ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ソニー・インタラクティブエンタテインメント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ソニー・インタラクティブエンタテインメント」に関する情報が集まったページです。

ソニーが賭ける「メタバース」と「モビリティ」 勝算はあるか?
2022年度の経営方針説明会で、ソニーグループ会長兼社長 CEOの吉田憲一郎氏は今後の成長領域を「モビリティ」と「メタバース」と語った。(2022/5/20)

PS4とスマホでも「nasne」のニコニコ実況連携機能が復活
バッファローは25日、ネットワークレコーダー「nasne」の「ニコニコ実況連携機能」がPS4とスマートフォン/タブレット(iOS、Android)に対応したと発表した。3月のPS5版に続いてアプリをアップデート。(2022/4/25)

社員月給も平均7.3万円増額:
コーエーテクモ、新卒初任給29万円に引き上げ 競合ゲーム会社の初任給は?
コーエーテクモホールディングスは各グループ会社の正社員を対象に、大卒初任給を5万6000円増額し、月額29万円にすると発表した。バンダイナムコエンターテインメントと並び、大卒初任給ではゲーム業界で最高水準になるとみられる。ゲーム業界では、カプコンも社員の年収を平均3割引き上げるなど賃上げが相次いでいる。(2022/4/22)

株式保有率は4.9%に:
ソニーG、人気ゲーム「フォートナイト」開発元に1250億円追加出資 出資元が「PS5」のSIEでない理由
ソニーグループが人気オンラインゲーム「フォートナイト」の開発などを手掛ける、米エピックゲームズに約10億ドル(約1250億円)を追加出資すると発表した。同社は仮想空間「メタバース」領域での連携強化などを主な狙いとしている。(2022/4/13)

「nasne」のニコニコ実況連携機能、PS5で復活 PS4とスマホは「順次」
バッファローは13日、PlayStation 5用アプリ「torne」のアップデートで「nasne」の「ニコニコ実況」連携機能が復活したと発表した。(2022/4/13)

ソニーとレゴ親会社がEpic Gamesに20億ドル出資 メタバース開発に向けて
米Epic Gamesは、ソニーグループとデンマークKIRKBIからそれぞれ10億ドルずつの出資を受けると発表した。(2022/4/13)

nasneの神機能「ニコニコ実況連携」はなぜ復活できたのか バッファロー・SIE・ドワンゴを動かしたのは、終了を惜しむユーザーの“怨嗟の声”だった
一度終わったサービスがなぜ復活できたのか、プロジェクトに関わった3社に取材しました。(2022/4/13)

ミドル世代にちょうどいい! iiyamaの湾曲ディスプレイ「G-MASTER GB2766HSU-1A」を満喫した
マウスコンピューターのiiyamaブランドから発売された「G-MASTER GB2766HSU-1A」は、フルHD表示に対応した27型の湾曲ディスプレイだ。165Hzのリフレッシュレートに対応しながら、同タイプとしては手頃な価格を実現した本機を試した。(2022/4/12)

就職人気から占う今後のIT業界:
23卒「機械・電気・情報系」学生に聞く人気企業 3位はトヨタとNTTデータ、2位は富士通 1位は? マイナビ・日経調べ
2023年に卒業予定の機械・電気・情報系学科の大学生・大学院生に人気な企業はどこか。マイナビと日本経済新聞社が共同で調査を行い、トップ30を公表した。(2022/4/8)

「プレステの父」久夛良木健氏が近大で抱く野望
「PSの父」と呼ばれる久夛良木健氏が、近畿大学が新たに設けた情報学部の学部長に就任した。AIや情報セキュリティに特化した先端のIT人材育成が目的。久夛良木氏は「PS6ではできないことが、ここではできるかもしれない」と力を込める。(2022/4/4)

PS6ではできないこと:
「プレステの父」久夛良木健氏は、近大でなにをするのか
ソニーの家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)」を生み出し、「PSの父」と呼ばれる久夛良木健氏(71)が4月1日、近畿大学が新たに設けた情報学部の学部長に就任した。人工知能(AI)やサイバーセキュリティーに特化した先端のIT人材育成が目的だが、異彩を放つのがキャンパス内に設けられた国内トップクラスのeスポーツ施設だ。(2022/4/1)

