ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「広告効果」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

インティメート・マージャーが日本で独占販売開始:
InstagramなどSNS向けクリエイティブをディスプレイ広告に変換 「Nova」を使う意義と効果は?
インティメート・マージャーはソーシャルディスプレイ広告の作成・配信ツール「Nova」の日本における独占販売を開始。ソーシャルプラットフォームのためのクリエイティブをオープンWebでも有効活用できるようにする。(2022/1/21)

今日のリサーチ:
マーケターの87%がサードパーティーCookie利用規制の影響を実感――イルグルム調査
広告主はWeb広告の効果においてCookieの利用規制の影響を感じているようです。(2022/1/19)

あるべき広告戦略とは:
CMに登場したタレントが話題になったのに、大手企業の幹部が“がっかり”した理由
売り込み色の強い広告や、派手さで取り繕った広告は消費者に見透かされる。筆者は、広告戦略において“本質”が求められるようになったと指摘する。具体例とともに今後の目指す姿を考える。(2022/1/19)

“早すぎたメタバース”Second Lifeとは何だったのか 再ブームはあり得るか?
「メタバース」が注目を浴びる中、たまに話題に上るのが「Second Life」だ。2007年前後にブームが起きたが、急速に沈んだ“早すぎたメタバース”。あのブームは何だったのか? 復活はあり得るのだろうか?(2022/1/18)

今日のリサーチ:
2022年、アフターコロナのデジタルOOH広告に企業が期待すること――LIVE BOARD調査
テレビやインターネットを補完する第3の広告メディアとしてデジタルOOHへの期待が高まっているようです。(2022/1/6)

Twitter、モバイル広告MoPubの10.5億ドルでの売却を完了
Twitterは、モバイル広告企業MoPubの売却を1月1日に完了したと発表した。売却総額は10億5000万ドル(約121億円)。これにより「主要分野でより速い成長を実現し、製品開発を加速する」。(2022/1/4)

野球は“オワコン”じゃない:
2022年、最も注目すべきは“ビッグボス”新庄! 日ハムにもたらされるすさまじい「経済効果」とは
“ビッグボス”新庄さんが日ハム監督に就任した。筆者はプロ野球ビジネスにとっても良い影響があると指摘する。日ハムの地域密着戦略とともに解説する。(2022/1/1)

今日のリサーチ:
コネクテッドTV(CTV)のブランドリフト効果は?――PORTO調査
コネクテッドTV(CTV)で動画広告を視聴した人は、そのブランドに好意的になるようです。(2021/12/17)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年12月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。(2021/12/14)

数クリックで「ABテスト」「パーソナライズ」も可能:
PR:煩雑な「Webサイト運用」はもう卒業――ノーコードで更新・改善するには
ネット利用が広く普及したことで、企業が運営する「Webサイト」は、ビジネスに直接インパクトを与える要素の一つになった。しかし、効率的なWebサイトの運用や継続的な改善には課題も多い。さらに一歩踏み出して、デジタルマーケティングのベースとなる顧客行動の集計や分析、可視化を自社のWebサイトで実現しようとすると、ハードルが高い。どうすればよいのだろうか。(2021/12/10)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
2021年の「広告」「Web解析」「SEO」 重要トピックスを振り返る
2021年のデジタルマーケティングのアップデート内容について「広告」「Web解析」「SEO」に絞って、振り返っていきたいと思います。(2021/12/1)

企業のマーケティング高度化と持続的な事業成長を実現:
電通と電通デジタル、複数メディアを統合的にモニタリングするマーケティングダッシュボード「MIERO」を提供
企業の持続的な事業成長に貢献する統合マーケティングダッシュボード。第一弾としてテレビ・デジタル動画統合管理ダッシュボード「MIERO Digi×TV」をローンチ。(2021/11/18)

「ブランド・エクイティ分析機能」:
サイカ、「ADVA MAGELLAN」にブランディング広告の売り上げへの貢献度を可視化する新機能追加
これまで国内大手企業を中心とした170社を超える分析実績で培った知見を生かし、ニーズの多かったブランディング広告の効果可視化を実現。(2021/11/16)

