ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  5

  • 関連の記事

「5分で読むビジネス書」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「5分で読むビジネス書」に関する情報が集まったページです。

5分で読むビジネス書:
「MAKERS」に学ぶ、もの作りの未来と可能性
Wired誌の編集長として、また『ロングテール』『フリー』の著者として有名なクリス・アンダーソン氏が、書籍『MAKERS』を出版。それによると、もの作りの世界は今後10年で革命的な変化を迎えるという。(2012/12/6)

5分で読むビジネス書:
英語らしい英文を書きたい人へ──『翻訳に役立つGoogle活用テクニック』
英語の読み書きのために“インターネットそのものを表現辞典として活用”するという、実用的な手法を、丁寧に紹介する一冊。(2008/6/17)

5分で読むビジネス書:
できるまでやっているか?── 『どんな仕事も楽しくなる3つの物語』
今の仕事に行き詰まりを感じているなら、本書が贈る3つの物語がきっと打開策になるだろう。講演を聞くかのように筆者の熱意が染み入る一冊。(2008/6/4)

5分で読むビジネス書:
「本当の実力」を発揮できているか?──『「1日30秒」でできる 新しい自分の作り方』
ほとんどの人が本当の実力を発揮できていない。その原因は感情をコントロールできていないから。シンクロナイズドスイミング銅メダル獲得の著者が、体験を元に対処法を語る。(2008/5/27)

5分で読むビジネス書:
すべてのコミュニケーションの土台── 『ネーミングの掟と極意』
システム開発は、物事に名前を付ける作業の連続。一般の仕事でも、名前の善しあしは永久に残り、設計思想をも表すものだ。(2008/5/22)

5分で読むビジネス書:
偽りの楽天主義は現実的ではない――『凹まない人の秘密』
楽天主義の人が周りにいますか。でも目の前にある危機を見ない、偽りの楽天主義者ではありませんか。レジリエンシー心理学をベースに、真の意味でへこまない人になるための考え方を示す。(2008/5/13)

5分で読むビジネス書:
ギャンブルの“科学的な”必勝法――『図解 ツキの法則』
ギャンブルも投資も、ツキに関する思いこみから誤った行動をしてしまうことがしばしば。ギャンブルで勝つための方法(負けるための方法)を探りながら、確率論を身近にできる一冊。(2008/5/8)

5分で読むビジネス書:
どこに何をどうメモするか?──『情報は1冊のノートにまとめなさい』
情報をどこにメモするか。アナログかデジタルか。多くのビジネスパーソンが試行錯誤しながら悩み続ける問題への1つの回答がこれだ。100円ノートを使い、情報の“一元化”管理術を説く。(2008/4/30)

5分で読むビジネス書:
あるべきものはすべてそろっているか?──『できる人の直感力』
あなたは直感力を持っていますか? 直感力とは大事なシグナルを事前に受け止める知覚力です。直感力を意識させるだけでなく、それを研ぎ澄ますための手法も提案する一冊。(2008/4/22)

5分で読むビジネス書:
問題解決のための手の動かし方──『問題解決のレシピ』
「MECE」や「イシューツリー」という言葉に聞き覚えはあるだろうか。問題解決の手法を、豊富な実例とともに紹介した一冊。(2008/4/15)

5分で読むビジネス書:
『マニャーナの法則』──今日ではなく「明日やる」ことにする
この仕事は「今日中に」対応するべきか? 一般には、すぐやること、先延ばしにしないことが推奨されていますが、本書では「明日やること」のメリットを説きます。(2008/4/8)

5分で読むビジネス書:
「社長」の課題から学ぶ── 『社長の時間の使い方』
社長に向けた時間管理術――。とはいっても、自分を自分自身の会社の社長だととらえれば学ぶべきところも変わってくる。一歩上から自分を見つめ直すための一冊。(2008/4/1)

5分で読むビジネス書:
意義のある人生は、スピードや効率の問題ではない──『7つの習慣 最優先事項―「人生の選択」と時間の原則』
物事を効率的に行えば、いずれ人生をコントロールできるようになる──そんなことはない! と主張するのが本書だ。タスクを4つのマトリックスに分ける方法の原典。(2008/3/18)

