ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

「Diablo」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Diablo」に関する情報が集まったページです。

「マシリト」こと鳥嶋和彦が語るキャリア論【前編】:
ジャンプ「伝説の編集長」がFGO誕生に関わった“黒子”、電ファミニコゲーマー編集長と語る「才能を“超一流”に育てる極意」
ジャンプ「伝説の編集長」マシリトこと鳥嶋和彦氏、人気スマホゲーム「FGO」の誕生に関わったマーケター小沼竜太氏、電ファミニコゲーマー編集長TAITAIこと平信一氏が才能を育てる極意を語った。(2019/3/26)

タイムアウト東京のオススメ:
春の訪れは音で感じる
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2018/2/27)

フラッシュストレージからHCI、SDSまで
インフラを取り巻く環境変化 生き残ったベンダーは何を選択してきたのか
インフラ、特にストレージ環境に関する変化は著しい。かつて有望視されたスタートアップも、幾つかはすでに事業を畳んでいる。生き残った企業が選択した技術は何なのか。(2018/1/17)

「3D XPoint」アーキテクチャを採用
高速メモリ技術「Intel Optane」を巡る揺るぎない事実とは
「3D XPoint」アーキテクチャを採用した「Intel Optaneメモリ」が市場に投入された今、高速メモリの未来は明るいように見える。だがOptaneメモリは、これまでにIntelが主張してきた通りの製品に仕上がっているのだろうか。(2017/12/12)

かーずSPのインターネット回顧録:
「Diablo」「アイマス」「ai sp@ce」――インターネットでゲームはどう変わったか
インターネットの普及で大きく変わったものの1つが「ゲーム」。かーずさんがハマったゲームを振り返りながら、ネットがゲームに与えた影響について考えます。(2017/12/1)

Computer Weekly製品導入ガイド
ストレージ高速化の決め手はいまだ過渡期
増え続ける需要がオールフラッシュアレイにのしかかる中で、ストレージに対する新たなアプローチの必要性を検討する。(2017/6/20)

Computer Weekly製品導入ガイド
速度ニーズに対応するストレージシステムの進化
急上昇するデータ処理需要に対応するため、革新的なストレージクラスメモリ製品の開発競争が展開している。(2017/6/16)

簡単ではない「ソフトウェア定義ストレージ」の運用
ハイパーコンバージドの核となる「SDS」、その役割と技術の選び方
ベンダーは、マーケティング戦略で「ソフトウェア定義テクノロジー」という言葉をよく用いる。しかし、実際の実装では企業がソフトウェア定義を習熟するまでには長い時間を要する。(2017/6/6)

現実味を増す“ソフトウェア定義メモリ”
徹底解説:次世代メモリ技術「NVDIMM」、不揮発性メモリはストレージをどう変える?
さまざまな次世代メモリ技術の発展により、ストレージとメモリを統合するハイブリッドアプローチが登場している。その結果「ソフトウェア定義メモリ」というアイデアが現実味を帯び始めている。(2017/5/16)

低コスト・大容量キャッシュを実現
今だから再評価すべき、DIMMスロットに装着するフラッシュメモリ「Memory1」
DIMMスロットに装着できるDDR4互換のフラッシュメモリ「Memory1」。この製品のメリットとは何か。ビッグデータ時代の今こそ、Memory1を再評価すべきかもしれない。(2017/4/11)

HCIベンダー囲い込みによる影響
「ハイパーコンバージド導入で技術革新に対応できない?」にどう答えるか
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、問題が起きた際にベンダー1社にだけ責任を問うことができるという便利さがある。だが新技術が登場してもベンダーが対応するまで利用できない不便さもある。(2017/4/4)

激戦区に初上陸:
米高級バーガー「UMAMI BURGER」日本1号店、3月オープン
米国で人気の高級バーガー店「UMAMI BURGER」日本1号店が3月24日、東京・青山にオープン。(2017/2/2)

ほとんどアートワークだこれ! ゲーム「Diablo III」がきっかけで結婚したカップルを撮影した写真がきれい
末永いパーティ契約。(2017/1/8)

