ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ベアメタル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ベアメタル」に関する情報が集まったページです。

汎用性はそのままに、処理性能は従来比で10倍:
PR:プロセッサ級の計算能力を備えた高速マイコンが登場、エッジ処理の実現がさらに容易に
リアルタイム制御や産業用ネットワークのサポート、高性能処理、セキュリティなど、スマート工場や自動運転に必要とされる性能を、1チップで実現するマイコンが登場した。Texas Instrumentsは、マイコン設計のシンプルさとプロセッサレベルの処理性能を併せ持つ「Sitara AM2x」によって、マイコンの性能を“再定義”する。(2021/9/13)

メリット/デメリットを考える
コンテナ実行環境として最適なのはベアメタルか仮想化環境か
コンテナを実行する環境として、ベアメタルと仮想化環境が考えられる。当然ながらどちらにもメリットとデメリットがある。自社が重視すべき要件は何か。(2021/7/28)

なぜ不安を感じるのか:
「Kubernetes」やクラウドネイティブ技術の利用調査レポートをCanonicalが発表
Canonicalは「Kubernetes」やクラウドネイティブ技術について、利用状況を調査したレポートを発表した。クラウドネイティブ技術をどのように活用し、何に不安を感じているのかが分かる。(2021/7/20)

GCPとAWS、Azureのハイブリッドクラウドサービスを比較【後編】
「Azure Stack」「Azure Arc」とは? Microsoftのハイブリッドクラウド製品
Microsoftは「Microsoft Azure」のサービス群を複数のインフラで実行できるようにするために、「Azure Stack」と「Azure Arc」を提供する。これらはそれぞれ何に役立つのか。(2021/7/6)

組み込み開発 インタビュー:
IARシステムズの新社長は40歳、国内組み込み業界に新たな風を吹き込む
組み込み開発ツールのベンダーとして存在感を増しているIAR Systemsの日本法人の新社長に原部和久氏が就任した。国内組み込み関連企業のトップとしては40歳と若い原部氏に、今後の事業戦略や日本の組み込み業界への期待などについて聞いた。(2021/6/25)

GCPとAWS、Azureのハイブリッドクラウド製品群を比較【中編】
「AWS Outposts」の機能と注意点とは? AWSのクラウドアプライアンス
AWSのアプライアンス「AWS Outposts」は、AWSサービスをオンプレミスインフラで実行する。AWS Outpostsで実行できるAWSサービスとは何か。「VMware Cloud on AWS Outpost」との違いや、利用時の注意点は。(2021/6/23)

山市良のうぃんどうず日記(209):
Windows NASの可用性をいろいろと試したくて――仮想マシン環境に再現してみた
前回は、「Windows Server 2019 IoT for Storage」搭載NASを試用するに当たって、実機ではリスクのある操作を行う代わりに、安全にいろいろと試せるようにHyper-V仮想マシン環境にWindows Server 2019をインストールし、ソフトウェアRAIDでOSとデータボリュームをミラーリングしました。今回は、この仮想マシン環境を使っていろいろと試してみます。その結果を踏まえた上で、実機でもディスクの抜き差しをテストしてみます。(2021/6/23)

GCPとAWS、Azureのハイブリッドクラウド製品群を比較【前編】
Google「Anthos」とは? マルチクラウドでKubernetesコンテナを実行
GoogleとAWS、Microsoftは、自社のクラウドサービスの機能を複数のクラウドサービスまたはオンプレミスのインフラで実行するための製品群を提供する。その中から、Googleの「Anthos」を説明する。(2021/6/16)

デジタルインフラを支援する特効薬が国内上陸:
PR:Equinixが開始するNFVとベアメタルサービス、注目の機能と参加ベンダーとは
不確実性が高い時代に、高品質なIT基盤を低リスクでグローバル展開するには何が必要なのか。エクイニクスがグローバル展開するソフトウェア定義型のエッジ向け新サービスを、連携する主要ベンダーとの構成や導入のポイントと併せて解説する。(2021/6/21)

