ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「FOVE」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「FOVE」に関する情報が集まったページです。

Innovative Tech:
ユーザーの覚醒度を計測するVR HMD用生体センサー 東大が発表
市販のVR HMDを装着したユーザーの生体情報を取得する手法。(2020/1/24)

脳血流など生体情報を取得するVRデバイス ユーザーの興味関心や集中度を客観視
ベンチャーのNeUとVRデバイス開発のFOVEが生体情報を一括計測するVRデバイスを共同開発。ユーザーの興味関心を客観的に計測できる。(2018/10/15)

VRニュース:
VRは見るだけでは終わらない、触覚デバイスや視線追尾で生まれる価値
NECはVRソリューションへの取り組みを紹介するとともに、新たな技術提案を行った。(2018/3/22)

企業のトレーニング向けに、VRで視線追跡や触覚を再現――NECがVRソリューションを開発
NECは、「視線追跡」や「触覚フィードバック」といった次世代ヒューマンインタラクション技術とVR技術を組み合わせた法人向けソリューションを2種類開発した。買い物客の視線を可視化した店舗棚割りシミュレーションと、「感触」の共有による臨場感の高いトレーニングを可能にする。(2018/3/22)

産業用VRカレイドスコープ(4):
進捗いまいちな廉価産業用VRシステム、日本は“それ以前”の問題か
本連載では産業全体のVRの動向や将来展望について深堀りして解説していきます。今回は、産業用VRを取り巻く環境についての現状の最新動向について説明します。(2017/12/18)

テレビCMで視聴者の心はどう動く? VRや脳波センサーで分析
VR空間でCM映像を見せ、視聴中の視線の動きや脳波などから映像が視聴者に与えた心理効果を検証するサービス「VR ON AIR TEST」が登場。(2017/7/26)

挿絵がVRアニメで再生される「VRライトノベル」誕生 ボイス付きで声優陣に日高里菜さん、小林裕介さんなど
物語の中に没入する読書体験です。(2017/6/30)

まるで物語の主人公 目と耳で楽しむ“VRライトノベル”登場
ライトノベルの挿絵にあたる部分がVRアニメーションになっている“VRライトノベル”が登場。物語の主人公の視点で読書体験できる。(2017/6/29)

人の表情を“アバター”にリアルタイム反映 VR技術「FACE」、コロプラ子会社が開発
現実世界のユーザーの視線や表情を読み取り、VR空間のアバターに瞬時に反映するという技術「FACE」を、コロプラ子会社の360Channelが開発。(2017/5/29)

Microsoft Innovation Award 2017最終選考会:
人工筋肉やVR/AR、仮想ロボット、FoodTech……、先端技術から生まれるプロダクトとは
2017年3月22日に人工筋肉やVR/ARなどの先端技術を活用するスタートアップ企業の取り組みを表彰するイベント「Microsoft Innovation Award 2017」の最終選考会が開催された。どのような最新技術でどのようなプロダクトが生まれているのか紹介する。(2017/4/20)

イケメンや女子高生からの“壁ドン”体験! ハウステンボスにVRコンテンツ続々追加、日本最大級のVR施設に
ほかにも宇宙まですっ飛ぶ逆バンジーなど、新規17コンテンツが登場。(2017/2/9)

視線追跡型VR HMD「FOVE」がソードアート・オンラインとコラボ アスナを見つめるとほほ笑む
視線追跡機能を活用したデモコンテンツを用意する。(2017/1/24)

Oculus Riftはじめました:
初音ミクとスーパームーンを眺めたペーパームーンなMikulusナイト
Oculus Rift CV1を使う理由ができた。キラーアプリとなったMikulusの魅力とは。(2016/11/15)

視線追跡型VR HMD「FOVE 0」先行予約スタート アスナが照れるも怒るも視線次第なSAOコラボも
視線追跡機能を持つVR HMD「FOVE 0」の先行予約がスタート。価格は599ドルで、1月から順次発送する。(2016/11/4)

