ニュース
» 2009年04月01日 17時07分 公開

2009年度トップ訓示:IT企業が新入社員に求めるのは「自ら考え、切り開く力」 (3/3)

[國谷武史, 藤村能光,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

沖電気工業(OKI) 篠塚勝正社長

 グループを上げて売り上げの拡大や市場開拓を進める成長路線を取っている。新入社員には創業から持ち続けている2つの遺伝子を受け継いでほしい。1つは「進取の精神」。失敗を恐れず未知の世界にチャレンジし、新しい時代の要求にあった技術・商品、新しいビジネスモデルを開発して、メーカーとしてものづくりにこだわってほしい。もう1つは「誠実」に仕事をやり遂げる姿勢。顧客企業や社内外のパートナー企業に対し、どのような場面でも誠実な行動を取る。何ごとにも誠実な態度で行動すれば、必ず相手に通じ、その姿勢によって誠意ある人と認められる

NECソフト 国嶋矩彦社長

 2008年から「世界トップクラスのソフト会社に」という経営目標を掲げている。それは売り上げや利益ではなく、経営力、事業遂行力、人材力のランクアップであり、外部から素晴らしい会社だと評価されることを指す。そのために、外部から認められる会社であること、グローバルに活躍するプロフェッショナル集団であること、人と技術をつないで新たな価値を創造することが求められている。この3つに沿って自ら考え、行動し、仲間と力を合わせてその思いを実現してほしい。

ITホールディングス 岡本晋社長

 社会人としてグループの一員となった皆さんには2つお願いしたい。1つは自分の将来にビジョンを持ち、計画を立てて行動してほしい。何も考えず言われたことをこなしていても日々は流れる。5年後、10年後には高い志を持って成長していった人と流されて過ごした人とでは大きな差がつく。もう1つは好奇心を持ち続けてほしい。好奇心がすべての進歩の源だ。これはどうしてだろう、これは面白そうだ、これをこうすればどうなるのだろう――という柔軟かつ前例にとらわれない心が進歩を助ける。

ソフトバンク 孫正義社長

 30年後、皆さんが今のわたしと同じ年代になる頃には、コンピュータはわれわれの頭脳をはるかに超える能力を持つようになる。人々の生活は、今からは想像もできないほど劇的に変化する。こうした時代にインターネットを通じて人々に新しいライフスタイルを提供する。それこそがわれわれソフトバンクの使命だ。同じ志を持つ「同志」として一緒に頑張ろう。

過去のニュース一覧はこちら

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -