ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「温室効果ガス25%削減」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「温室効果ガス25%削減」に関する情報が集まったページです。

省エネ機器:
CO2を25%削減する新型コンクリート、価格と耐久性もばっちり
あらゆる建物に利用されるコンクリート。鹿島建設は従来より製造時におけるCO2排出量を25%削減した新型コンクリートを開発した。耐久性やコスト面でも一般的なコンクリートと同水準を保っており、建物の建設時におけるCO2排出量の削減に貢献できるという。(2016/6/13)

自然エネルギー:
住民26人が立ち上げた地熱発電所、熊本の温泉郷で商用運転を開始
地熱資源が豊富な熊本県の「わいた温泉郷」に、高温の蒸気を利用した本格的な地熱発電所が運転を開始した。発電能力は2MWで、年間に3400世帯分の電力を供給できる見込みだ。地元の住民26人が地域の活性化を目指して取り組む。国の補助金を受けて、周辺地域に熱も供給する。(2015/6/26)

LED照明:
9万本の水銀灯と蛍光灯をLED照明に、花王が年間820万kWhの電力削減へ
花王はグループ企業を含めて国内の事業場で使っている水銀灯と蛍光灯を撤廃して全面的にLED照明へ切り替える。グループ全体で約9万本にのぼる照明を対象に2018年度までに完了させる計画だ。年間に820万kWhの電力を削減できる見込みで、2300世帯分の使用量に相当する規模になる。(2015/5/25)

世界を「数字」で回してみよう(8):
「環境問題」とは結局何なのか(前編)〜勝算不明の戦いに挑む意義〜
地球環境問題というのは、身近な問題のようでいて意外と当事者意識をイメージしにくいものです。それでも、環境問題は何十年も前から提起され、国レベル、世界レベルで規制や対応が検討されてきました。今回は、実際に数字を回す前に、プロローグとして“環境問題とは結局何なのか”、ということを筆者なりに考えてみたいと思います。(2014/11/12)

日本列島エネルギー改造計画(9)栃木:
小水力発電と太陽光で、農村が「スマートビレッジ」に変わる
海に面していない栃木県は山と川が多く、イチゴの「とちおとめ」に代表されるように農業が盛んだ。農業用水路が整備されていて、水路を使った小水力発電は全国でも先進的である。さらに太陽光発電も取り入れて、農村を「スマートビレッジ」に変革するプロジェクトが始まっている。(2012/10/30)

東急「自由が丘」駅に有機EL照明、日本初
パナソニックは、東京急行電鉄「自由が丘」駅に有機EL照明器具29台およびLED照明器具1174台を導入した。駅施設の一般照明として有機ELを導入したのは日本初。(2012/3/30)

LED照明:
駅舎照明のLED化で消費電力量半減を見込む、東急自由が丘駅
東急は、自由が丘駅の照明設備のほとんどを入れ替えた。以前に使っていた照明設備と比較して消費電力量を50%以上削減できると見込む。さらに、次世代の照明を模索する動きも見せている。(2012/3/30)

LEDだから実現できること:
PR:明かりはもっと便利になる、シャープLED照明の秘密とは?
昨年の夏に家庭用LED電球に参入して以来、価格と機能の両面で市場をリードしてきたシャープ。この秋には、大幅に軽量化したLED電球や高機能なLEDシーリングライトを投入する。常に新しい提案を盛り込むLED照明は、どのように生み出されるのか。シャープ商品企画の秘密に迫った。(2010/9/17)

PR:ペーパーレスが切り拓く未来型企業への道のり
ペーパーレス化が企業の重要な課題になっている。セキュリティ、コンプライアンス、グローバル化、業務効率向上など、企業の行く末を左右するさまざまな要因とかかわっており、「未来型企業」への道のりを切り拓く重要な取り組みといえる。ただし、安易に紙をなくすこと自体を目的にしては意味がない。経営戦略実現の武器としてペーパーレスを位置づけ、現場の業務効率の向上を目指す必要がある。(2010/9/13)

何かがおかしいIT化の進め方(46):
持続可能社会とITシステムはどう在るべきか(後編)
(2010/6/21)

パワー半導体 SiCデバイス:
動き出すSiCパワー半導体、省エネルギーの切り札へ
CO2の25%削減目標やこれまでにない規模の太陽光発電の導入、米国や中国を中心に急速に立ち上がり始めたスマートグリッドなど、従来とは異なる省エネルギー対策が必要となってきた。いずれも電力の変換技術が必要不可欠だ。ところが、電力変換用に用いられてきたSi(シリコン)パワー半導体の性能はこれ以上伸びそうにない。このような状況で脚光を浴びているのが、実力でSiを大きく上回るSiC(炭化ケイ素)やGaN(窒化ガリウム)を用いたパワー半導体である。例えば、SiCをインバーターに用いたときの損失は、従来のSi素子を用いたときに比べて1/100になる可能性がある。(2010/6/15)

藤田正美の時事日想:
基地問題で見えてきたもの。それは鳩山首相が“政治音痴”だったこと
大方の予想通り、普天間基地問題が暗礁に乗り上げた。県外・国外とあおっておきながら、辺野古に滑走路を建設し、一部を徳之島に移転すると言われても、多くの人は受け入れられないだろう。今回の時事日想は鳩山首相の言葉の“軽さ”などを考えてみた。(2010/5/10)

静岡ガス、燃料電池・太陽電池・蓄電池を設置した低炭素型分譲住宅地を三島市に建設
静岡ガスは4月8日、各戸に家庭用燃料電池と太陽電池を設置した低炭素型分譲住宅地「エコライフスクエア三島きよずみ(22戸)」を静岡県三島市の旧三島支店跡地に建設すると発表した。(2010/4/14)