視線追跡型VRヘッドセット「FOVE 0」先行予約開始 「劇場版SAO」とのコラボでアスナとアイコンタクト
アスナの声優を務める戸松遥さんからスペシャルメッセージも。(2016/11/4)

東京ゲームショウ2016:
「VRはゲーム業界“だけ”のものではない」開発者が語る課題と未来
今年の東京ゲームショウで最も注目を集めた「VR(仮想現実)」。コンテンツメーカー、プラットフォーマ―から見た「VRの課題と可能性」とは? 基調講演のレポートをお届け。(2016/9/21)

VRに関係しない業界はない:
「VR(Virtual Reality)」がテクノロジー系展示会を乗っ取った日
2016年に行われたテクノロジー系展示会はVRが圧巻!? 各展示会に参加した著名人に、VRの現状を聞くイベントが開催されました。(2016/4/22)

VR系イベント情報:
「アケマス」「戦場の絆」の小山氏も出演! 「Tokyo VR Meetup」などVRの“今”が分かるイベント開催
パノラプロが、最新のVR動向に触れられるイベントを開催!(2016/4/18)

2016年秋の発売を目指す視線追跡型VRHMD「FOVE」 総額12.3億円の資金調達で開発体制を強化
世界初のアイトラッキング機能を搭載採用するVR HMDの「FOVE」が、Colopl VR Fundらから12.3億円の第三種割当増資を獲得した。(2016/3/23)

VRのハードル下げるか――日本発、視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」
日本で開発されているVRヘッドセット「FOVE」は、視線追跡技術を活用している点が特徴。高価なコンピュータでなくてもVRコンテンツが楽しめ、普及へのハードルを下げる可能性を秘めています。(2016/2/25)

ネカフェで「没入」、7000店舗にVR HMDを無償提供
仮想世界を視線で操作できる、視線追従型のVR HMD「FOVE」が日韓のインターネットカフェ約7000店に無償提供される。月間約2500万人にVRを体験してもらう機会を創出することでVR市場の立ち上げを狙う。(2016/2/5)

Oculusとの比較も:
謎のVRヘッドマウントディスプレイ「GALAX VISION」発売直前レビュー
「GALAX VISION」の国内販売が1月22日からスタートする。価格は5万4800円(税込)。Oculus Riftの一般向け製品版が予想以上に高価だったことで一部では失望の声が上がっているが、GALAX VISIONは対抗馬になり得るのか。“謎”が多い同製品を試してみた。(2016/1/21)

ベンチャーニュース:
仮想現実を視線で操作! “第3世代”のHMDが資金調達へ
スタートアップ企業のFOVEは同社の視線追跡技術を搭載したヘッドマウントディスプレイ「FOVE」の量産に向け、2015年5月19日よりクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金調達を開始すると発表。目標額は25万米ドル(約3000万円)。(2015/5/20)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Windows 10」が目指す世界とは?――Microsoftの反転攻勢シナリオ
Windows 7/8.1に対して無償アップグレードを提供しつつ、PC以外の適用範囲を大きく広げてきた「Windows 10」。Microsoftは同OSで何を目指しているのだろうか。(2015/1/23)

全国の特別支援学校に届けたい:
“目線”でピアノを弾く! 視線追跡型ヘッドマウントディスプレイを楽器演奏に応用
視線追跡の機能を搭載したヘッドマウントディスプレイを使い、“目線”だけでピアノを弾けるシステムが誕生した。視線で弾きたい音を選択し、まばたきすると、ヘッドマウントディスプレイに接続されたピアノから実際に音が鳴るという仕組みである。(2014/12/18)

視線追跡型HMD「FOVE」、日本から登場 目の動きだけで仮想空間を操作
視線追跡機能を搭載し、目の動きで操作できる個人向けHMD「FOVE」を日本のベンチャーが発表した。来年夏のSDK発売を目指す。(2014/7/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。