ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「企業資産管理」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「企業資産管理」に関する情報が集まったページです。

製造マネジメントニュース:
ものづくりデータを経営判断に活用するサービスに関して3社が業務提携
富士通は、製造や保守領域のデータを経営判断に活用するサービスの提供に関して、富士通エンジニアリングテクノロジーズおよび日本能率協会コンサルティングと業務提携した。(2019/10/16)

製造ITニュース:
制御システム向けセキュリティプラットフォーム、国内で販売開始
東芝デジタルソリューションズは、CyberXと販売代理店契約を締結し、制御システム向けサイバーセキュリティプラットフォーム「CyberX Platform」の販売を開始した。(2019/9/17)

スマートファクトリー:
PR:見えない“反応”を記録、顧客志向を貫く素材製造業がスマート工場化に進むワケ
材料を投入した後は計器を眺めながら正しい反応が進んでいるかを確認する……。こうしたプロセス製造の現場でスマート工場化への取り組みが進んでいる。ポイントは「見えないモノを見る」という点だ。顧客志向で主要顧客の近くに多くの工場を展開するハリマ化成も同様である。多くの工場を展開するハリマ化成グループにとって「工場の効率」は死活問題だった。同社のスマート工場化への取り組みと仙台工場での事例について聞いた。(2019/7/30)

高機能な製品は、現場のトレーニングで苦労する場合も
クラウドERP 10製品を徹底比較 辛口ユーザーが語るメリットとデメリット
ERP市場でしのぎを削るクラウドERPベンダーを調査すれば、自社に最適なソフトウェアを決定する複雑なプロセスがほんの少し楽になるだろう。代表的な10社のクラウドERP製品をレビューする。(2019/3/13)

太陽光:
京都・兵庫・福井の7カ所に太陽光発電所を開設、700世帯分の電力を発電
京セラやオムロン子会社などが出資する丹後太陽光発電合同会社が、京都・福井・兵庫の7カ所に太陽光発電所を開設。年間700世帯分の電力を発電する。(2019/1/31)

製造マネジメントニュース:
デジタル技術を活用した設備保全の高度化に向けて業務提携
富士通エンジニアリングテクノロジーズは、デジタル技術を活用した設備保全の高度化に向け、日本能率協会コンサルティングと業務提携を開始した。今後、それぞれの強みを相互に活用した製品やサービス、コンサルティングを提供する。(2019/1/11)

トヨタ生産方式で考えるIoT活用【実践編】(4):
品質保証体制を強化するためのIoT活用はどのように実践すべきか(その3)
日本型モノづくりの象徴ともいうべき「トヨタ生産方式」の利点を生かしたIoT活用について、実践編として、より具体的な「導入のポイント」や「活用する手段」を説明する本連載。第4回は、品質保証体制強化におけるIoT活用のうち「活用」について解説します。(2018/6/19)

ERP連携が鍵
予算管理ソフトウェアに欠かせない9つの機能
予算プロセスで戦略目標と財務目標を確実にサポートする機能には、ワークフローツール、多次元データ構造、柔軟なレポートなどがある。(2018/5/16)

製造業IoT:
これぞ現場のIoT、RRIが中堅中小企業のIoT活用事例公開
経産省などが主導するロボット革命イニシアティブ協議会(RRI)が募集していた「第1回 中堅・中小製造業のIoT活用事例」の結果がこのほど発表され、約40件の事例が認定された。(2017/2/20)

FAニュース:
保全業務をサポートする設備保全管理ソフトウェア
富士通は、設備保全管理ソフトウェア「PLANTIA」を発売した。現場のあらゆる機器の保全業務を包括的に管理できるソリューションで、保全履歴や機器の情報を生かして保全業務をより効率化できるように支援する。(2017/1/26)

富士通エンジニアリングテクノロジーズ PLANTIA:
さらなる機能強化と操作性向上を図った設備保全管理システムの新版
富士通エンジニアリングテクノロジーズは、設備保全管理システム「FUJITSU Enterprise Application PLANTIA」の最新バージョンである「V04L30」の販売開始を発表した。(2017/1/17)

落とし物追跡用IoTデバイス、航空機の整備機材管理に JALが実証実験
JALとMAMORIOが、IoT技術を活用して航空機整備用品の位置情報を管理する実証実験を行うと発表。(2016/11/1)

IT活用:
バイオマス発電所のトラブルを未然に防ぐ、設備保全管理システムが3カ所で稼働
大分県と福島県で運転中のバイオマス発電所では発電設備の保全業務をネットワーク型のITシステムで管理している。設備台帳や点検結果などの情報をもとに、トラブルを未然に防ぐための保全計画を策定できる点が特徴だ。遠く離れた3カ所のバイオマス発電所を同じシステムで管理する。(2016/9/7)

Computer Weekly:
1150万文書から関係性を洗い出せ――「パナマ文書」解析プロジェクト
1150万個のファイル(計2.6TB)からなる「パナマ文書」はどのように解析されたのか? 世界に衝撃をもたらした同文書解析の舞台裏を紹介する。(2016/5/25)