5分で読むビジネス書:
リストの数だけ仕事が変わる──『リストのチカラ』
「うまくいったパターンを残し、繰り返す」。この実践形がリストである。数々のリストを紹介するだけでなく、自分なりのリストの作り方も理解できる。Biz.IDでもおなじみの連載が書籍化。(2008/3/4)

5分で読むビジネス書:
ふつうの人とプロはどこが違うのか?――『ビジネスマンのための「発見力」養成講座』
プロフェッショナルとは何なのか? 普通の人には見えないものを見えることがその違い。そして、そのためには“仮説を立てる力”が重要だと説く。(2008/2/26)

5分で読むビジネス書:
関心テーマを“インフルエンサー”が広めるマーケティング――『その1人が30万人を動かす!』
消費者に影響を与える存在――インフルエンサー抜きに、マーケティングを実行できなくなってきた。影響力を味方につけるインフルエンサー・マーケティングとは?(2008/2/19)

5分で読むビジネス書:
「二者択一」化して行動を後押しする──『扉の法則』
いわゆる自己啓発書をバカにするなかれ。評価の高い書籍の中には、思わず行動を起こしたくなるような仕掛けがちりばめられている。本書もそんな一冊だ。(2008/2/13)

5分で読むビジネス書:
フランクリンが実践した良い習慣の作り方と続け方──『フランクリン自伝』
身につけたい良い習慣としてフランクリンが挙げた「フランクリンの十三徳」。しかしその実践はフランクリン自身も困難だった。それでも、実践しようとする意志がもたらしたものがある。(2008/1/29)

5分で読むビジネス書:
お金とのつき合い方を見直す第一歩──『ベンジャミン・フランクリン 富を築く100万ドルのアイデア』
あなたは「お金に関する間違った認識」を持っていないか? まずは認識を改め、“2つないし3つの銀行口座”というツールを用意することで「貯金しようと思わなくても自動的に残高が増えていく」ことが可能になる。(2008/1/15)

5分で読むビジネス書:
あなたの言いたいことは相手に誤解なく伝わっているだろうか──『問題な日本語その3』
「サクッと」ってどんな日本語? 「お休みをいただいております」ってどこが日本語としておかしい? 言葉で人を動かすための“生きるための日本語”を学ぶ一冊。(2007/12/25)

5分で読むビジネス書:
苛烈なスピードアップ志向へのアンチテーゼ──『快ペース仕事術』
あなたはハイペース派とマイペース派のどちら? 一時的に加速できたとしても、そのスピードを維持できなければ“旧式マイペース”のカメに抜き去られてしまう。その対策を伝える一冊。(2007/12/11)

5分で読むビジネス書:
日々のちょっとした行動が脳を鍛える──『脳が冴える15の習慣』
「脳トレ」の習慣を身につけるには? 時間的にも経済的にも負担にならず、人生を豊かにするための脳の15の鍛え方を脳神経外科専門医が説く。ビジネスパーソンの日常を変えるための一冊。(2007/11/27)

5分で読むビジネス書:
『秘伝すごい会議』──「普通のチーム」を「すごいチーム」に変える4日間
『すごい会議』を皆さんはお読みだろうか。その実践編にあたる本書では、“すごい会議”を導入することで実際にどんな成果が上がるかを語る。(2007/11/13)

5分で読むビジネス書:
『大きく考えることの魔術』──自分自身を望ましい方向に導く方法
自分自身を“優秀ではない”と考えていないか? 健康や知力や運を理由に、自分自身に弁解していないか? 大きく考えて自分のサーモスタットを前向きに修正すること。その考え方を探る。(2007/10/30)

5分で読むビジネス書:
『仕事を加速する技術』──あなたの仕事が前に進まない3つの理由
頭脳労働者にスポットライトを当て、それをコンピュータのメカニズムになぞらえる形で、仕事が遅くなる原因と、その解決法を探る。(2007/10/16)

