ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「純正」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「純正」に関する情報が集まったページです。

プリンストン、12.9型iPad Pro用の耐衝撃性ケース「SCOUT」2月4日に発売
プリンストンは、12.9型iPad Pro(第5世代)用ケース「SCOUT」を発売。Apple純正Magic Keyboardを装着して使用し、Apple Pencil(第2世代)を収納するホルダーを搭載する。(2022/1/28)

iPhone Tips:
iPhoneのタイプミスを「3本指」で修正する方法
「メモ」「メッセージ」といったiPhone純正アプリで、タイプミスを手軽に修正したいなら「3本指」操作が便利だ。取り消し/やり直しだけでなく、コピー/ペーストも手軽に行える。(2022/1/28)

「ビジネス用Chromebook」の使い方・選び方【第5回】
「Google Pixelbook Go」は仕事で使えるか? “Google純正Chromebook”の中身
「Chrome OS」の開発元であるGoogleが、自ら販売する「Google Pixelbook Go」。ビジネス向け「Chromebook」として、Google Pixelbook Goにはどのような特徴があるのか。簡潔に紹介する。(2022/1/9)

ノートオーラにも対応! TV-KITがあればプロパイロット作動中でもTV&動画視聴などができる
純正ナビは走り出すと「テレビ」が見られなくなる……。それだと助手席や後席の人は不便です。そんな人にこのキットはいかがでしょう。(2022/1/3)

これがあれば大画面でNetflixが見られる! トヨタのディスプレイオーディオで楽しめる待望のキット登場
車内でNetflix見たい、Fire TV Stick使いたい! ゲーム機をつないで遊びたい〜! こんなときに導入したい外部入力端子追加キットが登場。トヨタ純正ディスプレイオーディオ対応です。(2021/12/30)

3Dプリンタニュース:
XYZプリンティング製3Dプリンタ向けに改良した鋳型製作用材料の利用を認定
XYZプリンティングジャパンは、太平洋セメントの鋳型製作用3Dプリンタ材料「TCaST」を、XYZプリンティング製3Dプリンタ「PartPro350xBC」専用に改良した「TCaST for XYZ」の利用について、純正材料と同じく保証対象として認定した。(2021/12/1)

小寺信良のIT大作戦:
PC選ばずサクサク動画編集 Microsoftが買収したオンライン編集ツール「Clipchamp」を試す
ムービーメーカーが打ち切られて途絶えていたMicrosoft純正動画編集ツールが戻ってきた。(2021/11/22)

GitHub Codespacesとの違いは?
Webブラウザで使えるVisual Studio Code「OpenVSCode Server」
GitHub Codespacesに続きWebブラウザ版が公開されるなど、インストール不要のVS Codeが盛り上がっている。Gitpod社のOpenVSCode ServerもWebブラウザで使えるVS Codeだが、Microsoft純正品とは異なる特徴がある。(2021/11/19)

iPhone 13/12やM1搭載Macを自身で修理する「セルフサービスリペア」をAppleが発表
11月17日(現地時間)、米Appleがユーザー向けに純正パーツや修理マニュアルを提供する「セルフサービスリペア」(Self Service Repair)を発表した。2022年に米国で提供を開始する予定で、日本での展開は未定だ。(2021/11/18)

Apple、iPhoneの「セルフサービス修理」プログラムを来年米国などで開始へ
Appleは、ユーザーが自分でiPhoneを修理しても保証対象外にしない新プログラムを発表した。来年米国でiPhone 12、13を対象に開始する。Appleから純正部品やツールを購入する必要がある。(2021/11/18)

キター! トヨタ、「AE86」用純正パーツを復刻再生産
ハチロク乗りの皆さんお待たせしました〜。(2021/11/5)