山市良のうぃんどうず日記(208):
Windows NASの可用性をいろいろと試したくて――仮想マシンにNAS環境を再現する方法
最近、「Windows Server IoT 2019 for Storage」搭載NASを試用する機会がありました。ディスク障害からの回復性をいろいろと試してみたいのですが、実機で試すにはリスクがありますし、時間もかかります。そこで、仮想マシンに同様の環境を再現して、そちらで試してみることにしました。その詳細を、今回と次回の2回にわたってお伝えします。(2021/6/9)

関西のデータセンター事業も強化へ:
マルチクラウドで増える“エッジの悩み”に注目 エクイニクスが展開する新サービスの中身とは
データセンター事業を展開するエクイニクスが2021年の事業戦略を発表した。大規模クラウドベンダーの関西進出が相次ぎ、国内で広くクラウドが普及する中、同社は“データセンター運営”から一歩進んだサービス分野の強化を図る。マルチクラウドを利用する企業の間で出てきたという“エッジの悩み”に注目した、その中身とは。(2021/5/19)

国内ネットワーク仮想化/自動化市場とNFV市場、ネクストノーマルで成長市場へ返り咲き――IDC予測
IDC Japanによると、国内のネットワーク仮想化/自動化市場は、コロナ禍でマイナス成長に転じたものの、2025年まで年率4.6%で成長する見通しだ。国内NFV市場も年率6.6%の拡大が見込まれる。市場成長の要因とは?(2021/5/12)

読み取り性能は前モデルの2倍 IBMがハイブリッドクラウド向けストレージを発表
IBMは、コンテナネイティブなソフトウェアデファインドストレージソリューション「IBM Spectrum Fusion」と「IBM Elastic Storage System」ファミリーの2機種を発表した。ハイブリッドクラウド環境での利用に向けて容易なデータ管理を実現する。(2021/4/30)

ハイブリッドクラウドのニーズも意識か:
Equinixがベアメタルサービスを拡張 日本でも提供開始へ
Equinixは、「Equinix Metal」の拠点に東京を追加し、利用可能拠点を世界18都市に拡大する。同時に、新しいネットワーク機能や新たなソフトウェア統合機能など、Equinix Metalの機能を拡張した。(2021/4/26)

コロナ禍でも成長し続ける秘訣とは:
PR:デジタルシフトを阻む「3つの課題」を一気に解決する方法
ビジネスのデジタル化では、データを有効活用できる仕組み作りが要だ。だが、データがオンプレミスとパブリッククラウドに散在しているため、必要なデータを検索できず、データ自体にアクセスできない場合がある。その現実的な解決策とは。(2021/4/26)

AWS、Microsoft、Google、IBM、Oracleのクラウド戦略【前編】
AWSがついに「ハイブリッドクラウド」に本腰か “クラウド王者”の戦略は
クラウドサービス市場をけん引するAWSは、自社のクラウドサービスや事業をどう強化し、どう拡大させようとしているのか。同社のクラウド戦略と、ユーザー企業がAWSを利用するときの課題を整理する。(2021/2/22)

コロケーションとクラウドの「うるさい隣人」対策【後編】
クラウドサービスでのずうずうしい「うるさい隣人」問題を防ぐ4つの対策
リソースを過剰に消費して他のワークロードの稼働に影響を与える「うるさい隣人」問題は、クラウドサービスの使用時にも発生する。主要な4つの対策を紹介しよう。(2021/2/3)

コロケーションとクラウドの「うるさい隣人」対策【前編】
コロケーションでの傍若無人な「うるさい隣人」問題を防ぐ5つの対策
リソースを大量に消費するワークロードは、他のワークロードのパフォーマンス低下や停止を招く可能性がある。コロケーションサービス使用時に、こうした「うるさい隣人」問題に対処するための方法を示す。(2021/1/21)

