ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「CSIRT(Computer Security Incident Response Team)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「CSIRT(Computer Security Incident Response Team)」に関する情報が集まったページです。

被害に遭いづらくなったが被害額は増加:
「オリンピックやGDPRの対策は?」 IDCが情報セキュリティ対策の実態を調査
IDC Japanが発表した情報セキュリティ対策の実態調査結果によると、過去1年間でセキュリティ被害に遭った企業は全体の14.2%。重大なセキュリティ被害に遭った企業は2018年からわずかに減ったが、1件当たりの被害額は増加傾向にあった。クラウドのセキュリティ対策は導入が進んでいる。(2019/6/14)

国内企業の情報セキュリティ対策、エンドポイント対策やクラウド対策が増加 GDPR対策には温度差も――IDC調べ
IDC Japanの調査によると、セキュリティ投資を増加予定の企業は、「エンドポイント対策」「Webセキュリティ」「ネットワーク」に注力と判明。「クラウドのセキュリティ対策」も増加傾向にある。一方、CSIRT/SOCの設置やGDPR対策には企業で差があることが分かった。(2019/6/14)

セキュリティ・アディッショナルタイム(32):
深夜のXSS講座も? サイボウズのバグハンター合宿がやたら楽しそうな件
ソフトウェアに含まれるバグや脆弱性を見つける者たちが1カ所に集まり、集中的に脆弱性を見つけ出す「バグハンター合宿」をサイボウズが開催した。なぜ、わざわざ脆弱性報奨金制度を展開し、合宿まで実施するのだろうか。(2019/6/6)

RPGに学ぶセキュリティ〜第4章:
転職と上級職編――はじめから賢者にはなれない! セキュリティエンジニアに必要なスキルセット
40〜50代の経営者や管理職に向けて、RPGを題材にセキュリティについて理解を深めてもらう連載。今回は、RPGによくある「職業」や「転職」を例に、セキュリティエンジニアに必要なスキルセットについて説明したい。(2019/6/3)

セキュリティが目指す高度な自動化の方向が見えた
今回は、2019年5月8〜10日に開催された「第16回情報セキュリティExpo」の展示会場から、サイバーセキュリティの新しいトレンドを見据えた製品を幾つかピックアップした。APIのセキュリティを支援する製品や、人手が足りない現場を助ける高度な自動化ツール、DNSにアクセスした段階で脅威を取り除くソリューションなどが目立った。(2019/5/29)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
「未経験」から4年でチームを統率 最前線で戦う“セキュリティ女子”が後進に伝えたいこと
リクルートグループのセキュリティ集団「Recruit-CSIRT」で、商用監視チームを率いる安東美穂さん。エンジニア未経験でチームに飛び込んだ経験から、後進に送るアドバイスとは。(2019/4/22)

セキュリティにかかる負担を軽減:
TISとラックがタッグ、「セキュリティ・バイ・デザイン」をプラットフォームでカバー
TISとラックが協業し、クラウドサービスおよびセキュリティサービスの領域において新たに「クラウド&セキュリティサービスプラットフォーム」を提供することを発表した。(2019/4/19)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
「エンジニア経験ゼロ」から「サイバーセキュリティのプロ」へ ある女子が果たした転身のきっかけ
リクルートグループのセキュリティ専門集団「Recruit-CSIRT」で専門チームを率いる安東美穂さん。日夜進化するサイバー攻撃との戦いの最前線に、数年前、未経験のエンジニアとして飛び込んだ。そのきっかけは何だったのか。(2019/4/19)

リスク別セキュリティ製品ガイド
サイバーリスク対策を「未知と既知」「内部と外部」で分類 役立つ製品は?
企業を狙ったサイバー攻撃が後を絶たない。サイバーリスクを的確に把握して被害発生を防ぐために、「内部起因」「外部起因」、および「未知」「既知」の軸に沿ってサイバーリスクを分類し、それぞれの対策を考える。(2019/4/15)

ITmedia エンタープライズ eBookシリーズ:
人気連載をeBookでまとめ読み 第3弾は「CSIRT小説『側線』(後編)」(特別編を収録)
人気連載をまとめて無料ダウンロードできるITmedia エンタープライズ eBookシリーズ。第3弾は「CSIRT小説『側線』(後編)」をお届けします。(2019/4/1)

セキュリティ・バイ・デザインで何が変わるか:
PR:なぜこれまでのセキュリティ対策は、労多くして実らなかったのか
2019年3月12日にNECが開催した「次の時代に必要なサイバーセキュリティ〜キーマンが語るデジタル社会への対応〜」では、企画・設計段階からセキュリティを埋め込んでいく「セキュリティ・バイ・デザイン」の在り方とその先の方向性を業界のリーダーが語った。(2019/3/29)