サダタローのゆるっと4コマ劇場:
「PlayStation Plus」の新サブスクプラン、レトロゲーム好きマンガ家を悩ませる
「PlayStation Plus」のリニューアルでレトロゲーム好きにはうれしいプランも登場。それでも悩んでしまうポイントとは?(2022/3/31)

新会社「集英社ゲームス」始動 新作タイトルも複数発表 集英社のノウハウ、人材も活用
集英社が、ゲーム事業を手掛ける新会社「集英社ゲームス」を設立した。家庭用ゲームの企画開発、販売、ゲームクリエイターの発掘などを進める。(2022/3/31)

ねとTube:
バイオ7「ベイカー家の臓物鍋」をガチ再現! 狂気の再現度で話題のPS公式料理動画、中の人が語るこだわりとは
バイオ7「ベイカー家の臓物鍋」にパラッパラッパーの「シーフードケーキ」などガチすぎる再現が話題。(2022/3/27)

「nasne」のニコニコ実況連携が復活へ nasne継承1周年で
バッファローは24日、ネットワークレコーダー「nasne」と動画配信サービス「ニコニコ実況」の連携機能を復活させると発表した。(2022/3/24)

PS5、ロシアで販売停止 グランツーリスモ7など全製品 SIE「ウクライナの平和を願う」
ソニー・インタラクティブエンタテインメントが、ロシアにおいてPlayStation 5を含むハードウェアとソフトウェアの販売を停止した。(2022/3/10)

SIE、ロシアへのソフトウェアとハードウェアの出荷およびPS Storeの運営を停止
平和を願います。(2022/3/10)

BANDAI SPIRITS、流通業者にガンプラ高額販売の是正要求 改善ない場合は取引中止も 詳細を聞いた
取引先あての文書がTwitterに出回り話題となっていました。(2022/3/2)

人工知能ニュース:
ドライビングシミュレーター向けAIが世界トッププレイヤーに勝利
ソニーAIは、ポリフォニー・デジタル、ソニー・インタラクティブエンタテインメントと共に、AIエージェント「グランツーリスモ・ソフィー」を開発した。「グランツーリスモSPORT」の世界トッププレイヤーと競い合える高度な能力を習得している。(2022/3/1)

PS3、4月末で修理受付を終了 部材の枯渇で 周辺機器も
ソニー・インタラクティブエンタテインメントは28日、PlayStation 3の「CECH-4300」シリーズ本体と全てのPS3周辺機器のアフターサービスの受付を4月30日をもって終了すると発表した。(2022/2/28)

「PS VR2」デザイン公開、丸みを帯びた形に 通風孔やレンズ間距離調整機能などの新機能も
(2022/2/22)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
Nintendo Switchの快進撃は続く 初代プレステとWiiの通算販売台数を早くも突破
ゲーム街道の追い越し車線を爆走するNintendo Switch。いまだにランキングに残るあの名機に思いをはせると……。(2022/2/14)

ソニーがグランツーリスモ攻略AI発表、強さと“マナー”を両立 トップ選手「初めて勝ちたいと思えた」 アップデートで一般提供予定
ソニーAIとSIE、ポリフォニー・デジタルの3社が、ゲーム「グランツーリスモ」で世界トップランカーにも勝てるAIを開発した。ただ勝つだけでなく、レースマナーを守りながら走れるのが特徴だ。(2022/2/10)

ソニーがBungie買収で手に入れたかった「とあるノウハウ」 勢い増すゲーム企業の買収合戦
ソニーが米国のゲーム会社「Bungie」を36億ドル(約4140億円)買収すると発表した。過去のSIEによる買収の中でも最高額となる。本稿では、その背景について解説する。(2022/2/3)

