ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Googleショッピング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Google Product Search

今日のリサーチ:
Criteo、Facebook、Googleショッピング広告が人気――フィードフォース「データフィード利用状況調査2019」
データフィードを活用している企業が利用する人気の媒体(フィード送信先)やその推移、データフィード管理環境などについてまとめています。(2019/10/24)

「Google Lens」にファッションコーデ機能 Pinterest危うし
Googleの画像情報検索機能「Google Lens」の新機能「style ideas」は、衣服の画像でLensを起動すると、その服のコーディネート例を検索結果として提示する。SNSで気になったファッションやショーウィンドウの服で使える(ただしまだ米国でのみ提供)。(2019/10/4)

米国版「Googleショッピング」、値下げ通知や地元で購入などの新機能
Googleが商品検索・比較サービス「Google Shopping」の米国版を強化し、再注文機能や登録した商品の値下げ通知など、Amazonのような便利機能を追加した。(2019/10/4)

Google、検索結果に“出前ボタン”、アシスタントからの注文も まずは米国で
Googleが米国で、複数の出前サービスと提携し、検索結果やGoogleマップ、Googleアシスタントから直接出前を頼めるようにした。(2019/5/24)

Google、モバイル版「Google」や「Googleショッピング」にも広告掲載へ
Googleが広告についての新たな取り組みを発表した。Googleアプリのトップページへの画像広告の掲載やYouTube検索でのショーケース広告、Googleショッピングでの直接購入などだ。(2019/5/15)

EU、Googleに15億ユーロ(約1900億円)の制裁金 検索広告で競争法違反
欧州委員会がGoogleに対し、AdSenseによる検索広告仲介で独禁法に違反したとして14億9000ユーロの制裁金を科した。2017年からのEUによるGoogleの制裁金の累計が82億5000万ユーロになった。(2019/3/21)

EU、オンラインプラットフォームの公平性のための新規則で合意 GoogleやAmazonが対象
EUが、AmazonマーケットプレイスやGoogle Playストア、検索エンジンなどを対象とする新規制で合意したと発表した。こうしたオンラインプラットフォームに透明性強化を義務付ける。(2019/2/18)

非承認となった商品を自動的に除外:
Google ショッピング広告の掲載商品数を最大化、アイレップが「Marketia Feed Manager」に機能追加
アイレップは、Google ショッピング広告の掲載商品数の最大化機能を「Marketia Feed Manager」に追加実装したと発表した。(2018/12/26)

Google、中国ネット通販大手JD.com(京東商場)に5億5000万ドル出資
Googleが中国ネット通販大手のJD.comに5億5000万ドル(約610億円)を出資し、クラスA株式2700万株を取得する。GoogleはJD.comの技術をサポートし、JD.comはGoogleショッピングで市場を拡大する。(2018/6/19)

特集・音声言語インタフェース最前線:
「Amazon Echo」と「Google Home」を120日使い比べて分かった優劣
スマートスピーカーを代表する「Amazon Echo」と「Google Home」は何が違うのか、どちらが優れているのか。4カ月以上これらを使い比べてきた筆者が、七番勝負で判定する。(2018/4/7)

わずか3ステップで設定可能:
Google ショッピング広告を最短5分で開始、フィードフォースが中小ECサイト向け広告運用自動化ツールを提供
フィードフォースは、中規模ECサイト向けの広告運用自動化ツール「EC Booster」の提供を開始した。(2018/3/8)

使えるダイナミック広告 第4回:
Google ショッピング広告で成功するための3つのポイント
Google ショッピング広告の効果を高めるには、広告キャンペーンのチューニングだけでなくデータフィードのチューニングが不可欠。そのポイントを紹介します。(2018/2/27)

リターゲティング機能に加え未訪問の潜在顧客にアプローチ:
Feedmatic、Googleダイナミック広告のプロスペクティング配信を提供開始
フィードフォースはダイナミック広告運用サービス「Feedmatic」からGoogleダイナミック広告の「プロスペクティング配信機能」が利用可能になったと発表した。(2018/2/22)

使えるダイナミック広告 第3回:
ダイナミック広告の定番「Criteo」で高い成果を挙げる方法
今回はダイナミック広告の定番「Criteo」を取り上げ、データフィードとタグを活用して高い成果を挙げるためのヒントを紹介します。(2018/2/13)

データフィード作成工数を削減:
フィードフォース、「dfplus.io」に自動最適化機能を追加
フィードフォースは、セルフサーブ型のデータフィード統合管理プラットフォーム「dfplus.io」に、広告媒体の仕様に合わせて自動でフィードを最適化する「自動最適化」機能を追加した。(2017/11/14)

EU、Googleに過去最高24億ユーロ(約3000億円)の独禁法違反制裁金
欧州委員会は、Googleが欧州独占禁止法に違反したとして過去最高の24億2000万ユーロ(約3043億円)の制裁金支払いを命じた。Googleは異議を申し立てる構えだ。(2017/6/27)

対応媒体が大幅拡大:
フィードフォース、データフィード統合管理プラットフォーム「dfplus.io」にカスタムデータフィード機能搭載
フィードフォースは、データフィード統合管理プラットフォーム「dfplus.io」にカスタムデータフィード機能を追加したと発表した。(2017/3/3)

