ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「BizCITY」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「BizCITY」に関する情報が集まったページです。

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「3つのプライベートクラウド」
プライベートクラウドを、配置モデルのタイプに着目して、「オンプレミスプライベートクラウド」「デディケイテッドプライベートクラウドサービス」「コミュニティークラウドサービス」の3つに分類し、それぞれの定義を整理します。(2016/8/1)

SOHO/中小企業に効く「オンラインストレージ」の選び方(第3回):
使える! 即戦力の「法人向けオンラインストレージ」15選
さまざまな場面で活躍するオンラインストレージの選び方を紹介する本連載の最終回は、国内外の法人向けオンラインストレージ15サービスを一挙に紹介する。(2015/12/8)

SOHO/中小企業に効く「オンラインストレージ」の選び方(第2回):
法人向けオンラインストレージならではの機能を知る
さまざまな用途に活躍するオンラインストレージ。そんなオンラインストレージの選び方を紹介する本連載の第2回目は、法人向けのオンラインストレージならではの機能の数々を紹介する。(2015/12/4)

「OpenStack Summitの歩き方」リポート(2):
OpenStackの波に乗る企業、それぞれの市場創出へのアプローチ
OpenStackのエコシステムに参加する企業が増えている。日本国内でも、OpenStackの技術を軸に多様なアプローチで市場をもり立てようと試みる企業が増えてきた。(2015/8/6)

疑問にも答えます!:
PR:企業が気になる基幹系システムのクラウド化、ハイブリッドモデルをこう使え!
クラウドの利用機運が高まる中、安定性やセキュリティなどを理由にクラウド化が困難なシステムは少なくない。その解決策として注目されるのがハイブリッドクラウドだ。ITmedia エンタープライズ主催の勉強会ではSDNを生かしたクラウドサービスを提供するNTTコミュニケーションズと、仮想化からクラウドへの移行を推進するVMwareが、ハイブリッドクラウドの導入・構築を成功につなげるための秘訣を紹介した。(2015/4/13)

Active Directoryに縛られない:
NTT Com、SSOサービスの「ID Federation」を本格提供開始
NTTコミュニケーションズは2015年4月3日、シングルサインオン(SSO)/ID管理サービスの「ID Federation」を、同日に本格提供開始したと発表した。企業における統合認証基盤の構築にも使えるサービスだ。(2015/4/6)

NTTコミュニケーションズ×VMware対談:
PR:いま叫ばれるハイブリッドクラウド 「何を選ぶ?」「注意点は?」――エバンジェリストに問う!
企業のクラウド利用が加速する中、ここにきて広がり始めたのが、パブリックやプライベートのクラウドサービスとオンプレミスのシステムを連携させるハイブリッドクラウドだ。ハイブリッドクラウドを利用する上ではどんな課題が存在し、どう解決すべきか――人気エバンジェリストとして知られるNTTコミュニケーションズの林雅之氏とヴイエムウェアの桂島航氏に話を聞いた。(2015/3/4)

ファン急増「ヤマー チャン」 美形キャラで理解促進 伊藤忠商事の「Office 365」活用術
「20時以降残業禁止」「朝型勤務制度」の導入など、従業員のワークスタイル改革を支援する施策を積極推進する伊藤忠商事が、メール/社内コラボレーションツールを「Office 365」に刷新した。導入の経緯や手段、そしてそれを「従業員へ理解してもらう」方法とは。(2015/2/27)

世界トップ3を目指す参天製薬、ハイブリッドクラウド環境を構築
医療用眼科薬のグローバルビジネスを推進するためのIT基盤として、オンプレミスとNTT Comのクラウドを組み合わせたハイブリッドクラウドを構築した。(2015/2/25)

コンテンツ事業者の悩みを解決:
PR:抜群の拡張性とコストのバランスを実現するクラウドインフラとは
あらゆるコンテンツ配信事業者は、高速かつ安全で、拡張性に優れ、なおかつ低コストなコンテンツ配信環境を望んでいる。しかし、果たして、そんな都合のよいコンテンツ配信環境を実現できるクラウドインフラは存在するのだろうか?(2015/2/18)