材料技術:
「大気の窓」で冷える放射冷却メタマテリアル技術、日産が純正アクセサリーに採用
日産自動車が放射冷却素材の「Radi-Cool(ラディクール)」を、自動車メーカーとして初めて純正アクセサリーに採用した。全国の日産自動車の販売店において、ラディクールを使用した「サンシェード」「カーサイドタープ」「ハーフボディカバー」を「キックス」向けに発売。今後対象車種を拡大していく予定だ。(2021/11/4)

auで「Galaxy Watch4発売記念キャンペーン」 ナンバーシェアが48カ月無料に
KDDIは、10月8日から「Galaxy Watch4発売記念キャンペーン」を開催。ナンバーシェアを48カ月無料で利用でき、au Online Shopでの予約と購入で純正バンドももらえる。(2021/10/8)

Googleさん:
Pixel 6はこれで最強に? Googleが宣伝したいTensorチップはおいしいか
もうすぐ発売の「Pixel 6」の目玉は純正SoCの「Google Tensor」。Googleの日本チームによるポテトチップキャンペーンも大反響です。SoCの構成についての確度の高いうわさも出始めています。(2021/9/18)

Googleが“オリジナルポテチ”1万人に配布へ 「Googleの新チップ、いよいよ登場」
Google日本法人が、ポテトチップスのような菓子「純正チップス」を先着1万人に配布すると発表した。(2021/9/15)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Google Homeと連携する純正ネットワークカメラ「Google Nest Cam」ってどんな製品?【導入編】
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする連載。今回はGoogleが投入した見守りカメラ「Google Nest Cam」を見ていこう。(2021/8/26)

Googleさん:
Nest Camがやってきた Google純正のセキュリティカメラ、わが家をどう守ってくれる?
Google純正のセキュリティカメラ(見守りカメラ)「Google Nest Cam」がわが家にやってきました。以前どろぼうに入られたバルコニーにさっそく設置。洗濯物の揺れはスルーし、人の動きはプッシュ通知してくれます(設定によります)。(2021/8/24)

Magic Keyboardとの使い勝手の差は?:
トラックパッドも備えたロジクールの新型iPad Pro向けキーボード一体型ケース「COMBO TOUCH」を使ってみた
Apple純正品以外で、iPad用のトラックパッド搭載キーボードを積極的にリリースするロジクール。ここで取り上げる「COMBO TOUCH」は、最新の第5世代12.9インチiPad Pro用モデルだ。(2021/8/4)

わんこの肉球ぺたっ ホンダ純正カーアクセサリー「Honda Dog」がかわいいぞ
肉球シフトノブ、肉球だ肉球だ……!(2021/8/2)

Apple純正の「MagSafeバッテリーパック」を試す
iPhone 12の背中にちょこんとくっついて充電できる純正バッテリーパックを詳細レビューした。(2021/7/20)

Apple、iPhone 12の背中に磁力で吸着するバッテリー「MagSafeバッテリーパック」発売
Apple純正のMagSafeバッテリー登場。(2021/7/14)

きたぁぁ! 「70/80スープラ」の純正パーツ復刻再生産、対象パーツを拡充
「これからも走り続けることを願って……」。バンパーも復刻!(2021/6/29)

原因が分かるかも? Windows 11の動作可否を確認する「PC正常性チェック」がアップデート
Windows 11の動作可否を確認するMicrosoft純正アプリ「PC正常性チェック」がアップデートされた。Windows 11にバージョンアップできないと判定された場合に理由を知ることができるようになった……が、日本語表示ではなぜかそれが表示されない。【更新】(2021/6/29)

前モデルから何が変わった? 写真で解説する「Xperia 1 III」「Xperia 10 III」
「Xperia 1 III」と「Xperia 10 III」の外観を写真でレポート。Xperia 1 IIIは1 IIよりディスプレイのベゼル幅が狭くなり、背面はつや消し加工が施されている。両モデルで使える純正アクセサリー「Style Cover with Stand」も用意している。(2021/5/2)

【Amazonタイムセール祭り】Amazonデバイス特集「Fire HD 8 タブレット」が純正カバーとセット買いで1000円オフ
Amazonデバイスがお買い得。(2021/4/24)

