ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ビジネス用語」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ビジネス用語」に関する情報が集まったページです。

「データカタログ」とは何か【後編】
「データカタログツール」とは? 主要機能とベンダーを紹介
データ分析担当者は、分析に利用するデータの入手に苦労することがしばしばある。そうした課題に対処する手段が「データカタログ」ツールだ。その主要機能とベンダーを取り上げる。(2020/5/13)

本当に効率を上げるためのSaaS:
SaaSはバックオフィスの何を変えるのか
バックオフィス業務を支える便利な道具に、SaaS(サース)がある。営業やマーケティングの分野が先行して導入が進んだが、ここにきてバックオフィスにもSaaSの活用は広がっている。SaaSを導入して効率化された企業もあれば、逆にうまく活用できずに生産性が下がってしまったという企業もある。その違いはどこにあるのか。(2020/4/8)

Gartner Insights Pickup(140):
インフラ&オペレーションのリーダーが必ず備えるべき10の能力
企業におけるITインフラや運用の責任者は、10の重要な能力に裏打ちされたリーダーシップスタイルを取ることで、組織のデジタルトランスフォーメーションの取り組みを前進させられる。(2020/1/10)

製造ITニュース:
分析に必要な処理を自動化するAIプラットフォームの最新版
SAS Instituteは、同社のAIプラットフォーム「SAS Viya」の最新版を発表した。機械学習の自動化機能を追加し、AI主導の意思決定を迅速化する。(2019/12/24)

ビジネス用語も充実:
『大辞林』、13年ぶりに新版登場 「バズる」「ワンチャン」「空気を読む」など約1万3000項目を追加
辞書や教科書で知られる三省堂が、13年ぶりに『大辞林』の改訂新版を発売。新たに約1万3000項目を追加し、既存語の見直しも行った。追加項目の中には、新元号の「令和」や、「バズる」「ワンチャン」などの若者言葉、「5G」「IoT」といったビジネス用語もある。(2019/9/5)

製造業IoT:
PR:製造現場のデータ活用、「価値」を生み出すまでの最短ルートを進むために必要なもの
第4次産業革命など、製造業でもIoTやAIなどを活用したデジタル変革の動きが加速している。しかし、取り組みそのものは広がるものの、実際にデータから「価値」を得られている企業はいまだに少ない。データ活用のサイクルを構築するのに大きな手間や時間が必要になるからだ。これらを解決するために必要なものとは何だろうか。データの分析・活用の専門企業であるSAS Institute Japanに「価値につながるデータ活用のポイント」について聞いた。(2019/7/18)

Google 、Apple、サムスンでは常識:
スティーブ・ジョブズが頼った“切り札”――「デザイン思考」がもたらすこれだけの“革新”
スティーブ・ジョブズが初代マッキントッシュのマウスのデザインを依頼した企業が前身で、「世界でもっともイノベーティブな企業」にも選ばれた「デザイン」コンサルティングファームIDEO(アイディオ)――。そのIDEOが生み出した「デザイン思考」とは一体どんなもので、いかなる「革新」をもたらすのだろうか?(2019/6/10)

週末に読むべきビジネス書:
「平成の名経営書」は? ビジネススクール教員が選ぶ「決定版5冊」
ビジネススクール教員が選ぶ「平成の名経営書5冊」とは?(2019/5/18)

42歳サラリーマンが小学生になった漫画「おっさんが小学生」 営業で培った能力と行動力で学校改革する姿がかっこいい
この小学生(おっさん)強い……!(2018/9/6)

久納と鉾木の「Think Big IT!」〜大きく考えよう〜(6):
受験勉強に学ぶ、デジタル時代のSLAのあるべき姿〜「とにかくシステムを止めるな!」にうまく対抗する方法〜
今回は、IT部門が同じ企業内のビジネス部門と、SLA(サービスレベルアグリーメント)を通じてより良い関係を築くにはどうしたら良いか? 特に上級マネジャーにどう対峙したら良いか? を一緒に考えてみたい。(2018/3/23)