Oracle Planning and Budgeting Cloud Service:
最短1カ月で経営管理システムの導入が可能に
日本オラクルは、国内のパートナー企業10社が提供する、クラウド型経営管理ソリューション「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」向けの業界・業務別/全業種共通テンプレートおよびソリューション15種類を発表した。(2016/2/19)

製造ITニュース:
クラウド型経営管理ソリューション向けのテンプレート15種類を発表
日本オラクルは、クラウド型経営管理ソリューション「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」向けの業界・業務別/全業種共通テンプレートおよびソリューション15種類を発表した。(2016/2/19)

省エネ機器:
強まる省エネ規制にどう対処するか、悩める担当者を救う“武器としてのIT”
東京ビッグサイト共同開催された「システムコントロールフェア2015」と「計測展2015 TOKYO」では、今後さらに高まっていく省エネ需要に向けたITソリューションが複数披露された。本稿ではその一部を紹介していく。(2015/12/11)

トヨタ生産方式で考えるIoT活用(2):
トヨタ生産方式と設備保全、IoT活用をどう考えるか
日本型モノづくりの象徴ともいうべき「トヨタ生産方式」。本連載では多くの製造業が取り入れるトヨタ生産方式の利点を生かしつつ、IoTを活用してモノづくりを強化するポイントについて解説していきます。第2回となる今回は、設備保全へのIoT活用のポイントについて紹介します。(2015/11/5)

FAニュース:
製造設備・プラントの保全管理を効率化するソリューションを発売
日立製作所は、製造設備やプラントの保全管理を効率化するソリューション「Hitachi Enterprise Asset Management」を発売した。設備資産に関する情報の可視化と予防保全業務の標準化が可能となり、設備稼働率の向上が期待できるという。(2015/8/20)

製造IT導入事例:
サンフランシスコ市営交通局、運輸管理にインフォアのシステムを採用
組織全体で活用できる統合システム構築のため、インフォアの「Infor Enterprise Asset Management」を採用。最新の設備状況に関する情報を全従業員が共有でき、効率性と組織全体の接続性が向上した。(2014/9/17)

徹底解説:
あらゆるモノのつながりが生む「IoT」の新世界
あらゆるモノがインターネットでつながる「モノのインターネット(Internet of Things:IoT)」の世界がすぐそこまで迫っている。新たなビジネスとなる可能性を秘めたIoT の技術、事例、価値を徹底解説する。(2014/6/18)

製造ITニュース:
日立、産業機械メーカー向けM2Mクラウド型保守・設備管理サービスの外販開始
日立製作所は、自社製品を対象に展開してきたM2Mクラウド型機器保守・設備管理サービス「Doctor Cloud」を、国内外の産業機械メーカー向けに外販することを決めた。(2014/2/17)

DMS2013開催直前! ブース出展情報:
SAPジャパン、SAP PLMなど理想のモノづくり現場の実現をサポートするソリューションを展示
「第24回 設計・製造ソリューション展」のSAPジャパンブースでは、製造イノベーションを支えるソリューションを取りそろえ、課題解決のためのソリューションを紹介する。(2013/6/6)

IBM Pulse Japan 2012 Preview:
PR:クラウド、モバイル、資産管理のスマート化――あらゆるインフラ管理を最適化する答えはあるか
ビジネスを取り巻くIT環境が目まぐるしく変化する中、それぞれの課題に個別対応していては、ITをビジネス価値に転ずることは難しい。企業のITインフラを総合的に、そして最適化した形で管理できる仕組みはあるのか? IBMはその問いにPulse Japanで答える。(2012/4/10)

SAPジャパン、SAP Business Suiteの機能を拡張
情報や処理メニューへのアクセス強化など、使い勝手を向上させるための機能強化がなされている。(2012/2/13)

情報システム用語事典:
CALS(きゃるす)
continuous acquisition and life-cycle support / キャルス / 継続調達とライフサイクル支援(2011/9/9)

特別企画:利益に貢献する設備保全を考える:
点検漏れ? また事故? とならないために
製造設備のメンテナンスは適切に行われているか? 稼働率だけでなく、トータルでのコスト・利益を考えた設備保全について考える。(2011/7/5)

IBM Pulse Japan 2010 Preview:
PR:クラウド時代のサービスマネジメント――その未来が示される
日本IBMは5月18日に実施を予定する「Pulse Japan 2010」で、クラウド、そしてサービスマネジメントの活用について、企業が進むべき方向性を示すようだ。(2010/4/5)

IBM Pulse 2010 Report:
「スマートなマンホール」にアセットマネジメントの未来を見た
米国ラスベガスでTivoliの年次カンファレンス「Pulse 2010」が開幕。例年にも増してIT資産と非IT資産の統合管理に重きが置かれ、TivoliポートフォリオにおけるMaximoの存在感が増しつつあるようだ。(2010/2/24)

Pulse Japan 2009 Autumn:
PR:「クラウド時代のサービスマネジメント」――その鼓動を聞け
企業IT基盤の新たな選択肢として注目されるクラウドコンピューティング。この秋に開催されるPulse Japan 2009 Autumnでは、その確立に必要な製品とサービスをはじめ、実行環境や運用手法、そして事例が一堂に会し、紹介されるという。(2009/10/1)