「インサイトシグナル」で培った知見を活用:
脱サードパーティーCookie時代のデジタル広告効果測定&出稿計画支援サービス 野村総合研究所が提供
ファーストパーティーデータ(会員データ)やゼロパーティーデータ(生活者のアンケートデータ)などを活用。(2021/11/9)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年11月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。(2021/11/9)

デジタル変革の旗手たち:
デジタルで20世紀型の産業構造を変革する――ラクスル 松本恭攝氏
伝統的な産業にデジタルテクノロジーを持ち込むことで、20世紀型のアナログな産業構造を変革し続けるラクスル。より適切なテクノロジーを導入し、顧客の課題に向き合い解決することで顧客のDXを着実に推進している。ITmedia エグゼクティブ エグゼクティブプロデューサーの浅井英二が話を聞いた。(2021/10/28)

小寺信良のIT大作戦:
「今日の仕事は、楽しみですか」品川駅広告炎上、3つの地獄を解き明かす
「ディストピアだ」「仕事は楽しみじゃなきゃいけないのか」といった批判を浴びた広告への反発と対応を小寺信良さんが分析する。(2021/10/12)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
「データ活用」から考えるDX推進とは?
何のためのデータ活用か。イメージをしっかり持った上で基盤を構築し、必要なデータを準備することが重要です。(2021/10/1)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年9月)
自社サイトの施策検証やクリック率、コンバージョン率の向上に欠かせないのが「A/Bテスト」ツールです。“より売れる”サイトページや“再訪したい”ユーザーエクスペリエンスを実現するクリエイティブを実現します。(2021/9/28)

今日のリサーチ:
テレビCMの本当の広告効果とは? フジテレビジョンとサイカが共同研究
サイカが保有する75社109ブランド249事例を統計処理した分析データを解析することで、これまで不明瞭だったテレビCMの広告効果に影響を及ぼす要素を可視化しました。(2021/9/27)

今日のリサーチ:
iOS 14.5へのアップデート率は全世界で71%、ATTオプトイン率は全体の47%に――AppsFlyer調査
AppleがATTフレームワークを本格導入して3カ月以上が経過しました。アプリデベロッパーや広告主、アプリユーザーがどのように反応したのでしょうか。(2021/9/8)

PR:日本の小売店をメディア化する「リテールメディア」 データ分析で新しい広告作りへ
(2021/9/7)

預金すると、北島康介のプロチームを「推せる」 みんなの銀行「Cheer Box」、貯金額の1%相当額を支援金に
ふくおかフィナンシャルグループ傘下のスマホ専業銀行、みんなの銀行は元競泳選手の北島康介氏がゼネラルマネージャーを務める「Tokyo Frog Kings」(TFK)とスポンサード契約を締結した。さらにユーザー向けに、TFKの支援を表明すれば、預金額の1%をみんなの銀行がTFKに資金支援するサービス「みんなのCheer Box」を開始した。(2021/9/6)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
Google アナリティクス最新バージョン「GA4」はWeb解析業務をどう変えるのか
マーケティングリーダーが押さえておくべきデジタルテクノロジーのトレンドをエキスパートが毎月リレー形式で解説。初回は「GA4」をテーマにお届けします。(2021/9/1)

広告主が今すぐ対応すべきこと:
ポストIDFA時代のモバイルプログラマティック戦略
2021年4月に始まったAppleのIDFA利用制限はモバイル広告にどのような変化をもたらすのか。InMobiで日本事業の責任者を務める井料武志氏が解説する。(2021/8/30)

MVNOに聞く:
「どうしても最安値を取りに行きたかった」 HISモバイル「格安ステップ」の狙いを聞く
HISモバイルの新料金プラン「格安ステップ」では、1GBと3GBが特に安価に設定されている。卸価格が値下げされたことで、通話料金も30秒あたり11円に抑えた。「ステップ」と言いながらも、実は段階制プランではない。同プランの狙いを猪腰英知社長に聞いた。(2021/8/27)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年8月)
自社サイトの施策検証やクリック率、コンバージョン率の向上に欠かせないのが「A/Bテスト」ツールです。今月はデータ抽出のアルゴリズムをアップデートしたため、前月度顧客ドメイン数との比較は表示しておりません。(2021/8/24)