第4世代iPad Air向けキーボード一体型ケースを試す:
トラックパッドを搭載したロジクール「FOLIO TOUCH iK1094BKA」は純正品と何が違う?
第4世代iPad Air用のカバー兼キーボードにトラックパッド付きモデルが登場した。Apple純正キーボードとどのような違いがあるのか、試してみた。(2021/4/15)

Teams認定デバイスも6月以降投入へ:
日本マイクロソフトが「Surface Headphones 2+ for Business」を5月6日に発売 税込みで約3.8万円
「Surface Headphones 2」をベースとしたビジネス向けヘッドセットが日本でも発売される。Microsoft Teams認定を取得し、USBドングルによるワイヤレス接続もサポートした。6月以降には、Microsoft純正のTeams認定ハードウェアも順次登場する。(2021/4/14)

Appleの「探す」アプリ、紛失防止タグ、電動自転車含むサードパーティー製品に対応 次期リリースではUWB使い方向も分かるように
Apple純正の「AirTag」はないが、サードパーティー製紛失防止タグ、対応する(2021/4/8)

保証切れのMacやiPhone/iPadの修理をより気軽かつ高品質に Appleが「Independent Repair Provider」を日本を含む世界に拡大
Appleが欧米で提供している「Independent Repair Provider(独立修理プロバイダ)」プログラムが、日本を含む全世界に拡大されることになった。保証切れのMac、iPhoneやiPadに限られるが、正規サービスプロバイダ以外でも純正部品を用いた修理を受けられるようになる。(2021/3/30)

Appleの忘れ物防止タグ「AirTag」は30ドル切る? サードパーティー製アクセサリーが一足先に登場
長らく噂されているApple純正忘れ物防止タグがいよいよ販売されるのかもしれない。(2021/3/29)

「Android System WebView」「Chrome(Android版)」に不具合 Google純正アプリを含めて広範囲に影響 困っている人は「Google Play」から更新を
Googleが3月23日(日本時間)に配信した「Android System WebView」「Chrome(Android版)」が原因で、Android向けの一部アプリに不具合が発生している。同日夕方に配信されたWebView/Chromeの最新版に更新することで、この不具合は解消される。(2021/3/23)

Microsoft純正のRPAツールが無償に Windowsユーザーの働き方は変わるか
マウスを多様する決まりきった退屈な作業、でもミスが許されないといった作業を、もしかすると今後は自動化できるかもしれない。MicrosoftがPower Automate Desktop for Windows 10を追加費用なしで使えるようにすると発表したからだ。将来的にはWindows 10への組み込みも予定されている。(2021/3/3)

AWS、Azure、GCPの「SaaS連携ツール」の違い【後編】
AWSやMicrosoftの純正品かサードパーティーiPaaSか SaaS連携ツールの選び方
SaaS連携ツールを選ぶときは、どのような観点で比較すればよいのだろうか。サードパーティー製の「iPaaS」を含めた選定ポイントを紹介する。(2021/1/26)

「Windows」の主要パッチ管理ツール【第2回】
Windowsパッチ管理ツール「Ivanti Security Controls」「Kaseya VSA」の基礎
「Windows」のパッチ管理作業を最適化するには、Microsoft純正の管理ツール以外にもサードパーティー製ツールが選択肢になる。本稿は「Ivanti Security Controls」と「Kaseya VSA」を紹介する。(2021/1/6)

iOS音楽アプリプロデューサーがM1 Macを使ってみたら:
M1 Mac、まさかの敗北 Apple純正Logic ProでIntel Macに勝てないとは
これまで敗北を知らなかったM1 MacがIntel Macにまさかの敗北。(2021/1/2)

3Dプリンタニュース:
自動車検査治具用の3Dプリンタ材料を出力素材認定、保守サポートサービスを開始
XYZプリンティングジャパンは、群栄化学工業の3Dプリンタ材料「CB50」を出力素材に認定した。高剛性の自動車検査治具用材料について、レーザー焼結式3Dプリンタ「MfgPro230 xS」の純正パウダーと同じ保守サービスを提供する。(2020/12/25)

