬からe-POWER車を来春発売すると発表した。家族のためのミニバンとしてファミリー層に訴求していく。(2022/11/28)

「自動車産業」のイメージ脱却を狙う:
採用も“ファン作り” トヨタが実施する「採用色を出さない採用」とはいったいどんなものなのか
トヨタは「自動車をつくる会社」から「モビリティカンパニー」にモデルチェンジすることを掲げている。その過程でエンジニアなどの専門人材の獲得が必須に。「採用色」を出さない採用活動を意識しているというが、どんなものなのか。(2022/11/22)

電動化:
新型プリウスは「愛車としてカーボンニュートラルに貢献」、スポーティーさ前面に
トヨタ自動車は2022年11月16日、フルモデルチェンジした「プリウス」を世界初公開した。日本の他、北米や欧州などグローバルで順次展開する。ハイブリッド車(HEV)は2022年冬、プラグインハイブリッド車(PHEV)は2023年春に発売する予定だ。(2022/11/17)

6代目誕生:
日産、新型「セレナ」を先行公開 6年ぶりのフルモデルチェンジ予定
日産自動車は11月11日、近くフルモデルチェンジを予定している新型「セレナ」の先行情報を公式Webサイトで公開した。(2022/11/11)

11月16日ワールドプレミア:
トヨタ、新型プリウスを世界初公開へ 7年ぶりのフルモデルチェンジ
トヨタ自動車は、「新型プリウス」のワールドプレミアを11月16日に開催すると発表した。(2022/11/11)

旧モデルとの価格差は日本市場も配慮?:
新型「iPad」はフルモデルチェンジしてiPad Airに近い使い勝手を実現 実機に触れて分かったこと
Appleの「iPad」が全面的に刷新され、新モデルに生まれ変わった。第10世代iPadの実機を林信行氏がチェックした。(2022/10/24)

走りの質にこだわったデザイン:
ホンダ、「FIT」をマイナーモデルチェンジ 約2年ぶりに復活した新タイプ「RS」を追加
本田技研工業は10月7日、「FIT」をマイナーモデルチェンジし、新タイプ「RS」を新たに設定し発売する。(2022/10/7)

Fire TVシリーズ最上位「Fire TV Cube」が10月27日にモデルチェンジ HDMI入力端子(超解像対応)付き
Amazonの映像デバイス「Fire TVシリーズ」の最上位に位置する「Fire TV Cube」がモデルチェンジする。プロセッサのCPU部が最大20%高速化し、Wi-Fi 6に対応することでより快適に4Kストリーミングが楽しめるようになった他、HDMI入力端子、USB Type-A端子や有線LAN端子も備えた“全部入り”となったことも特徴だ。(2022/9/29)

Honda SENSINGの新機能搭載:
ホンダ、「N-WGN」をマイナーモデルチェンジ、特別仕様車「STYLE+ BITTER」と同時発売
本田技研工業は9月23日、軽自動車「N-WGN(エヌワゴン)」をマイナーモデルチェンジし発売した。また、特別仕様車「STYLE+ BITTER(スタイルプラス ビター)」を新設定し、同時発売した。(2022/9/26)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型エクストレイル 改革最終年に臨む日産(前編)
日産自動車がミドルクラスSUVであるエクストレイルをフルモデルチェンジした。事業構造改革計画「Nissan NEXT」において、重要な位置づけのクルマだ。(2022/9/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。