製造マネジメントニュース:
ソニー3Q決算は過去最高の売上高と営業利益、モビリティ事業はアセットライトで
ソニーグループは2022年2月2日、2022年3月期(2021年度)第3四半期(10〜12月)の業績を発表した。半導体不足や物流混乱などのマイナスの影響を受けたものの、半導体分野などの大幅増やその他事業の堅調などがあり、第3四半期としては過去最高の売上高と営業利益を達成した。(2022/2/3)

ソニー、PS5の今年度販売目標を300万台以上引き下げ 半導体不足で
ソニーは2日、PS5の2021年度の販売目標台数を1150万台に下方修正した。昨年5月の時点では1480万台以上を目指すとしていた。(2022/2/2)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
ソニーにMicrosoftにWordleに――最近のゲーム業界、買収しすぎ?
2週間前のMicrosoftによるActivision Blizzard買収に続き、今度はソニーが米Bungieを買収。動向が激しいゲーム業界。(2022/2/1)

ソニーがBungieを36億ドルで買収 「Halo」や「Destiny」の開発元
ソニー・インタラクティブエンタテインメントは1月31日(米国太平洋時間)、アメリカのゲーム開発会社Bungieを買収することで両社が合意したと発表した。(2022/2/1)

ソニー、「Halo」や「Destiny」のBungieを36億ドルで買収
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)はゲーム企業Bungieを36億ドルで買収すると発表した。「Halo」や「Destiny」で知られるスタジオだ。買収完了後、独立した子会社として存続し、開発ゲームがプレイステーション独占になることはないとしている。(2022/2/1)

なぜMicrosoftは7.8兆円投じてまでゲーム会社を買うのか 変革期に突入するゲームビジネス
米MicrosoftがActivision Blizzardを約7.8兆円で買収した。ZeniMax Mediaに続く大型買収だが、なぜMicrosoftはゲーム会社を次々に買収するのか。そこにはゲームビジネスが大変化しつつあるためだ。その背景をひもとく。(2022/1/24)

「PS5品薄でPS4の生産終了を撤回」報道をソニーが否定 「PS4の生産を昨年末で終了するという計画はありませんでした」
「PS5不足のためPS4生産停止を撤回したのは事実ではありません」と否定。(2022/1/14)

ソニーのEVはどんなクルマに仕上がるか 開発責任者への取材などから予想する
ソニーは2022年春にEV参入を検討するための事業会社「Sony Mobility」を設立すると発表した。はたしてソニーが作るEVとはどのようなものになるのか? 開発責任者への取材などから予想してみよう。(2022/1/11)

90年代のゲーマー必見! サターンとプレステをデザインした腕時計がカプセルトイで登場
全4種類を展開します。(2022/1/11)

まだ見えぬ「PlayStation VR2」の本当の姿――歴史と「いま分かること」から予想する
CES 2022で発表された「Playstation VR2」。デザインや価格、発売時期などは未公表で、どのような製品になるのかを正確に描き出すのは難しい段階だ。だが、公表済みの情報からも商品の特性は予想できる。PSVR2はどういうものになるのかを考えてみたい。(2022/1/7)

PS5向け次世代VRシステムの名称は「PlayStation VR2」 SIEがCES 2022で発表
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は1月4日、米ラスベガスで開催中のCES 2022でPlayStation 5(PS5)向けの次世代VRシステムの正式名称が「PlayStation VR2(PS VR2)」になると発表した。(2022/1/6)

「PlayStation VR2」発表、PS5向け 触覚フィードバック機能搭載
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、PlayStation 5向け次世代VRシステム「PlayStation VR2」を発表した。有機ELディスプレイを搭載し、片目当たりの解像度は2000×2040ピクセル、フレームレートは90/120Hz。価格や発売日は未定。(2022/1/5)

PS5用VRヘッドセット「PlayStation VR2」発表 4K HDRやアイトラッキングの採用でより深い没入感を実現
専用ゲームとして「Horizon」新作も発表。(2022/1/5)

約650gでRyzen搭載の超小型Windows PC「AYA NEO 2021」で錆びついたゲーム魂をよみがえらせる
これまで、超小型ゲーミングPCといえばIntelの一人舞台状態だったが、ついにAMDのRyzenプロセッサを搭載したモデルが一般市場でも手に入るようになった。約650gという軽量ボディーの「AYA NEO 2021」をチェックした。(2021/12/22)

