ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「CLUSTERPRO」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「CLUSTERPRO」に関する情報が集まったページです。

バックアップ/災害対策にクラウドを使いこなす【最終回】
どれを買う? クラウドを活用したバックアップ/DRに役立つ製品を一挙紹介
オンプレミスのデータやシステムをクラウドへバックアップ/DRする場合、どのような製品を利用すればいいのだろうか。バックアップ/DR方式別に、製品の組み合わせを解説する。(2018/5/21)

NEC、ERP刷新で経営ビッグデータの活用システムを構築完了
NECグループの基幹システムにインメモリデータベース「SAP HANA」基盤を導入し、国内向けシステムとして本番稼働を開始した。さらなる経営のスピードアップと効率化を目指す。(2016/9/14)

クラウド導入へ踏み出せない企業のために:
PR:ミッションクリティカルシステムのAWS移行、3つの課題と対策
AWS(Amazon Web Services)をはじめとするクラウドサービスの発展・浸透を受けて、基幹系システムのクラウド移行を検討する企業が増加している。だがクラウド上で、基幹系システムのような“決して止まってはならないシステム”の運用性と可用性を担保するためには、さまざまな技術とノウハウが求められる。人とコストなど限られたリソースの中でも、安全かつスムーズに基幹系システムをクラウドへ移行するためにはどうすればよいのだろうか?(2016/8/22)

OSSアプリをクラスタ化し、可用性を向上:
ミラクル・リナックス、Azure上で「CLUSTERPRO」を稼働させる環境構築支援サービスを開始
ミラクル・リナックスは、Azureの仮想マシン上で稼働するHAクラスタソフトウェア「CLUSTERPRO」を活用した環境の構築支援サービスを開始した。(2016/6/20)

製造IT導入事例:
経営効率化に向け、自社基幹システムのプラットフォームを全面刷新
NECは、自社グループの販売・経理・購買業務を支える基幹システムのプラットフォームを全面的に刷新する。経営ビッグデータのリアルタイム処理基盤として、新たにSAPのインメモリプラットフォーム「SAP HANA」を採用する。(2015/11/18)

DRBDの仕組みを学ぶ(3):
「災害対策システム」で、DRBDを活用する方法
障害監視ツールなどと一緒に使うことで、サービスの継続提供を助けるDRBD。前回の高可用性システムに続き、今回は「災害対策システム」でどう使うか、実践的な運用方法を解説します。(2015/11/6)

NECがERPを大刷新 2016年度の稼働を目指す
SAPの最新ERP「S/4HANA」を基幹システムのプラットフォームに採用し、自社製品・クラウドサービス基盤で稼働させる。(2015/11/5)

ホワイトペーパー:
実機検証レポート:「ゼロダウンタイム」のアプリケーションサーバは構築できるか?
ロードバランサ単体ではアプリケーションレベルで発生する予期せぬ問題への対応は難しい。アプリケーションデリバリコントローラーとHAクラスタリングソフトの連携利用による、アプリケーションサーバの可用性検証結果をレポートする。(2015/11/5)

理想的なクラウド基盤を構築する方法【第4回】
ハイブリッドクラウド環境での理想的なDR方式と製品選定ポイント
ハイブリッドクラウドを実現する際に考えておきたいのがDR(事業継続)だ。DRを構成する4つの技術要素とともに、可用性を高める仕組み、バックアップ/DRソリューション選定のポイントを解説する。(2015/10/26)

Editor's Eye:
PR:NEC、サポート終了対象のサーバOSを検出する無償サービスを提供
(2015/5/25)

仮想環境の事業継続製品 選定ポイント【最終回】
【徹底比較】VMware環境でシンプルなDRを実現するには? 主要製品の違いを見る
VMware環境でDR(災害対策)を実現するための最適な推奨構成とは。主要各社のバックアップソフト、重複排除ストレージ、統合バックアップアプライアンスの「機能」を徹底比較した。(2014/12/18)

仮想環境のHAクラスタ製品 選定ポイント【最終回】
【徹底比較】VMware対応HAクラスタ製品の機能を「比較表」で大解剖
連載を通して解説してきたVMware環境におけるHAクラスタ製品の選定ポイントを基に、「仮想マシン間HAクラスタ」と「vSphere HA+アプリ監視」を実現する主要製品の機能比較を行う。比較表は無料でダウンロードできる。(2014/6/23)

基幹システムでのビッグデータ活用に対応した新サーバを発売、NEC
最大15コアのインテル Xeon プロセッサー E7 v2 製品ファミリーを採用する「NX7700xシリーズ」を発表した。(2014/2/19)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
運用管理? セキュリティ? サーバ仮想化運用フェーズの課題
TechTargetジャパン読者の多くがサーバ仮想化を導入している今、その関心は運用フェーズに移っている。セキュリティや監視、バックアップなど、運用フェーズの課題を解決する各種ソリューションを紹介する。(2013/8/29)