デジタルサイネージ活用:
ファミマ、デジタル広告を「新たな成長戦略の柱」に ウォルマートに続けるか
ファミリーマートと伊藤忠商事は8月19日、デジタルサイネージを活用したメディア事業を始めると発表した。全国のファミマ店内に大画面のデジタルサイネージを複数台設置。ファミマ商品の販促に加え、外部に広告枠を売り、収益を得るビジネスモデルだ。エンタメやアート、ニュース、地域情報なども音声付きで配信する。(2021/8/19)

暑い日に飲料の広告、雨の日は集客用クーポン:
天気にあわせて広告を表示 Cookie廃止で「位置情報×天気×広告」は盛り上がるか?
サードパーティーCookieの廃止に向け、広告業界が対応を模索する中、「天気に合わせた広告」を提供する動きが出てきている。天気に左右されやすい購買行動として、スーパーや飲料品の売り上げなどがある。こうしたニーズを、広告で解決できるか。(2021/8/4)

CVRが600%UPの企業も:
中小企業150社のプロモーションを、田村淳、前田敦子、ウエンツ瑛士が支援! プロジェクトの全貌は?
タレントの田村淳さん(ロンドンブーツ1号2号)、前田敦子さん、ウエンツ瑛士さんが協力する「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」の第2期が始まった。中小企業のプロモーションを支援するその活動の全貌とは?(2021/7/24)

広告効果は1000万円? Twitterで商品キャッチコピーを募集する法人向けサービス 入賞者には賞金も
キャッチコピー制作を手掛けるコピーライターコピーライター(東京都渋谷区)が、企業や商品のキャッチコピーをTwitter上で募集するサービス「コピーワングランプリ」の正式版を法人向けに提供する。基本料金は20〜30万円(税別)。(2021/7/21)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年7月)
自社サイトのクリック率やコンバージョン率の向上に欠かせないツールが「A/Bテスト」製品です。今月は「アドエビスLPO」や「Zoho PageSense」「ジャイロンA/Bテスト」がTOP10にランクインしました。(2021/7/20)

「購買」が起点:
楽天が本気で進める「オムニコマース」 1億超のIDがオンラインとオフラインの体験をつなぐ
楽天グループが広告事業の領域をオンラインからオフラインまで拡大させている。1億を超える楽天IDのデータを集客と顧客エンゲージメントの向上にどう活用できるのか。担当者に聞いた。(2021/7/15)

製造業IoT:
IoT家電のデータを活用したマーケティングソリューションを提供開始
電通は、IoT化した家電製品のデータを活用して、企業の広告配信および効果検証などに活用できるマーケティングソリューション「domus optima」(β版)の提供を開始する。(2021/6/21)

サードパーティーcookie廃止がIT部門にもたらす影響【第2回】
個人を特定しない「コンテキスト広告」はどこまで使えるか?
サードパーティーcookieに代わる、デジタル広告のための新しい手段には何があるのか。現在考えられる主な手段のうち、「匿名セグメントによるターゲティング」「個人を特定しないターゲティング」を紹介する。(2021/6/17)

広告コピー生成、効果予測、チャットbot他:
電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学習したAI技術をモジュール化し、ニーズに合わせて組み合わせてWebアプリとして提供するものだ。開発の狙いについて聞いた。(2021/6/16)

新機能「SPACES」も活用可能に:
Twitterのビジネス活用2021 有料フォロー、音声チャット、Z世代向け動画広告配信など
2021年も進化し続けるTwitter。新たな広告商品と効果的なビジネス活用についてプロダクト担当者が語った。(2021/5/19)

金融にSaaSモデルで挑むウェルスナビ 国内ロボアドで一人勝ち
ロボアドバイザーサービスを提供するウェルスナビが好調だ。預かり資産額は1年間で倍増し4025億円となり、一人勝ちという状況だ。実はウェルスナビの決算資料には、ARR、チャーンレートといった指標が並び、一般的な金融事業とは異なった表現がされている。これらは、いわゆるSaaS企業が好んで使うKPIであり、ウェルスナビは自社をSaaS的な企業だと位置づけているからだ。(2021/5/19)

三井物産と資本業務提携:
YouTube動画の内容に連動した広告配信 コンテクスチュアルターゲティングの「ZEFR」が日本上陸
動画の内容を解析してコンテンツに沿った広告を表示するコンテクスチュアルターゲティング「ZEFR」が日本でサービス提供開始。(2021/4/23)