「ユニファイドコミュニケーション」(UC)製品も有効
似たような「コミュニケーションツール」の乱立、重複を解消する方法
複数の従業員が同じ目的のために、異なる種類やバージョンのコミュニケーションツールを利用していると、コラボレーションを阻害しかねない。状況を改善する手段とは。(2018/3/21)

久納と鉾木の「Think Big IT!」〜大きく考えよう〜(4):
しょうもないROI算出に時間を使ってはいけない
社内にはERPをはじめさまざまなITサービスがある。しかし、「ITサービスをサービスとして成立させるために不可欠」な、ITサービスマネジメントに関わる費用にまでROIが求められるのはおかしなことではないだろうか? しょうもないROI算出に時間を使ってはいけない。(2018/2/23)

事業部門と開発部門が持つデータ活用視点の違い
リクルートのビッグデータ分析基盤ができるまで、事業部門と開発部門が共に奮闘
リクルートのサービスで共通に使われる「リクルートID」。ここに集まる膨大なデータを同社はどのように収集、分析し、活用基盤を構築しているのか。機械学習の結果を現場で生かす上での苦労と併せて紹介する。(2017/11/27)

「アグリー」や「アジェンダ」、意識高い系ワードが美少女に擬人化 DMMでゲームに
“デスマーチ”ちゃんもいるよ。(2017/7/30)

一般企業も待ったなし。「データはあるが生かせない」に終止符を:
PR:デジタル時代、ビジネス差別化に欠かせない「データ資産化」の要件とは?
IoT/ビッグデータの取り組みが本格化し、「大量データからいかに価値を引き出すか」「有効なアクションにつなげるか」が、企業収益を左右する一大要件となっている。だが、データを蓄積していても有効活用できていないケースは非常に多い。その真因とは何か? データの蓄積基盤となるデータレイクにフォーカスしながら、「データを資産化できない」本当の理由を探る。(2017/7/18)

ペン型スキャナー辞書「ナゾル」に和英モデル追加
国語モデルと英和モデルに次いで。(2017/6/15)

Gartner Insights Pickup(17):
アジャイルなITインフラ&オペレーションを構築するための5つのステップ
従来の考え方に基づくIT運用では、ビジネスのデジタル化に対応できない。5つのステップを通じて、ITインフラおよび運用のアジャイル化を進める必要がある。(2017/4/21)

自然な翻訳を実現:
NTTコム、AI活用した企業向け翻訳サービスを発表
NTTコミュニケーションズが、AIを活用した翻訳サービスを発表した。文例データを学習し、自然な翻訳につなげるという。(2017/1/25)

女子ヘルプデスク今昔物語 第8話:
電話に出られない新人、それってスマホのせい?
ヘルプデスクの実績を見込まれて(?)、電話応対研修を担当することになったわたし。1人1台電話を持っているこの世の中、「電話できない」という人はいないはず。そう思っていたのだけど……。(2016/8/5)

スタンプクリエイターズ・ファイル:
「エビデンスある?」「ドラスティックだなあ」「日本ではそうかもね」 使いこなせる? 「意識高い系になれるスタンプ」
ビジネス系のカタカナ用語を連発できる「意識高い系になれるスタンプ」。便利……かは分かりませんが、かなりイラッとするのは間違いありません。(2015/6/22)

R25スマホ情報局:
「職業特化型」LINEスタンプ大図鑑
ビジネスでもLINEを活用したい! と考えている人にオススメしたいのが、ビジネス上のトークでも使える「職業特化型」スタンプだ。(2015/4/20)

バズワードの先へいく“ビッグデータ” 「データ解析をもっとシンプルに」トレジャーデータCTOに聞く
シリコンバレーで日本人3人で創業した、世界で注目されるデータ解析スタートアップ「トレジャーデータ」。創業者の1人、太田一樹CTOにビッグデータビジネスの今後やシリコンバレーについて聞いた。(2014/11/19)

津田建二の技術解説コラム【海外編】:
PR:知ってるつもりの外国事情(4)――業界用語の常識を海外と比較する
日本の常識は世界の非常識といわれることがよくあります。日本では当たり前のことが海外では全然違うことを指しています。ここでは、いくつかの言葉について、日本と海外との違いを考えてみたいと思います。オープンイノベーション、標準化(standardization)、グローバル化を採り上げてみます。(2014/9/8)