エンドポイントセキュリティ対策の新製品
法人向けウイルスバスターの後継「Apex One」 EDR機能を搭載
トレンドマイクロの「Trend Micro Apex One」は、事前予防(EPP)と事後対処(EDR)の機能を単一製品にまとめた法人向けエンドポイントセキュリティソフトだ。可視化機能や予測技術で差異化を図る。(2019/3/7)

半径300メートルのIT:
単なる“ネットの闇”ではない 「ダークウェブ」の正しい意味を知っていますか
最近よく見る「ダークウェブ」という言葉の意味を、皆さんは知っていますか? 「犯罪者用のネットワーク」「マルウェアが飛び交う回線?」「ダークネットと同じでは?」――これ、実は全部ハズレです。正しい知識を、一度おさらいしてみましょう。(2019/2/26)

Microsoft Security Forum 2019レポート:
チャンスも増えるが、リスクも大きくなる――DX時代のセキュリティ対策をMicrosoftはどう支えていくのか?
日本マイクロソフトは2019年2月12日、都内で「Microsoft Security Forum 2019 〜デジタル革新の時代に取り組むべきサイバーセキュリティ対策とは〜」を開催した。本稿では、基調講演の模様をお伝えする。(2019/2/14)

セキュリティ対策、現場の負荷を減らす道は:
PR:頑張れだけでは持たない、ひとりCSIRTの悩み
マルウェア感染で業務が停止するリスクがある今、セキュリティ対策に取り組む必要性を感じる企業が増えてきた。だが、「よろしく頼む」と現場に指示するだけでは、ただでさえ他の業務を抱えながら対応している担当者がパンクするだけだ。解決策のヒントを探る。(2019/2/6)

ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
「え、ウチのCSIRTってレベル低すぎ……?」を確認する方法
CSIRTのミッションは何か、どういった業務を行うのか、どんな役割の人間やスキルが必要になるのか――こういったCSIRTの基本から、立ち上げたCSIRTの成熟度を評価する方法をANAシステムズの阿部氏が解説。読者の皆さんも試してみては?(2019/1/28)

ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
文化もITリテラシーも異なる拠点でセキュリティ教育を徹底させるには “重要インフラ”を守る中部電力の取り組み
「電力」という“生活に欠かせない重要インフラ”をサイバー攻撃から守り、安定的に運用するためには、全ての社員が常に高いセキュリティ意識を持っていることが重要になる。その知識レベルを一定に保ち続けるために中部電力のセキュリティ部門が行っている工夫の数々とは。(2019/1/18)

ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
インシデントの芽をつぶせ 脆弱性診断のプロが語る、企業セキュリティの“よくある盲点”とは
さまざまな企業の脆弱性診断を重ね、現在はさくらインターネットのCSIRTも運営するゲヒルン。創業者の石森氏が、インシデントの被害抑止に役立つ企業セキュリティの“盲点”をどう見つけてきたかを語った。(2019/1/15)

PR:「WAFは運用が面倒」と思っていませんか? クラウドで変わるWAFの新常識
Web Application Firewall(WAF)というと、とかく「運用が面倒」というイメージがつきまとうが、クラウドWAFサービスの登場で、そんな状況が変わりつつある。(2019/1/21)

ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
社長へのメールを秘書が開いてマルウェアに感染!? 標的型攻撃の実践演習「サイバークエスト」を模擬体験
知り合いからのメールだと信じて添付ファイルを開き、さまざまな情報が流出してしまった――そんなシナリオを演習形式で体験できる「サイバークエスト」。これを模擬体験できるセッションが、ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナーで開催された。(2019/1/7)

ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
セブン銀行のCSIRTは「商品開発部門」がカギ――マーケティングの知見を生かしたセキュリティ対策とは?
ITmedia エンタープライズのセキュリティセミナーにセブン銀行のCSIRT「7BK-CSIRT」が登場。システム部門だけではなく、商品開発部門をメンバーに加え、マーケティングの視点を持って、金融犯罪対策を進めているのだという。(2018/12/27)

ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
200人が参加した“絶対に負けられない戦い” みずほFGの社内セキュリティコンテスト「MC3」の舞台裏
金融機関を狙うサイバー攻撃を後を絶たない中、日本企業の中では早くからセキュリティ対策に注力してきたみずほフィナンシャルグループ。最近では、人材育成に力を入れており、200人を超える規模のサイバーセキュリティコンテストを実施したという。(2018/12/26)