メルシャンが“悪魔のバル”を銀座にオープン チリワインの売り上げ増図る
メルシャンは10月7日から期間限定で、チリワインブランド「カッシェロ・デル・ディアブロ」のコンセプトレストランを東京・銀座にオープンする。(2016/10/6)

転換点を迎えつつあるメモリ業界:
不揮発メモリ、業界の協業関係に変化をもたらす
さまざまなシステムにおいてメモリを適切かつ確実に動作させる上で、標準規格や仕様の策定は非常に重要だ。しかし、技術が進展して、メモリとストレージが融合するようになると、メーカーと顧客企業の間の協業関係に変化が生じてきている。(2016/9/14)

その性能は全てに置いて「1000倍」
SSDを過去に追いやる「次世代メモリ技術」がHDDの追い風になる
SSDはその転送速度と同様に企業システムでも導入が急速に進んでいるが、3D XPointや相変化メモリといったさらに高速なストレージ技術もSSDを超える性能を実現すべく、現在開発が進んでいる。(2016/7/14)

Inkの定規にコンパスが追加 Windows 10プレビュー版の最新ビルド「14352」公開
米Microsoftが、Windows 10プレビューのビルド「14352」を公開した。コルタナやInkの機能強化が中心となる。(2016/5/27)

初代「ディアブロ」の海賊版ユーザーが19年の時を経て開発者へ謝罪し代金を支払う
GDCであったちょっと良い話。(2016/3/21)

OpenStack Summit 2015 Tokyo:
SDNプロジェクト「OpenDaylight」がもたらすインパクト、期待できること
2013年2月に発足したOpenDaylightプロジェクトは、当初のイメージとは大幅に異なる側面を持つ活動に発展しつつある。OpenStack Summit 2015 Tokyoを機に、OpenDaylightシニアテクニカルディレクターのフィル・ロブ(Phil Robb)氏、およびOpenDaylightアンバサダーである、NEC スマートネットワーク事業部 主席技術主幹の工藤雅司氏に聞いた。(2015/12/1)

ゲームソフト大手のActivision Blizzard、「キャンディークラッシュ」のKingを59億ドルで買収
「Call of Duty」や「World of Warcraft」で知られるゲームソフト大手の米Activision Blizzardが、大ヒットモバイルゲーム「キャンディークラッシュ」の英King Digital Entertainmentを約59億ドルで買収すると発表した。(2015/11/3)

特集:OpenStack超入門(9):
OpenStack、インストール後につまずかない、考え方・使い方のコツ(その1)――OpenStackはどのように構成されているか
いざ「OpenStackを使ってみよう」と思っても、方法が分からず使えなかった経験を持つ人も多いのでは? そこで本特集では、これから数回にわたり「OpenStackの構成例」を通じて使いこなしのコツを紹介していく。(2015/10/20)

特集:OpenStack超入門(5):
NTTコム、GMO、楽天が語る「僕らがOpenStackを使う理由」
2015年2月3〜4日、OpenStackのユーザーコミュニティによるイベントが日本国内で開催された。会期二日目のキーノートセッションは、OpenStackを採用したサービス提供や自社内ITインフラ基盤構築を目指すユーザー企業三社が登壇、アイティメディアのエグゼクティブエディター、三木泉がインタビューを行う形式で講演が行われた。本稿ではその模様を紹介する。(2015/3/2)

OpenStack最前線〜ユーザ会メンバーが持ち回りで語る「OpenStackのリアル」〜(5):
日本のOpenStackスーパーユーザーたち
本コラムでは、日本OpenStackユーザ会メンバーが持ち回りでコミュニティの取り組みや、超ホットでディープな最新情報を紹介しています。第5回は、日本OpenStackユーザ会会長 中島倫明氏とアイティメディアの三木泉が、日本におけるOpenStackのスーパーユーザーについて紹介します。(2015/1/28)

データセンターのニーズを汲み取る:
IBMがX6サーバー製品群を発表、データ分析、大規模仮想化環境の運用にフォーカス
IBMがx86アーキテクチャでI/Oパフォーマンスを最大化する構成を目指したサーバー製品群を発表。リアルタイムでの分析処理や大規模仮想化環境のプラットフォームに適しているという。(2014/1/17)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/10/21)

