ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「文化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「文化」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

松江「島根牛すき焼き煮切り丼」(1230円):
木次線「奥出雲おろち号」の旅! お供にしたい駅弁は? 松江駅弁・一文字家
木次線が走る奥出雲は「たたら製鉄」の繁栄とともに出雲の食文化を支えてきた地域。名物列車・奥出雲おろち号でいただきたい駅弁とは……?(2022/1/22)

自動車業界の1週間を振り返る:
クルマが文化としていつまでも豊かなものでありますように
これを書いている金曜日は、千葉の海風に吹かれて凍える思いをしていました。海風に吹かれながらどこに行ってきたかというと、この週末に幕張メッセ(千葉市美浜区)で開かれる「東京オートサロン2022」です。(2022/1/15)

Social Media Today:
若者のインスタ離れを食い止めるためにMetaが下した「古参ユーザー切り捨て」の決断
Metaの若者文化への主要な接点であるInstagramは現在、反撃を目指している。メタバースへの移行に備えつつ、来たるべきときまで若者をつなぎとめることも考えなくてはならないからだ。(2022/1/14)

スピン経済の歩き方:
会社のトップが大好きな「戦国武将に学べ」が、パワハラ文化をつくったと感じるワケ
NHKの大河ドラマ『鎌倉殿の13人』がスタートした。SNS上で「おもしろい」と話題になっているが、時代劇の中でも「戦国武将」に目がない人たちがいる。経営者だ。筆者の窪田氏は「武将に学べ系コンテンツ」と「パワハラ」に微妙な関係があると見ていて……。(2022/1/11)

全く違う、ワークライフバランス:
「企業文化」になじめるか、TSMCアリゾナ工場の課題
TSMCのアリゾナ新工場が、従業員管理をめぐる問題に直面している。同社は台湾において、長時間労働やその経営文化のおかげで世界最大の半導体専業ファウンドリーへと成長したが、アリゾナ工場の従業員たちにとってはそれが不慣れなものであるためだ。(2022/1/11)

「スタートアップと同じやり方では勝てない」:
PR:既存資産を否定するから「強み」を見失う クレディセゾンに学ぶDXのヒント
DXの取り組みを進めている企業は増えているが「新たな価値を生み出す」ことに目を奪われてしまい、成果を挙げている企業は限定的だ。既存資産を生かしてDXに取り組んでいるクレディセゾンの小野氏に、企業におけるDXの進め方や組織文化を変えるヒントを聞いた。(2022/1/5)

2021年JC・JK流行語大賞を総括する 「第4次韓流ブーム」と「推し活」という2つのキーワード
2021年下半期、全国の女子中高生内で流行したトレンドを押さえた「2021年の流行語大賞」が発表された。消費文化論の視点から、ランキングから見えてきた2つのキーワードについて考察する。(2021/12/26)

ゼロから作るデータドリブン組織への道(3):
1人で始めた「脱Excel」が部門を越えたデータ活用に SUBARU 航空宇宙カンパニーを動かした熱い思い
現場から経営陣まで、ごく自然にデータを活用し、判断に生かせる文化を作りたい――。多くの企業が悩むデータドリブンな組織作りに自然な形で挑んでいたというのがSUBARU 航空宇宙カンパニーだ。1人の“熱い思い”に自然と周囲が共鳴したというが、それは一体何だったのか。(2021/12/23)

北米・英国の子どもの誕生日パーティー事情:
お子さんの誕生日会はいくらかかりましたか?
米国と英国で実際にかかっている子どもの誕生日会の費用を検証。なぜ、豪華な誕生日会が開かれているのか? 今後も「誕生日パーティー文化」は拡大していくのか? ニッセイ基礎研究所の研究員が解説する。(2021/12/11)

オフィスの教科書(2):
総務が見直すべき「設備と制度」 コロナ禍でもコミュニケーションを生み出すオフィスはこう作る!
ウィズコロナ時代のオフィスには、ソーシャル・ディスタンスを保ち、個人の作業に集中する空間としての機能と、チームや部署を越えたダイナミックなコミュニケーションを生む空間としての機能の双方が求められています。そうした未来志向のオフィスに必要な設備・スペースや、制度・文化づくりについて紹介します。(2021/12/7)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
「世界を救う会社」が大切にする4つのコアバリュー(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「ファイザーの企業文化」です。(2021/12/6)