本田雅一の時事想々:
しまむら「テレビCMをゼロへ」 ネット広告との“信頼感の逆転現象”
確かなものといかがわしきもの。ネットとリアルが持つ信頼性へのイメージは、むしろ逆転してきているのかもしれない。(2021/4/17)

総額表示になって楽になりました?
このタイミングで値上げをした事業者もあり、単純な負担感の増加だけにとどまらない変更となっています。(2021/4/17)

広告による新規獲得の効率が悪化している今だからこそ:
EC企業が今、UGCを活用すべき理由
さまざま企業がECへの取り組みを加速させる中、新規顧客の獲得はますます重要になっている。一方で、そのための手段として重要なデジタル広告は、期待されるほどの効果を出しにくくなっている。この困難な状況をどう乗り越えればいいのか。デジタル広告のエキスパートが解説。(2021/4/14)

今日の惨状を明らかにした日本語電子冊子が登場:
Appleはデータプライバシーを再構築できるか?
ユーザーのデータプライバシーについて、積極的な取り組みを続けているApple。その新たな一手を林信行氏が読み解く。(2021/4/7)

オンラインとオフラインの垣根をなくす:
ヤフーとLINEが経営統合、川邊・出澤共同代表に聞く――ZホールディングスにあってGAFAにない優位性とは?
ヤフーを傘下に置くZホールディングスとLINEが経営統合して、新生Zホールディングスが誕生した。GAFAが日本でも大きな市場シェアを獲得していて、これに打ち勝つのは容易ではない。どのような施策を打つことで、ライバル企業に勝るネットサービス企業になろうとしているのか。共同最高経営責任者(Co-CEO)に就任した川邊健太郎氏と出澤剛氏にインタビューした。(2021/3/25)

興味関心へのタイムラグを解消:
今ツイートした人に広告配信 電通デジタルと電通が「リアルタイムキーワードターゲティング」を提供開始
広告主が配信対象とするツイートのターゲティング期間を短縮してタイムラグを解消。今まさにツイートしたユーザーを狙ってリアルタイムに広告配信が可能になった。(2021/3/2)

「移動」を新たな成長分野に:
お店が近所にやってくる! 三井不動産が「動く店舗」で打ち出す、買い物体験の新機軸
三井不動産が「移動商業店舗」事業を始動。飲食や日用品、サービスなどの移動店舗を人々の生活圏で展開する。場所や時間などで変わるニーズに柔軟に対応。店舗にとっては低コストで直接客と触れ合う機会になる。“移動”を新たな成長分野としていく方針だ。(2021/2/24)

アドビとDNP、コンテンツ制作支援サービスを共同開発へ 素材管理、配信、広告の効果測定など
アドビと大日本印刷が、マーケティング用コンテンツの制作を支援するサービスを共同開発すると発表した。(2021/2/19)

注目の各種AIサービスを支える仕組みとは?:
PR:サイバーエージェントに聞く、AI活用にKubernetesが不可欠な理由と「データプラットフォームの要件」
広告領域をはじめ、さまざまな業種に向けたAIプロダクトを提供し、企業の支持を獲得しているサイバーエージェント。同社はAIプラットフォームとして「Kubernetes」を活用しているが、それと組み合わせるストレージには一体何を求めたのか。選定基準と率直な評価を聞いた。(2021/2/15)

データプライバシーの日に考える:
あなたのデータは大丈夫ですか? Appleが改めて問いかけるデータトラッキングへの取り組み
データプライバシーの日となる1月28日、Appleがデータトラッキングについて分かりやすく解説したレポート「A Day in the Life of Your Data」を公開した。改めて、同社が取り組むプライバシーデータについての取り組みをまとめた。(2021/1/28)

アプリのインストールが増えた:
「仮想脳モデル」を活用して効果の高い広告を制作、NTTデータが効果を確認
NTTデータとNTTデータ経営研究所は、「仮想脳モデル」を活用して動画広告を作成し、効果を検証した。再生率が23.6%、動画広告のツイートに関するエンゲージメント率が35.3%向上した。(2021/1/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。