ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「Business Port」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Business Port」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

KDDIの企業向けSaaSソリューション「Business Port」に電子印鑑サービス
KDDIの企業向けSaaS型サービス「Business Port」に、シヤチハタの電子印鑑サービスが追加された。(2012/4/26)

KDDI、法人向け「SaaSソリューション Business Port」に名刺情報管理サービスを追加
クラウドで名刺データを社内共有できるサービスがKDDIの「SaaSソリューション Business Port」に加わる。(2011/10/28)

ワンストップでサービスを提供:
PR:3M戦略を推進、KDDIの新クラウドが実現する“シームレスな”世界とは?
KDDIの田中社長が、事業の軸として一貫したメッセージを打ち出しているのが「3M戦略」(マルチデバイス、マルチユース、マルチネットワーク)である。この基本戦略に基づく法人向けの具体的な施策が、新しいクラウドブランドである「KDDI MULTI CLOUD」だ。ここには通信会社ならではの強みが存分に織り込まれている。(2011/8/22)

防水防塵、高セキュリティ――KDDIの法人向けスマートフォン「EIS01PT」
防水防塵対応で高セキュリティ、5カ国語対応で海外ローミングにも対応――。KDDIが、法人向けAndroid端末「EIS01PT」を9月上旬に発売する。(2011/7/22)

KDDI、国際ローミング対応の法人向けAndroid端末「SIRIUS α IS06」
KDDIがAndroid端末「SIRIUS α IS06」を法人向けに提供。世界20カ国・地域で利用可能な国際ローミング「グローバルパスポートCDMA」や、「リモートデータ削除 for IS Series」に対応する。(2011/4/27)

ドコモがAR、KDDIがスマートフォンを語る:
ワイヤレスジャパンでドコモとKDDIのスペシャルセミナー
7月14日に開幕するワイヤレスジャパンで、NTTドコモとKDDIのスペシャルセミナーを開催。ARや位置情報、LTE、クラウド、スマートフォン、マルチメディア放送など、両社それぞれが注力分野に対する取り組みを解説する。(2010/6/21)

SaaSでECサイト構築を――KDDIが「Business Port」に追加
KDDIは、企業向けSaaS型サービスの「Business Port」に、イデアクロスのECサイト構築サービス「Allin1」を追加した。(2010/5/25)

モバイルラーニング、自動音声応答サービスをSaaSで――KDDIが「Business Port」に追加
KDDIが企業向けSaaS型サービスを提供する「Business Port」に、モバイルラーニング構築と自動音声応答サービスを追加した。(2009/8/25)

5分で分かる、先週のモバイル事情――8月1日〜8月7日
電気通信事業者協会が7月の契約数を発表。純増数はドコモが3年ぶりにトップに返り咲いた。KDDIはバーコードリーダーを搭載した法人向け端末「E06SH」を発売。8月3日には、MVNO方式の携帯電話サービス「ECナビケータイ」がスタートした。(2009/8/11)

SaaSで受発注管理サービスを――KDDIが「Business Port」に追加
KDDIが企業向けSaaS型サービスの「Business Port」に、エイ・アイ・エスの受発注管理サービスを追加。8月6日にリリースする法人向け端末をハンディターミナルとして利用できる。(2009/8/5)

7月22日〜24日:
ワイヤレスジャパン2009、今年の見どころは
ドコモやKDDIが、今話題のAR技術を用いた展示を行うなど、次世代技術や新たなサービスのデモが多数登場する「ワイヤレスジャパン2009」が、来週水曜日、7月22日に開幕する。各社の見どころをまとめた。(2009/7/16)

イデアクロス、KDDIの「Business Port」にネットビジネス参入支援サービスを提供
イデアクロスは、KDDIが企業向けに提供するSaaSプラットフォーム「Business Port」に、ネットビジネスへの参入を支援するサービス「Allin1 OFFiCE」を提供することで合意した。(2009/3/24)

テラ、KDDIのSaaS支援プログラムのパートナーに――e-ラーニング構築システム提供
e-ラーニング構築システムを提供するテラが、KDDIのSaaS支援プログラムのパートナーとして協業すると発表した。(2009/3/24)

5分で分かる、先週のモバイル事情――3月14日〜3月20日
KDDIが同社初のスマートフォン「E30HT」の機能や提供条件を発表。Appleは新型iPhoneを今夏にも発表するとし、コピペやプッシュ通知、Spotlightをサポートする「iPhone OS 3.0」の概要を明らかにした。(2009/3/23)

KDDI、SaaSプラットフォーム「Business Port」に新アプリケーションを追加
KDDIが3月18日、SaaSプラットフォーム「Business Port」に、新たにパートナー6社が提供する新サービスを提供すると発表した。パートナー各社はBusiness Port Support Programを利用する。導入は2009年夏以降順次。(2009/3/18)

クラウド時代をリードするモバイルSaaS【第2回】
企業を強くするモバイルSaaS、自社に最適なサービスはどれか
ASP/SaaS発展期の主役となり得るモバイルSaaS。その中から特徴的なサービスをチョイス、その内容を紹介していく。業務系からユーティリティまで、幅広いラインアップとなった。(2009/1/8)

