ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「国立」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「国立」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

太陽の“500兆倍”明るい天体、オーストラリアの研究チームが発見 「これまでで最も光度の高い天体」
オーストラリア国立大学(ANU)は、太陽の500兆倍明るい天体を発見したと発表した。これは、宇宙で最も明るい天体といわれる「クエーサー」の一種で、これまでに確認している天体で最も光度が高いという。(2024/2/21)

人工知能ニュース:
NISTの1:N顔認証技術ベンチマークテストで世界第1位を獲得
NECは、米国国立標準技術研究所(NIST)が実施した顔認証技術のベンチマークテスト「FRTE 1:N Identification」で世界第1位を獲得した。1200万人分の静止画を使用した「1:N認証」において、認証エラー率0.12%という第1位の性能評価を獲得した。(2024/2/16)

Innovative Tech:
鍵の“挿入音”をスマホで録音→スペアキーを作る攻撃 シンガポール国立大「SpiKey」発表
シンガポール国立大学に所属する研究者らは、開錠時に鍵穴に鍵を挿入した際の音をスマートフォンのマイクで捉え、その音響信号だけで鍵の形状を推測する攻撃を提案した研究報告を発表した。(2024/2/13)

研究開発の最前線:
CNTセンサーとCVにより、検査物の構造を非破壊で3次元立体的に推定
中央大学と国立情報学研究所は、検査物の内部材質と内部構造を非破壊で推定する新たな検査技術を開発した。カーボンナノチューブをセンサーに用いた材質同定型デバイスシステムと構造復元手法を組み合わせた。(2024/2/2)

Innovative Tech:
生徒「筆記試験にChatGPTを使ってもよいですか?」 教授「いいよ」 ブラジルの大学が検証 結果は?
ブラジルのラブラス国立大学に所属する研究者らがは、学生の筆記試験にChatGPTの使用を認めた結果を考察した研究報告である。(2024/2/1)

アルカリイオン二次電池の容量増大:
グラフェンの層間にアルカリ金属を高密度に挿入
産業技術総合研究所(産総研)と大阪大学、東京工芸大学、九州大学および、台湾国立清華大学の研究グループは、グラフェンの層間にアルカリ金属を高い密度で挿入する技術を開発した。電極材料としてアルカリ金属を2層に挿入したグラフェンを積層して用いれば、アルカリイオン二次電池の大容量化が可能になるという。(2024/1/30)

千葉の国立木更津高専にサイバー人材育成拠点、出前授業や企業アドバイザーにも
サイバー攻撃の脅威に対抗し、独立行政法人国立高等専門学校機構はインターネット関連の最先端の技術を磨き、攻撃を防げる人材の育成に乗り出した。(2023/12/18)

モナ・リザが走る! 1枚の絵とモーションデータだけでぬるぬる動き出す「Magic Animate」が話題に
画像、テキストと矢継ぎ早に新技術が開発されてきた生成AIだが、その動きが動画分野にも波及しつつある。中国Alibaba発の「Animate Anyone」が話題になったばかりだが、今度はTikTokを運営する中国ByteDanceとシンガポール国立大学が共同で開発した「Magic Animate」が登場した。(2023/12/5)

医療機器ニュース:
患者の体位を長時間、固定できる手術用マットを発売
三洋は、国立がん研究センター東病院と共同開発した医療機器「陰圧式体位固定具(仰臥位用)」を発売した。長時間、仰臥位で手術する際に用いる体位固定マットで、患者の姿勢に合わせて手術時の体位を整えることができる。(2023/12/4)

日本のクリエイティブチームが制作した“スパイラル木琴”がパリへ 68段超の巨大自動演奏装置が「フランス国立公文書館博物館」で展示される
転がる木製の球がバッハの名曲を奏でます。(2023/11/30)

人工知能ニュース:
NISTの顔認識技術評価テストで東芝が国内企業トップの成績に
東芝は、米国国立標準技術研究所(NIST)主催の顔認識技術評価テストで、日本企業トップの成績を獲得した。出入国時の撮影画像を用いた照合テスト「Visa-Borderカテゴリ」で世界10位、日本企業ではトップの成績となった。(2023/11/20)

クラスメソッド、国立科学博物館に1300万円寄付 クラファン通じ
クラウド技術支援などを手掛けるSIerのクラスメソッドは、国立科学博物館(かはく)のクラウドファンディングを通じて1300万円を寄付したことを発表した。(2023/11/14)