女性社員比率8割以上、“女性がもっと輝く”資生堂のハイブリッドクラウド基盤
国内社員の女性比率は83.1%(2014年4月時点)。化粧品メーカー大手の資生堂がグローバル事業拡大に向け、NTT ComのクラウドとOffice 365を併用するハイブリッドクラウド型の新コミュニケーション基盤を構築した。国や部門を超えた従業員の連携効率をどう高めようとしているのか。(2015/2/10)

OpenStack最前線〜ユーザ会メンバーが持ち回りで語る「OpenStackのリアル」〜(5):
日本のOpenStackスーパーユーザーたち
本コラムでは、日本OpenStackユーザ会メンバーが持ち回りでコミュニティの取り組みや、超ホットでディープな最新情報を紹介しています。第5回は、日本OpenStackユーザ会会長 中島倫明氏とアイティメディアの三木泉が、日本におけるOpenStackのスーパーユーザーについて紹介します。(2015/1/28)

閉域上で複数のクラウドが使える:
NTTPC、企業のマルチクラウドニーズをカバーするクラウド新サービス
NTTPCが閉域上で複数のクラウドを組み合わせて利用できる新サービス「Master'sONE インタークラウドネットワーク」を開始。企業のハイブリッド/マルチクラウドニーズをカバーする(2015/1/22)

NTTコム、全文検索機能も使える中小企業向けのオンラインストレージ「Bizストレージ eフォルダー」
NTTコミュニケーションズは、SOHO/中小企業向けとなるオンラインストレージサービス「Bizストレージ eフォルダー」の提供を開始する。(2014/11/17)

カメラのキタムラ、クラウド化による運用コストの20%削減術
企業買収などで“サイロ化”状態にあった約150システムをハイブリッドクラウド化し、災害にも強いITインフラと運用改善を実現した。(2014/11/12)

NTT Communications Forum 2014 Report:
世界中を駆け巡る効率的な働き方とは? ワークスタイル変革に取り組む伊藤忠商事
2010年春からワークスタイル変革を推進している伊藤忠商事。制度面の整備と併せてその実現を後押ししているのが、新たに構築したクラウドのICT基盤だ。効率的な働き方を可能にする仕組みづくりを同社が語った。(2014/10/10)

NTT Communications Forum 2014 Report:
「データが送れなくて開発が進まない」――ホンダがハイブリッドクラウドを導入したワケ
NTTコミュニケーションズが開催している年次イベントで、ホンダが導入事例を紹介。ハイブリッドクラウドを利用してCADデータの高速共有を実現し、コストダウンにも成功したという。(2014/10/10)

NTT Communications Forum 2014 Report:
世界でますますつながるクラウド、NTT Comが次の構想も披露
NTTコミュニケーションズが年次イベントを開催。基調講演に登壇した有馬彰社長は、クラウドサービス事業の順調な成長を紹介しつつ、新たな基盤構想も明らかにした。(2014/10/9)

ユーザー企業が“本当に欲しい”クラウドを探る【後編】
【徹底比較】マルチクラウドを見据える「マネージドクラウド」14社
業務システムで利用可能なITインフラとして「マネージドクラウド」に焦点を当てる。ユーザーにはどのようなサービスの選択肢があるのか。後編では“個別要求”をテーマに比較した。(2014/9/25)

ユーザー企業が“本当に欲しい”クラウドを探る【前編】
【徹底比較】充実の「マネージドクラウド」14社を“クラウドらしさ”で比較
業務システムで利用可能なITインフラとして「マネージドクラウド」に焦点を当てる。ユーザーにはどのようなサービスの選択肢があるのか。前編では“クラウドらしさ”をテーマに比較した。(2014/9/24)

製造IT導入事例:
ホンダ、大容量CADデータを高速流通できるクラウド基盤導入――最大で14倍の高速化
ホンダは、世界6極の拠点や約1万社のサプライヤが利用するクラウド型のファイル高速転送基盤を新たに導入した。同社のグローバル戦略パートナーであるNTTコミュニケーションズが同社クラウド上で提供する。(2014/9/12)

導入事例:
ホンダ、NTT Comのクラウド利用でCADデータの高速流通基盤を構築
世界中の拠点や約1万社のサプライヤーが利用する基盤を刷新し、約30%のコストダウンを見込む。(2014/9/12)

