ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「疎開」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「疎開」に関する情報が集まったページです。

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
実はとっても相性がいい、美術とAIの“深イイ”関係
日本人は、世界で最も美術展に足を運ぶんだそうですよ。(2019/11/11)

スマート工場最前線:
人作業をロボットとITで徹底支援、正味作業時間83%減を実現したOKI富岡工場
多品種少量生産と自動化をどう両立させるのか――。国内に工場を構える多くの製造業にとって大きなテーマである。特に多品種少量生産を実現する人作業の効率化については、人手不足も重なり喫緊の課題となっている。こうした中で独自のシステム開発などにより低コストで次々と人作業を支援するシステムを現場に導入し効果を生み出す工場がある。OKIの富岡工場である。同工場の人作業支援への取り組みを紹介する。(2019/9/17)

メイドインジャパンの現場力(20):
“選球眼”でヒット率向上、“全員野球”で2割成長を持続するOKI電源工場
「人の力」を中心に位置付けたOKIテクノパワーシステムズの成長戦略と生産性改善の取り組みについて紹介する。(2018/9/25)

なぜ新潟や石川が「人口日本一」だったのか? 都道府県の人口推移から見る、日本近代化の歴史
地方が今よりずっと元気だった時代は19世紀にありました。(2018/4/22)

「最後の関西弁はんぱない」 戸田恵梨香、子どもと戯れる“素”の姿に胸キュンするファン続出
「ちゃんとくっついてよ」のところ無限リピートできる。(2018/3/17)

着ると怪事件起きそう 「金田一耕助」誕生の地で金田一衣装レンタル 「髪ぐしゃぐしゃにしたい」「ゴムマスクのオプションは?」の声
髪をかきむしりながらゲタでダッシュしたくなる。(2017/3/22)

イノベーションで戦う中小製造業の舞台裏(12):
菓子缶の小ロット販売で“黒子”脱却、「お菓子のミカタ」が見据えるB2B2C戦略
街のお菓子屋さん向けに菓子用の缶パッケージを小ロット販売しているWebサイト「お菓子のミカタ」。同サイトを運営しているのは創業70年を迎える大阪製罐だ。同社の3代目社長である清水雄一郎氏は、街のお菓子屋さんをサポートする「お菓子のミカタ」の先に、B2B2Cのビジネスモデルを見据えている。(2017/2/1)

FinTech時代、銀行系システムはどうあるべきか(1):
若手が知らないメインフレームと銀行系システムの歴史&基礎知識
本連載では、銀行系システムについて、その要件や歴史を整理しつつ、スマートフォンを使う銀行取引やブロックチェーンなど、新しい技術が及ぼす影響を考察していきます。初回は、メインフレームと銀行系システムの歴史と基礎知識についてです。(2016/9/12)

厳しい要求に応えるのは「それが面白いから」:
iPhoneの白は荒川区の下町で作られている
「Appleとの取引は未知との遭遇」――その始まりはイタズラメールのようだった。(2016/8/18)

「普通にスーツを着て就活はしたくない」17歳女子高専生がプログラミングを学ぶ理由
エンジニア不足といわれている中で、高専生をインターンとして受け入れているベンチャー企業があるという。実際にどんな働き方なのか、インタビューしてみた。(2016/4/3)

アニメ化記念インタビュー:
「戦争をしている国の子どもにも届けてほしい」 ちばてつやが「風のように」に込めた日本人らしさ
インタビュアーはアニメ「風のように」のプロデューサーを務めるエクラアニマルの豊永ひとみ。(2016/3/20)

横溝正史ファンにとってのハロウィンはこれからじゃ! 倉敷市で「1000人の金田一耕助」11月21日に開催
街をあげての一大イベントなのです。(2015/11/4)

気温35度以上なら在宅勤務OK インフォテリアが猛暑対策
気温35度以上の「猛暑日」に限り、在宅勤務を推奨する新制度の導入をインフォテリアが発表した。(2015/8/4)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
“風の中津川”で生み出された“静かな扇風機”――三菱「SEASONS」
三菱電機が14年ぶりに扇風機の新製品を発表した。その開発設計に携わったのが、同社内でさまざまな風製品の開発に関わり、“風の中津川”の異名を持つ中津川製作所。風の本質を知り尽くす製作所が見つめ直したDC扇風機「SEASONS」のスゴいところとは?(2015/6/15)

虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!第46回:
私が今日死ぬからみんな優しくするの? 少年少女に突きつけられる「五時間目の戦争」の(非)現実
毎週金曜、五時間目。もしも「戦争へ行け」と言われたら……。(2015/5/22)

「花粉症対策メガネ」の選び方とおすすめモデル8選
花粉症対策メガネを選ぶときに重視すべきポイントと、主要ブランドの製品8つをご紹介。(2015/3/3)

うらやましすぎ?:
花粉症から"リモートワーク"で逃げる――エンジニアに最大限の自由を「spice life」の働き方
花粉症の社員の一言がきっかけで、遠隔地からでも自由に働ける制度を作ってしまった会社がある。(2015/2/9)

「花粉の飛ばないところで仕事がしたい」 社員の一声から花粉の少ない沖縄でも働ける制度を導入する企業が登場
症状が重いと花粉症でも、仕事に影響が出るかもしれませんからね。(2015/2/2)

写真展:
田淵行男作品展「自然と向き合う 山との語らい」
(2014/5/12)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/4/15)