1泊6万円以上! 鳥取砂丘に「五つ星ホテル」 米マリオットの狙いと課題
国立公園・鳥取砂丘(鳥取市)に令和8年、世界的なホテルチェーン「マリオット・インターナショナル」の最高級ブランド「ラグジュアリーコレクション」が開業する。海外の富裕層をメインターゲットに1泊6万円以上の宿泊料金を見込む。(2023/11/10)

約9.2億円集まる:
「理念で死ぬわけには」 科博クラファン大幅達成、ネット上の議論見て館長が一言
国立科学博物館はクラウドファンディングで、目標金額1億円に対して9.2億円の支援金を集めた。篠田館長は感謝の言葉とともに、ネット上の議論についても振り返った。(2023/11/6)

国立科学博物館のクラファン、約9.2億円が集まる 目標金額の9倍超、約5.7万人が参加
国立科学博物館は11月6日、運営費を募るクラウドファンディングの結果を発表した。目標金額は1億円、目標金額の1億円に対し、約9.2億円が集まった。約5.7万人が支援した。(2023/11/6)

国立科学博物館のクラウドファンディング、約9億2000万円の支援を集め終了
支援者は約5万7000人。(2023/11/6)

科博クラファン、目標の8倍以上の支援集め成功も…… SNSでは「なぜ国が支援しないのか?」の疑問多数 文化庁と科博に聞く
間もなく終了する国立科学博物館のクラウドファンディング。SNSで多く寄せられている疑問について聞きました。(2023/11/3)

論文投稿サイト「arXiv」に1000万ドル超の寄付 クラウド移行やコードの最新化に活用
米コーネル大学が、同学の研究機関が運営する論文投稿サイト「arXiv」について、基礎科学研究を支援する米国の財団「サイモンズ財団」と米国国立科学財団から1000万ドル超の寄付を受け取ったと発表した。寄付金はarXivのクラウド化やコードの最新化など、ITインフラの強化に充てるという。(2023/10/25)

シンガポール国立大学保健機構のAI活用プロジェクト
スパコンによる「医療の高度化」とは カルテの要約だけが生成AIの価値じゃない
シンガポール国立大学保健機構(NUHS)は、スーパーコンピュータ「Prescience」とAI技術を活用して、ドキュメント作成支援から医療行為の高度化まで、さまざまなアイデアを実現しようとしている。(2023/10/24)

クラシコムも入居:
木造商業ビル「nonowa国立SOUTH」24年春開業、特徴は?
JR東日本グループのJR中央線コミュニティデザインは2024年春、国立駅南口にJR東日本グループ初の木造商業ビル「nonowa国立SOUTH」を開業する。(2023/10/18)

Beyond 5G/6Gへの応用も:
ニオブを用い伝送損失が小さいミリ波帯導波管を開発
名古屋大学と国立天文台、川島製作所および、情報通信研究機構(NICT)の研究グループは、ニオブ(Nb)を用いてミリ波帯の導波管を作製し、超伝導状態にある導波管の伝送損失が極めて小さくなることを確認した。次世代通信規格「Beyond 5G/6G」などへの応用を見込む。(2023/10/16)

生成AI 動き始めた企業たち:
生成AIが互いに議論? 国立法人NICTが目指す「フェイクを見破る術」とは
連載「生成AI 動き始めた企業たち」第8回は、日本語に特化した独自の対話型生成AIの試作モデルを開発し、7月に発表した国立研究開発法人「情報通信研究機構」(NICT)を紹介する。(2023/9/6)

初代「オーロラビジョン」のブラウン管が「未来技術遺産」に
国立科学博物館は5日、「重要科学技術史資料」(愛称:未来技術遺産)に、三菱電機が1970年代に開発した第一世代「オーロラビジョン」のCRT光源管(ブラウン管)など20件を登録すると発表した。(2023/9/5)

100年前の今日起きたこと──AIと人力でカラー化した関東大震災の写真、科博で展示
1923年の関東大震災からちょうど100年となる9月1日、国立科学博物館で企画展「震災からのあゆみ─未来へつなげる科学技術─」が始まった。(2023/9/1)

材料技術:
アルマ望遠鏡のレンズに超高分子量ポリエチレン成形品を採用
作新工業は、販売する主力製品の超高分子量ポリエチレン成形品「ニューライト」が、自然科学研究機構 国立天文台が参画する国際プロジェクトであるアルマ望遠鏡の受信機のレンズ素材に採用されたと発表した。(2023/8/30)

