ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「ELM」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Eco Lighting Management

LEDシーリングライトも買い時?——ビックカメラに聞く、この夏の注目製品
夏商戦で賑わう家電量販店。今年の夏はどのような商品が人気を得ているのだろうか。今回は、省エネ照明器具として注目される「LEDシーリングライト」についてリポートしよう。(2013/8/12)

我慢しないLED照明選び――2012年夏
節電をしない人に理由を聞くと、上位には「面倒だと思うから」「我慢するのが嫌だから」といった意見が並ぶ。しかし、LED照明なら手間は器具を買ってきて取り換えるだけ。近年の性能アップにより不満のないレベルに達している。(2012/8/10)

節電体質の家にしよう:
白色LED電球、シチュエーション別“使える”ランキング
シチュエーション別に昼光色/昼白色のLED電球の中から「おすすめベスト3」を紹介する。光色ごとにランキングを作ってみたので、これを参考に自分の用途に合わせて最適なLED電球を選んでみよう。(2011/11/1)

さらにエコ:
シャープ、スクエアデザインのLEDシーリングライト3機種を発表
シャープは、LED照明“ELM”の新製品として、スクエアデザインのLEDシーリングライト3機種を発売する。明るさを抑える「エコセンサー」や、徐々に明るさを抑える「エコ調光」などを装備。(2011/8/5)

E26、昼白色/昼光色:
失敗しないLED電球の選び方、シャープ“ELM”「DL-LA41N」
今回紹介するのはシャープの“ELM”「DL-LA41N」。昼白色のLED電球の中ではもっとも価格の安いこのライトは密閉器具にも対応しており、さまざまな場所で使えるお買い得モデルだ。(2011/7/11)

E26電球色、調光対応モデル:
失敗しないLED電球の選び方、シャープ“ELM”「DL-LA6BL」
今回紹介するシャープの“ELM”の「DL-LA6BL」もその1つ。電球色で600ルーメンという明るさを実現しつつ、間接照明などに便利な調光対応モデルだ。(2011/6/23)

節電体質の家にしよう、E17口金編:
失敗しない小型LED電球の選び方、シチュエーション別ランキング
今回はE17口金のLED電球特集の締めくくりとして、各社のおすすめベスト3を紹介する。シチュエーション別にランキングをまとめたので、これを参考に自分の用途に合わせて最適なLED電球を選んでみよう。(2011/6/13)

節電体質の家にしよう、E17口金編:
失敗しない小型LED電球の選び方(6)東芝ライテック「LDA5L-E17」
東芝ライテックの“E-CORE”「LDA5L-E17」は、今回取り上げるE17口金対応のLED電球の中ではもっとも明るい製品だ。410ルーメンとE26形の中価格帯モデルに匹敵する明るさを実現した。(2011/6/8)

節電体質の家にしよう、E17口金編:
失敗しない小型LED電球の選び方(5)シャープ「DL-JA42L」
今回は、シャープの“ELM”シリーズから「DL-JA42L」をピックアップしよう。E17口金のLED電球の中でも全光束400ルーメンという明るさを持ち、かつ密閉型照明器具にも対応した製品だ。(2011/6/6)

節電体質の家にしよう、E17口金編:
失敗しない小型LED電球の選び方(4)パナソニック「LDA6L-E17」
今回紹介するのはパナソニック“EVERLEDS”シリーズの「LDA6L-E17」。全光束390ルーメンで、密閉形器具にも使用できるのが特長だ。(2011/6/2)

節電体質の家にしよう、E17口金編:
失敗しない小型LED電球の選び方(3)日立アプライアンス「LDA7L-E17」
今回紹介するのは日立アプライアンスの「LDA7L-E17」。大きなグローブが特徴的なこのE17形LED電球について詳しくレビューしよう。(2011/5/31)

節電体質の家にしよう、E17口金編:
失敗しない小型LED電球の選び方(2) 三菱電機オスラム「LDA5L-H-E17」
今回紹介するのは三菱電機オスラムの“PARATHON”「LDA5L-H-E17」。白めのさわやかな色合いが特長のこのミニタイプLED電球について詳しくご紹介しよう。(2011/5/26)

節電体質の家にしよう、E17口金編:
失敗しない小型LED電球の選び方(1) 東芝ライテック「LDA4L-E17」
前回まではもっとも一般的なE26口金に対応したLED電球を紹介してきたが、今回からはE17口金に対応したLED電球を取り上げる。第1回は、東芝ライテックの“E-CORE”「LDA4L-E17」。密閉形器具に対応しているため、幅広い使い方ができるミニタイプLED電球だ。(2011/5/24)