「DIABLO III」日本語版、来年発売 PS3向け
スクウェア・エニックスは、RPG「DIABLO III」日本語版をPS3向けに2014年に発売すると発表した。(2013/9/3)

ちっさ!! はやっ!!:
せっかくだから俺はこの「BRIX」でゲームをするぜ
手のひらサイズのボディにCore i7を搭載したギガバイト製NUC「BRIX」は、小さくてもすごい!!(2013/8/2)

アクセス速度が大幅向上と主張:
Diablo、DIMMソケットに挿すフラッシュモジュールを発表
メモリシステムインターフェイス製品を手掛けるカナダDiablo Technologiesは、新しいストレージ/システムメモリ製品「Memory Channel Storage」を発表した。(2013/8/1)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「プレイステーション 4」の成功に必要なもの
PS4の発表で強調されたのはハードウェア性能ではなく、ゲーム開発の容易さ、楽しく簡単にゲームが遊べる環境を作る仕組みだった。それらはPS4を成功に導くだろうか。数々の名作ゲームを生み出した稲船敬二氏にヒットするゲーム機の条件を聞く。(2013/2/28)

SCE、「プレイステーション 4」発表 年末発売へ
SCEが据え置き型ゲーム機の次世代機「プレイステーション 4」(PS4)を発表した。2013年の年末商戦向けに発売される。(2013/2/21)

オープンクラウドの潮流【第1回】
【技術動向】中立性を保つOpenStackと商用実績のCloudStack
オープンソースの2大クラウド基盤である「OpenStack」と「CloudStack」。その変遷と最新動向を振り返るとともに、それぞれの戦略と指針を確認する。(2012/11/20)

日々是遊戯:
TIME誌が選ぶ「もっとも偉大なゲーム100」読者投票受付中 暫定1位は日本のあのゲーム!
上位10タイトル中5タイトルを日本のタイトルが占める結果に。1位のタイトルは……。(2012/11/19)

Evernote Trunk Conference 2012(番外編):
ここでEvernoteは作られる! シリコンバレー新オフィス潜入記【後編】
前編に続いて、2012年6月に移転したEvernoteの新オフィスビルの様子を紹介する。Evernoteをはじめとする各種サービスが生まれる背景には、そのような職場環境があるのだろうか。(2012/9/5)

古田雄介のアキバPickUp!:
「価格が落ち着いてくれば、ね」――GeForce GTX 660 Tiの反響
GeForce GTX 660 Ti搭載グラフィックスカードのほか、2560×1440ドットの3万円台モニターや、アンプとマウスパッドを付属したゲーミングマザーなど、お盆休み明けも続々と新製品がデビューしている。その評判や、いかに。(2012/8/20)

GIGABYTE、Thunderboltを2基搭載のmicroATXマザー
CFD販売は、GIGABYTEのマザーボード「GA-Z77MX-D3H-TH」の取り扱いを開始する。また、AMD 990FX搭載モデル対象のキャンペーンも発表した。(2012/8/10)

Ultrabookである必要はない:
“Ivy Bridge”搭載で広がる「Let'snote SX2」の可能性を考えた
「軽くて丈夫でずんぐり」から「軽くて丈夫でスマート(Let'snote比)」に変身した“SX”が“Ivy Bridge”を搭載。この変化はユーザーに何をもたらすだろうか?(2012/7/27)

FPSの“スゴ腕”が実機チェック:
PR:見えるぞ、私にも敵が見える!――「FORIS FS2333」でトップゲーマーをねらえ
今や世界中のゲーマーとオンラインで腕を競い合うことができる時代。仮想空間の戦場で無数のライバルを打ち破るため、ゲームスキルを磨くのはもちろん、入力機器やディスプレイにこだわるプレイヤーは着実に増えている。そんな中、EIZOは世界のゲーマーに向けて新型ディスプレイ「FORIS FS2333」を投入。暗がりに隠れている敵が“超見える”という独自技術「Smart Insight」を搭載し、幅広いゲーマー層にアピールしてきた。その実力は果たして、FPSの国内トッププレイヤーにどう映るのだろうか?(2012/7/17)

