ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「電子タバコ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「電子タバコ」に関する情報が集まったページです。

日本モレックス Pico-EZmate Plus:
低背設計、2.8A対応の1.00mmピッチコネクター
日本モレックスは、嵌合(かんごう)高さ1.20mm、定格電流2.8Aの電線対基板用コネクター「1.00mmピッチPico-EZmate Plusコネクター」を発表した。狭い場所にも対応できる垂直方向の嵌合方式を採用し、自動組み立てプロセスに適する。(2021/1/13)

従業員の健康促進:
ダイドー、勤務時間中の喫煙を禁止 テレワーク中も適用
ダイドードリンコは9月21日から、従業員の就業時間中の喫煙を禁止した。従業員の健康増進や、健康意識向上の促進が目的。テレワーク中など、事業所外での勤務も適用となる。(2020/9/25)

スチームパンクっぽい キセル型の電子タバコ「虎御前」が出資募集
支援期間は10月25日までです。(2020/9/1)

結局、安全なのか危険なのか:
「IQOS危険論」に異議あり? PMJが研究データを基に「紙巻たばこ」「電子たばこ」とIQOSの違いを強調
電子たばこの喫煙が原因とみられる肺疾患が米国で話題となっている。日本で高いシェアを誇るIQOSの安全性はどうなのだろうか。PMJがデータを基に、紙巻たばこや電子たばことIQOSの違いを説明した。(2019/12/26)

「紙巻派」には厳しい結果に?:
20年4月以降の「原則禁煙」で飲食店の売り上げは上がるのか、下がるのか データから読み解く
2020年4月に施行される改正健康増進法。多くの飲食店は「原則禁煙」となり、紙巻たばこを喫煙しながら飲食できる店舗は激減しそうだ。原則禁煙は店舗の売り上げにどう左右するのか、PMJが発表したデータから読み解く。(2019/12/25)

ネットで話題のカフェイン吸引デバイス「ston」、在庫切れ続く 販売再開は「数日以内に」
カフェインやGABAを吸引するデバイス「ston」が、12月3日の発売当日にAmazon.co.jpで在庫切れに。5日に在庫を補充したが、再び在庫切れになった。販売再開は数日以内の予定。(2019/12/5)

働き方改革受け開発:
加熱式たばこみたいな“吸うカフェイン”、発表してすぐに初期ロット完売
JTグループのBREATHERが12月3日に、カフェインなどを電子たばこのように吸うことができるデバイス「ston」を発表。同日夜に初期ロットが完売し、現在は在庫切れになっている。(2019/12/4)

カフェインやGABAを「吸引摂取」 元JTのエナジードリンク好きが作った電子デバイス「ston」発売
スタートアップのBREATHERが、カフェインやGABAを摂取する新しい吸引デバイス「ston」を発売。オンライン限定で販売する。(2019/12/3)

たばこ喫煙者の割合が過去最低を記録 アメリカ疾病予防管理センターが発表
電子たばこ利用者は増加傾向にあります。(2019/11/23)

既知とアイデアの組み合わせで市場を変えろ:
なぜレガシー企業にイノベーションが必要なのか
市場は自分たちの手で変えられる。全てのビジネスパーソンにLMIを知ってほしい。(2019/10/1)

故障時には最速7時間で交換:
IQOS、最新モデルで「連続吸い」需要取り込む 増税後の価格は据え置き ユーザーサポートも充実
IQOSの最新モデル「IQOS 3 DUO」が発売。2本連続で吸えるようになったとともに充電時間も短縮された。サポートなども充実させ、会員プログラムにはステージ制を導入。故障時には、最短7時間で代替品を届けるシステムを構築した。新規ユーザーの増加とともに定着を狙う。(2019/9/26)

インド政府、電子たばこの生産や販売などを禁止に
インドでは既に複数の州で電子たばこを禁止しています。(2019/9/19)

米国で電子タバコとの関連が疑われる肺疾患、当局が調査 死亡例も 多くのケースで大麻の成分入り製品使用
原因はまだ特定できていないとしています。(2019/8/24)

セブン&アイ、外部IDによるアプリへのログインを一時停止
TwitterやGoogleのIDでログインできる機能を停止しています。(2019/7/12)

