ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「FairPlay」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「FairPlay」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

DNS攻撃、CPU脆弱性の悪用、クラウドサービスへの不正アクセス……
2019年に勢いを増す“最も危険なサイバー攻撃”5種
2019年に勢いを増す「最も危険な攻撃手法」5種と、サイバーセキュリティ担当者が講じるべき防御策とは。「RSA Conference 2019」でセキュリティの専門家が語った。(2019/3/29)

新型のiOSマルウェア出現、設計問題を突き通常端末にも感染
AceDeceiverはAppleのDRM技術「FairPlay」に存在する設計上の弱点を突き、「脱獄」させていないiPhoneなどの端末にもインストールされる。(2016/3/17)

匿名化技術とPPDM(2):
プライバシー保護データマイニング(PPDM)手法の種類、特徴を理解する
現在、プライバシーの侵害なく安全にデータを公開するためにさまざまな手法が考案され始めています。企業が保有するデータには資産価値があるものが多く含まれますが、それらが一部の権限者しか活用できないようでは、商品開発や企画検討、サービス開発に時間がかかることになります。本稿では今後、データを利用する上で理解しておく必要にせまられるであろう、プライバシー保護データマイニングの手法の概要や課題、現状を紹介します。(2015/3/24)

iPadリポート総集編(2):
iPadと電子出版は“若者の読書離れ”を止められるか?
iPadリポート総集編の第2回では少し目先を変え、新しく出てきた電子書籍関連の話題を追っていく。iPadと電子出版の組み合わせはユーザーにとってどんな可能性を秘めているのだろうか。(2010/4/27)

「Apple製品、好きだよ」 ハッカー・DVDヨンの素顔
DRM破りで有名なDVDヨン。攻撃的なハッカーというよりは、ガジェットとビジネスに目を輝かせる、穏やかな25歳だ。(2009/7/10)

EFF、オープンソース「iPodHash」プロジェクト閉鎖を要求した米Appleを非難
EFFは、米Appleが「iPodHash」のWikiページを削除するよう求めたことに抗議した。Wikiページではハッシュの解析はしておらず、議論をしていただけと主張している。(2008/11/27)

ものになるモノ、ならないモノ(24):
ニッポンのインディよ!iPhoneの「予想外」にカワイイ系で打って出よ
ついにiPhoneが日本にも登場する。国内キャリアの垂直統合型ビジネスモデルは揺らぐのだろうか。そのとき、インディ系開発者が世界に打って出る商機がある!(2008/6/17)

iPhone 3G講演詳報――ジョブズと仲間たちが伝えた「iPhoneプラットフォーム」
アプリを作りやすいiPhone SDKと、その配信インフラとしてのApp Store。サードパーティーによる多彩なデモで、PCの次代を担うプラットフォームとして強力にプッシュした。(2008/6/10)

WWDC'08基調講演速報:
携帯電話からコンテンツプレーヤーへ脱皮した「iPhone」
スティーブ・ジョブズ氏らによるWWDC基調講演は、全編iPhoneにフォーカスした内容となった。ライバルはニンテンドーDS? PSP!?(2008/6/10)

ホワイトペーパー:
コンテンツの著作権管理は大丈夫? DRM技術の最新動向を追う
既存のDRM(デジタル著作権管理)技術には、「仕様非公開」「PC向け」などの制約があった。そこで登場したのが、家電メーカー主導で策定された「Marlin」だ。(2008/1/16)

私的録音録画小委員会:
「ダウンロード違法化」に反対意見集まるが…… 埋まらぬ「権利者」vs.「ユーザー」の溝
「違法サイトからのダウンロードは違法とすべきか」「補償金は必要なのか」――7500件も集まったパブリックコメントをベースに、小委員会で議論があった。ユーザーと権利者の深い溝は埋まらないが、一部で発展的な議論もあった。(2007/11/28)

「DVDヨン」、iPhoneを「Wi-Fi専用PDA」にするハッキング
DVDの暗号クラッキングで有名なハッカーが、iPhoneのハッキングに成功したと公言。AT&Tとの契約なしで通話以外の機能が使えるようになるとしている。(2007/7/6)