組み込み開発ニュース:
「Qt」がメジャーバージョンアップ、「Qt 6.0」を発表
The Qt Companyは、ソフトウェア開発プラットフォーム「Qt」のメジャーバージョン「Qt 6.0」を発表した。将来の統一基盤となるよう、生産性を向上するツールやAPIの搭載、プログラミング言語の改善など、再構築がなされている。(2020/12/23)

AWS re:Invent 2020:
市販のMac miniをそのまま使用 AWS幹部が「Macインスタンス」の仕組みを説明
米AWSが12月1日に発表し、話題を呼んでいる「Macインスタンス」。その仕組みはどうなっているのか。AWSのシニアバイスプレジデントが説明した。(2020/12/11)

山市良のうぃんどうず日記(194):
[緊急報告2]Windows 10 バージョン2004以降へのアップグレードで新たに2つの問題が判明
「Windows 10 バージョン2004」以降へのアップグレードで発生する可能性がある新たな問題が2つ追加されました。影響を受けるPCへのWindows Updateでの配布は停止措置が取られていますが、その他の更新チャネルやインストールメディアを使用したアップグレードには十分に注意してください。(2020/11/13)

リアルタイムOS列伝(6):
買収の果てにオープンソース化した「Micrium μC/OS」、実は使い勝手がいい!?
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第6回は、ミッションクリティカルな用途でも広く用いられている「Micrium μC/OS」を取り上げる。(2020/10/6)

新旧ストレージシステムを比較【中編】
「NAS」「SAN」「DAS」と「コンポーザブルインフラ」の基本的な違いとは?
「NAS」「SAN」「DAS」といった従来のストレージアーキテクチャに加え、近年は「コンポーザブルインフラ」が登場した。NAS、SANを紹介した前編に続き、本稿はDASとコンポーザブルインフラを紹介する。(2020/10/6)

IBM Cloud大阪リージョンがスタート 一部サービスから順次提供へ
日本IBMは「IBM Cloud大阪リージョン」を開設し、運用を開始した。IBMで第2世代となるクラウドアーキテクチャを採用し、複数のゾーンから成る冗長構成を採る。世界中のIBM Cloudのデータセンターとの間で、無料で通信が可能だ。(2020/9/30)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(82):
Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004)のSysprep済みカスタムイメージを作成する方法
Windows 10では、イメージ展開のための技術である「Sysprep(システム準備ツール)」をこれまで通り利用可能です。しかし、Windows 10に搭載された新機能や仕様変更の影響を考慮しないと、イメージの一般化に失敗することがあります。以前にも紹介しましたが、一般化を必ず成功させる方法やヒントを、最新の「Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004、ビルド19041)」を用いて紹介します。(2020/9/8)

リアルタイムOS列伝(5):
ArmマイコンのRTOSとして充実する「Mbed OS」に一抹の不安
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第5回は、プロセッサコアIPベンダーのArmが独自に展開する「Mbed OS」を取り上げる。(2020/9/3)

3ノード構成でエッジ対応:
Red Hatが「OpenShift 4.5」を発表、仮想マシン管理統合は一般提供を開始
Red Hatは2020年8月17日(米国時間)、「Red Hat OpenShift 4.5」を発表した。この新バージョンでは仮想マシンの統合管理機能、マルチクラウドクラスタ管理機能、3ノード構成への対応などが新しい。(2020/8/18)

CAEニュース:
日産、CFDや構造解析などを実行するHPC環境を「Oracle Cloud」へ移行
日本オラクルは、日産自動車がオンプレミスのHPC環境を、オラクルのIaaS/PaaSソリューション「Oracle Cloud Infrastructure」へ移行を開始したことを発表した。(2020/8/17)

AWSのマルチクラウド戦略【後編】
AWSが「マルチクラウド」に消極的なままだと何が起こるのか?
マルチクラウドへの消極的な姿勢は、AWSやそのユーザー企業にどのような影響をもたらすのか。AWSのマルチクラウドに関連する取り組みと共に整理する。(2020/8/3)