「Windows」の主要パッチ管理ツール【第1回】
Microsoft純正パッチ管理「MECM」「WSUS」の基礎 他社製との違いは?
Microsoftは「Windows」のパッチ管理ツールとして「MECM」(旧SCCM)や「WSUS」を提供している。両者はどのような機能を持つのだろうか。サードパーティー製ツールとの違いと併せて紹介する。(2020/12/23)

古田雄介のアキバPick UP!:
人気ブランドがコラボした“Razer×TAICHI”マザーボードが話題に
ASRockとRazerがコラボした、AMD X570/B550チップセット搭載TAICHIマザーボードが登場して話題を集めていた。Razerからは純正ケース「Tomahawk」シリーズも売り出されている。マシンをブランドで染め上げるプランがはかどりそうだ。(2020/12/14)

Apple、MagSafeデュアル充電パッドを発売 iPhone 12とApple Watchを同時充電
折り畳んで持ち運ぶこともできる純正MagSafeチャージャー。(2020/12/2)

Raspberry Pi 4用の公式ケースに装着できる純正ファンが発売
KSYは、Raspberry Pi 4公式ケース用冷却ファンの取り扱いを開始した。(2020/12/1)

MagSafe対応iPhone 12用純正レザーケースはMagSafeアクセサリの跡が残る
跡が気になる人はシリコーンケースかクリアケースの方を。(2020/11/9)

ノートPCライクに使えるのはどっち?:
2つの純正キーボードで第4世代「iPad Air」の使い勝手をチェックした
Appleの新型iPad Airが発売された。ボディーデザインを含めたフルモデルチェンジということで、これまでのカバー兼キーボードとの組み合わせはどうなるのか、実際に試した。(2020/11/4)

iPhone 12で威力を発揮する純正ワイヤレス充電器「MagSafe充電器」の充電性能と安全性を調べてみた
MACお宝鑑定団の専売特許、充電に関する細かすぎるチェック。(2020/10/29)

iPhone 12に磁石でフィットするApple純正MagSafeケース、その仕組み
Appleが販売開始したiPhone 12/Pro 12用クリアケース「Apple MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proクリアケース」実機レポート。(2020/10/20)

Googleさん:
最先端をやめたPixel 5、でも手に馴染む Pixel 4ユーザーが使ってみて感じたこと
Google純正Androidスマートフォンとしての最新ハイエンドモデル「Pixel 5」を使ってみました。いままでにない色「Sorta Sage」のバイオレジンでコーティングしたアルミ筐体の手触りは優しく、手に馴染みます。(2020/10/18)

Microsoft 365ユーザーなら無料で使える
Microsoft純正、Wordの文字起こし機能「Transcribe」はどこまで使える?
「Microsoft Word」の文字起こし機能「Transcribe」は、音声ファイルを文字に書き起こすプロセスの合理化を図る。文字起こしに苦労している人にとっての“救世主”となるのか。(2020/10/18)

Apple、純正アクセサリーの「800円しばり」やめる EarPodsを値下げ、ケーブルやコネクターは値上げ
iPhone 12の発表後、純正アクセサリーの価格改定を行った。(2020/10/14)

Apple純正インイヤー型イヤフォン、販売終了
Appleは、Apple In-Ear Headphones with Remote and Micの販売を終了した。(2020/10/6)

次期iPhoneの製品名流出? iPhone 12 mini、iPhone 12、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxの可能性
Apple純正シリコンケースのパッケージシールと思われる画像がTwitterに投稿された。(2020/9/26)

テレワーク時代のスマート家電:
Amazon純正 スマートプラグで電源ボタンのない“あいつ”を操作する
Amazon純正のスマートプラグを利用すれば、音声で電源のオン/オフが行える。扇風機や電球などを使う際に重宝するが、電源ボタンのない“あいつ”も操作できるようになる。(2020/9/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。