4K/144Hzで色鮮やかな画面! ASUSの32型「ROG Swift PG32UQ」は長く使える相棒になれるか試してみた
一度買うと、長く付き合う周辺機器の筆頭格が液晶ディスプレイだ。最近のキーワードであるHDMI 2.1/4K表示/高リフレッシュレート/HDR対応といったポイントを網羅している、ASUS JAPANの「ROG Swift PG32UQ」をチェックした。(2021/12/15)

PS5のDualSense、日本のApple Storeで販売開始 iPhoneやiPadのゲームコントローラーに
Apple Storeが、SIEのPlayStation 5用ゲームコントローラー「Sony PlayStation DualSenseワイヤレスコントローラ」を販売開始した。(2021/12/8)

PS5版「torne」24日公開 バッファロー「nasne」にはダビング機能追加へ
「torne」のPS5版が24日配信開始。あわせて、バッファローのnasneで録画したテレビ番組を別のnasneにダビングできる「お引越しダビング」機能もリリースへ。(2021/11/10)

「5万円台スト5PC」連載が1年ぶりに復活!:
PCで本格ゲームプレイ! こだわり「アケコン」の選び方2021【前編】
eスポーツかいわいでは、プレイヤーが家庭用ゲーム機からPCへ移行する例が多いという。何がそうさせるのかを考えるとともに、PCでゲームする際に必要なコントローラー回りの選び方を一からガイド!(2021/10/29)

PS5は初期型PS4より省エネ、ソニー推定
SIEは28日、PlayStation 5は「2013年の発売当初のPS4と比べて消費電力が約11〜17%減少したと推定している」と発表した。(2021/10/29)

4Kブラビアのサブスクに、PS5のリースオプションが追加 月額1720円から
NTTぷららは、ソニーの4K対応テレビ「ブラビア」をリースするサブスクリプションサービス「月々テレビ」で、家庭用ゲーム機「PlayStation 5」(PS5)を月額1720円でリースできる新オプションを発表。(2021/10/28)

Apple、PlayStation 5向けにApple Musicアプリを提供開始 ゲームプレイ中のバックグラウンド再生も可能
プレステ5でゲームプレイ中のBGMをApple Musicから選べるように。(2021/10/28)

デザインの力:
2021年度グッドデザイン賞は過去最多、分身ロボ「OriHime」や3D都市「PLATEAU」などが大賞候補に
日本デザイン振興会は「2021年度グッドデザイン賞」受賞記者発表会をオンラインで開催した。今回は、過去最多となる1608件がグッドデザイン賞を受賞。併せて、高い評価を受けた100件のプロダクトやサービスなどに贈られる「グッドデザイン・ベスト100」が決定した他、さらにその中から「グッドデザイン金賞」「グッドフォーカス賞」が選ばれた。(2021/10/21)

PS5が「グッドデザイン金賞」に デザインやメンテナンス性を評価
ソニーは20日、PS5が「グッドデザイン金賞」(経済産業大臣賞)を受賞したと発表した。(2021/10/20)

MC・本田翼によるゲーム教養番組がNHKで放送へ 星野源・小島秀夫をゲストに迎えて「デス・ストランディング」を深掘り
10月15日の22時45分から放送。(2021/10/8)

「Play At Home」のゲーム無料配信は累計6000万ダウンロードに SIE報告
SIEは8日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界的な外出自粛を受けて2020年4月に始めた「Play At Home」キャンペーンで累計6000万のゲームやゲーム内コンテンツがダウンロードされたと明らかにした。(2021/10/8)

サダタローのシェアさせていただきますR:
追加DLCは高いか、安いか ゲーム好きの漫画家が「FF7R」と「ゴースト・オブ・ツシマ」で検証
漫画家のサダタローさんが、思わずSNSでシェアしたくなる話題を漫画で紹介する連載。今回は人気ゲームの追加DLCについて、値段に見合っているのか検証しました。(2021/10/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。