セキュリティ上の重大なリスク
IT部門を青ざめさせるエンドユーザーの危険な行動
アップデート通知を無視するといったユーザーの行動は、エンドポイントセキュリティのリスクになる。企業の損害につながるユーザーの危険な行動を防ぐには、IT部門はセキュリティポリシーを徹底させなければならない。(2018/12/23)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 【最終話】第14話:新生(後編)
幾つもの事件を経験したCSIRTに、出会いと別れの季節がやってきた。引退や成長を経験するメンバーの姿を見守りながら、メイの率いる新生チームは、今日もインシデントに挑む――。CSIRT小説「側線」、最終話。(2018/12/21)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 【最終話】第14話:新生(前編)
「ひまわり海洋エネルギー」にサイバー攻撃を仕掛けた犯人の逮捕劇が終わり、CSIRTを取り巻く状況は変わり始める。メンバーの成長や別れを前にしたチームは、新たな一歩を踏み出す時を迎えた。(2018/12/14)

RPGに学ぶセキュリティ〜第2章〜:
自分の城にあった伝説の武器で倒された魔王編――経営者が「リスク管理」を行うべき理由
40〜50代の経営者や管理職に向けて、RPGを題材にセキュリティについて理解を深めてもらう連載。今回は魔王を防御側の組織の長に、主人公を攻撃者に例えた内容を記したい。(2018/12/17)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第13話:包囲網(後編)
数々の企業を苦しめた攻撃者へ、ついにCSIRTが反撃に出る! 「絶対に捕まえる。あくまで合法的な方法で」――意気込むメンバーが仕掛けた作戦とは? 「側線」、ついにクライマックス。(2018/12/7)

電力業界のサイバーセキュリティ再考(3):
原子力発電のサイバーセキュリティ対策、米国ではどう進んだのか
IoTの活用やデジタル化の進展に伴い、今後、電力業界でもさらに重要度が高まっているサイバーセキュリティ対策。本稿では、日本より取り組みが先行している米国において、原子力分野のサイバーセキュリティ規制がどのように発展してきたのかを解説する。(2018/12/6)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第13話:包囲網(前編)
CISRT、まさかの仲間割れ?――攻撃者を突き止める作戦を考えだしたメンバーの前に、突如社内の“法の番人”ワイスが立ちはだかる! 一部のメンバーが不満をくすぶらせる一方、メイが気付いた、ワイスの意外な意図とは……?(2018/11/30)

ランサムウェアに感染しても、あなたの会社は事業を継続できますか?:
PR:BCPの観点でサイバー攻撃対策をトータルに支援
サイバー攻撃はもはや情報システム部門だけの問題ではない。事業停止や、サプライチェーンへの被害拡大など、社会に大きな影響を及ぼしかねない経営課題となっている。ネットワークやエンドポイントといった個々の「防御策」にとどまらず、事業継続の観点からインシデント発生後の対応など含めた対策を検討すべき時期に来ている。(2018/11/28)

半径300メートルのIT:
“16億件データ漏えい報道”とは何だったのか 不安に踊らされる前に知るべき、過激な数字の「裏事情」
2017年、あるメディアが報じた「16億件データ漏えい」のニュースを覚えていますか? これを機にセキュリティ製品の売り込みを受けた方がいるかもしれませんが、実はこの数字、セキュリティ担当者なら知っておくべき裏があるのです。(2018/11/27)

Mostly Harmless:
Red HatがIBMを乗っ取る!?
巨大企業IBMがRed Hatを買収したわけですが、実は助けを必要としているのはIBMのほう……?(2018/11/22)

半径300メートルのIT:
「PCを触ったことがなくても」セキュリティに強くなれる? 評判の経営者向け教室に行ってみた
先日、「PCを触ったことがない」と発言した某大臣が話題になりましたが、セキュリティに詳しくない経営者を持つ企業にとっては決して笑えない事態です。そんな中、専門家が経営者向けに開いているという、ある演習に参加してきました。(2018/11/20)

今さら聞けない「セキュリティ基礎の基礎」(2):
ウイルス対策ソフトだけではマルウェアを防げない理由
ウイルス対策ソフトとはどのように脅威を検知しているのか? ウイルス対策ソフトだけではマルウェアに対処しきれない理由とは何か?(2018/11/21)

これまでのセキュリティの常識は、もはや非常識:
CASB、AI、EDR――最新情報を1日でキャッチアップできるセキュリティセミナー、三都市で開催!
「そんなこと、セキュリティの世界では常識じゃないですか」――。一番のセキュリティホールは、そんな「分かったつもり」の古い常識にとらわれ続けている“あなた”かも……。(2018/11/19)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第12話:安全な製品(後編)
インシデント対応をいっとき離れ、温泉に繰り出したCSIRT。湯船で気分がほぐれたのか、コワモテに見えたメンバーたちが、普段は見せない仕事の本音や弱音を打ち明け始める。その中身とは一体……?(2018/11/16)