NECも「垂直統合型製品」の出荷をアナウンス
NECはパートナーと共同で「垂直統合型製品」を出荷する。データベース関連ではOracle Databaseの他、次期SQL Server「Hekaton」搭載モデルのリリースも予告している。(2013/4/3)

NEC、Linux/Unbreakable Enterprise Kernelの一次保守サービスを開始
NECは、オラクル製品のサポートサービスを強化した。(2013/3/27)

中小企業などに向けたクラウドアプリストアを開設 NECビッグローブ
パブリッククラウドサービス上で業務ソフトウェアなどを販売するストアをNECビッグローブが発表した。(2013/2/25)

中堅中小企業に贈るバックアップガイド【応用編】:
PR:業務を止めない!――クラウドでも利用できる先進のバックアップシステムとは?
万一の災害発生時でも事業継続を実現するには、データバックアップの仕組みが必須。さらに、出来る限り早期にシステムを復旧したいというニーズに対応するために、NECでは独自のソリューションも提供している。(2013/2/22)

NTTデータとNEC、運用管理ソフトウェアの安定性向上で連携へ
OSSの「Hinemos」と高可用性ソフトの「CLUSTERPRO」の連携させるための支援サービスを提供する。(2013/1/25)

NEC、SAP NetWeaver対応の「CLUSTERPRO」を発売 出荷停止後最長10年間は保守可能
NECは「SAP HA」制度に準拠した高可用性ソフト製品をリリースする。(2012/10/2)

製品リポート:NEC CLUSTERPRO X
企業事例に学ぶ仮想化システムの障害対策――その対策、本当に大丈夫?
多くのユーザーが不安に感じているサーバ仮想化環境の障害対策。他の会社はどういった対策を行っているのか。企業の実際の導入事例から仮想化システムの障害対策のあるべき姿を紹介する。(2012/9/18)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
サーバ仮想化を進める理由、やらない理由
調査結果によると、サーバ仮想化を導入している企業の多くが運用や管理に課題を抱えているという。一方、回答者の4割はいまだ仮想化を導入してない。仮想化を導入するメリットは本当にないのだろうか。(2012/9/18)

製品リポート:NEC CLUSTERPRO X
これからの「システム障害対策」の話をしよう――入門記事で知る定番技術の全て
ほとんどの企業は何らかかのシステム障害対策を行っている。しかし、その対策は本当に有効だろうか。複数あるシステム障害対策の基本とメリット/デメリットをお伝えする。(2012/7/20)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
所有型? ホスティング型? 2つのプライベートクラウド
資産を保有するインターナルプライベートクラウドと、ホスティング型のエクスターナルプライベートクラウドのどちらを選ぶべきか? 本コーナーでは、2種類のプライベートクラウドを紹介する。(2012/7/24)

NEC、AWS対応のWAFとクラスタリングのソフトをリリース
「InfoCage SiteShell」と「CLUSTERPRO」をアマゾン ウェブ サービスで利用できるようにした。(2012/5/8)

ホワイトペーパー:
CLUSTERPRO X 3.0 によるVMware vSphere仮想化環境の可用性向上
サーバが集中化する仮想化環境における可用性の向上は、業務の継続性を保つ上で重要な要素となる。(2011/12/22)

NEC、可用性を高めた「Express5800/スケーラブルHAサーバ」シリーズの新製品発売
運用管理チップを搭載し、高可用性ソフトウェア「CLUSTERPRO」と連携する4製品を投入する。(2011/10/24)

サーバ障害の予兆を検知、NECが「CLUSTERPRO X」最新版を発売
システムリソースを監視して、障害の予兆段階でサーバを切り替えられるようにした。(2011/9/13)

読者の知りたいにベンダーが答える!
電力不足にも対応 押さえておきたい「企業の停電対策」
中長期的な電力不足が懸念される中、多くの企業が停電・節電などに対応する電源対策の見直しを迫られている。調査結果で明らかになった多くの企業が今後導入予定の電源対策について、各項目別に必要なノウハウを紹介する。(2011/7/15)

性能を70%向上、消費電力は30%削減:
NEC、中堅中小オフィス向けのラック型NAS「iStorage NS500Ra」を発表
NECが発表した「iStorage NS500Ra」は、業務データの増量に悩む中堅中小企業ユーザー向けと位置付けられた2wayラック型NAS製品だ。(2010/10/22)

NEC、アプライアンスサーバ「Express5800/InterSec」に新製品
負荷分散やセキュリティ対策の機能を強化した4機種を追加した。(2010/4/16)

導入事例:
東北でいちばん“学生に優しい”情報処理センターを見てきた――東北学院大
仙台に拠点を置く私学の雄「東北学院大学」は、学生向け情報処理センターの設備を刷新。プロジェクトを主導した松澤教授は「学生本位のセンター運営」を掲げ、同大のノウハウを他大とも共有したいと話す。(2009/11/14)

東北学院大、端末600台規模のシンクライアントを導入
東北学院大が端末約600台、サーバ約60台などで構成されるシンクライアントシステムを導入した。(2009/9/24)

