ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ゲームコントローラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ゲームコントローラ」に関する情報が集まったページです。

熱投影成形法で部分的に変形抑制:
産総研、電子回路を立体的に成形する新技術開発
産業技術総合研究所(産総研)は、平面上に作製した電子回路を壊すことなく、立体形状に成形加工できる技術「熱投影成形法」を開発した。機能性やデザイン性を損なわず、生産性も向上できることから、車載パネルやゲームコントローラなどへの適用を想定している。(2020/12/2)

超小型PCの道:
実は一番日本語入力をしやすい? ゲーミング超小型PC「OneGx1」で文字入力をしてみよう
ゲーミングに焦点を当てた超小型PC「OneGx1」だが、特徴的なゲームコントローラーを取り外すと、よりコンパクトな超小型PCとしても使えなくもない。キーボードでの文字入力がどんなものか、試してみようと思う。(2020/11/10)

PR:PCは便利なものだと感じてほしいから――娘にスタディパソコン「mouse E10」を勧めた結果
我が家の娘(小3)は、デジタルネイティブだ。物心ついた頃からデジタルの便利さや柔軟性に触れて育ってきた。けれど、手にしているのはタブレットだったりスマホだったり、あるいは友達の家でプレイしたゲームコントローラーだったりする。PCネイティブではない彼女の最初のマイPCには何が良いだろう? そう考えていたとき、PC USER編集部からマウスコンピューターのスタディパソコン「mouse E10」が届いた。(2020/9/9)

ロジクール、PS 5への対応もうたったハンドルコントローラーセットを発売 5年ぶりの最新モデル
ロジクールは、USB有線接続に対応したハンドル型コントローラーセット「ロジクール G923 レーシングハンドル & ペダル」を発売する。(2020/8/28)

“ゲーミングモバイルバッテリー”、アンカーが発売 ただし七色には光らず
アンカー・ジャパンが、ゲームコントローラー型のモバイルバッテリーを発売。前面にスマートフォンを横向きに設置でき、充電しながらグリップを握った状態でスマホゲームを楽しめるという。価格は3990円(税込)。(2020/8/13)

8月に店頭販売開始:
超小型PC「OneGX1」でどこでもゲームを楽しめる! 税別6万円台の「OneMix1S+」も
超小型PCに相次いでゲーミングモデルが登場している。中国One-Netbook Technologyの「OneGX1」は、ボディーの左右にゲームコントローラーを着脱できる、ユニークな1台に仕上がっている。日本では8月に登場する予定だ。(2020/7/1)

Razer、スマホ用ゲームコントローラ「Kishi」のAndroid版を9880円で発売
Razerが、スマホの充電ポートに接続するゲームコントローラ「Kishi」のAndroid版を9880円で発売した。ダウンロードしたゲームだけでなくGoogle Stadia他、クラウドゲームにも対応する。(2020/6/10)

地味に置き場所に困る「ゲームコントローラー」、山崎実業の収納ラックがいい解決法になりそう
テレビの周囲、ゴチャっとなりがち……!(2020/5/14)

タニタの「ツインスティック」一般販売 谷田社長「これが最後のチャンスです」
タニタがPS4用ゲームコントローラー「ツインスティック」を一般販売すると発表した。2018年に2度目のクラウドファンディングで製品化に成功し、話題になった「電脳戦機バーチャロン」用コントローラー。(2020/4/24)

ソニー、PlayStation 5の新コントローラー「DualSense」披露 “別次元の没入感をもたらす”
ソニーが年内発売予定の「PlayStation 5」のワイヤレスコントローラー「DualSense」の画像を披露した。ハプティックフィードバックやアダプティブトリガーなどの新機能についても説明した。(2020/4/8)

FAニュース:
装置のIoT化を進めるモーションコントローラー用無線LANアダプターを開発
山洋電気は、モーションコントローラー「SANMOTION C」用「ワイヤレスアダプタ 3A」を開発した。装置の状態をスマホやタブレットなどでモニタリングでき、装置のIoT化とメンテナンスの効率化に貢献する。(2020/3/18)

セガの名作「スペースチャンネル5」、VRで復活 モーションコントローラーで踊る体感ゲームに
PSVR版が2月26日に発売。HTC VIVE版、SteamVR版、Oculus Quest版も予定。(2020/2/11)