DRM対ハッカー、もはや業界は降伏するしかない?
Diggを炎上させた「AACSのプロテクトは解除できる」というニュースは、DVD業界に「変化か死か」の選択を迫っている。(2007/5/24)

津田大介氏:
「EMIは打つ手がなかった」――DRMフリー化と「CCCD」という無駄 そして日本は
音楽ジャーナリストの津田大介さんによる、音楽業界とDRMをめぐる問題のまとめとEMIによるDRMフリー化の背景、今後の展望について。EMIの決断の背景を考える上で「CCCDは絶対に外せない要素」として過去の経緯を振り返りつつ、「rootkit騒動」「Vista」という“2つの予想外”も決断のきっかけではと指摘。そして「着うたフル」全盛の日本は──。(2007/4/9)

MSのDRM技術「PlayReady」は携帯電話に照準、だがユーザーへの恩恵は?
Microsoftの新しいデジタル著作権管理(DRM)技術「PlayReady」は携帯電話での利用を見据えて、従来のWindows Media DRM技術よりも高い柔軟性を提供するとされている。だが、エンドユーザーが実際にどの程度の柔軟性を享受できるかは、技術よりも、ビジネスの交渉によって決まることになりそうだ。(2007/4/4)

レビュー:
「テレビをiPod化する」Apple TVがわが家にやってきた
ついにApple TVがわが家にやってきた。フルHD液晶テレビを購入したこともあり、このApple製STBをわが家の環境に組み込んでみることになった。Apple TVは無事に家族の一員となるれるだろうか?(2007/3/28)

ハッカー「DVDヨン」、スティーブ・ジョブズ氏に反論
「行動は言葉よりも雄弁だ、スティーブ」――FairPlayをクラックしたこともあるハッカーが、ジョブズ氏の「FairPlayを開放しない理由」に異を唱えた。(2007/2/7)

「4大レーベルはDRMを捨てよ」、Appleのジョブズ氏が提言
ジョブズ氏はFairPlayを開放しない理由を「レコード会社が求める楽曲の保護を保証できなくなる」と説明し、レコード会社がDRMを捨てるのが最善だと主張する。(2007/2/7)

市場の厳しい要求に応えるために:
変容する民生機器設計
民生機器の設計には、市場からの非常に厳しい要求が課せられる。この状況に応じるべく、チップやシステムの設計手法に変化が訪れている。(2007/2/1)

対談 小寺信良×津田大介(最終回):
私的複製のポジティブ面
私的録音録画補償金問題について、利用者と権利者がWin-Winの関係となる世界を築くためには、どういった視点をもって議論することが必要なのだろうか。津田氏は「私的複製のポジティブ面」にも着目すべきと提言する。(2006/6/20)

iTMSは消費者の権利を侵害――消費者団体の訴え認められる
ノルウェーの消費者オンブズマンは、iTunes Music Storeのサービス規約とDRMは不当であると認めた。(2006/6/8)

Google VideoのDRM付きコンテンツがMacで視聴可能に
Google Video PlayerがユニバーサルバイナリでMacに対応した。Google Notifier、Google Earthに続き、3本目のMac対応ソフトになる。(2006/6/7)

PR:ポータブルプレーヤー使いこなしのキホン――あなたにマッチする1台は?
デジタルオーディオプレーヤーの人気は高く、昨年末に初めての1台を購入した人も多いだろう。しかし、ただ漠然と使っているだけでは、その能力を100%発揮させることは難しい。ここでは使いこなす上でのキホンを再確認するとともに、これからの購入を考えている人へ、製品選びのポイントを伝授しよう。(2006/2/21)

ジョブズ氏、「HDDタイプのiPodはそろそろ交換だろう?」
アップルコンピュータは都内で関係者向けのイベントを開催、スティーブ・ジョブズ氏による新iPodなどの発表プレゼンテーションがビデオで紹介された。新iPodは動画再生も可能だが、ジョブズ氏は「あくまでも大切なのは音楽だ」という。(2005/10/13)

小寺信良:
人はなぜ音楽を買うのか
鳴り物入りで登場したiTMS-Jが好調だ。我々は今、音楽販売でのパラダイムシフトを目の当たりにしている。ここで原点に戻り、「なぜ人は音楽を買うのか」というところを考えてみたい。(2005/8/22)