AWSのマルチクラウド戦略【中編】
AWSが「マルチクラウド」を無視できなくなる理由
複数のクラウドを併用する「マルチクラウド」に対して、AWSは積極的ではない。自社サービスのみでユーザー企業のニーズを満たそうとするAWSの戦略は、長く続かない可能性がある。それはなぜなのか。(2020/7/10)

Googleのハイブリッドクラウド戦略の目玉
Google新「Anthos」の「AWSで利用可能になった」こと以外の変化とは?
Googleの「Anthos」がAmazon Web Services(AWS)を含むマルチクラウドで利用可能になった。これ以外にもAnthosでできるようになったことは幾つかある。主要な変化をまとめた。(2020/6/25)

「最も愛されている言語」ランキングで5年連続首位の背景とは:
「Rust」はなぜ人気があるのか、Stack Overflowがユーザーのコメントを紹介
開発者向けQ&Aサイト「Stack Overflow」は、先ごろ発表した年次開発者調査の結果を受け、プログラミング言語「Rust」が人気を集めているさまざまな理由について、ユーザーの生のコメントを紹介した。速度を犠牲にせずにメモリ安全性を確保できる点が魅力的だが、それだけではない。(2020/6/11)

リアルタイムOS列伝(2):
アマゾン買収から2年半、「Amazon FreeRTOS」は最も手頃なRTOSに
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第2回は、アマゾンの買収によってRTOSのメインストリームに躍り出た「Amazon FreeRTOS」について紹介する。(2020/5/27)

組み込み開発ニュース:
MCUで直感的に操作可能なUIを開発できるグラフィックツールキットの最新版
The Qt Companyは、ローエンドのMCU上でUI開発ができるグラフィックツールキットの最新版「Qt for MCUs 1.1」を発表した。対応可能な開発ボードの追加、インストーラーの改善、イメージおよびアセットマネジメント機能を拡張している。(2020/5/25)

AIでコンテナを管理する【後編】
コンテナ管理を「AI」で楽にするために必要な手段とは?
コンテナ監視を省力化するために、AI技術を応用することは効果的だ。その際に必要な手段を紹介する。(2020/5/21)

Google、マルチクラウド基盤「Anthos」のAWS正式対応を発表 Azure対応も作業中
米Googleが、マルチクラウド基盤「Anthos」のAWS正式対応を発表。Microsoft Azure対応もプレビューとなっている。Anthosは2019年にリリースされ、他社製品への対応が待たれていた。(2020/4/27)

Google Cloud Platformのメインフレーム戦略【中編】
Googleが「メインフレーム」からのクラウド移行に目を付けた納得の理由
Googleはメインフレームからクラウドへの移行を手掛けるCornerstone Technologyを買収した。背景には何があるのか。(2020/4/23)

リアルタイムOS列伝(1):
リアルタイムOSとは何か、ここ最近10年の動向を概説する
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第1回は、リアルタイムOSのここ最近10年の動向について概説する。(2020/4/21)

ゼットラボ、NRIに聞く:
PR:Kubernetesでステートフルアプリをどう動かすか
クラウドネイティブアプリケーションの運用基盤としてデファクトとなったKubernetes。稼働させるワークロードも多様化し、金融業などをはじめ、収益を担う一般顧客向けアプリケーションをKubernetes上で動かすケースも増えている。これに伴い、注目を集めているのがミッションクリティカルなビジネスを支える「データを保持することが求められるステートフルアプリケーション」のKubernetes上での運用だ。これを効率的かつ安全に動かすポイントとは何か? Kubernetesに詳しいゼットラボ、NRI、ネットアップに所属する三者に話を聞いた。(2020/4/23)

Google Cloud Platformのメインフレーム戦略【前編】
Googleが買収したCornerstoneとは? メインフレームアプリをクラウドへ
Googleはメインフレームからクラウドへの移行を手掛けるCornerstone Technologyを買収した。Cornerstoneはどのようなベンダーで、「Google Cloud Platform」(GCP)に何をもたらすのか。(2020/4/15)