全ての企業にとって有用か?:
ラックがセキュリティ調査ツールを無料提供、侵害判定とマルウェア分析が可能
ラックはセキュリティ調査ツールを無料で提供する。「侵害判定」と「マルウェア自動分析」の2つの機能を備える。フォレンジック調査が必要かどうかも簡単に判断できる。マルウェアを発見した場合はラックが初動対応を支援する。(2018/11/12)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第12話:安全な製品(前編)
白熱する捜査を一瞬離れ、温泉に繰り出すことになった「ひまわり海洋エネルギー」のCSIRT一行。温泉街を探検するうち、ふとした話から明らかになったメンバーの意外な過去、そしてあるメンバーの語る「お寺のDX」とは一体……?(2018/11/9)

RPGに学ぶセキュリティ〜第1章 レベルアップ編〜:
経営層、管理層がセキュリティ人材に装備を与え、経験値をためさせるためにすべきこと
40〜50代の経営者や管理職に向けて、RPGを題材にセキュリティについて理解を深めてもらう連載。初回は「レベルアップ」編として、セキュリティ人材が装備を整える難しさ、そして人材育成の難しさについて、RPGスタート時の主人公の育成に例えてお話しする。(2018/11/5)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第11話:鑑識(後編)
自社を攻撃した犯人について、本格的な調査を始めた「ひまわり海洋エネルギー」のCSIRT。コマンダーのメイは、フォレンジック(鑑識)を担当する識目(しきめ)の元を訪ね、その仕事について詳しく聞こうとしていた。(2018/11/2)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第11話:鑑識(前編)
機密情報漏えいの危機にさらされたひまわり海洋エネルギー。犯人の情報を求めてインベスティゲーターの鯉河平蔵がインターポールに向かう一方、日本ではメイがフォレンジックについて識目豊に尋ねていた。(2018/10/26)

@IT脆弱性対応セミナー2018:
ゲヒルン石森氏が明かす、セキュリティ会社が行っている脆弱性対策とは
@ITは、2018年9月11日、東京で「@IT脆弱性対応セミナー」を開催した。本稿では、特別講演「攻撃者視点で解説――「脆弱性を突く攻撃」とはいかなるものか」の内容をお伝えする。(2018/10/29)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第10話:シンジケート(後編)
機密情報漏えいの危機にさらされたひまわり海洋エネルギー。同じ手口のインシデントが海外でも起こっていることを知り、インベスティゲーターの鯉河平蔵は情報収集のためインターポールに向かう。情報を交わす中、犯行の手口や犯人像が浮かび上がってきた。(2018/10/19)

ITmedia エンタープライズ eBookシリーズ:
人気連載をeBookでまとめ読み 第2弾は「CSIRT小説『側線』」(特別編を収録)
人気連載をまとめて無料ダウンロードできるITmedia エンタープライズ eBookシリーズ。第2弾は「CSIRT小説『側線』」をお届けします。(2018/10/17)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
有事の事態対処は“シンプル”に――柔軟に対応できる能力を身に付ける
「100%防ぐセキュリティ対策」は幻想であり、侵入される前提で、被害を最小限に食い止め、短期間で復旧させる組織体制が求められる。そこで企業の経営層は、リスク管理、危機管理として、セキュリティ対策に取り組む必要がある。(2018/10/17)

@IT脆弱性対応セミナー2018:
“Hack Everything”をモットーに――リクルートは脆弱性対応をいかにハックしたのか
@ITは、2018年9月11日、東京で「@IT脆弱性対応セミナー」を開催した。本稿では、基調講演「リクルートにおける脆弱性対応の今と未来」の内容をお伝えする。(2018/10/16)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第10話:シンジケート(前編)
機密情報を失いかねない危機にさらされたひまわり海洋エネルギー。海外でも同じ手口のインシデントが発生していることを知ったインベスティゲーターの鯉河平蔵は、インターポールで詳しい話を聞くためにシンガポールに飛んだ。(2018/10/12)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第9話:レジリエンス(後編)
「この製品さえ入れれば、御社のセキュリティは絶対に安全です!」「AIでどんな攻撃も防ぎます」――って、本当に確証はあるの? 前回の攻撃で、社内の防衛装置を無効化されてしまった「ひまわり海洋エネルギー」では、本当に有効なセキュリティ戦略を探そうと、道筋(みちすじ)がベンダーの営業担当に話を聞き始めた。ヒートアップする会話の焦点とは一体……?(2018/10/5)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第9話:レジリエンス(前編)
前回の攻撃で、ほとんどの防衛装置を無効化された「ひまわり海洋エネルギー」。あと少しで機密情報を失うところだった社内では、セキュリティシステムの見直しが始まる。それは、CSIRTのソリューションアナリスト、道筋(みちすじ)が新たな使命を与えられたことを意味していた……。(2018/9/28)

いないなら育ててみよう、セキュリティ人材 シスコの「学生向け人材育成プログラム」の中身
シスコシステムズが、サイバーセキュリティ人材育成を目指して2017年4月から実施してきた「サイバーセキュリティ スカラシップ プログラム」の模様を公開した。(2018/9/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。