5分で読むビジネス書:
『ティッピング・ポイント』──人を動かすための3つの原則
ある1つのブランド商品の人気に火が付く“きっかけ”は何だったのか。ビジネスでたびたび起こる、急激かつドラマチックに方向を変える非直線的な現象“ティッピング・ポイント”を読み解く。(2007/10/2)

5分で読むビジネス書:
社内報の底力を思い知る──『もっと! 冒険する社内報』
多くの会社で作られている社内報。その社内報は、有効に活用されているのだろうか? 社内報のプロが経験から語る社内報の役割とは?(2007/9/28)

5分で読むビジネス書:
「ハードワーカー」と「悩めるビジネスパーソン」からの脱却──『レバレッジ・シンキング』
あなたは、忙しく成果も収入も乏しい「悩めるビジネスパーソン」ですか? 成果も収入もそれなりにあるものの、時間の自由は乏しい「ハードワーカー」でしょうか。(2007/9/20)

5分で読むビジネス書:
計画の立案と実行をリンクさせる──『「計画力」を強くする』
仕事をいつも突貫工事で仕上げている方。計画力の必要性を実感している人は、本書で「計画が失敗する理由」「計画実行のポイント」を探ってみてはいかが?(2007/9/3)

5分で読むビジネス書:
対人関係で損をしていませんか?──『チャンスがやってくる15の習慣』
仕事において、欠くことのできないコミュニケーションスキル──。これを伸ばすにはどうしたらいいだろうか。「相手を立てる」という姿勢を貫くことを、本書は説く。(2007/8/20)

5分で読むビジネス書:
行動の停滞を感じたときに──『仕事は楽しいかね?』
老人から「きみの考える成功のための戦略は何か?」と聞かれた主人公。老人のアドバイスは、「試してみることに失敗はない」というものだった──。(2007/8/6)

5分で読むビジネス書:
30代が読んでみる『16歳の教科書』──勉強する本当の理由とは
なぜ、学ぶのか──。先日完結したばかりの受験マンガ『ドラゴン桜』の“副読本”『16歳の教科書』が突きつける哲学的な問い。30代が読む『16歳の教科書』で、勉強する本当の理由が分かるのか。(2007/7/24)

5分で読むビジネス書:
ライフハックの原点から“今”に至る軌跡と系譜──『Lifehacker』
Biz.IDでも翻訳記事を掲載している米Lifehackerのエディター、ジーナ・トラパーニが88のハックをまとめた。(2007/7/17)

5分で読むビジネス書:
自分流の成功法則を見いだす──『成功するのに目標はいらない!」
「目標」がない人の人生はダメか? 人の行動には「価値観型」と「ビジョン型」の2つがあり、必ずしも目標が必須ではないと筆者は説く。(2007/7/2)

5分で読むビジネス書:
ホワイトカラーの「カイゼン」とは──『デジタル・ワークスタイル』
ホワイトカラーの「カイゼン」が求められている今、本書は21世紀のワークスタイルを示した。ビジネスパーソンによるビジネスパーソンのための仕事術だけでなく、応援歌でもある。(2007/5/28)

5分で読むビジネス書:
「数字のチカラ」を仕事に活かす──『食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 (上)』
人を動かす、自分を動かす。いずれにしても数字の力をうまく活かすことが効果を発揮する。数字を恐れず、手なずけるためのテキスト。(2007/5/21)

5分で読むビジネス書:
考え抜かれた非常識──『頭のいい人が儲からない理由』
ビジネス書には、「方法論」を説くものと「考え方」を説くものの2種類がある。本書は、方法論を排除し、「常識」という言葉をキーワードに徹底的に考え方を解説する。(2007/5/8)

5分で読むビジネス書:
時間の使い方を改めて問い直す──『プロフェッショナルの条件』
新年度の始まりに合わせて、ちょっとした空き時間でできるスキル向上を手がけてはいかがでしょう。古典から新刊まで、各種ビジネス書をひもといて、ご紹介します。(2007/4/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。