ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

「ETLツール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Extract Transform Load

関連キーワード

データ基盤を管理するIT部門とマーケティング部門の双方にメリット:
Google Cloud Platform (GCP)上に構築したデータ基盤をCDPに 「Rtoaster insight+」に新機能
ブレインパッドは、GCP上に構築したデータ基盤をCDPに進化させる新機能を「Rtoaster insight+」に追加したと発表した。(2024/5/21)

自然言語で生成AIアプリを作成できる新機能も発表:
AWS、ビジネスとソフトウェア開発を支援する生成AIアシスタント「Amazon Q」の一般提供を開始
AWSは、ビジネス全般とソフトウェア開発を支援するように設計され、業務に合わせてカスタマイズできる生成AIアシスタント「Amazon Q」の一般提供を開始した。(2024/5/7)

注目を集める「データ仮想化」、実践のポイントとは:
PR:DXのためのデータ整備にはこう取り組むべき、セミナーで議論
DXではデータの活用がカギとなる。そして、データ活用の成否を左右するのがデータの整備、つまりデータマネジメントだ。本稿では、企業がデータマネジメントにどう取り組むべきかをテーマに開催されたオンラインセミナーの内容をレポートする。(2024/3/6)

ERPでサプライチェーン管理の高度化を:
PR:SAP IBPで実現するSCM計画業務の高度化
サプライチェーンマネジメント業務の標準化や高度化を狙う上で、ERPシステムは重要な役割を果たします。しかし、標準機能だけで十分な成果を上げることは難しく、サプライチェーン計画ソリューションと組み合わせたシステム構築が求められます。本稿ではSAP Integrated Business Planning for Supply Chainの導入事例を紹介していきます。(2024/3/1)

DPUを丸分かり解説【後編】
「DPUと呼べるプロセッサ」はこれだけあった 主要ベンダーを整理
「DPU」(Data Processing Unit)のニーズが高まる中で、さまざまなベンダーがDPU市場に参入した。自社に最適なDPUを選ぶ際に知っておきたい、注目のDPUベンダーとは。(2024/2/2)

今日のリサーチ:
「マーケティングテクノロジーカオスマップJAPAN 2023」をアンダーワークスが公開
日本国内で利用可能な1740種のマーケティングテクノロジーを32分類で一覧化。2023年版の特徴は「生成AIテクノロジーの増加」です。(2024/1/25)

手法、コード例、ユースケースごとに解説:
オブジェクト指向プログラミングと関数型プログラミングの違い
関数型プログラミングモデルの採用を考える開発者は多い。だが、採用するなら、関数型プログラミングモデルとオブジェクト指向のアプローチがどのように異なるかを正確に理解することが重要だ。(2024/1/25)

Microsoftデータ分析ツールの進化【前編】
データ分析ツール群「Microsoft Fabric」とは OneLake、BIをまとめた利点は?
Microsoftは2023年11月、データ管理やデータ分析など一連のツールを備える「Microsoft Fabric」を発表した。その具体的な機能と、企業にとってのメリットを紹介する。(2024/1/23)

セールスフォース・ジャパン幹部に聞く:
買収に頼らず自社開発したCDP「Salesforce Data Cloud」の特徴とは?
社内に分散するあらゆる顧客データを集約し、顧客をより深く理解した上で施策を展開したい――。そんなマーケターのニーズに応えるテクノロジーがCDPである。すでに強力な競合が先行する市場で、Salesforceはどのように独自性を発揮しようとしているのか。(2024/1/15)

ビジネスに生成AIをどう組み込むべきなのか:
PR:「データは“AIの燃料”」──AI時代に求められるデータマネジメントのポイントとは
生成AIのビジネス活用に注目が集まっている。だが自社で収集、蓄積してきたデータとAIをどう組み合わせればよいのか。有識者は「生成AI時代には2つのアプローチが重要になる」と指摘する。データマネジメントの観点からポイントを聞いた。(2023/11/24)