エンタメ×ビジネスを科学する:
国立科学博物館のクラファン、なぜ一瞬で1億円集まったのか? 支援者の「動機」に答え
国立科学博物館が実施したクラウドファンディングは注目され、多くの反響と議論を呼んだ。8月7日に目標金額1億円でスタートしたこのクラウドファンディングは、当日中に目標金額を達成した後も勢いは止まらず、現時点で4万1000人以上の支援者から6.7億円を超える金額が集まっている。なぜこれほどの人数と金額の規模で支持を集めたのか。(2023/8/21)

将来的に一般市民に恩恵をもたらす可能性も:
AIが消防士の異常な心臓リズムを特定、心疾患発見に期待――NISTが研究成果を報告
NIST(米国国立標準技術研究所)は、機械学習を用いて消防士の異常な心臓リズムを正確に特定する取り組みを公式ブログで紹介した。(2023/8/10)

国立科学博物館のクラファン、5億円を突破 10日には副館長らによるライブ配信も
国立科学博物館が8月7日からスタートしたクラウドファンディングが、9日午後7時ごろに支援額5億円を突破した。当初の目標金額は「当館史上最高額」とする1億円に設定されていたものの、開始から9時間半という異例のスピードで目標をクリアするなど、高い注目を集めている。(2023/8/9)

Building Together Japan 2022:
“新国立競技場”設計BIMの実践がArchicad新機能開発のヒントに!日建設計とグラフィソフトジャパンの挑戦
戦略的パートナーシップを締結して、Archicadの機能向上に努めてきた日建設計とグラフィソフトジャパン。その協働の歩みと、新機能開発にもつながる日建設計のBIM活用術を探った。(2023/8/9)

科博の資金募集、1日で3億超え 目標の3倍以上 財政危機をファンが支援 「まさかこんなに反響が」
国立科学博物館のクラウドファンディングが大きな注目を集め、1日で3億円超の支援があった。目標額の3倍以上が、1日で集まったことになる。(2023/8/8)

国立科学博物館“海展”の割引券が“魚の免許証風”でユニーク 「おもしろすぎる」「何これ欲しい」
上野駅周辺の施設で期間限定配布。(2023/8/8)

国立科学博物館、コレクション維持のためのクラウドファンディング 即日1億円の目標を達成
リターンも豪華だ……!(2023/8/7)

国立科学博物館のクラファン、1日足らずで目標の1億円突破 応援コメントも5000超
8月7日午前に始まった国立科学博物館のクラウドファンディング。同日午後5時過ぎには支援総額が1億円を突破し、当初の目標を達成した。(2023/8/7)

科博のクラウドファンディングにアクセス殺到 READYFOR全体がつながりにくい状態に→緊急メンテで復旧
国立科学博物館がクラウドファンディングサイト「READYFOR」で始めた運営費の募集が大きな注目を集め、サイトにアクセスが集中。一時つながりにくい状態に。(2023/8/7)

目標1億円 国立科学博物館、クラファンで運営資金募る 返礼品にはバックヤードツアーなど
国立科学博物館が運営費を募るクラウドファンディングを始めた。目標金額は1億円。コロナ禍や光熱費、原材料費の高騰で資金難に陥っている中、コレクションの収集や保管、研究などに必要な費用を集める。(2023/8/7)

Innovative Tech:
「生きたデジタルカメラ」――“DNA”でカラー画像を撮影、96ピクセルで記録 -20度で凍結保存も可能
シンガポール国立大学に所属する研究者らは、DNAでマルチカラー画像を直接記録する手法を提案した研究報告を発表した。2次元の光パターンをDNAに取り込み、96ピクセルで保存し取り出せる。(2023/7/18)

Innovative Tech:
無料Webクローラー「EasySpider」 プログラミングスキル不要、マウスクリックだけで操作可能
シンガポール国立大学と中国の浙江大学に所属する研究者らは、Excelを使用するように視覚的にWebスクレイピングタスクを設計し、実行できるカスタマイズ可能なWebクローラーシステムを提案した研究報告を発表した。(2023/7/12)