誠 Weekly Access Top10(2012年6月2日〜6月8日):
高橋容疑者捜査中継、ゲーム配信……個人も生放送で生計を立てられる?
今日未明、「高橋容疑者 これから逮捕 川崎」と題して行われたUST生放送では、ソーシャルメディアのみでも短時間で数万人の視聴者を集められることを示した。手軽に寄付できるインフラも整ってきているので、個人が生放送のみで生計を立てられる日も近いのかもしれない。(2012/6/15)

COMPUTEX TAIPEI 2012:
“第2世代”Ultrabookが普及すると“Diablo 3”は盛り上がる
Intelは、6月5日に“Ivy Bridge”世代CPUを搭載したUltrabookで可能になる「新しいモバイルコンピューティング」を訴求する説明会を台北市で行った。(2012/6/8)

週末アキバ特価リポート:
型落ちってすばらしい――納得&安心で激烈に安いパーツたち
特価品は“ワケあり”のワケが理解できないとリスキーに感じるが、ワケが自分のニーズと相反しないものと分かると、ものすごくお得に感じるもの。最新でなくてもいい人にパラダイスな型落ち特価を集めてみた。(2012/5/19)

日々是遊戯:
海外サイトが「もっとも手強いゲームのボスTOP50」を発表。1位は倒せる気がしない……
ボス戦と言えばゲームの華。海外サイト「COMPLEX」が、そんなボスの中でも特に印象的だった50体をランク付けして紹介しています。(2011/12/16)

OSSクラウド基盤 OpenStackの全て【最終回】
OpenStackの大容量ストレージサービス、Swiftの使い方
OpenStackの大容量ストレージサービス、Swiftの利用方法について解説する。インストールや環境設定の仕方、サービスの起動/停止、Swiftコマンドの使い方などを詳しく紹介する。(2011/9/20)

「基本無料」でビジネスをする方法――ソーシャルゲームのマネタイズ戦略
ソーシャルゲームやスマートフォンのアプリ市場の一部で共通しているのが、「基本無料だが別の方法で課金を行う」というビジネスモデル。特にソーシャルゲームには、長く遊んでもらう秘訣、価格設定など、さまざまなノウハウがある。『ブラウザ三国志』などを手がけた椎葉忠志氏らが語る「マネタイズの勘所」とは……?(2011/9/9)

イタリアのダウンウエアブランド「CRUST」が新宿タカシマヤに出店
イタリアのダウンウエアブランド「CRUST」と「CBY+WHITE」が8月24日、新宿タカシマヤに期間限定ブティックをオープンする。2012年2月28日まで。(2011/8/22)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その43):
China Joyに行ってきた、ついでにパイラシーって何だべ?
くねくねハニィが7月末に上海で行われた中国最大のゲームショー「China Joy」に行ってきたらしい。ぎっくり腰を乗り越えてショーのリポートをしてみたそうな。「パイラシー」ってなんでしょう?(2011/8/12)

「C9[Continent of the Ninth]」プレイリポート:
そのスピード感がやみつき――コンボアクションが爽快なウワサの新機軸MORPG「C9」
7月14日より開催されるプレオープンテストを控えた、ゲームオンの大作MORPG「C9[Continent of the Ninth]」。本作をいち早く遊べる機会があったため、そのプレイ内容をリポートする。「C9」ってナンダ? って人こそ注目!(2011/7/7)

OSSクラウド基盤 OpenStackの全て【第5回】
OpenStack、商用への品質強化と“Everything as a Service”の方向へ
2011年4月に開催されたデザインサミットのトピックを中心に紹介する。技術的なトピックでは、必要な機能を全てサービス化するEverything as a Service、商用品質に向けた強化で幾つかの方向が示された。(2011/7/1)

OSSクラウド基盤 OpenStackの全て【第4回】
OpenStack実用化への勢い 〜NASAは開発から使う立場へシフト
2011年4月に実施されたデザインサミットのトピックを中心に、その後のコミュニティーの動向と、OpenStackプロジェクトの今後について紹介する。(2011/6/23)

OSSクラウド基盤OpenStackの利用方法
OpenStack Compute、Novaの利用方法
OpenStackプロジェクトの最新動向、OpenStackを構成するOpenStack Computeのうち、Novaの具体的な利用方法について解説する。(2011/4/4)

HUE、新規タイトル「Free Jack」はじめ2011年の展開を発表
(2011/2/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。