ソニーBMGとEMI、コピー防止付きCDの米国販売開始
ソニーBMGとEMIは米国で初めてコピーコントロールCDを販売する。このCDからはiPodに楽曲を移せない。(IDG)(2005/7/30)

特集:初めてのポータブルプレーヤー
「圧縮音源」の“基礎の基礎”
最近のポータブルオーディオプレーヤーは音楽管理ソフトも良くできており、ボタンひとつで曲を転送できるが、MP3やWMAといった圧縮音源の特性などを知っていれば、より使いこなせる。基礎からもう一度確認してみよう。(2005/7/25)

「iTunes 4.7の暗号化技術を使った」――iTMSのDRM破り「PyMusique」新版
iTMSのDRM破りソフト「PyMusique」はWindowsとLinuxにのみ対応だが、Mac OS X版も可能であると作者は認めている。(IDG)(2005/3/24)

Apple、iTunesのDRM技術破りに対処
AppleはDRMなしの楽曲を購入できるソフト「PyMusique」締め出しの対策を講じた。(IDG)(2005/3/22)

iTunesのDRM技術を破る新アプリ「PyMusique」公開
iTMSからDRM制限なしの楽曲をダウンロードできてしまうアプリケーションが公開された。(IDG)(2005/3/19)

CeBIT 2005:
22グラムでFM付き、iPod shuffle激似の「Super shuffle」が、台湾から
台湾のメーカーからiPod shuffleにそっくりな音楽プレーヤーが登場した。FMチューナーとボイスレコーダー機能付き。(2005/3/11)

ソニー、業績説明会から見えてくる「次の一手」
先日発表されたソニーの第3四半期業績では同社のAV分野での苦戦振りが浮き彫りになっていた。しかし、その業績説明会を聞いていると、同社の採るべき「次の一手」もまた、鮮明に見えてきたのではないだろうか。(2005/1/31)

RealNetworks、iPodからの「締め出し」を修正へ
iPod用ソフトのアップデートにより、RealNetworksから購入した楽曲を再生できなくなったが、同社はiPodとの互換性を回復させるためのフィックスに取り組んでいる。(IDG)(2004/12/16)

Gateway、「iPod Photo対抗」MP3プレーヤーを発表
Appleの発表からわずか2日後、GatewayはiPod Photo対抗MP3プレーヤーを発表した。(2004/10/28)

DRM互換性推進団体、「ソニー参加、Apple不参加」の意味
従来閉鎖的なソニーがCoralに参加したのは、iPodに地盤の多くを奪われた今、復活するためにはある程度の互換性が必要だと認識しているからだとアナリストは指摘している。(IDG)(2004/10/5)

iTMS購入曲を「非iPod音楽プレーヤーで再生可能にする」ソフト登場
いったんCD-Rに焼いてしまえばDRM付き楽曲を別のデバイスに移動できる(日本以外では)。その手間を「合法的に」省いてくれるソフトが登場した。(IDG)(2004/9/14)

Appleの手の内にあるカードは?――弁護士から見たiPod論争
AppleがRealNetworksに対して法的手段を取るのはほぼ確実と見られているが、同社はどんな選択肢を選ぶのか。そしてAppleが勝った場合、あるいは負けた場合にどんな影響があるのだろうか?(IDG)(2004/8/4)

Apple不在のMacworld、ジョブズ“精神”は健在?
Macworld Conference & Expoが7月13日開幕した。Macintoshの20周年を記念するAppleの元社員4人によるパネルディスカッションでは、Macintoshプロジェクトの始まりと、4人がデザインに果たした役割が紹介された。(IDG)(2004/7/14)

「RealNetworksがAppleに提携持ちかけ」と米紙報道
RealNetworksのロブ・グレイザーCEOは、Appleのスティーブ・ジョブズCEOあての電子メールで、デジタル音楽の分野で「戦術的な提携」を持ちかけたという。実現できなければ、Microsoftと手を組まざるを得ないとする姿勢を強くにおわせたとされる。(2004/4/16)

Appleの「大番頭」が語る、小売り戦略、iPod/iTunes、そして長期戦略
Appleの財務責任者である二人が、同社の戦略について具体的な考えを明らかにした。(IDG)(2004/3/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。