何かがおかしいIT化の進め方(45):
持続可能社会とITシステムはどう在るべきか(前編)
年々、関心が広がっている地球温暖化問題。日本は「2020年までに1990年比でCO2を25%削減する」と国際社会の場で世界から突出した約束をした。しかし、それをそのまま受け入れてしまっても良いものだろうか? CO2削減の動きを作り出している“背景”について、われわれが自ら考えてみる必要があると思う。(2010/4/7)

京セラミタのエコシスプリンタ:
PR:18年目の「エコシスコンセプト」――今だから知りたいエコとコストに効く理由
「温室効果ガスを25%削減する」と鳩山首相が国連で宣言したのは2009年9月のこと。今から18年前からエコに取り組んできた京セラミタの「エコシスプリンタ」は、エコはもちろん、コストにも効くのである。(2010/3/8)

藤田正美の時事日想:
トヨタのリコール問題が示唆する日本製造業の未来
トヨタのリコール問題が世界中を騒がせている。孤軍奮闘で日本の製造業を支えてきた、自動車産業の雄が苦境に陥った原因はどこにあったのだろうか。(2010/2/8)

「エコ・アクション・ポイント」会員数が10万人を突破
(2010/1/27)

日本のCGO:
水田の再生に「人と地球にやさしいICT」を目指す姿を見た――NEC岩波取締役 執行役員常務に聞く
企業の環境対策には、具体的な行動と結果が伴わなければ意味がない――NECの岩波取締役は指摘する。2010年に向けて掲げたCO2削減目標を達成しつつある同社の、環境対策のビジョンと施策を聞く。(2010/1/8)

25%削減目標が意味する日本の将来――富士通 環境経営トップセミナー基調講演
鳩山内閣が発表した、2020年までに温室効果ガスを1990年比で25%削減するという中期目標。この数字が意味するものは何か。その背景や達成するための道筋を示した国立環境研究所特別客員研究員 西岡秀三氏の講演をリポートする。(2009/11/30)

Amazon EC2に真っ向勝負
動き出した日本のパブリッククラウドサービスはサポートで差別化
長年の仮想化サービスのノウハウと日本のデータセンターを活用する、米Amazon EC2対抗のパブリッククラウドサービスが登場。最大の売りは、国内の安心感とEC2にないサポートだという。その中身とは?(2009/11/25)

データセンター最前線:
PR:次の10年、データセンター事業者が共に歩むベストパートナーは?
データセンターのエネルギー効率改善に関しては、既に数多くのアプローチがあるが、米国のデータセンター業界とエネルギー業界で起こっている変化の波は、それらに対して再考を求めている。本稿では、クラウドコンピューティングの基盤プラットフォームとして米Yahoo!やAmazonといった米国の先進的なネット企業から絶大な支持を受ける日本SGIのソリューションを紹介する。(2009/11/24)

誠 Weekly Access Top10(2009年11月7日〜11月13日):
オバマ大統領の国際発信戦略
先週末に来日したオバマ大統領が、サントリーホールで行った演説。その全文はすぐにホワイトハウス公式Webサイトにアップされたが、ただアップされただけではなく、中国語訳、インドネシア語訳、日本語訳、韓国語訳も加えられていた。(2009/11/17)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
米国株高について行けず持高調整の売りに押されて軟調
(2009/11/12)

関心はあるけれど……景気低迷でエコ意識も低下
(2009/11/12)

グリーンピース「環境に優しいメーカー」1位はNokia 最下位はまた任天堂
環境保護団体のグリーンピースが、恒例の「環境に優しいメーカーランキング」を発表。1位はNokia、最下位は任天堂だった。任天堂は07年の初登場以来ずっと最下位。(2009/11/2)

問われるコーチング力:
鳩山首相の表明から考えるビジョンの大切さ
日本の温室効果ガス削減に関して、鳩山首相は明確な数字でビジョンを示した。これはリーダーにとって実に重要な行動だと考えている。(2009/10/20)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
米国株が堅調、為替も円安で買い先行で始まるも週末の手仕舞い売りに押されて上値が重く小動き
(2009/10/16)

CEATEC JAPAN 2009:
シャープもパナソニックも 家庭内の直流化はなるか?
家庭に入ってきた太陽電池の次は、その電力を貯めるバッテリー。それに歩調を合わせて導入の検討が進むのが、家庭内の機器を交流から直流に変えようという動きだ。論点と課題をCEATECで聞いた。(2009/10/8)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
「お化粧買い」期待も空振りに終わり、方向感なく小動き
(2009/9/30)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
鳩山政権、無難なスタート
日本の民主主義が前進するために民主党は何をすべきか。政権が交代して本当に良かったと感じられる日はいつなのか。(2009/9/28)

藤田正美の時事日想:
鳩山政権の“アキレス腱”はどうなる
中小企業の借り入れについて「現代版徳政令」の導入を訴えている亀井大臣。3年間ほどの金利支払い、元金返済を猶予したらいいという持論だが、あまりにも愚策ではなかろうか。もし亀井大臣が徳政令にこだわり続けるのなら、鳩山首相は彼を更迭すべきかもしれない。(2009/9/28)

日曜日の歴史探検:
エネファームは鳩山首相の秘蔵っ子になるか?
鳩山首相が気候変動サミットで、2020年までに1990年比で25%削減という日本の温暖化ガス削減目標を表明し、世界の注目を集めましたが、果たして本当に実現可能なのでしょうか? 家庭部門ではエネファームが鍵を握りますが、産業界との調整難航は必至です。(2009/9/27)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
個別の材料に反応しながらも底堅さを確認して堅調
(2009/9/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。