データフィード統合管理プラットフォーム「dfplus.io」の正式版:
フィードフォース、セルフサービスでデータフィードの作成・管理が可能なプラットフォームを提供
フィードフォースは、データフィードの作成・管理・最適化を広告担当者自身で行うことのできるデータフィード統合管理プラットフォーム「dfplus.io」の正式版の提供を開始した。(2016/12/2)

広告主のデータフィード運用を支援:
オプト、商品情報データを配信先のフォーマットに合わせて配信する「D-Freed」を提供
オプトは2015年5月7日、ディスプレー広告やリターゲティング広告、検索連動広告などで、データフィードを効果的に活用できるデータフィード運用プラットフォーム「D-Freed」の提供を開始した。(2015/5/7)

EU、Googleに検索事業に関する異議告知書送付 Androidの調査も開始
EUが、Googleに対し、検索事業における独禁法違反容疑で異議告知書を送り、これとは別にAndroidを巡っても独禁法違反の疑いがあるとして正式調査を開始した。Googleは異議告知書については「見当違い」と反論し、Androidについても「開発者には自由がある」と説明した。(2015/4/16)

もうすぐホリデーシーズン:
モバイル版Google検索に360度製品画像などショッピング支援機能
Googleが、今週末のブラックフライデーに向けて、スマートフォンやタブレットのGoogle検索での商品検索結果に、360度回転して見られる画像や取扱店とその販売価格一覧などを確認できる商品広告カードの表示を開始した。(2014/11/25)

Google、ライバルAmazon対抗の当日配送サービス「Google Express」を強化
Googleが、Amazon.comに対抗して昨年立ち上げた当日配送サービス「Google Express」(旧Google Shopping Express)の提供地域とパートナーの拡大を発表した。(2014/10/15)

Google、配送ドローンプロジェクト「Project Wing」のテストを実施
Googleが、Amazonの「Prime Air」と競合するドローンによる配送サービスのテストをオーストラリアで実施した。Google Xで2年前に立ち上げた「Project Wing」というプロジェクトの一環という。(動画あり)(2014/8/29)

Googleの当日配送サービスに書店大手Barnes&Nobleが参加
Amazon.comの当日配送サービスと競合するGoogleの「Google Shopping Express」のショップパートナーとして、米書店大手のBarnes&Nobleが参加した。(2014/8/8)

Googleの当日配送サービス「Shopping Express」、マンハッタンでも利用可能に
Googleのショッピングサイトで購入した商品が当日届くサービス「Google Shopping Express」の提供地域にニューヨークのマンハッタンが加わった。(2014/5/6)

モバイル対応とショッピング比較エンジンがカギ:
2013年のECサイト、モバイル経由からのトラフィックが30%
2013年、米国内ECサイトへのトラフィックの30%はタブレットやモバイルデバイス(スマートフォン含む)からのもので、オンラインサイトの総売り上げの7%以上は、Googleショッピングなどのショッピングサイト比較エンジン由来であることが分かった。(2014/3/7)

商品リスト広告、3倍の伸び:
マリンソフトウェア、モバイルショッピングと商品リスト広告に関する調査結果を発表
統合型広告運用プラットフォームを提供するマリンソフトウェアは2月27日、「Googleショッピング:モバイルショッピングの増加とPLAの普及(2014 年版)」という最新調査レポートを発表した。(2014/2/28)

MicrosoftがまたアンチGoogleキャンペーン 今度の標的はChromebook
Microsoftが数年前から実施しているアンチGoogleキャンペーン「Scroogled」で、今度は人気リアリティショーを舞台にChromebookを“ホンモノのノートPCじゃない”と攻撃した。(2013/11/27)

Google、宅配ボックスサービスをサンフランシスコでスタート
Googleが、オンラインショッピングの当日配送サービスに続けて、宅配ボックスサービスをサンフランシスコでスタートした。(2013/10/1)

Google、日用雑貨の当日配送サービスを正式スタート モバイルアプリも公開
オンラインショップで洗剤や衣服などを発注すると当日届く「Google Shopping Express」がカリフォルニア州の一部でスタートした。iOSおよびAndroidアプリも公開された。(2013/9/26)

モバイルアプリ「Google Shopper」が8月30日に終了
Googleの商品検索・比較サービス「Google Shopping」をモバイル(AndroidおよびiOS)端末から利用するためのアプリ「Google Shopper」が8月30日に提供を終了する。Google Shoppingの改善にリソースを集中させるためとしている。(2013/7/30)

Google、“当日配送サービス”「Shopping Express」のテストを開始
GoogleがAmazonの「Local Express Delivery」に対抗する当日配送サービス「Google Shopping Express」のテストをサンフランシスコのベイエリアで開始した。TargetやToys“R”Usなどの小売り大手がテストに参加している。(2013/3/29)

Googleの“春の大掃除”で「Google Reader」他8サービスを終了
2回目になる春の大掃除では、Google Readerの他、写真編集ツール「Snapseed」のデスクトップ版やMicrosoft Office向けプラグイン「Cloud Connect」の終了が発表された。(2013/3/14)