他の言語にも適用できるヒントも:
Pythonのパフォーマンスを向上する9つのヒント
Pythonのパフォーマンスは、Javaなどの言語と比べて評価が低い。本稿では、Pythonコードの問題点を見つけて解決し、パフォーマンスを高めるヒントを紹介する。(2023/11/2)

デジタル変革のメソッド どこから挑む? どこから変える?:
DXと従来のシステム開発は何が違う? 開発工程で知っておくべきことをまとめてみた
DXプロジェクトで開発するシステムは、業務の効率化を目指す従来のシステムとは役割や位置付けが異なるため、その開発も異なるアプローチが必要だ。どのようなことに気を付けるべきか。(2023/11/2)

勝手SaaSが引き起こす問題と解消法【後編】
SaaS連携の方法はAPIだけじゃない “使える便利機能”はこれだ
企業内の各部門がSaaSを勝手に導入することが、企業のITシステムのサイロ化を引き起こしている。SaaSベンダーが開発する連携機能は、サイロ化の解消にどう役立つのか。連携の具体的な方法とは。(2023/10/25)

相互運用性、効率性、パフォーマンスが向上:
OSSのストレージフレームワーク「Delta Lake 3.0」公開 DWHの課題を解決
Linux Foundationはデータレイク上にレイクハウスアーキテクチャを構築できるオープンソースのストレージフレームワークの最新版「Delta Lake 3.0」の一般提供を開始した。(2023/10/24)

バチェラー3・水田あゆみ、第1子妊娠を発表 妊活スタートから1年未満でのスピード“おめでた”で不安なことも「私たちは受け止めます」
おめでとうございます!(2023/10/1)

「ITmedia DX Summit Vol.16」開催レポート:
SUBARUが脱出した「データの三重苦」 データ基盤統合で生まれた「3つの効果」を紹介
「100年に1度の大変革期」と言われる自動車業界では、業務基盤の強化とDX推進が最重要課題となっている。SUBARUが取り組むデータマネジメントを通じた「データ価値の最大化」とデータ活用推進活動を紹介する。(2023/9/29)

GPT-4を2倍高速かつ無制限で利用可能に:
OpenAI、企業用のAIアシスタント「ChatGPT Enterprise」を提供開始
ChatGPTを開発したOpenAIは企業用のAIアシスタント「ChatGPT Enterprise」のサービス提供を開始した。ChatGPT Enterpriseでの全ての会話は暗号化されるため、企業のプライバシーは保護されるという。(2023/9/13)

つないで終わりではなく、次のアクションにつなげる:
PR:長く使い続けられるローコード/ノーコード開発ツールを選ぶ4つのポイント
ローコード/ノーコード開発ツールを試す企業が増えている。始めるときは「簡単な処理だけでいい」と思っていても、例えば3年後には「幅広く本格的な用途で使いたい」となることがある。では、長く使い続けられるツールをどのように選べばいいのか。4つの選択ポイントを紹介する。(2023/9/15)

データ分析ニュースフラッシュ
“脱Excel”じゃなく「Excel+BI」をあえて選んだ日立の工場 その狙いとは?
既存のExcelデータを生かせるBIツールを導入した日立製作所の事例や、パナソニックの国内外拠点における「Looker Studio」活用事例など、データ分析の主要なニュースを紹介する。(2023/8/31)

MySQLをAzureやAWSで使う:
PR:「実質的なベンダーロックイン」を解決 オラクルが力を入れる「MySQL HeatWave」の真価とは
クラウドを活用してアプリケーションを開発するのは当たり前になったが、クラウドベンダーが提供する特定の機能を使って開発したアプリケーションは基本的にそこでしか使えない。「実質的なベンダーロックイン」を回避する方法はあるのか。(2023/8/17)