SuicaやPASMOの履歴で交通費申請も――KDDIのSaaSに新サービス
(2008/12/15)

auで交通費精算:
KDDI、携帯電話向けSaaSに新メニュー
KDDIは、携帯電話やPCで利用するSaaS型アプリケーションの第二弾として交通費精算サービスを開始した。(2008/12/12)

クラウド時代をリードするモバイルSaaS【第1回】
ケータイ活用の進化形「モバイルSaaS」がウケる訳
ASP/SaaSビジネスは黎明(れいめい)期を過ぎ発展の段階に入った。特に「モバイルSaaS」市場の盛り上がりが顕著だ。法人市場で新しいSaaSも登場する中、制約の多い携帯端末で利用するSaaSの可能性とは?(2008/11/6)

CEATEC JAPAN 2008:
「肝要なのは得意分野を伸ばすこととβ版サービスを許容すること」――KDDI 伊藤氏
KDDIの代表取締役執行役員副社長の伊藤泰彦氏が10月1日、CEATEC JAPAN 2008の講演でKDDIの未来を語った。同氏は「FMBCは必然」と話し、固定と無線、そして放送の融合は必ず進むと説いたが、一方で日本が世界にごして戦っていくために「β版サービスを広く受け入れる素地が必要」と話した。(2008/10/1)

SaaSには限界あり:
クラウドコンピューティングに見るERPの将来像
パッケージアプリケーション全体に大きな影響を与えるトピックの中で特にこの2008年後半に大きな動きがあると予測されるのは「SaaS」だ。SaaSには限界もあるため、それをカバーするクラウドコンピューティングやPaaSにも注目が集まる。(2008/9/16)

法人向けに来春発売:
KDDI初のスマートフォンは台湾HTC製
(2008/9/11)

KDDI、法人向けでスマートフォンを初投入
KDDIは、HTC製スマートフォン「E30HT」を2009年春に発売。まず法人市場で展開する。(2008/9/11)

KDDI、HTC製スマートフォン「E30HT」投入──VGAタッチパネルにQWERTYキー搭載
KDDIは9月11日、Windows Mobile 6.1 Professionalを搭載したKDDIとしては初のQWERTYキーボード搭載スマートフォン「E30HT」を発表した。「HTC Touch Pro」ベースの端末で、EV-DO Rev.Aに対応し、2.8インチのVGAタッチパネルを搭載する。(2008/9/11)

プレミアム会員から仮想空間まで:
NGNが新ビジネスを作り出す
NGNの商用サービスが今年3月31日に始まって3カ月以上が経つ。提供エリアは、現時点で東京都の一部と少ないが、新サービスの可能性は多い。(2008/7/9)

連載:SaaSで一歩抜け出す中小企業:
それなりに多いSaaS普及への課題
SaaSの普及にはさまざまな問題があるが、ベンダーはそれぞれ工夫をこらした動きをし始めている。(2008/4/25)

ソフトブレーン、国や部門をまたげる業務プロセス管理の新製品
ソフトブレーンは、国内外の拠点間や複数部門をまたいでの業務プロセスを管理できる「ビジネスクロス」を発表した。(2008/4/10)

KDDIのSaaS第1弾は「Outlook」 au携帯にも対応
KDDIがSaaSでOutlookを提供。PCとau携帯から利用できる。(2008/3/31)

KDDIがSaaSサービス、月額980円でOutlookが利用可能に
KDDIは、企業向けのSaaS型サービス「KDDI Business Outlook」の提供を4月25日に開始する。(2008/3/28)

ソフト会社のSaaS展開を楽にしたい――マイクロソフトが支援プログラム始動
マイクロソフトは、ソフトウェアベンダーのSaaS事業化を支援する「SaaSインキュベーションセンタープログラム」を発表した。KDDIや富士通など4社がパートナーとなる。(2008/3/13)

ソフト会社のSaaS参入支援策、マイクロソフトが開始
マイクロソフトはKDDIなどと共同で、ソフト会社のSaaS参入を支援するプログラムを始めた。コンサルティングからホスティング環境まで一貫して提供することで、参入企業を増やしてSaaS市場の活性化を図っていく。(2008/3/13)

SaaS市場拡大のエンジンはスマートフォンの普及か
企業導入の進むSaaSだが、現在のサービスはオフィス利用を前提にしたものが多い。SaaSの次なるトレンドはスマートフォンや携帯電話の利用になりそうだ。(2007/11/30)

KDDIとMS、法人向けSaaS型ソリューション「Business Port」を来春から提供
KDDIとマイクロソフトは、来春から法人向けSaaS型ソリューションサービス「Business Port」を提供する。第1弾アプリとして、Microsoft Office Outlook 2007のメールや予定をPC/au携帯から利用可能にする「KDDI Business Outlook」を提供。(2007/10/29)

OutloookやSharePointが利用可能に、KDDIとMSのSaaS
KDDIとマイクロソフトは、2008年3月から開始する企業向けSaaSの概要を発表。PCや携帯電話からOutlook、SharePointを利用できるようになる。(2007/10/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。