電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
また数十年したら今が信じられなくなってるのかも。(2021/12/6)

チームのパフォーマンスを向上させるには
チームリーダー必読 エンジニアの燃え尽き症候群を防ぐ方法
ソフトウェアエンジニアの83%が燃え尽き症候群に苦しんでいるという。その原因は何か。燃え尽き症候群を防ぐにはチームにある文化を取り入れる必要があるという。(2021/12/3)

富士通、SAP Concurで間接費管理基盤を刷新 グループ含む全従業員約7万人の経費精算を効率化
富士通は、国内グループ会社74社を含む全従業員約7万人が利用する間接費管理基盤としてSAP Concurソリューションを導入する。間接業務の効率化とデータドリブン経営を実現する他、企業文化の変革も進める。(2021/12/2)

ソフトスキルが企業の明暗を分ける【第4回】
ソフトスキルを重視するリーダーと軽視するリーダーの違い どちらが生き残るのか
共感力などの「ソフトスキル」を重視するリーダーと、そうでないリーダーの違いを生む要因とは。適者生存の企業文化と、共感力やマインドフルネスなどを重視する企業文化はどちらが生き残るのか。(2021/12/2)

“チャレンジできる社風”作り:
「指示待ち」「官僚的」な社風が一変 湖池屋の好業績の陰に“人事改革”あり その中身は?
湖池屋の業績が伸びている。もとは「指示待ち」「官僚的」だった社風を改革したことが、要因の1つのようだ。組織の文化や風土の変革など、湖池屋を変えた人事改革に迫った。(2021/11/25)

石橋を叩いて渡る:
自社の組織文化に愛着を持つ経営者は7割、一般社員は?
博報堂のコンサルティングチームは「会社と私の本音調査」を実施した。その結果、経営者、管理職、一般社員では自社の組織文化に対する意識差が大きいことが明らかに。(2021/11/21)

今日のリサーチ:
「今後も名刺文化は継続する」と6割のビジネスパーソンが回答――Sansan調査
これからの時代、どんな名刺が有効なビジネスツールとなるのでしょうか。(2021/11/19)

ハイブリッドワークを成功させるための3つのアクションとは デル・テクノロジーズが提言
デル・テクノロジーズによると、ハイブリッドワーク環境の構築には、企業・組織の共感と意志が重要であり、自社/組織に沿ったカスタマイズや活用に向けた文化の醸成が必要だという。(2021/11/19)

コロナ禍でも「名刺が必要」過半数 理由は「正確な情報の入手や提供」
 法人向けクラウド名刺管理サービスを提供するSansanは、ビジネスパーソン1050人を対象に「コロナ禍における名刺文化に関する意識調査」を実施した。その結果、名刺を必要とするビジネスパーソンは過半数おり、対面での名刺交換が激減しても名刺の必要性についての意識は若干の減少にとどまっていることが分かった。(2021/11/11)

医療技術ニュース:
日本人は他人の不幸を「本人の日頃の行い」に理由があると考えやすい
大阪大学は、日米での「不幸に見舞われることへの考え方」について比較検証し、日本人と米国人では考え方の傾向が異なることを示した。特に日本人は、因果性のない突然の不幸が日頃の行いの悪さによるものと推論しやすい文化特殊性があった。(2021/11/10)

「あきたこまち」を使用:
「駅弁文化広げたい」 パリの駅で鶏めし店
秋田県の名物駅弁「鶏めし弁当」の販売店が5日、フランス・パリの主要ターミナル駅の一つ、リヨン駅構内にオープンした。(2021/11/6)

「残さないといけない文化だと思った」 廃業の危機にあった書店、小説家が経営引き継ぐ その思いを聞いた
事業継承に名乗りを上げたのは時代小説家の今村翔吾さん。その背景などを聞きました。(2021/11/3)

富野由悠季氏が文化功労者に 「ガンダム」生みの親
21年度の文化功労者に、「機動戦士ガンダム」監督の富野由悠季氏など21人が選ばれた。(2021/10/27)

“34歳の高校生”スザンヌ、通っている高校の文化祭でランウェイ挑戦 恩師と再会し「ただただしあわせ」
中退した母校の通信課程に再入学していたスザンヌさん。(2021/10/24)