オブジェクトストレージのパフォーマンスをデータベースのクエリ性能と同等に:
Oracle、クラウドデータベースサービス「MySQL HeatWave Lakehouse」の一般提供を開始
Oracleがクラウドデータベースサービス「MySQL HeatWave Lakehouse」の一般提供を開始した。データベース内データへのクエリと同じくらい高速にオブジェクトストレージ内データに対するクエリを実行できる。(2023/8/8)

ChatGPTなどの生成AIでデータマネジメントはどう変わるのか、「業界初」のサービス機能の中身
生成AIでデータ分析が変わるなら、その前段のデータマネジメントはどう変わるのか。「業界初」のデータマネジメント機能の仕組みや使い勝手について聞いた。(2023/7/18)

予防戦略と封じ込め戦略を統合:
Microsoft、Win32 app isolation(アプリ分離)による新しいセキュリティ機能を提供開始
MicrosoftはWin32 app isolation(アプリ分離)のパブリックプレビューの開始を発表した。Win32 app isolationはWin32 appの実行を制限する仕組みであり、低特権で動作することでセキュリティを向上させる機能だ。(2023/7/6)

886人が回答:
データエンジニアが支持する各分野のトップ製品、注目技術は? Airbyteが順位発表
データパイプラインプラットフォームのAirbyteは、データエコシステムに関する調査レポート「The State of Data 2023」を公開した。886人の回答を集計、分析したものだ。データエンジニアリング分野で注目されている技術が分かる。(2023/6/15)

リアルタイムデータ活用が日本でも本格化か Databricksが国内SIパートナー拡大を計画
Databricksが日本法人の体制を倍増させる計画を発表した。国内でもデータ統合やデータ基盤刷新の機運が高まるとして、各事業ドメインでSIパートナーを募る計画だ。(2023/5/30)

ビッグデータ基盤から「ビジネスデータのAI分析基盤」に進化したDatabricks――笹 俊文氏に聞く
Databricks日本法人トップに、ビジネスアプリケーションデータを深く理解する人物が就任した。日本企業におけるデータ活用やAI活用のこれからについて話を聞いた。(2023/5/24)

FinOpsに学ぶクラウドコスト最適化の体系的アプローチ(2):
組織的な取り組みがカギとなるクラウドコストの最適化、誰が何をどうやればいいか
クラウドコストを減らそうと、やみくもに現場へコスト削減の圧力をかけるだけでは、現場もやる気がそがれ、建設的な活動につながりません。継続的に最適化していくには、組織的な取り組みが不可欠です。第2回は昨今注目が高まりつつある「FinOps」について、「いつ」「誰が」「どのように」取り組むのか、FinOps認定プラクティショナーが解説します。(2023/5/9)

専門性の高いD&Aチームによる内製化が重要:
データ分析の領域でも「近代化」と「内製化」が鍵に ガートナーが企業のデータ活用に提言
ガートナージャパンは、企業がデータを活用してビジネス成果を実現するにはデータ管理環境の近代化と内製化が必要との見解を発表した。近代的なデータ管理基盤と活用手段となる技術を理解し、内製化を前提に人材を確保する必要があるとしている。(2023/4/12)

SAP Datasphereとは? DataWarehouse Cloudとの違いと「ビジネスデータファブリック」の意義
データ活用のトレンドに対応してSAPが自社SaaSプラットフォームで提供するデータ管理サービスのポートフォリオを刷新した。マルチクラウドに散在するデータをビジネス視点で分析しやすくする。(2023/3/24)

Snowflakeでアプリ開発? 進化を遂げるDWHの最新技術動向
クラウドDWH「Snowflake」は、データドリブン経営などデータ活用のためのプラットフォームとして注目を集めている。新たにアプリ開発ができるようになったSnowflakeは、どのような進化を遂げたのか。(2023/3/13)

