ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アニコム損害保険」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

「人気犬種ランキング2019」が発表 1位は10連覇のトイ・プードル 人気上昇は特徴的な顔の“あの犬種”
あなたはどんな犬が好き?(2019/2/7)

医療機器ニュース:
動物の先端医療技術・サービスを開発・提供する合弁会社
富士フイルムは、アニコム ホールディングスと、再生医療を中心とした動物の先端医療分野で業務提携し、来春に合弁会社を設立すると発表した。両社の強みを生かし、動物の先端医療発展に向けた取り組みを進めていく。(2016/1/12)

全国1000台超のiPad、たった2人で アニコム損保のデバイス管理を支えるMDM
全国に点在する1000台超のiPad、たった2人で管理――。アニコム損害保険のデバイス管理を支えているMDMツールとは。(2015/6/18)

保険金詐欺事件も発生、「ペット保険」の需要が高まっているワケ
全国の犬や猫などのペット飼育数は約2100万頭で、今後増加する気配がある。ペットの生涯飼育費のうち約2割は医療費ともいわれており、人間と同様に「ペット保険」に注目が集まっている。(2013/12/27)

Weekly Memo:
富士通が「業界クラウド」に注力する理由
富士通とアニコムが先週、ペット関連事業で協業すると発表した。両社でいわゆる「業界クラウド」を展開する。他分野も含めて業界クラウドに注力する富士通の思惑とは――。(2013/9/30)

猫の品種、スコティッシュ・フォールドが一番人気、マンチカンも急上昇
(2012/2/15)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
M&Aの話題や商品相場高などから堅調だが上値は重い
(2010/3/3)

一番人気の猫は「スコティッシュ・フォールド」
(2009/2/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。