酒場めぐりが楽しくなる一冊
読売新聞Webサイトで連載された「酒場」を舞台に、様々な人が人生を語るシリーズ「酒都を歩く」。その連載をまとめた書籍にまとめた『あの人と、「酒都」放浪 -日本一ぜいたくな酒場めぐり』を紹介します。(2014/1/9)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
人はなぜ“だれかの体験”に金を出すのか?――クラウドファンディングが育てるもの
スロバキアの学生が描く原発ドキュメント映画、被災地・石巻での神輿復元プロジェクト。日本発のクラウドファンディング「キャンプファイヤー」が灯すのは、人と人を結ぶかがり火だ。(2012/6/7)

ニコニコ超会議:
わたしは暴れん坊ガキでした――松本零士トークショー全掲載
ニコニコ超会議の超鉄道ブースで開催された松本零士氏のトークショーがあまりにも縦横無尽だったので全文掲載してみる。(2012/5/1)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
最近の若いモンはダメだ! オレの若いころはもっと大変だった
「最近の若いモンはダメだ。オレの若いころはもっと大変だった」という中高年お決まりの口癖。しかし、そう言っている中高年の人も、その上の世代の人から同じように言われていたはずですが……。(2012/4/2)

オノ・ヨーコ個展「おぼえてて」
ニューヨークを拠点に前衛芸術家として活動し、イギリスにわたった1960年代後半から芸術活動と並行して平和運動を行ってきたオノ・ヨーコさんの個展が開催中だ。(2011/12/23)

「犬神家の一族」のスケキヨが弁当になった……ってどゆこと?
な、何を言ってるか分からないと思うが……「犬神家の一族」のスケキヨが弁当になった。(2011/12/2)

世界一周サムライバックパッカープロジェクト:
事故から25年、チェルノブイリ原発ツアーに参加してきた
25年前、福島第一原子力発電所と同じレベル7の事故を起こした、ウクライナのチェルノブイリ原発。それにも関わらず、今でも同国では電力供給の半分を原子力発電でまかなっている。現地を訪れ、街の人の声を聞き、ウクライナで事故はどのように受け止められているのかを調べた。(2011/10/4)

阪神・淡路大震災の実体験を教訓に
被災した医療従事者が果たすべき役割とは
自らが被災した医療従事者は、何よりも優先してその職務を全うするべきなのか? 阪神・淡路大震災において、被災地の病院で診療行為を行った医師の体験を紹介しよう。(2011/8/9)

誠 Weekly Access Top10(2011年7月9日〜7月15日):
『コクリコ坂から』企画・脚本の宮崎駿氏を「監督!」と呼び間違えた話
7月16日に公開されたスタジオジブリ最新作『コクリコ坂から』。その主題歌発表の記者会見で、筆者は大変失礼なミスを犯したのであった。(2011/7/21)

オルタナブログ通信:
自粛を自粛せよ――“悪魔のサイクル”から脱し、復興を目指すために
ビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では、約240人のブロガーによって、ITにまつわる時事情報などが日々発信されている。その中から今回は、「デマ情報」「被災地のペット」「仕事」「自粛」などを紹介しよう。(2011/4/22)

オルタナティブ・ブロガーの視点:
自分が変えられること、できることに焦点を絞る
「人は多様な存在だと理解する」「感情は受け止め、思考をコントロールする」。何が正しいのか分からなくて不安になったときに持つと便利な視点や考え方を、オルタナティブ・ブロガー高橋誠氏が伝授します。(2011/3/28)

東電、夏の計画停電は避けられない見通し
東電が公表した今夏の電力需給見通しによると、7月末の時点で需要想定に対し供給力が大幅に不足。暑い時期の計画停電は避けられない見通しだ。(2011/3/25)

松田雅央の時事日想:
「原発事故」報道を検証する――海外と日本ではこれほど違う
この1週間、海外メディアも福島第1原発の状況を詳細に報道している。海外の状況評価は極めて厳しく、国内の危機意識との間に大きなギャップがある。海外メディアは日本の情報開示をどう評価し、現状をどうとらえているのだろうか。(2011/3/22)

「大阪はお迎えします。着の身着のままでお越しください」――“疎開作戦”広がる
東北関東大震災を受け、全国で被災者の受け入れ態勢が広がりつつある。3月17日時点で、被災者の受け入れを発表した都道府県は35に達した。(2011/3/18)

大阪・橋下知事が“疎開作戦”――西日本で被災者を大規模受け入れ
東北関東大震災の支援策として、大阪府は府営住宅を開放する方針を明らかにした。最大約2000戸を無償提供するほか、移動手段や生活必需品などの提供も検討している。(2011/3/17)

杉山淳一の +R Style:
第29鉄 特急料金100円、長野電鉄のロマンスカーで小布施へ
長野県でロマンスカーに乗れることをご存じだろうか。あの小田急のロマンスカーが今、長野電鉄で「ゆけむり号」として走っているのだ。特急料金わずか100円、専属ガイド付きで展望車を満喫する。(2010/3/23)

西野弘のとことん対談:
西原春夫「人生はすべて偶然で決まる」(前編)
少子化の進行に伴い、我が国の大学は間もなく“淘汰の時代”を迎える。それを早くから予見し、国立大学とは違う独自の私学マネジメントを訴えてきたのが、早稲田大学元総長の西原春夫名誉教授だ。(2008/2/12)

新作DVD情報:
ファンタジーの原点にして最高峰――「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」
衣裳ダンスを開けると、そこには不思議の国が広がっていた! 長きに渡って語り継がれている名作小説をディズニーが満を持して映像化。「ハリポタ」「ロード〜」に比肩するファンタジー映画が特典満載で早くもDVD化決定!(2006/5/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。