東海軒「元祖鯛めし」:
静岡の名物駅弁を冷凍化で全国へ! クラウドファンディングで挑戦
静岡の名物駅弁と言えば、誕生から124年の歴史を持つ日本のご当地駅弁のパイオニア的な存在「元祖鯛めし」。東海軒に日本の駅弁文化と「新たな取り組み」を聞きました。(2021/10/24)

自分に自腹でプレゼントできるサービス 「bHAP」リリース
 ソフトウェア開発などを行うispec(東京都品川区)は10月19日、「自分に自腹でプレゼントをする」サービス「bHAP」を開始した。プレゼントをもらう人が代金を支払い、友人や恋人などに依頼してプレゼントを選んでもらう新しいプレゼント文化のサービスとなる。(2021/10/20)

SNSで話題に:
日本旅館「星のや東京」が「提灯会食」を開始、狙いは?
東京・大手町の日本旅館「星のや東京」は、withコロナ時代に合わせたニューノーマル会食として、10月13日から「東京・提灯(ちょうちん)会食」の提供を開始した。同社では、日本の慣習や文化になじみ深い提灯に着目し、提灯型パーテーションを開発。その狙いは……。(2021/10/17)

日本発の音声サービスで世界を変える うつむきスマホの生活スタイルにさよなら Voicy・緒方憲太郎CEO
ミュージシャンや文化人、ビジネスの専門家といったパーソナリティーが、スマートフォンで“声のブログ”を配信する「Voicy」が急成長している。GAFAをはじめとする巨大IT企業も相次いで参入している音声にはどんな可能性があるのか聞いてみた。(2021/10/15)

プロジェクト:
京都・東山の「新道小学校」と「宮川町歌舞練場」の跡地でICT活用のホテルなど街づくり、隈研吾建築都市設計事務所が設計監修
NTT都市開発は、京都市東山区小松町の新道小学校と宮川町歌舞練場の跡地で、宿泊施設、劇場、地域施設などの再開発計画を2025年夏ごろの開業に向け進めている。街の運営では、NTTグループのICTやデジタル基盤「街づくり DTC」も活用し、VRでの伝統文化の発信や地域コミュニティーの醸成につなげる。(2021/10/11)

JR東日本が地域の食文化を伝えるイベント開催 新幹線の輸送サービスを活用
JR東日本は佐渡観光交流機構、MENDI(福島県)と合同で「Slow Neighborhood」 (スローネイバーフッド)の取り組みに関連した「食」のイベントを開催する。新幹線による輸送サービスを活用し、地方と東京をつなげる。(2021/10/8)

プラモ好き陶芸家による「陶器のエヴァ」が動き出しそうな完成度 “文化の極み×文化の極み”に称賛集まる
ポーズを保ちつつ焼く技術もすごい。(2021/10/4)

プロジェクト:
浜松町の世界貿易センタービル跡地に延べ7.3万m2の複合施設が着工
浜松町二丁目地区市街地再開発組合は、東京都港区で、共同住宅や事務所、商業施設、港区文化芸術ホールで構成される複合施設の計画を進めている。(2021/10/1)

跡継ぎ候補をネットで募集 中小企業の「スモールМ&A」 
億のカネが飛び交う弱肉強食の世界”ハゲタカ”のイメージがある企業のM&Aだが、対照的な現象も起きている。跡取りのいない商店や町工場などの中小企業が、第三者に株や事業を譲ることで廃業を防ぐ「スモールM&A」だ。従業員の雇用や取引先、技術・文化を守る新時代の事業承継として、国も後押ししている。(2021/9/28)

33回目の「カルチャーコード」改定:
HubSpotに聞く 顧客と自社の成長になぜ「文化」が重要か
企業文化は「第2の製品」。自らが求める価値と行動指針を「カルチャーコード」として定義するHubSpot の考え方を日本法人のキーパーソンに聞いた。(2021/9/27)

グローバルにビジネスをするためのマインドセット
国や文化についてどう意識したらいいのか、そして何を、どう話すか。グローバルとは何なのか?(2021/9/22)

折尾駅「大名道中駕籠かしわ」(1100円):
じつは進化していた、鹿児島本線・折尾駅の駅弁立ち売り 折尾駅弁・東筑軒(2)
駅弁好きがこだわるのは、折尾駅のホームでいまも続けられている「立ち売り」の売り子さんから購入すること。いまのご担当になって8年あまり、駅弁文化の伝統を守りつつ、売り方も着実に進化を遂げていました。(2021/9/22)