NEC、「CLUSTERPRO X 2.1シリーズ」を販売開始
NECは「CLUSTERPRO X 2.1シリーズ」を販売開始。セキュリティ面やデータベース連携が強化された。(2009/6/16)

ホワイトペーパー:
データベースサーバに障害が起こっても自動で回避! HAクラスタ活用術
データベースサーバが止まった場合、業務を続けられる仕組みは整っているだろうか。高可用性(HA)クラスタソフトによるデータベースサーバを止めない工夫を紹介しよう(提供:日本電気)。(2008/12/5)

ホワイトペーパー:
データの引継ぎと通信の確保、2つの面から災害対策に備える
災害が起こったとき、問題なく業務を続けることができるだろうか。データを送受信するための通信の確保は? それらの課題を解決する災害対策ソリューションを紹介する(提供:日本電気)。(2008/7/22)

ターボリナックス、NECのクラスタソフトバンドルで高可用性パッケージを発売
フロントエンドからバックエンドまでを包括する、フェイルオーバークラスタパッケージの販売を開始した。(2008/4/30)

高可用性のサイト構築を支援、NECが新版バックアップソリューション発売
大規模災害にも備え、遠隔地のバックアップサイトをサポートする運用性と柔軟性を備える。NECは、高可用性クラスタソフトウェア「CLUSTERPRO X 2.0」を発表した。(2008/4/16)

NEC、サーバ製品をWindows Server 2008に対応開始
NECは、サーバ製品「Express5800シリーズ」および「NX7700iシリーズ」を、Microsoftが提供するサーバOS「Windows Server 2008」に順次対応させると発表した。(2008/4/15)

埼玉県上尾市、電子行政システムを刷新
埼玉県上尾市の新基幹系電子行政システムが3月3日から稼働を開始した。システム構築にはミラクル、RKKCS、日本IBMがかかわっている。(2008/3/11)

NEWS
上尾市が電子行政システムをLinuxで刷新、「コスト効果は6億円」
新システムの導入により24時間のオンライン稼働が可能になり、メンテナンス負担を大幅に軽減。導入を請け負ったRKKCS、日本IBM、ミラクル・リナックスの3社は、導入効果として10年で6億円のコスト削減を見込んでいる。(2008/3/11)

NECとトレンドマイクロ、企業向け高可用性システムの提供で協業
NECとトレンドマイクロは協業で、企業向けの高可用性システムを提供する。3年間で3000システムの導入を目指す。(2008/1/21)

NEC、「CLUSTERPRO X」のパートナー制度を中国初設立
NECは、高可用性ソフトウェア「CLUSTERPRO X」シリーズのパートナー制度を中国で初設立した。パートナーへのチャネルポリシーや製品販売などの内容を定めたもの。(2007/10/12)

NECとミラクル・リナックス、高可用性クラスタ製品の最新版を発売
ミラクル・リナックスとNECは、両社で販売していたクラスタソフトウェア「MIRACLE CLUSTERPRO」の後継製品となる「MIRACLE CLUSTERPRO X」を発表、9月18日から出荷開始することを明らかにした。(2007/9/3)

NEWS
NEC、社内ネットワークに未許可の持ち込みPCを接続させない製品を発売
さまざまなセキュリティ機能を相互に自動連携する「協調型セキュリティ」(2007/6/14)

ターボリナックス、NECのCLUSTERPRO AWARD Best Solutionを受賞
(2007/3/23)

ホワイトペーパー:
障害・災害時にもネット販売のリアルタイム決算業務を止めない
いかなる原因があろうとも、システムの停止は業務に支障を来たし、ユーザーにも不便を強いる。システムを停止させないために使われるのが高可用性クラスタリングソフトウェアだ。(2006/10/20)

NEC、HAクラスタソフト「CLUSTERPRO X」シリーズを発売
NEC、高可用性ソフトウェアのブランドならびに製品シリーズの名称を「CLUSTERPRO X」に統合、新ブランドの下で「CLUSTERPRO X 1.0」および「CLUSTERPRO X HA/SimplifiedManager R1.1」を製品化した。(2006/9/13)

エンタープライズLinuxの実力:
第3回:エンタープライズに必要なミドルウェア提供の状況を探る
Linuxディストリビュータは、ソフトウェアベンダーでもある。Linuxカーネルをはじめ、ディストリビューションに含まれているアプリケーションパッケージのほとんどはオープンソースだが、Linuxディストリビューションを補完するためのさまざまな製品を用意している。今回は、エンタープライズ用途に必要なこれらのアプリケーションに関して、各ディストリビューションがどのように取り組んでいるのかを見ていこう。(2006/7/25)

仮想化技術の売り込みに動き出したNEC、日立、日本HP
NEC、日立、日本HPの3社は、HP-UX 11iを基盤として仮想化された環境で、ハードウェアとソフトウェアの組み合わせを動作検証し、リファレンスアーキテクチャーとして提供していくと発表した。(2006/6/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。