「日常」の裏に潜むビッグデータ(1):
データが価値を持つ時代に、“タダ”のサービスなど存在しない
ビッグデータという言葉はビジネス用語として定着しているが、これからはあなたの日常生活の中にも入り込んでくる可能性が高い。あなたが何気なく使っている無料のサービスも、知らないうちに“対価”を支払っていた、というケースが増えてくるだろう。(2014/7/14)

「ビッグデータ」の基礎知識(1):
そもそも、ビッグデータって何なの?
ビジネスの現場に溢れかえる「ビッグデータ」という言葉。何となくは分かっているけれども、具体的に説明するのは苦労する。というのも、ビッグデータという概念自体があいまいなものだからだ。なぜビッグデータには明確な定義がないのだろうか。(2014/6/9)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
部下が指示を理解してくれないのは、あなたの能力不足かも?
「そんなことも言われなければ分からないのか!」あなたは自分の部下にこんなセリフを言っていませんか? 実はこれ、部下を使いこなせない上司が口にしがちになセリフの第2位。ちなみに1位は……。(2014/5/26)

ナレッジワーキング!!:
限られた時間と人員で最高の「カイゼン」を実現するフレームワーク
日常的に発生するさまざまな意見や要求に対して、場当たり的に対応するのは上策とはいえません。限られたリソースで最高のパフォーマンスを発揮するには、優先順位付けが肝心なのです。(2014/4/16)

一生お金に困らない「華僑」の思考法則:
一生お金に困らない「法則」はどうやったら身に付く?
日本人だからこそ分かる華僑の行動法則。大物華僑の元で超実戦的な修行を積み、独立した初年度から年商1億円を稼ぎ出した著者が、自らが実践し、成果を出した「華僑の思考法則」を紹介。(2013/11/27)

あなたの話の9割は相手に伝わっていません:
話の中に数字を入れると“それらしく”聞こえる
ビジネスにおいて、相手の心に残る話し方をするのは重要だ。便利なのが、話の中に具体的な数字を入れることである。説得力が増す話し方として、押さえておきたいポイントだ。(2013/8/9)

ドコモ、「LUMIX Phone P-02D」のAndroid 4.0アップデートを開始
NTTドコモは「LUMIX Phone P-02D」のOSバージョンアップファイルを公開した。Androidが4.0になるとともに、新しいアプリを追加し、起動時の不具合も解消する。(2013/4/17)

ドコモ、「Disney Mobile on docomo P-05D」「P-04D」のOSアップデートを開始
OSがAndroid 4.0になるほか機能や操作性を向上。プリセットアプリも追加される。(2013/4/16)

企業は平均3分に1度もマルウェアと接触、FireEye報告書
企業が頻繁にマルウェア攻撃に見舞われている実態が浮き彫りになった。(2013/4/4)

クラウドコンピューティングは企業経営に何をもたらすのか【後編】
企業に対するクラウドの影響力について、前編に引き続き、ITRのプリンシパル・アナリストを務める金谷敏尊氏が解説する。(2013/3/6)

ルー語すぎるkobo求人募集 「グローバルなベストプラクティスを実践していただくグローバルなオポチュニティ」
俺たちのファニーなカンパニーでトゥギャザーしようぜ!(2012/7/26)

就活を通して、初めて知った用語は?
就活を通して初めて知った就活用語(ビジネス用語を含む)は何ですか? 2013年4月入社を希望する大学生・大学院生に聞いた。ジョブウェブとレジェンダ・コーポレーションの調べ。(2012/7/25)

PR:目指すはグローバル人材! ロゼッタストーンで英会話を学ぶ
私、トヨタマは社会人7年目のアラサーOL。これまでロゼッタストーンで英語を学んできた誠サムライことスギモトさんの後輩です。海外からの仕事もこなせることを目指して、私もロゼッタストーンで勉強していきます!(2013/11/8)

ビッグデータ時代到来 企業に求められる3つのスキル
本稿では、データ分析をビジネスに活用する上で必要なスキルを洗い出し、企業における効果的なデータ活用のあり方を検討します。(2012/4/12)