連載:詳説VMware Cloud on AWS(9):
VMware Cloud on AWSとネイティブAWSサービスの連携(2) ENI接続の詳細と連携の具体例
前回から、VMware Cloud on AWSとネイティブAWSサービスとの連携を解説している。後半となる今回は、Elastic Network Interface(ENI)によるConnected VPCとの接続、そしてVMware Cloud on AWSとネイティブAWSサービスの連携に関する具体例を紹介する。(2020/3/26)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(99):
Azure Backupの新機能「バックアップエクスプローラー」、プレビュー提供開始
企業のIT基盤がオンプレミスを超えてクラウドに拡張されるにつれ、クリティカルな企業データを確実に保護することが重要になります。「Azure Backup」にプレビュー機能として追加された「Backup Explorer(バックアップエクスプローラー)」は、毎日のバックアップの監視を効率的にしてくれるでしょう。(2020/2/18)

クラウドネイティブ基盤への移行を支援:
5G向けコンテナ型セキュリティ製品「A10 Thunder CFW Container」を提供開始
A10ネットワークスは、5G対応セキュリティ製品「A10 Thunder CFW」のコンテナ版「A10 Thunder CFW Container」を提供開始する。サービスの負荷に応じて、コンテナをスケールアップしたり、スケールダウンしたりできる。(2020/2/17)

5Gサービス向けセキュアアプリケーション製品群「Orion 5G Security Suite」をA10が提供開始
A10ネットワークスは「A10 Orion 5G Security Suite」の提供を開始する。5G通信事業者に向けたセキュアアプリケーション製品群。既存の4G/3Gネットワークインフラストラクチャにも導入でき、今後の5G展開にも活用できる。(2020/2/6)

活性化するベアメタルクラウド市場
Google「Bare Metal Solution」とAWS、Microsoft、IBMのベアメタルの違いは?
Googleのベアメタルクラウド「Bare Metal Solution」は、高パフォーマンスのハードウェアが必要な企業の関心を集めそうだ。競合サービスとの比較を通じて、同サービスの特徴を説明する。(2020/1/29)

オートモーティブワールド2020:
車載ソフト開発で注目集めるSOME/IP、オーバスがAUTOSARのAPとCPをつなぐ
オーバスは、「オートモーティブワールド2020」において、車載ソフトウェア標準であるAUTOSARのAP(Adaptive Platform)で用いるサービス指向通信(SOME/IP)をCP(Classic Platform)でも対応できるようにする「AUBIST SOME/IP」のデモンストレーションを披露した。(2020/1/27)

「RHEL」「Ubuntu」を比較【前編】
Linuxディストリビューションの二大巨頭「RHEL」「Ubuntu」の違いは?
Linuxディストリビューションを選ぶ前には、幾つか把握しておかなければならないポイントがある。代表的な「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)と「Ubuntu」の違いを整理する。(2020/1/24)

コンポーザブルインフラ用語集
「コンポーザブルインフラ」を基礎から理解するためのキーワード“7選”
「コンポーザブルインフラ」とはどのようなインフラなのか。関連用語の理解を通じて、コンポーザブルインフラが意味するものと、インフラ運用にもたらす変化を考察する。(2020/1/22)

組み込み開発ニュース:
ローエンドデバイスにスマホのようなユーザー体験をもたらすグラフィックスツール
The Qt Companyは、MCU上でUIを開発できるグラフィックスツールキット「Qt for MCUs 1.0」を発表した。コネクテッドカー、ウェアラブルデバイス、産業・医療分野向けに、安価で直感性や操作性に優れたアプリケーションが開発できる。(2020/1/8)

「コンポーザブルインフラ」の4つの疑問【前編】
「コンポーザブルインフラ」とは何か? 何をコンポーザブルにするのか?
「コンポーザブルインフラ」の概念は分かりやすいとは言えない。コンポーザブルインフラとは何か。具体的に何をどのようにしてコンポーザブルにするのか。その疑問に答える。(2019/12/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。