KDPによる個人出版ブーム、老舗サービスの辿る道は:
ブクログ吉田氏に聞く「パブー」の今後
電子書籍の個人出版サービスであるKindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)が注目を集める中、国内の先駆けと言えるブクログの「パブー」は、いま新たにパブリッシャーとしての道を歩みつつある。パブーを運営するブクログ代表取締役社長 吉田健吾氏に話を聞いた。(2013/3/14)

Googleショッピング商品掲載代行サービス:
GMO-PG、Googleショッピングをベースにした集客支援サービスを本格提供――試験運用では最大120%売上向上
非対面クレジットカードなどの決済事業を営むGMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG)は、ECサイト運営者の代わり、Googleショッピングへの商品掲載からGoogle商品リスト広告を代行する「Googleショッピング商品掲載代行サービス」を3月12日より開始すると発表した。(2013/3/13)

Google、“冬の大掃除”でExchange ActiveSyncのApps以外でのサポートを終了
Googleアカウントのメール、連絡先、カレンダーをiPhoneやWindows Phoneなどと同期する「Google Sync」が、来年1月30日にGoogle Appsユーザー以外の新規端末に設定できなくなる。(2012/12/17)

Google、オンラインショッピングの私書箱サービス企業BufferBoxを買収
Googleが、オンラインショッピングの配送ロッカーサービス企業を買収した。BufferBoxはオンラインショップユーザー向けの、最寄りのコンビニなどに設置したロッカーに購入品を配送し、いつでもピックアップできるようにするサービスだ。(2012/12/3)

MicrosoftがまたアンチGoogleキャンペーン 標的は「Google Shopping」
「Google Shopping」の検索結果に表示されるのが有料で登録したショップのものだけであることなどを指摘し、クリスマス・キャロルの主人公スクルージのようなGoogleではなく、公平なBingをメインの検索エンジンにしようと呼び掛けている。(2012/11/29)

背景にGoogle Shoppingを巡る確執か:
Amazon、Kindle Fireシリーズの標準検索エンジンをBingに変更
Amazonが発表したKindle Fire HDなどの新モデルでは、標準検索エンジンをBingとなっているが、その背景にはGoogleとの確執があるようだ。(2012/9/10)

月額0円でオンラインショップを開設・運営できる「ZEROSTORE」 DeNAが展開
DeNAが公開した「ZEROSTORE」は、月額料金など不要でオンラインショップを開設・運営できるサービス。(2012/7/18)

Googleショッピングへの商品登録が米国で今秋に有料化へ
Googleは、商品情報の登録を有料化することで、ユーザーにより信頼性の高い情報を提供できるようになるとしている。(2012/6/1)

リアル店舗の在庫も分かるショッピングアプリ「Google Shopper」を試す
ネットでショッピングを楽しむ人にオススメしたいAndroidアプリの1つが「Google Shopper」だ。Googleショッピングをスマートフォン上で便利に使えるこのサービスを、実際に使ってみた。(2012/1/24)

MicrosoftとGoogleのビッグデータ計画【後編】
Google Fusion TablesでGoogleが示すビッグデータ活用の未来
後編ではGoogleのビッグデータ活用サービスを紹介。Google DocsやGoogle Mapとの連携で、ビッグデータの先進的な活用方法を示している。(2011/10/5)

リアル店舗の在庫も検索 Google、ヨドバシやハンズと提携し「ローカルショッピング」
Googleは、街中のリアル店舗の商品在庫も検索対象にした「Google ローカルショッピング」を始めた。まずヨドバシカメラや東急ハンズ、HMVなど7社の店舗から在庫情報の提供を得て展開する。(2011/9/16)

Google、Googleマップの「Google+」での共有を簡易化
Google Mapsの特定の場所や乗換案内、検索結果をGoogle+のサークルでコメントを付けて共有できるようになった。(2011/9/15)

Google、家電購入アドバイスサイトのSparkbuyを買収
SparkbuyはノートPCやテレビの購入をサポートする商品比較検索サービス。Googleは同サービスの機能をショッピング検索などに取り込むもようだ。(2011/5/24)

米Google、商品検索に新機能 実店舗の在庫状況を表示
Googleの「Product Search」に、探している商品の在庫が近くの店舗にあるかどうかを確認できる機能が追加。ほかにも新機能の導入を予定している。(2010/11/17)

価格比較「Googleショッピング」公開
ECサイトを横断検索し、商品の価格比較ができる「Googleショッピング」がβ公開。(2010/10/28)

Googleの検索結果とEvernoteのメモをダブル表示――Chrome拡張機能がバージョンアップ
EvernoteのGoogle Chrome拡張機能がバージョンアップ。Googleの検索結果画面に、検索内容に合致するEvernoteのノート数を同時表示できるようになった。(2010/10/1)

Google、ビジュアル検索ショッピングのLike.comを買収
Googleが買収したLike.comはビジュアル検索と自動マッチング技術を持つ新興企業。主にファッション商品の検索でユーザーを支援し、提携先の小売りサイトに誘導するサービスを運営している。(2010/8/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。