芸がなくても、飲んでゆけます――飲み会を容赦なく盛り上げるAndroidアプリたち
暑気払いの飲み会が増えるこの時期、“どうやって盛り上げよう”と頭を悩ます幹事にオススメのAndroidアプリを今回は紹介しよう。さらに、飲み会前や飲み会後をサポートするアプリも併せてピックアップした。(2011/8/19)

ITエンジニアのための経営戦略入門(11):
事業戦略を学ぶ――まずは3Cモデルで現状分析
ユーザー企業がシステムの設計・開発を依頼するとき、そこには経営的な判断が存在する。顧客の「経営戦略」をとらえたうえでシステムを設計・開発できるITエンジニアになろう。(2011/8/18)

情報の流れを可視化:
PR:多角的に情報を“追跡”、企業における情報活用の質を高めよ
全社の情報を統合管理するためには、各部門で異なる意味で使われている用語の再定義やシステムの現状把握、次世代の情報基盤の設計、データのマッピングなど、さまざまな作業が不可欠である。しかし、これらの作業が統合されていないと、データ品質が低い「使えないDWH」ができてしまう。これらの作業を統合することにより高いデータ品質を保てる情報連携基盤として、日本IBMが提供しているのが「IBM InfoSphere Information Server」である。(2011/7/12)

ITエンジニアのための経営戦略入門(10):
無駄に悪どいポチの提案から、もうけのコツを考える
ユーザー企業がシステムの設計・開発を依頼するとき、そこには経営的な判断が存在する。顧客の「経営戦略」をとらえたうえでシステムを設計・開発できるITエンジニアになろう。(2011/5/24)

ITエンジニアのための経営戦略入門(9):
売れない仏像の例え話から、“もうけ”とは何かを知る
ユーザー企業がシステムの設計・開発を依頼するとき、そこには経営的な判断が存在する。顧客の「経営戦略」をとらえたうえでシステムを設計・開発できるITエンジニアになろう。(2011/4/15)

ITエンジニアのための経営戦略入門(8):
「何を基準に、どの会社を買収するか?」を考える
ユーザー企業がシステムの設計・開発を依頼するとき、そこには経営的な判断が存在する。顧客の「経営戦略」をとらえたうえでシステムを設計・開発できるITエンジニアになろう。(2011/3/17)

ITエンジニアのための経営戦略入門(7):
事業ポートフォリオは「3つの視点」から考える
ユーザー企業がシステムの設計・開発を依頼するとき、そこには経営的な判断が存在する。顧客の「経営戦略」をとらえたうえでシステムを設計・開発できるITエンジニアになろう。(2011/2/17)

月刊エンジニアライフ(30):
今日こそ定時に帰るための「仕事の護身術」
(2011/2/2)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
閉店セールに仁義はない
原価率が高い家電は閉店セールでも「半額!」とはならない。が、販売店側は安価でいいから売り尽くしたい。そこで、熱い穴埋め交渉が繰り広げられるのだ!(2011/1/25)

ディルバート(204):
“権限委譲”の別名は「責任逃れ」
(2011/1/14)

ITエンジニアのための経営戦略入門(6):
事業の経済性に影響を与える「5つの法則」
ユーザー企業がシステムの設計・開発を依頼するとき、そこには経営的な判断が存在する。顧客の「経営戦略」をとらえたうえでシステムを設計・開発できるITエンジニアになろう。(2011/1/7)

ビジネスメールが苦手な方に:
メール文例アプリ「ビジネスメール文例辞典」が配信開始
ソフトバンク クリエイティブが、ビジネスで役立つメールの文例を収録したiPhone/iPad向けアプリ「ビジネスメール文例辞典」をリリースした。(2010/12/16)

ITエンジニアのための経営戦略入門(5):
経営戦略にかかわる者の「3つの心得」
ユーザー企業がシステムの設計・開発を依頼するとき、そこには経営的な判断が存在する。顧客の「経営戦略」をとらえたうえでシステムを設計・開発できるITエンジニアになろう。(2010/12/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。