伊藤忠商事、顧客重視のワークスタイル変革を目指したクラウド環境を構築
伊藤忠商事は顧客接点を重視する現場主義の推進のため、日本マイクロソフトのOffice 365をはじめとする製品・サービス群やNTTコミュニケーションズのクラウドサービスを導入した。(2014/8/27)

豊富な機能、高品質なクラウド&ネットワーク基盤に注目
“コンタクトセンター=オンプレ”は過去の常識 進化したクラウド型コンタクトセンターの今
“コンタクトセンターはオンプレミスでなければ使えない”は過去の常識にすぎない。今やクラウド型でも主要機能は当たり前、さらにクラウドならば柔軟性や迅速性が得られ、コスト削減も実現することができる。(2014/8/26)

Weekly Memo:
気になるクラウドサービスの最新動向
クラウドサービスをめぐる新たな発表がゴールデンウィーク前後も相次いだ。その中から今後の市場に影響を与えそうな気になる動きをピックアップしてみた。(2014/5/12)

MM総研 執行役員に聞く:
企業ユーザーに今必要とされるクラウドサービスとは
MM総研が実施する企業向けクラウド調査「ビジネスクラウド総合評価調査」やユーザー動向調査などから、企業が求めるクラウドサービスの現状をひも解く。(2014/2/27)

東芝とNTT Comがクラウド分野で協業 製品・サービスを相互活用
東芝とNTTコミュニケーションズは、両社のサービスや製品を活用してグローバルクラウド事業で協力関係を構築する。(2014/2/25)

MM総研、ビジネスクラウド評価調査の2014年度版を発表
昨年に続き、MM総研が企業向けクラウドサービスの総合評価調査を実施。NTT コミュニケーションズなど8社が高い評価を受けた。(2014/2/13)

NTT Com、パブリッククラウド「Cloudn」にVPN接続の新サービス
NTTコミュニケーションズは「Bizホスティング Cloudn」で、VPN接続による仮想プライベートクラウドサービスを提供する。(2014/1/29)

特集:これからのIaaSニーズと失敗しない選択基準(1):
発展途上にあるIaaS、いま着眼すべきポイントとは?
急速な市場変化を受けて、多くの企業がIaaS利用に乗り出す一方で、ユーザー企業のすそ野の広がりに対応すべく、IaaSの提供するサービスもPaaS層を取り込むなど高度化しつつあるようだ。本特集の第1回ではIaaS市場の今と今後を、クラウドアーキテクトの川田大輔氏が分析する。(2013/12/18)

AWS、Cloudnとオンプレミス環境にまたがる一元管理を支援:
Hinemosのクラウド管理オプションがバージョンアップ、監視機能を強化
NTTデータは2013年11月26日、オープンソースの統合運用管理ソフトウェア「Hinemos」を用いて複数のクラウド環境を一元管理できる、クラウド管理オプションの最新版を発表した。(2013/11/26)

NTTデータ、運用管理ツールでNTT ComとAWSのクラウド環境に対応
OSSの統合運用管理ツール「Hinemos」のクラウド管理オプションをバージョンアップし、マルチクラウド環境への対応を図った。(2013/11/26)

上長承認や認証機能で安全性を強化
大容量ファイルを安全に送る「セキュアファイル転送サービス」10選
大容量ファイルのやりとりに役立つ企業向けファイル転送サービスが充実しつつある。ウイルスチェック機能や上長承認機能を搭載するなど、セキュリティに配慮した10種を紹介する。(2013/11/21)

全日本語ツイートを対象:
NTT Com、「Buzzレポート」を提供開始――ソーシャルリスニングを手軽に
Twitterユーザーの声や傾向を毎日分析レポートにまとめてメール配信するサービス。Buzzレポートを利用すれば分析工数をかけることなく、手軽にソーシャルリスニングを始めることができる。(2013/10/28)

NTT Com、利用サービスを一元管理できるポータル機能を提供
クラウドやネットワーク、セキュリティなど同社の複数サービスの利用状況を一元的に確認できるポータル機能をユーザーに無償提供する。(2013/10/24)

NTT Comが大企業向けクラウドサービスに新機能 DBのクラスタ構成に対応
エンタープライズ向けクラウド「Bizホスティング Enterprise Cloud」に新機能を追加したとNTT Comが発表した。(2013/10/23)