経産省、決済事業者に「ガイドライン」順守を要請 7payの不正ログイン被害受け
「7pay」で不正ログイン被害が相次いだため、経済産業省は各決済事業者に対し、不正利用防止ガイドラインの徹底とセキュリティレベルの向上を要請した。(2019/7/5)

メイドインジャパンの現場力(26):
JTがプルーム・テック工場を初公開、「3年間で生産能力40倍」の原動力は
JTは2019年6月13日、報道陣向けに同社東海工場(静岡県磐田市)を初めて公開し、同社の加熱式たばこへの取り組みや生産体制について紹介した。(2019/6/19)

有害物質は不使用 タバコのような「吸うエナジードリンク」、日本上陸
タールやニコチンは入っていませんが、カフェインの過剰摂取も身体によくないので、これはこれで吸い過ぎに注意。(2019/2/8)

「約束を破っている」:
米FDA局長、電子たばこメーカーと会合へ 若者の利用を問題視
米食品医薬品局(FDA)のゴットリーブ局長は27日、電子たばこメーカーの首脳と会合を開く計画を明らかにした。一部メーカーが若者の利用問題について約束した対策を講じてないとの認識をにじませた。(2018/12/28)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(10):
水蒸気蒸留が違いを生み出す、日本発の加熱式たばこ「Ploom TECH」
加熱式たばこが人気である。通常の紙巻きたばこが、たばこの葉を「燃焼」させて煙を吸引するのに対し、加熱式たばこは発火点より低い温度で「加熱」するのが特徴だ。今回は、日本発の加熱式たばこ「Ploom TECH」の開発元であるJTに話を聞いた。(2018/6/26)

お茶の水・神保町・小川町エリアで「肉」を喰らうなら! おすすめランチ実食レポート
魅惑の街の魅力のランチ。(2018/5/3)

日本モレックス Pico-EZmate Slim:
嵌合高さ1.2mmの電線対基板コネクターシステム
日本モレックスは、垂直嵌合(かんごう)のニーズに対応する、電線対基板用コネクターシステム「Pico-EZmate Slim」を発表した。嵌合高さ1.2mmの低背設計により、狭小空間での組み立て時間を短縮できる。(2018/1/22)

東京オートサロン2018:
GT-Rの500馬力エンジンを載せちゃった♪ 「魔改造ハイエース」が気合い入りまくり
チューニングカー系ブースでないのにこの気合い。お姉さん写真も。(2018/1/14)

マイクロチップ AT21CS11:
動作電圧範囲2.7〜4.5Vの単線式2ピンEEPROM
マイクロチップ・テクノロジーは、2.7〜4.5Vの動作電圧に対応する、単線式2ピンEEPROM「AT21CS11」を発表した。1KビットのEEPROMメモリ(256ビット×4セクタ)、64ビットのシリアル番号、128ビットの追跡用メモリを集積している。(2017/11/24)

加熱・電子タバコは「紙巻きタバコと同じく推奨できない」 呼吸器学会が見解表明
タバコには変わらないことを意識して使うべきでしょう。(2017/11/20)

『賭博黙示録カイジ』と電子タバコ「eS magic」がコラボ……! 圧倒的電子タバコっ……!
カイジも体を気にする時代。(2017/10/23)

基礎から学ぶ「グリーンビルディング認証」(2):
人に配慮をした建築空間を評価する「WELL認証」とは
建築物の環境性能を評価する認証制度には、さまざまな種類がある。その1つであり、国際的な認証制度として普及が進んでいるのがLEED認証だ。本連載では一般社団法人グリーン ビルディング ジャパンのメンバーが、こうしたLEEDをはじめとする「グリーンビルディング認証」の概要や、取得のための仕組みを解説する。第2回では人に配慮をした建築空間を評価する「WELL認証」について解説する。(2017/4/5)

PR:シンプル、だけど立体的――男性向けiPhoneケース「acroma」開発ストーリー
CCCフロンティアが新ブランド「acroma」を立ち上げ、iPhone 7向けのケースを発売した。acromaのケースは白黒の2色のみで、シリコンとポリカーボネートという2つの素材を組み合わせた。差別化のポイントはどこにあるのだろうか?(2017/2/10)