日本マイクロソフト、障害者でも自由にゲームを楽しめるカスタマイズ対応コントローラー
日本マイクロソフトは、任意のスイッチ接続やボタン割り当て機能を利用できるカスタマイズ対応ゲームコントローラー「Xbox Adaptive Controller」を発売した。(2020/1/9)

IIFES2019:
パナソニックがモーション制御やI/Oなどを一体化したPLCを出展、開発負担を軽減
パナソニックは「IIFES2019」(2019年11月27〜29日、東京ビッグサイト)において、モーションとネットワーク、I/O一体型のオールインワンモーションコントローラー「GM1」を出展。モーション制御開発の負担を軽減し、小型の機械などへの提案を進めていくという。(2019/11/29)

PS4の無線コントローラーの新色「ローズ・ゴールド」と同色の無線ヘッドセット、今秋数量限定発売
ソニー・インタラクティブエンタテインメントがPS4のワイヤレスコントローラーの新色「ローズ・ゴールド」「チタン・ブルー」「エレクトリック・パープル」「レッド・カモフラージュ」を今秋数量限定で発売する。「ローズ・ゴールド」のみ、ワイヤレスサラウンドヘッドセットも発売する。(2019/8/16)

WWDC 2019:
Xbox、PS4コントローラーは現行macOSでも利用できる
Xbox ワイヤレス コントローラーとDUALSHOCK 4は、iOSやtvOSだけでなく、旧macOSでも利用可能だ。(2019/6/6)

Dialogの「SmartBond」:
「Cortex-M33」を採用した無線SoC、Bluetooth 5.1に対応
Dialog Semiconductorは、組み込み技術の国際展示会「embedded world 2019」で、Bluetooth Low Energy(BLE)向けワイヤレスコントローラーSoC(System on Chip)「SmartBond」の新製品として、Bluetooth 5.1に対応した「SmartBond DA1469x(以下、DA1469x)」を発表した。(2019/3/7)

MicrosoftのスーパーボウルCMは障害者向けXboxコントローラで「We All Win」
Microsoftが4年ぶりにスーパーボウル向けCMを公開した。「We All Win」と題し、昨年発売した障害者向けゲームコントローラ「Xbox Adaptive Controller」で遊ぶ子どもたちを紹介する。(2019/2/1)

PS4「ツインスティック」増産プロジェクト、目標達成 30日まで支援募る
PS4向けゲームコントローラー「ツインスティック」の増産を目指すクラウドファンディングが、目標の4460万円を達成して成立した。商品の発送は2020年3月ごろの予定。1月30日まで募集を続ける。(2019/1/15)

タニタ、「ツインスティック」の増産プロジェクト開始 台数制限なしの購入型クラウドファンディングで
タニタがゲームコントローラー「ツインスティック」の増産を目指して、12月21日から購入型のクラウドファンディングプロジェクトを始める。(2018/12/20)

タニタが「ツインスティック」プロジェクト再始動 目標額を抑えてリベンジ
タニタは、7月末に不成立に終わった、ゲームコントローラーの開発を目指すクラウドファンディングのプロジェクトを再始動させる。(2018/10/18)

Nintendo Switch向けに再現した「ファミコンコントローラー」 オンラインサービス加入者限定
Nintendo Switchに配信されるファミコンゲームを、ファミコンコントローラーで遊べるように。(2018/9/14)

Nintendo Switchに「ファミコンコントローラー」発売 Onlineのレトロゲーム向け
昔の感覚でプレイしたい人向け。(2018/9/14)

オムロン:
ナノメートル単位のモーション制御を実現するコントローラー「CK3Mシリーズ」
オムロンは、ナノメートル単位のモーション制御を実現するプログラマブル多軸モーションコントローラー「CK3Mシリーズ」の販売を2018年8月1日から開始する。(2018/8/10)

タニタ「ツインスティック」プロジェクト、8000万円集めるも「不成立」で終了
タニタが6月8日から始めていた、ゲームコントローラー「ツインスティックVTX」開発プロジェクトのクラウドファンディングが終了。支援総額は約8254万円で、目標の2億7700万円に届かなかったためプロジェクトは「不成立」となった。(2018/7/31)