大規模量子コンピュータなどに応用:
マイクロ波アイソレーターの超小型化を可能に
国立天文台の増井翔特任研究員らによる研究チームは、極めて小さいマイクロ波アイソレーターを実現するための基礎原理を開発し、その実証実験に成功した。大規模な量子コンピュータや多素子電波カメラへの応用を視野に入れる。(2023/7/10)

モネの名画に浸れる“泊まれる美術館”がホテルの一室に サンシャインシティプリンスホテルがイギリス国立美術館とコラボレーション
涼やかな「睡蓮の池」がモチーフです。(2023/6/25)

おしゃべりしながらアート鑑賞! 会話OKの観覧無料デー、国立西洋美術館が実施
常設展、企画展どちらも無料です。(2023/6/23)

Weekly Memo:
「生成AI」のリスクを法制度から考える――国立情報学研究所の講演から探る
今、話題沸騰の生成AI。影響は広がるばかりだが、一方でリスクへの対応も不可欠だ。とくに法制度における信頼性の観点から見た生成AIのリスクとは何か。国立情報学研究所の講演から探ってみる。(2023/6/12)

6月は要注意:
アニサキス食中毒、AIが救世主に? 高精度の検知システムが登場 特徴は
魚介類に寄生し、人の体内に入ると激しい腹痛やおう吐を引き起こすアニサキス。6月は、アニサキスによる食中毒被害が増加する時期でもある。こうした食中毒被害をなくそうと、画像認識ソフトウェアなどの開発を手掛けるトラスト・テクノロジー(東京都国立市)は、魚の切り身に潜むアニサキスをAI(人工知能)で検知する画像検査システムを開発した。(2023/6/9)

Stability AI日本法人に秋葉拓哉さんが入社  国立研究所、PFNで実績
英Stability AIの日本法人は、競技プログラミングや研究分野でも実績を重ねるプログラマー・秋葉拓哉さんがシニアリサーチサイエンティストとして入社したと発表した。(2023/6/1)

Innovative Tech:
脳活動から見ている映像を復元する技術「Mind-Video」 シンガポールと香港の研究者らが開発
シンガポール国立大学と香港中文大学に所属する研究者らは、脳活動から見ている映像を復元する手法を提案した研究報告を発表した。磁気共鳴機能画像法(fMRI)で取得した脳活動から高品質な動画を再構成する。(2023/5/29)

湯之上隆のナノフォーカス(62):
投稿論文が激増した「VLSIシンポジウム2023」、シンガポール国立大が台頭
2023年6月に京都で開催される「VLSIシンポジウム2023」。ようやく、本格的なリアル開催が戻ってくるようだ。本稿では、デバイス分野のTechnologyおよび、回路分野のCircuitsそれぞれについて、投稿/採択論文数の分析を行う。(2023/5/24)

金属3Dプリンタ:
仏研究機関も迎えて磨く金属積層造形技術、ミシュランの群馬共創拠点が活発化
群馬積層造形プラットフォームは技術報告会を開催し、新規メンバーの群馬県立産業技術センターとフランスの国立産業技術センター「CETIM」との連携推進や、今後の技術開発テーマと方向性を示す「探索マップ」について発表した。(2023/5/23)

頭脳放談:
第276回 何が「世界初」なの? NEDOのRISC-V向け包括的なソフト開発環境って
国立研究開発法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」が「世界初、RISC-V向けの包括的なソフト開発環境の実現に成功」というプレスリリースを出した。何が「世界初」で「包括的」なのか? この発表が国内のRISC-V開発に与える影響は? 筆者が考察してみた。(2023/5/19)

柳原可奈子、脳性まひの3歳長女とサッカー観戦 “夢の4人横並び”に「素晴らしい体験ができました」
5月14日に国立競技場で行われた鹿島アントラーズ対名古屋グランパス戦を観戦。(2023/5/16)

20日は「部分日食」、太平洋側の一部地域で 国立天文台はライブ配信
20日午後1時半ごろから「部分日食」が観測できます。国立天文台のYouTube公式チャンネルでは、石垣島天文台から部分日食のライブ配信を行います。(2023/4/14)

プロジェクト:
国立駅南口に4階建て木造商業ビル「(仮称)nonowa国立SOUTH」が2024年春開業、大林組の設計・施工
JR東日本グループのJR中央線コミュニティデザインが「国立」駅南口で計画中の木造商業ビル「(仮称)nonowa国立SOUTH」が、大林組の設計・施工で着工した。(2023/3/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。