ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「認証スイッチ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「認証スイッチ」に関する情報が集まったページです。

社内Wi-Fiを安全に運用するには:
PR:ネットワークの安全性と利便性を両立――認証基盤の整備が役立った
社内のネットワーク環境としてWi-Fiを導入する場合には安全性と利便性のバランスが課題になる。安全性を向上させるため、パスワードに頼った認証を導入しがちだが、厳格な運用は利便性を損ないかねない。また、人の記憶に依存する認証(知識ベース認証)ではシャドーITはもちろん、認証情報の漏えいにより、外部からの不正アクセスを許してしまう危険もある。自動家計簿・資産管理サービスを展開するマネーフォワードは社屋移転に当たり、Wi-Fi環境の安全性強化を図った。証明書ベースの認証を導入した結果、運用管理コストを抑えることに成功した他、利便性も高まった。同社の課題と解決策を紹介する。(2019/1/7)

背面に有機ELの2画面スマートフォン「Nubia X」登場
中国Nubiaが前面は液晶、背面は有機ELの2画面スマートフォン「Nubia X」を発表した。カメラは背面にしかなく、自撮りは背面ディスプレイを見ながら撮影する。前面にはカメラがないので切り欠きもなく、画面占有率は93.6%。(2018/11/1)

諦めるのはまだ早い:
PR:マルウェア対策の理想と現実、「ファイアウォールとウイルス対策ソフト」を抜け出す方法
効果的なマルウェア対策を打ち出せずにいる企業は多い。理由の1つとして、対策製品が導入企業に無理を強いる傾向があることが考えられる。では、無理をせずに導入できる、効果的なマルウェア対策とは、どのようなものだろうか。(2018/3/28)

SIM通:
充実の性能で19,800円!「gooのスマホ」の新機種「g07」が登場
NTTレゾナントは「gooのスマホ」の第7弾となる「g07」を発表した。gooのスマホシリーズでは初のアルミボディを採用。DSDSに対応していながら、19,800円の価格を実現している。(2016/12/30)

「より速く、より安く」というネットワーク機器の原点を追求:
PR:いよいよ始まる「100GbE時代」に向けたハイエンドスイッチが登場
ここ数年、OpenFlowやSDNといったキーワードに注目が集まったInterop Tokyo。通信事業者やデータセンター、企業向けにイーサネットスイッチ「APRESIA」シリーズを提供してきた日立金属では、「着実に増加し続けているトラフィックをいかに高速に、低コストでさばくか」というネットワーク機器の原点に立ち返る展示を行った。(2015/7/7)

山梨大学が情報システム基盤をハイブリッドクラウド化
旧山梨大学および旧山梨医科大学にあった情報システム基盤を、プライベートクラウドとパブリッククラウドサービスを併用する形で統合した。(2012/10/29)

NEWS
接続前・接続後で“フルタイム検疫”――ジェイズ・コムがTrustwaveのNAC新製品
従来の検疫方式に比べて導入のハードルを低くするNACアプライアンスのラインアップを一新。併せて検疫から治療までを1台でこなすオールインワン型のアプライアンスも新投入する。(2009/7/16)

ホワイトペーパー:
検疫ネットワークを実現する仕組み
一口に「検疫ネットワーク」といっても、それを実現させる仕組みはさまざまだ。その仕組みについて詳細に解説する(提供:アイティメディア)。(2008/12/26)

PFUとアラクサラ、検疫ネットワークの構築で協業
PFUの検疫ソフト「iNetSec Inspection Center」とアラクサラの認証システムの連携で協業する。(2008/9/29)

転換期迎える検疫ネットワーク【第3回】
あなたの企業に最適なNACの選び方
本特集では、検疫ネットワークの課題から導入ポイントを導き出した。では「本来のNAC」を実現するにはどのような機能が有効なのか。端末のネットワーク接続前と接続後、それぞれのフェーズでの機能要件をまとめた。(2008/6/27)