Gartner Insights Pickup(6):
CEOが、生産性の向上に消極的なのはなぜか
長期的な生産性上昇の鈍化が問題となっている。企業行動を特にテクノロジー投資の観点から観察すると、根本的な問題が浮かび上がってくる。(2017/1/27)

ポケットに入れたバッテリーが爆発する事故 激しく火花が散る様子が公開される
原因は鍵や小銭とのショート。金属と一緒に保管しないようにしましょう。(2016/12/23)

中国のたばこ販売数量、過去20年で初めての減少 ユーロモニター調べ
世界のたばこ消費の45%を占める中国が減少に転じ、世界市場に大きな影響を与える可能性があるのだという――。ユーロモニター調べ。(2016/6/23)

囲碁AI「AlphaGo」が美少女に 韓国の絵師たちが擬人化イラストを続々投稿中
いいぞもっとやれ!(2016/3/14)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
スマート家電におけるセキュリティの正しい考え方
冷蔵庫から情報漏えいしたり、スパムを発信されたりと、スマート家電の危険性が度々話題になるが、セキュリティをどう考えたらよいのだろうか――。(2015/8/28)

JT、米大手電子たばこ企業を買収
日本たばこ産業(JT)が米国の電子たばこ大手Logic Technology Development LLCを買収した。(2015/4/30)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
電子タバコがハッキング? IoTの考えたくない未来
2014年は様々な情報セキュリティ上の事件や事故が多発した。その中から幾つか取り上げつつ、2015年以降の未来のセキュリティに向けたヒントを探ってみたい。(2015/1/16)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
2015年のセキュリティとリスクを占う 対策をより良いものにするには?
新年の初めとして、今回は「2015年のセキュリティとリスクを占う」をお届けしたい。一見すると、セキュリティとは関係しないような事象も取り上げたが、情報セキュリティのこれからを考えるヒントにしていただきたい。(2015/1/9)

1兆円規模の市場に:
2014年を象徴する“電子タバコ”が日本上陸 新市場創出を狙う
以前から欧米ではブームになっていた「電子タバコ」が、昨年来、日本にも浸透しつつある。JTやフィリップ モリスが相次いで製品を販売して市場拡大を図っている。(2014/12/11)

「Google」があなたの産業を揺り動かす:
デジタル戦略を担うリーダーの資質とCIO、情シス
調査会社ガートナーは2014年10月末に東京で開催した「Gartner Symposium/ITxpo 2014」で、「一般企業のデジタル化をけん引するのはCIOだ」と提言した。だが、これはあまり単純な話ではない。(2014/12/1)

ゲームキューブで吸う電子水タバコ「ヴェープキューブ」が海外で登場 コントローラがパイプになってる
発想がユニーク。(2014/2/21)

アイデア発想実践記:
PC周りに置いておきたいスマート文具って何だろう?
Webと連携して遊び心があってオシャレで、持ち運びがよくて……。発想メソッドの実践記第9回は、こんな文具があったらいいなというアイデアを心理と機能の要素から考え出してみました。(2012/5/29)

2650円で自分の潜在能力が分かる? 宝島社が「遺伝子検査キット」販売
簡単な遺伝子検査が受けられるムック本が宝島社から登場。自分の潜在能力を判定してもらえる。(2011/5/13)

女性スモーカーの63.1%、「タバコを止めたい」
「タバコを止めたい」と考えている女性スモーカーはどのくらいいるのだろうか。63.1%の人が「タバコを止めたい」と回答しているの対し、「止めたいとは思わない」は36.9%だった。ネットエイジア調べ。(2011/1/17)

値上げがきっかけの禁煙、2割はすでに断念
10月1日に行われたタバコの大幅値上げ。これを機に禁煙を始めた人も多いようだが、そのうち2割はすでに禁煙をあきらめているようだ。マクロミル調べ。(2010/11/9)

62.2%は、増税を機にタバコをやめたい
(2010/3/19)

オルタナブログ通信:
大人はiPhone、子供は禁止? 日本の携帯電話事情
180組を超えるオルタナティブ・ブロガーが、ITにまつわる時事ネタなどを日々発信しているITmediaのビジネス・ブログメディア「オルタナティブ・ブログ」。今週は、「企業ブログ」「Google Chrome」「クラウド」「ネットサービス」「動画」「携帯電話」「不況」などを紹介しよう。(2008/12/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。