上海問屋のスマホゲーム用“ちょい足しボタン”がさらに改良 グリップ感が向上
ドスパラは、タッチ操作を補助できる外付けボタン器具「スマホ用 ゲームコントローラー」の改良モデルを発売した。(2018/7/27)

バトルロイヤルゲーム向けのスマホ用“ちょい足しボタン”が「クリック音アリ」に進化
ドスパラは、スマートフォンのタップ操作を補助できる外付けボタン器具「スマホ用 ゲームコントローラー」の新モデルを発表した。(2018/6/25)

「ゲーム用語が分からなかった」 タニタのゲーム業界進出、責任者は“ゲーム初心者”だった
体重計メーカーのタニタが、セガゲームスの「電脳戦機バーチャロン」新作向けに、ゲームコントローラーの開発に乗り出す。ゲーム分野は、タニタにとって新たな事業領域。ネット上では「タニタが本気だ」「ニッチな商品だが大丈夫か」と話題を呼んだ。そんな開発プロジェクトを社長から任されたのは、「あまりゲームに触れたことがなかった」という久保彬子さん(新事業企画推進部)だった。(2018/6/15)

タニタがゲーム業界に進出 セガと「バーチャロン」対応コントローラー開発 支援募る
体重計メーカーのタニタが、セガの「バーチャロン」向けに、ゲームコントローラー「ツインスティックVTX」を開発する。クラウドファンディングサイトで支援を募る。(2018/6/8)

スマホ向けバトルロイヤルゲームにぴったりな“ちょい足し”ボタン 上海問屋から
ドスパラは6月1日、スマートフォンの画面をタップできる外部ボタン「スマホ用 ゲームコントローラー(DN-915420)」を発売した。価格は799円(税別)。(2018/6/1)

ITはみ出しコラム:
Microsoftの斬新なコントローラー「Xbox Adaptive Controller」はこうして生まれた
Microsoftが障害のあるユーザー向けに開発した斬新なゲームコントローラー「Xbox Adaptive Controller」。その誕生の経緯を紹介します。(2018/5/20)

東京ゲームショウ2017:
ドラゴンの炎でゲームコントローラーが熱く 「温度」「痛み」再現するデバイス(動画あり)
「熱い」「冷たい」「痛い」―――そんな感覚を、ゲームコントローラーからリアルに味わえるデバイスが登場。(2017/9/22)

内なるジェダイを呼び覚ませ:
Star Wars:Jedi Challenges──“ライトセーバー”付属ARゲーム、Lenovoが“間もなく”発売へ
Lenovoが、映画「スター・ウォーズ」のジェダイの武器「ライトセーバー」型モーションコントローラーとARヘッドセットで遊ぶゲーム「Star Wars:Jedi Challenges」を発表した。(2017/7/16)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
打倒PS Vita? ゲーム機型スマホで復活をかける中華メーカー
今回紹介するのは、Snail Mobileのゲーム機型スマートフォン。「i7」は6型のディスプレイや6GBメモリを搭載するミッドハイのスマホ。左右にゲームコントローラーを搭載しています。(2017/7/13)

採用事例 イーソル μITRON4.0:
Nintendo Switch「Joy-Con」を支えるリアルタイムOS
品薄状態が続く「Nintendo Switch」の特徴の1つである、ゲームコントローラー「Joy-Con」。分離合体可能なコントローラーのNFC制御などにはリアルタイムOSが利用されている。(2017/6/25)

FAニュース:
最小構成で高速制御できるモーションコントローラー
富士電機は、サーボアンプモーター「ALPHA7」42形式と、モーションコントローラー「MICREX-SX SPH3000D」4形式を発売した。ALPHA7は、従来比約2倍の速度周波数応答3.2kHzにより高速制御が可能。SPH3000Dは、制御全体の処理能力が向上している。(2017/6/12)

ゲーム周辺機器メーカーのMad Catzが破産
ゲームコントローラなどゲーム周辺機器メーカーのMad Catzが経営再建ならず、清算する。(2017/4/1)

ロジクール、カーソル/ズーム操作なども可能な多機能プレゼンター「Spotlight」
ロジクールは、プレゼンテーション向け多機能ワイヤレスコントローラー「ロジクール Spotlight」を発表した。(2017/3/9)