NEWS
日立電線、ループ防止機能を備えたノンインテリジェントスイッチ2機種を発売
イーサネットスイッチ「ApresiaLight」シリーズの新製品として、ループ防止機能、EAP透過機能を備えたノンインテリジェントスイッチ「ApresiaLight 116」と「ApresiaLight 108」を6月5日より販売する。(2008/6/4)

NEWS
ディーリンクのLANスイッチがWindows NAPに対応、IPv6での検疫も可能に
ディーリンクのL2/L3のLANスイッチ群が「Windows Server 2008」のLAN検疫機能に対応、スイッチによるWindowsクライアントのアクセスコントロールが可能になった。(2008/4/15)

NTTデータ先端技術とエンテラシス、検疫LANソリューションを共同開発
NTTデータ先端技術とエンテラシスは、両社の製品を活用した「検疫LANソリューション」を共同開発。エンテラシスの認証スイッチに対応した「NOSiDE Inventory Sub System」をリリースする。(2008/3/24)

日立電線ネット、「Adapterシリーズ」に新製品を追加
情報機器関連製品を販売する日立電線ネットワークスは、検疫ネットワーク機器「QuOLA@Adapter」を発表した。(2007/11/1)

NEWS
日立電線ネットワークス、検疫ネットワークアプライアンスを販売
日立電線ネットワークスの「Adapterシリーズ」4番目の製品となる「QuOLA@Adapter」を発売。同社のセキュリティパッチ配布サービスとの組み合せにより、管理者に負担を掛けずに最新のセキュリティポリシーを維持(2007/11/1)

解決のヒントは協調にあり:
PR:多様化・複雑化する脅威に備える新たな手法「協調型セキュリティ」の実力
NECが提唱する「協調型セキュリティ」とは、複数のセキュリティ製品を連携させ、それぞれの機能が「協調」しながら対象となる情報資産を保護する新しいコンセプトだ。ポリシーや既存環境に応じた柔軟な導入・運用が行える。具体例を交えながらその特長を紹介しよう。(2007/9/3)

運用管理の過去・現在・未来:
「オタリーマン」を取り込め! システム再構築・成功の秘訣
中堅の食品梱包材メーカーB社の情報システム部で働く高橋さん(仮名)。経営陣から内部統制強化のためのシステム再構築を厳命されたが、どこから着手すればよいか分からない。そこで思いついたのが、ITに詳しい「オタク社員」を巻き込むことだった。(2007/7/25)

NTTデータ先端技術、Web認証スイッチと連携するPC検疫システムを開発
NTTデータ先端技術は、端末資産管理システムとディーリンクの認証スイッチを連動させる検疫システムを開発、提供を開始した。(2007/7/20)

「エンドポイントの新標準を」、シマンテックが検疫機能付きAntiVirus後継製品
シマンテックは、同社の企業向けウイルス対策の集大成となる統合セキュリティソフト「Symantec Endpoint Protection」を投入する。(2007/7/19)

Interop Tokyo 2007:
SMBに強いディーリンク、5万円を切る認証スイッチ
ネットワーク機器中堅のディーリンクジャパンは、認証機能付きのスイッチと検疫システムとの連携ソリューションをInterop来場者に紹介している。(2007/6/14)

日立電線が認証スイッチ強化、802.1xベースの検疫を既存ネットワーク生かして実現
日立電線は認証スイッチ「Apresia」の機能を強化し、PFUの検疫ネットワークソフトウェア「inetSec Inspection Center」のマルチサプリカント機能に対応した。(2007/6/5)

資産/アカウント情報を基にPCを検疫するシステム――NTTデータ先端技術
NTTデータ先端技術は、インベントリ管理システムとトップレイヤーネットワークスの認証スイッチとを連動させた検疫ネットワークシステムを開発した。(2007/3/15)

ただログを取るだけの時代から、プロアクティブな監査へ:
PR:iNetSecが実現する安心、安全なネットワーク
PFUが提供しているセキュリティプロダクト「iNetSec」は、特定の製品やベンダーに偏らない形で、企業のセキュリティと内部統制強化を支援する。その最新製品「PFU アクセス制御・監査システム iNetSec Access Audit」は、監査を通じて安心・安全なネットワークをプロアクティブに実現していくツールだ。(2007/1/22)