大容量データのオンプレミス/マルチクラウド連携にも対応:
セゾン情報がクラウド型iPaaS「HULFT Square」をリリース
セゾン情報がクラウド型iPaaS「HULFT Square」をリリースした。基幹系の大容量データのオンプレミス/マルチクラウドの連携にも対応する処理性能と、スモールスタートが可能な価格設定が特徴だ。(2023/2/9)

「Slack」連携や「データストーリー」などAIによる機能強化、そしてCDPへの統合:
「Tableau」がSalesforce傘下で生み出す3つの価値とは?
日本市場に参入して丸10年。Salesforce傘下で製品の統合が進むTableauの今後の展開と製品のロードマップについて、Tableauの製品戦略責任者が語った。(2023/2/16)

TechTarget発 世界のITニュース
Qlik、クラウドベースのデータ統合サービス「Qlik Cloud Data Integration」を発表
Qlikが新たに発表したeiPaaS(エンタープライズ統合プラットフォームサービス)「Qlik Cloud Data Integration」は、データ活用の準備に必要な機能が充実している。その具体的な中身とは。(2023/1/6)

DX 365 Life:
組織の課題を解決する秘策 Microsoftのビジネスアプリケーションの全貌
DXが組織にとって重要になる中で、「なんちゃって」な推進しかできていない組織も多く存在します。Microsoftのビジネスアプリケーションが「真のDX」を実現するカギになるかもしれません。(2022/12/22)

AWS re:Invent 2022:
AWSは次のフェーズへ 日本のパートナーが見た「新たな変化」
AWS re:Invent 2022が3年ぶりに対面で実施された。日本のAWSのパートナー企業は、新たな製品やサービスに対してこれまでとは異なる傾向を感じたようだ。ソニービズネットワークスに聞いた。(2022/12/6)

サイロ化したデータを集約して適切に活用:
PR:ハイパーオートメーションに必要な「データの民主化」を実現する技術とは
RPA(Robotic Process Automation)で各部門の業務を個別に自動化した結果、データがサイロ化して部門横断的な自動化を阻害するケースがある。この解決策となるのがサイロ化したデータの集約と適切な活用だ。(2022/12/6)

「AWS Glue」と「Azure Data Factory」を徹底比較【後編】
最強クラウドETLは? 「AWS Glue」「Azure Data Factory」を料金とコネクターで比較
「AWS Glue」と「Azure Data Factory」はよく似たクラウドETLだが、重要な違いがある。自社の要件にどちらが適しているのか。料金体系やデータコネクターの種類から比較する。(2022/11/28)

パフォーマンス、セキュリティ、可用性も向上:
「SQL Server 2022」が正式リリース Azureとの連携を一段と強化し、無料版も用意
Microsoftは、リレーショナルデータベース管理システムの最新版「SQL Server 2022」の一般提供を開始した。「パフォーマンス、セキュリティ、可用性の革新を継続し、これまでで最もAzureに対応したSQL Server」とうたっている。(2022/11/21)

「AWS Glue」と「Azure Data Factory」を徹底比較【中編】
クラウドETL「AWS Glue」「Azure Data Factory」でデータパイプラインを構築する方法
AWSの「AWS Glue」やMicrosoftの「Azure Data Factory」といったクラウドETLは、データパイプラインの構築を支援する。両者の基本的な利用方法を説明する。(2022/11/14)

「AWS Glue」と「Azure Data Factory」を徹底比較【前編】
クラウドETLの2大巨頭「AWS Glue」「Azure Data Factory」をざっくり理解する
AWSの「AWS Glue」やMicrosoftの「Azure Data Factory」などのクラウドETLを利用することで、ユーザー企業は各システムのデータ連携の仕組みを容易に整備できる。各サービスの機能を説明する。(2022/10/31)

AIモデリングの手間を大幅削減、「実質7合目から作業開始」:
SAS、業界別の特定業務に特化したAIテンプレート「SAS Answers Cloud」を発表
ビジネスを加速させるために、組織でのAI(人工知能)活用が進む。一方で理想と現実には乖離(かいり)があるのも事実だ。AIプロジェクトのあるべき姿を実現するという「SAS Answers Cloud」の性能は果たして。(2022/10/21)