新富士駅「静岡産牛すき弁当」(1080円):
100年後に駅弁文化をつなぐため、いま最も大事なこと〜富士駅弁・富陽軒
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは富士駅の駅弁「静岡産牛すき弁当」です。(2021/9/19)

「肩パッド入りスーツ」「ヤンエグ」「有人改札」――消えゆく文化を集めた『絶滅事典』が懐かしさでいっぱい
1970〜90年代の道具や習慣などを収録。古いものだともう半世紀も前になるのか……。(2021/9/16)

製品動向:
防火設備仕様の住宅ガレージドア「フラムヴェスタ」発売
文化シャッターは、同社の住宅用オーバースライディングドア「フラムヴェスタ」を首都圏エリアで先行発売している。車2台分、最大間口6メートルの防火設備仕様のガレージ商品。スマートフォンで屋内外から開閉できる。(2021/9/15)

製品動向:
JISが定める「T-4等級」の遮音性を備えたドアを開発、文化シヤッター
文化シヤッターは、独自の扉構造により、JISで定める最高等級である「T-4等級」の遮音性を備えた「高遮音スチールドア」を開発した。(2021/9/2)

競争力を高める「スキルアップ」と「リスキリング」【第1回】
「スキルアップ」「リスキリング」の違いは? スキルギャップを埋める人材開発手法
ビジネスの競争力を維持し、ポジティブな従業員エクスペリエンスを提供するには、継続的な成長を重視する学習文化を構築する必要がある。その手段となり得る人材開発手法「スキルアップ」と「リスキリング」とは。(2021/9/2)

Weekly Memo:
DXを“企業文化”として定着させるには? NSSOLが提案「デジタル製造業」から考える
DXを着実に進め、さらに文化として定着させるにはどうすればよいか。多くの実績を持つ日鉄ソリューションズの製造業に向けた提案が、製造業に限らず参考になるので取り上げたい。(2021/8/30)

「セキュリティ文化」のすすめ【中編】
セキュリティ製品の導入にとどまらず「なぜ」「どうやって」の説明に注力すべき理由
セキュリティリスクを高める大きな要因が「人間」だ。セキュリティ文化が根付いた企業は従業員教育に力を入れ、全員が高いセキュリティ意識を持つようにしている。では、具体的にどうすればいいのか。(2021/8/26)

「セキュリティ文化」のすすめ 【前編】
「退屈な研修」はもう古い 社員のセキュリティ意識を“楽しく”高める方法とは?
企業は「セキュリティ文化」を築き、全従業員の高いセキュリティ意識を武器にサイバー攻撃に立ち向かうべきだ。攻撃が巧妙化する中で企業はどう変わればいいのか、具体的なアドバイスをまとめた。(2021/8/19)

大手映画会社と使用契約:
沖縄発の「ゴーヤーキャラ」がアジア47カ国に進出 中国で人気に火
デザイン開発のビターメロンは、キャラクタービジネスでアジア展開する。中国の映画制作大手「融創文化グループ」と5月、オリジナルキャラクターをグッズなどに活用できるライセンス契約を結んだ。(2021/8/12)

テロ、火災……失われた文化財がクローンで蘇る
世界の貴重な文化財を東京芸術大学が特許技術を用いて精密に再現した「クローン文化財」が、愛媛県新居浜市の市美術館「あかがねミュージアム」で展示されている。(2021/8/10)

めっちゃ色白やん! ロバート秋山、23年前の“ギラギラ感皆無”な痩せ姿がまるで別人レベル
文化部にいそう。(2021/8/2)

心細いアメリカ生活で自分を助けてくれたのは…… 日本の漫画やゲームが学校生活を変えたエピソードを描いた漫画に感動
日本の文化すごい。(2021/7/31)

「動画で助かる」「IT基礎知識が一通り学べる」──各社が公開した新人エンジニア向けの研修資料が話題に 人気資料まとめ
IT企業が社内の新人エンジニアに向けた研修資料を無償公開して話題になっている。学べる内容はIT業界の文化からゲームエンジン「Unity」を使ったゲーム開発までさまざまだ。改めて公開内容と目的をまとめた。(2021/7/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。