Windows Server "Longhorn" 徹底研究:
"Longhorn" で検疫ネットワークを構築するには
Windows Server "Longhorn" には、管理性を向上させることを目的とした新しいセキュリティ関連機能が搭載されている。その中でも、特筆すべきものが「ネットワーク アクセス プロテクション(NAP)」と呼ばれる機能だ。これは、いわゆる「検疫ネットワーク」の仕組みをOSベースで実現するものだ。(2007/1/16)

Tech TIPS:
RADIUSサーバをセットアップする(Windows Server OS編)
RADIUSサービスを利用すると、リモートアクセス時のユーザー認証を集中的に管理できる。RADIUSサービスを利用するには、Windows Server OSでインターネット認証サービスを導入する。(2007/1/13)

シマンテック、エンドポイントコンプライアンスを強化する製品群を発表
シマンテックは、エンドポイントを保護するソフトウェアとして「Symantec Sygate Enterprise Protection 5.1」(SSEP 5.1)および「Symantec Network Access Control 5.1」(SNAC 5.1)の日本語版を発売すると発表した。(2006/12/7)

検疫ネットは今後2年で普及する――NACの伝道師となるLockdown
既存のネットワークに加えるだけで検疫システムを構築できるソリューション「Lockdown Enforcer」の開発元が、「コンプライアンスのためのNAC」が日本でもすぐに受け入れられると自信を見せた。(2006/10/25)

「時間」と「場所」でユーザーを認証するアプライアンスが発売
ネットスプリングは、LDAP連携でネットワーク認証を行うアプライアンスを発表した。アカウント管理が複雑になりがちなディレクトリサーバの運用を容易にする。(2006/10/11)

クライアントセキュリティ大作戦!:
PCセキュリティの処方箋――検疫ネットワーク活用のススメ
企業ネットワークで問題になるのが、内部に接続されたクライアントPCからウイルスに感染してしまうこと。そこで処方箋として登場するのが、検疫ネットワークである。(2006/10/2)

PFUと日立電線が協業、互いの製品を連携させた検疫ネットワークシステムを提供
PFUと日立電線は、互いの製品を組み合わせた企業向けの検疫ネットワークソリューションの提供に向け協業を結んだ。(2006/5/25)

NOSiDE+OmniSwitchによる認証VLANベースの検疫ソリューションを共同開発
テリロジーとネットマークス、NTTデータ先端技術は資産管理ツールとアルカテルの認証スイッチを連携させるネットワーク検疫ソリューションを共同で開発、販売を開始する。(2006/3/17)

予算に合わせ段階的に導入できる検疫ネットワーク――ヌリテレコムと日立電線
ヌリテレコムと日立電線は、両社製品を連携させたクライアントPC検疫ネットワークシステムの販売を開始した。「低価格で、シンプルな構成を段階的に導入できる」のがコンセプトとしている。(2006/3/14)

認証VLANによるセキュアなネットワークを構築――国立がんセンター
国立がんセンター 築地キャンパスは10月4日、認証VLANによるネットワークを構築し全面稼働させたと発表した。(2005/10/4)

特集:ホントに使える? 検疫ネットワーク再入門
検疫ネットワークを実現する仕組み(後編)
ここでは前編に引き続き、検疫ネットワークを実現するさまざまな方式を紹介するとともに、業界の中で注目されている標準化技術に触れていく。(2005/9/22)

特集:ホントに使える? 検疫ネットワーク再入門
検疫ネットワークを実現する仕組み(前編)
一口に「検疫ネットワーク」といっても、それを実現させる仕組みはさまざまだ。今回はその仕組みをより詳細にお伝えしたい。(2005/9/21)

管理者の運用負荷を考えた機能に魅力:
PR:ウイルス拡散をトータルで防ぐ、NECのPC検疫ソリューション
持ち込みPCなどによるウイルスの内部感染を防止する検疫ソリューション。しかし、実際に導入した場合、自社で運用できるものなのだろうか? こんなユーザーの疑問をNECが解消する。(2005/9/1)