情報システム用語事典:
構成管理(こうせいかんり)
configuration management / コンフィギュレーションマネジメント / 形態管理 / 型式管理(2009/8/4)

情報システム用語事典:
CMMS(しーえむえむえす)
computerized maintenance management system / 設備保全管理システム(2009/6/13)

情報マネジメント用語辞典:
EAM(いーえーえむ)
enterprise asset management / 企業資産管理 / 設備資産管理(2009/6/2)

日立ソフト、月額210円のPC管理サービス
日立ソフトは、PC資産の管理や不正ソフトの利用を監視する「SecureOnline PC管理・監視サービス」を開始した。(2008/10/23)

企業競争力のカギ:
インフラ部門をビジネスドライバーへ導くサービスマネジメント
IBMはTivoliで実現するITSMがインフラ部門のビジネス的価値を向上させ、企業競争力を高めるカギになると考えているようだ。(2008/7/31)

PDCAサイクルで強化:
PCのセキュリティ統制向上は現状把握から
社内PCのセキュリティ状態を高めるステップは、ルールの再確認と現状調査、是正を繰り返すことが近道になる。(2008/7/7)

稼働効率が費用に直結:
インフォア、CO2排出量削減を実現する設備資産管理ソフトを発表
米Inforの日本法人、日本インフォア・グローバル・ソリューションズは、工場などが設備資産を管理することで、CO2などの排出を削減できるソフトウェアの提供を開始すると発表した。(2008/7/4)

WILLCOM D4にも対応予定:
数千台ものスマートフォン運用事例も――インテリシンクがモバイル管理ツールの新製品
インテリシンクは、電子メール機能を強化したモバイル機器管理/データ同期製品の最新版を発表した。(2008/7/2)

中堅中小企業の経営基盤改革術:
いったん振り返る、ERPってなに?
中堅中小企業を支えるソフトウェアとしてERPの導入が進んでいるが、ERPとはもともとどんなものなのか。血液のように企業の各部門にデータをスムーズに流す仕組みを改めて考えてみる。(2008/6/12)

Windows Mobileを業務利用:
アクシスソフトとモビーダ、企業向けスマートフォン事業で提携
アクシスソフトとモビーダ・ソリューションズは、スマートフォンを導入する企業向けサービスで提携する。(2008/6/6)

ITリーダーの実像を探る:
CIOの成功に隠された戦略と戦術【前編】
社内の“金食い虫”とも言われるIT。そのITが会社の成長に積極的な役割を果たしているかどうか、ITエグゼクティブの考えを探った。そこから、彼らの戦略と戦術のバランス感覚を読み取ることができた。(2008/6/2)

有線/無線LANや携帯電話網をシームレス化:
Cisco、企業のモバイル化を推進する「Cisco Motion」構想を発表
Ciscoは有線/無線LANや携帯電話網をハンドオーバー接続して通話やアプリケーション利用のモバイル性を高める新構想を発表した。(2008/5/29)

資産やセキュリティの管理を強化:
シマンテック、エンドポイント管理のAltirisソリューションを発表
シマンテックは昨年買収したAltirisによるエンドポイントの構成管理データベース製品などを発表した。(2008/5/21)

Windowsクライアントを統合管理:
アヴァンティ、Windowsベースのモバイル機器を集中管理する新製品発売
アヴァンティは、WindowsのPCやスマートフォンなどを統合管理する「MobiControl V5」を発売した。(2008/5/21)

IBM Pulse 2008 Report:
ITサービスマネジメントに産業革命を起こすTivoli
IBMのソフトウェアブランド、Tivoliのカンファレンス「Pulse 2008」では、ITサービス/アセットマネジメントの進化に向けたIBMの戦略を読み取れる。(2008/5/21)

IT経営はなぜ失敗するのか? ――SAM World 2008基調講演から
「経営活性化のためにITを導入してもうまくいかない」という経営者は多い。IT経営を成功させるポイントはどこにあるのか。(2008/4/18)

PC並みの脅威がすぐそこに? :
スマートフォン導入で企業が考えるべき防御策
小型・高性能なスマートフォンのビジネス活用が注目されるが、セキュリティ対策は野放しに近いという。脅威と防御策を真剣に考える時期が来た。(2008/4/4)

アドビ、ソフトウェア資産管理の支援を本格展開
アドビ システムズは、製品を利用するユーザー企業にソフトウェアの資産管理を支援する活動を展開すると発表した。(2008/3/31)

USBメモリのファイルもターゲット、蒼天が資産管理の新製品
蒼天は、USBメモリなどの外部記録媒体に保存されたファイルやソフトウェアを管理できる「LogVillage 2.0」を発売した。(2008/3/31)

情報漏えいと訴訟の備えには、デジタルフォレンジックの活用を
日立製作所は、新世代情報セキュリティ研究事業の一環として、デジタルフォレンジックの企業活用をテーマにした研究に取り組んでいる。(2008/3/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。