製造IT導入事例:
ヤマハ発動機、生産管理など基幹システムをクラウド化――2018年に全システム移行
ヤマハ発動機は、生産管理などの基幹システムの基盤を2014年1月からクラウドサービスに移行することを発表した。同基盤はNTT Comが提供する。(2013/10/9)

企業動向:
「Pivotalジャパン」設立、EMC、VMware、GE連合のPaaS製品群が本格展開へ
Cloud Foundryを活用したPaaS環境や大量データ分析向けの製品群を展開するPivotalが、日本法人を設立。日本企業のデータ活用を本格的に支援する体制を整えた。(2013/8/2)

SDNを活用したクラウドマイグレーションサービス、NTT Com
NTTコミュニケーションズはSDN技術を活用したクラウドマイグレーションサービス「オンプレミス接続サービス」の提供を開始する。(2013/6/27)

SDN技術を利用し同一IPアドレスのまま移行可能に:
自社運用サーバをクラウドに円滑移行、NTT Comが新サービス提供
NTTコミュニケーションズは、自社運用しているサーバをクラウドに円滑に移行させるためのサービスを提供する。Software Defined Networking技術を利用して、顧客が自社運用しているサーバと同じIPアドレスをクラウド環境でも利用できるようにする。(2013/6/27)

INTEROP TOKYO 2013:
SDNは、企業がクラウドサービスをあやつるツールへ進化
6月12日より開催中のINTEROP TOKYO 2013では、多様なSDN(Software Defined Networking)製品が展示されている。SDNはデータセンター事業者や通信事業者だけのための話ではない。企業がデータセンター/クラウドサービスを自在にあやつるためのツールにもなる。(2013/6/14)

ヴイエムウェアのネットワーク仮想化技術、NTT Comが採用
NTTコミュニケーションズは、クラウド製品の基盤にヴイエムウェアのネットワーク仮想化技術を採用した。(2013/6/11)

運用管理OSSの「Hinemos」にクラウド管理機能を提供、NTTデータ
NTTデータは、運用管理のオープンソースソフトウェア「Hinemos」でのクラウド管理オプションの提供を開始した。(2013/5/27)

Xeonを軸としたオープンクラウドビジョンの進展は:
「DCのコモディティ化」を推進するインテル
インテルは同社が推進するオープンクラウドビジョンの進捗を発表した。大量データ蓄積ニーズの高まりに期待を寄せる企業での採用が増えてきているという。(2013/5/22)

2013 Japan IT Week 春リポート(クラウド編)
王者AWSにどう挑むか、主要クラウドサービスの最新動向
さまざまなパートナー企業とタッグを組み、企業システムに浸食する王者AWS。そのAWSに対抗すべく、多数のアップデートで挑む国内クラウド勢。クラウドEXPO 2013の模様をリポートする。(2013/5/16)

Gartner IT Infrastructure&Data Center Summit 2013 Report:
SDNを活用した“キャリアクラウド”
NTTコミュニケーションズがグローバルで提供するクラウドサービス。通信キャリアならではの強みがあるのだという。(2013/4/26)

「ライバルはAmazon」とNTT Com有馬社長、企業向けクラウド事業を大幅拡充
NTTコミュニケーションズがクラウド事業を強化。サービスメニューの拡充やデータセンターの増設を通じ、2015年までにクラウド/データセンター事業を合わせて年間売り上げ2000億円を目指す。(2013/4/18)

Maker’s Voice:
PaaS対応のパブリッククラウドで顧客のアプリ開発を支援
NTTコミュニケーションズのパブリッククラウドサービスがこのたび大幅な機能拡充を図った。アプリケーションの実行環境をクラウドで提供できるようになったという。(2013/4/17)

Maker's Voice:
クラウド&グローバル化で問われるネットワーク、通信事業者の取り組みとは?
クラウド利用によるITの効率化や企業ビジネスのグローバル化に共通して注目したいのが、基盤となるネットワークサービスだ。通信事業者としての取り組みをNTTコミュニケーションズに聞いた。(2013/4/5)

ベースはCloud Foundry:
Cloudn PaaSサービスの正式提供を開始
NTTコミュニケーションズがPaaSサービスを正式展開する。自動スケールやロードバランシング、ゾーン選択など、その他の機能も拡張、期間限定無料キャンペーンで広くユーザーを募る。(2013/3/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。