失敗しないLED電球の選び方(11):
シチュエーション別、LED電球“使える”ランキング
今回は特集の締めくくりとして、各社のLED電球のおすすめベスト3を紹介しよう。シチュエーション別にランキングをまとめたので、これを参考に自分の用途に合わせて最適なLED電球を選んでほしい。(2011/5/13)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(10) パナソニック“EVERLEDS”「LDA7L-G」
最後に紹介するのはパナソニックの「EVERLEDS LDA7L-G」。今年3月に発売されたばかりの最新モデルで、白熱灯に匹敵する300度の配光角が特長だ。この製品ついて詳しくリポートしよう。(2011/5/12)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(9) パナソニック“EVERLEDS”「LDA9L-H」
今回紹介するのはパナソニックの“EVERLEDS”「LDA9L-H」。同社の電球色タイプの中ではもっとも明るいこの製品について、詳しくレポートしよう。(2011/4/26)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(8) 東芝ライテック“E-CORE”「LDA9L」
今回紹介するのは東芝ライテックの「E-CORE LDA9L」。従来よりもコンパクトになり、明るさも増したこの最新モデルについて詳しくリポートしよう。(2011/4/19)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(7) シャープ“ELM”「DL-LA62L」
今回紹介するのはシャープの「ELM DL-LA62L」。シャープのスタンダードモデルの中でもっとも全光束の高いLED電球で、メイン照明として使える明るさが魅力だ。(2011/4/18)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(6) 東芝ライテック“E-CORE”「LDA7L」
今回紹介するLED電球は東芝ライテックの“E-CORE”「LDA7L」。明るさと発色の良さが魅力のこのLED電球について使用感をリポートしよう。(2011/4/6)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(5) 日立アプライアンス「LDA7L-A」
今回紹介するのは日立アプライアンスの「LDA7L-A」。ホコリのたまりにくいフィンレスのデザインが特徴のこの製品ついてリポートしよう。(2011/4/5)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(4) シャープ“ELM”「DL-LA42L」
今回紹介するのはシャープの“ELM”「DL-LA42L」。一般家庭用のLED電球が普及し始めたのはここ数年の出来事だが、そのきっかけの1つが2009年7月にシャープが新規参入したことだと言われている。そのELMシリーズの現行モデルをチェックしよう。(2011/4/4)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(3) パナソニック“EVERLEDS”「LDA7L-A1」
今回紹介するLED電球は、パナソニックの“EVERLEDS”「LDA7L-A1」だ。軽量・コンパクトで密閉型器具でも使用可能なこのLED電球について、詳しくリポートしよう。(2011/4/1)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(2) 三菱電機オスラム「PARATHOM LDA7L-H」
今回紹介するのは三菱電機オスラムの“PARATHOM”(パラトン)「LDA7L-H」。コストパフォーマンスが高い最新モデルの使い心地を詳しくレビューしよう。(2011/3/31)

節電体質の家にしよう:
失敗しないLED電球の選び方(1) NECライティング“LIFELED'S”「LDA8L」
節電が求められている今、白熱灯よりも大幅に消費電力を減らせるLED電球が注目されている。そこで今回の特集では、店頭でよくみるLED電球をピックアップ。洋室、和室、廊下、トイレといった場所ごとに適した製品を探していこう。(2011/3/30)

LEDだから実現できること:
PR:明かりはもっと便利になる、シャープLED照明の秘密とは?
昨年の夏に家庭用LED電球に参入して以来、価格と機能の両面で市場をリードしてきたシャープ。この秋には、大幅に軽量化したLED電球や高機能なLEDシーリングライトを投入する。常に新しい提案を盛り込むLED照明は、どのように生み出されるのか。シャープ商品企画の秘密に迫った。(2010/9/17)

シャープ、自動調色・調光機能を備えた住宅用LEDシーリングライトを発売
(2010/8/25)

シャンデリア用も登場:
シャープ、1.6倍明るくなったLED電球の新製品を発表
シャープは、LED電球の新製品3モデルを発表した。E17口金では明るさを従来比1.6倍に、E26口金は重量を1/2に軽量化した。シャンデリア用もラインアップ。(2010/7/13)

そろそろ知っておきたい“LED電球”の選び方(前編)
昨年の夏から低価格競争が始まり、急速に需要を伸ばしつつあるLED電球。次世代の照明といわれたのは過去の話。用途によってはもう導入を検討し始めても良い時期ではないだろうか?(2010/1/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。