アジャイルやローコードを取り入れ、「ログデータの民主化」を実現:
データ容量20TB超のログ分析基盤構築プロジェクトに見る、クラウドネイティブ時代を生き抜く運用改革
@IT主催ライブ配信セミナー「運用管理の不安と焦燥にさようなら クラウドネイティブ時代を生き抜く運用改革」の基調講演「セキュリティのログから素早くビジネス価値を得るために、考え抜いたアーキテクチャとは?」で、リクルート セキュリティ戦略グループの日比野恒氏が登壇した。(2022/10/6)

MySQL HeatWaveがマルチクラウド展開 統一データベースでビジネスの助けに
日本オラクルが提供する「MySQL HeatWave」がマルチクラウドでも利用できるようになった。どのような利点が企業にはあるのだろうか。性能と特徴を聞いた。(2022/9/20)

ジョージア工科大学、プレイリービューA&M大学、滋賀大学が協力:
教員機関なら無償で利用できる「データサイエンス教育キット」を提供開始 NVIDIA
NVIDIAは、「DLIデータサイエンス教育キット」の日本語版を提供開始した。滋賀大学と協力して翻訳した。教育機関に所属する教員は無償でダウンロードし、データサイエンス教育に活用できる。(2022/9/9)

データサイエンス教育用の講義資料1000ページ、教員向けに無償公開 NVIDIAと滋賀大が連携
NVIDIAと滋賀大学は、データサイエンス教育用の講義資料「DLI データサイエンス教育キット」の日本語版の提供を始めた。NVIDIAが開発した講義資料で、滋賀大学が日本語に翻訳したもの。教育機関の教員向けに提供するという。(2022/9/8)

「CData」と「LINE WORKS」が連携開始 LINE WORKSのデータがCRMと連携可能に
CDataとワークスモバイルジャパンは、CDataとLINE WORKSの連携を開始した。両社は「顧客の受注率を高めるあらゆるアクションにLINE WORKSのデータを活用できる」としている。(2022/9/8)

大日本印刷、みんなの銀行やインテグレーターに聞いた:
「オンプレシステム移行は今もAWSやAzureの方がやりやすい」なら、Google Cloudは日本でどう使われているか
国内のAWS専業インテグレーターがGoogle Cloudを扱う動きが相次いでいる。第3のメジャークラウドであるGoogle Cloudの使われ方が変化してきたということなのだろうか。だとすれば具体的にどう使われているのか。ユーザーやインテグレーターに聞いてみた。(2022/9/14)

QlikがSnowflake活用を支援する機能強化 SAPやメインフレームのデータも柔軟に
Qlikがクラウドデータプラットフォーム「Snowflake」向け機能を強化した。多様なデータソースの集約と、Qlik Senseをフロントエンドに使ったリアルタイムでのデータ可視化などを実現する。(2022/8/25)

リクルート事例で分かるIaaS→PaaS移行のコツ(3):
検索API量産環境の短期構築、改善事例で分かる、「AWS Codeシリーズ」によるCI/CDパイプライン自動化のコツ
リクルートの情報検索組織において検索APIの基盤をどうやってPaaS中心のシステムに移行したかを紹介する連載。今回は、API開発システムの全体構成と構築の流れについて解説する。(2022/8/23)

Microsoft 365にまつわる「ちょっと聞きたい」に応える:
PR:“リソース不足の中堅・中小の情シスにうれしい”情報コミュニティーとは?
「Microsoft 365を活用したいが、リソース不足で学ぶ暇がない。だが有償サポートを依頼する予算もない……」と困っている情報システム部門担当者はいないだろうか。無償でこの問題を解決できる方法を紹介する。(2022/6/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。