Facebookメッセンジャーで「パックマン」など17ゲームをプレイ可能に
モバイル版Facebookメッセンジャーの最新版にゲームコントローラーアイコンが追加され、これをタップするとパックマンやアルカノイドなど、17種類のゲームをプレイできるようになる。(2016/11/30)

Oculus、単体でVRを楽しめるHMD「Santa Cruz」発表 モーションコントローラーなど既存機種の周辺機器も発売
PCや外付けのセンサーなしで、リッチなVR体験が可能に。(2016/10/7)

産業オープンネット展2016:
ソフトベースのモーションコントローラがラダー言語にも対応へ
ソフトサーボシステムズは、「産業オープンネット展2016」において、ソフトウェアベースのモーションコントローラ「WMX2」のデモンストレーションを披露した。(2016/8/3)

山洋電気 SMC263X/SMC265X:
1台で2台の6軸多関節ロボを制御できる高性能CPU搭載モーションコントローラー
山洋電気はモーションコントローラー「SANMOTION C」に、EtherCATインタフェースを搭載してCPUの処理能力を高めた新モデルを発表した。(2016/6/28)

予約できなかった人、慌てるでない:
Moveモーションコントローラーの“リモコン感”にはガッカリ 体験して分かった「PlayStation VR」の強みは?
予約困難になりつつある「PlayStation VR」。ソニー・インタラクティブエンタテインメントにお邪魔して実際に体験した結果、「発売日に手に入らなくてもいいかも」と思っちゃいました。その理由は……。(2016/6/22)

石井英男の「週刊Gear VR」(第6回):
気分はスターウォーズ! コントローラー対応の3Dスペースシューティング「Anshar Wars 2」
GALAXYスマートフォンと組み合わせて気軽に本格VRが楽しめる「Gear VR」。本連載では、Gear VRで楽しめるアプリを毎週紹介していく。第6回目は、ゲームコントローラーに対応した本格3Dスペースシューティングが楽しめる「Anshar Wars 2」を紹介する。(2016/6/20)

“VRブーム”の立役者はアダルトだけじゃない!:
VR空間で手が使える衝撃――「Oculus Touch」を体験して感じたモーションコントローラーの重要性「NVIDIA ULTIMATE FESTA 2016」
NVIDIAが、最新技術を披露する「NVIDIA ULTIMATE FESTA 2016」をアキバで開催。多彩なイベント内容のほか、VR体験コーナーでは年内登場予定の「Oculus Touch」を体験できた。VR空間で自分の手が使えるだけで、没入感は飛躍的に向上する……!(2016/6/19)

FAニュース:
高速処理CPU搭載のモーションコントローラーを開発
山洋電気は、モーションコントローラー「SANMOTION C」に高速フィールドバスEtherCATインタフェースを搭載し、CPUの処理能力を高めたモデルを開発した。1台のコントローラーで2台の6軸多関節ロボットを制御できる。(2016/6/15)

Thermaltake、iPhone/iPad対応のBluetoothゲームコントローラ「CONTOUR」
アスクは、Thermaltake製となるiOSデバイス向けゲームパッド「CONTOUR」の取り扱いを開始する。(2016/4/12)

Kinectで3Dスキャンして3Dプリントを楽しもう(2):
「Kinect Fusion」による3Dスキャンを徹底解説
モーションコントローラーデバイス「Kinect for Windows」で対象物を3Dスキャンして、3Dプリントするまでの手順を詳しく解説する連載。第2回は、Kinect for Windowsを使った3Dスキャンの詳しい手順について紹介する。(2015/8/3)

Kinectで3Dスキャンして3Dプリントを楽しもう(1):
「Kinect for Windows」を3Dスキャナとして活用する
モーションコントローラーデバイス「Kinect for Windows」で対象物を3Dスキャンして、3Dプリントするまでの手順を詳しく解説する連載。第1回は、全体像の把握を目的に、Kinect for Windowsを用いた3Dスキャンから、3Dデータの修正および3Dプリントまでの流れを紹介する。(2015/7/1)

バーチャルな世界への没入感が増す! Oculus Rift対応のワイヤレスコントローラー「Oculus Touch」発表
左右の手で操作する半月型コントローラー。(2015/6/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。