マルチベンダー対応の柔軟なシステム構築を実現:
PR:既存ネットワークを活かす、東京エレクトロンの検疫ソリューション
今まで対応しきれなかったクライアントPCのセキュリティ対策をシステム的に実現できると、検疫ネットワークが注目を集めている。しかし、既存ネットワークにそのまま導入できるか、まだ課題は残る。(2005/9/1)

NECシステム建設、802.1xベースの認証ネットワーク構築パッケージを発売
NECシステム建設は、IEEE 802.1x認証対応のスイッチと認証サーバや機器のインテグレーションなどのパッケージ製品の提供を開始した。(2005/8/23)

特集:ネットワーク構築の基本はVLANから(3):
認証VLANで不正PCを拒否するしくみ
本特集では、ネットワーク構築の基本となるVLANのしくみと活用方法を解説している。「VLANの基本的な仕組みを攻略する」VLANの目的と基本的な知識を再確認し、「VoIPを効率よく運用させるVLANのしくみ」ではVLANによるVoIPの分離とセキュリティを説明した。最終回となる今回は、VLANを活用したセキュリティ確保のしくみをベンダの実装例を見ながら紹介したい。(2005/8/5)

悲劇は喜劇より偉大か?
実録 ITインフラ複雑化の悲劇
IT導入は業務効率向上を目的としている。なのに、結果的にITに振り回されることはよくある話し。あるシステム管理者は気付いた。「最終的には人が管理するものである」。少し遅かったようだが……。(2005/7/4)

特集:検疫ネットワークとは(後編):
2つの事例から考える検疫の効果と課題
(2005/4/9)

SoftEther CAとアルカテルの認証スイッチを組み合わせたソリューション
オーエー通信サービスと三菱電線工業は、「SoftEther CA」とアルカテルのスイッチ「OmniSwitch」を組み合わせた「リモートアクセス認証VLANソリューション」を発表した。(2005/4/4)

知ってるつもり?「セキュリティの常識」を再確認
第7回 ウイルス・ワーム対策の常識(後編)
ウイルス対策には、侵入を防ぐという観点と、被害を最小限に抑える、という2つの観点が必要だ。後編では、ウイルス対策に必要となる各種技術について紹介する。(2005/3/1)

特集:検疫ネットワークとは(前編):
持ち込みPCをLANに安全につなぐ検疫とは?
(2005/2/18)

日本エフ・セキュアが検疫システムを発表、日立電線のApresiaと連携
日本エフ・セキュアは、社内LANに接続されるPCのウイルス定義ファイルの更新状況をチェックする「F-Secure検疫コントローラ」を発表した。(2004/12/2)

日立電線、NSIの認証ソフトと連携した検疫システムを販売
日立電線は、同社の認証スイッチ「Apresia」とNSIの認証ソフト「RegistGate」を組み合わせた検疫ソリューションの販売を開始した。(2004/11/19)

効率的なパッチ適用、管理の実現に向けて
第6回 パッチ管理システムの今後
これまでの記事を通じて、セキュリティパッチの必要性とその運用のポイントなどを紹介してきた。最終回となる今回は、パッチ管理システムの今後のあり方、特に検疫システムについて説明したい。(2004/11/10)

Security Solution 2004
期待高まる「検疫ソリューション」、実導入はこれから
「Security Solution 2004」展示会場では、検疫ネットワークを実現する製品やサービスがいくつか紹介された。(2004/10/22)

ヌリテレコムと日本アルカテル、クライアントPCの検疫システムで技術提携
ヌリテレコムと日本アルカテルは、クライアントPCの検疫ソリューションで技術提携したと発表した。(2004/10/1)

ステラクラフト、GUIで管理できる企業向けRADIUS認証サーバを発売
ステラクラフトは、RADIUS認証サーバ「Enterpras」シリーズにGUI画面できめ細かい認証管理を行える「Enterpras Std 1.2」を追加した。(2004/6/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。