ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「G-SHOCK」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「G-SHOCK」に関する情報が集まったページです。

虹色に輝くG-SHOCK登場 モチーフは「鳳凰」
カシオ計算機は伝説の鳥「鳳凰」をモチーフにデザインした耐衝撃ウォッチ「MTG-B2000PH」を5月に発売する。「G-SHOCK」としては「月虹」「火山雷」に続く3つめのレインボーIPモデル。(2021/3/1)

“骨盤”でランナーの弱点を見抜くサービス カシオとアシックスが3月に開始 専用「G-SHOCK」も
カシオ計算機とアシックスはランナー向けのコーチングサービス「Runmetrix」を3月に始める。腰に装着したモーションセンサーと専用の「G-SHOCK」でランニング中の姿勢を分析、フォーム改善に役立てる。(2021/1/27)

PR:30年を経てフルメタル化 G-SHOCK初のアナログモデル「AW-500」の軌跡
G-SHOCK初のアナログモデル「AW-500」が発売されたのは1989年。30年を経てAW-500をフルメタルで復刻した「AWM-500」が登場した。(2020/12/14)

PR:スマホで「G-SHOCK」をカッコよく撮る方法 「MTG-B2000」はモデルとしても有能だった
新しい時計を手にしたら、そしてすごくカッコよかったらつい写真に撮ってついシェアしたくなるというもの。今回は最新のG-SHOCK「MTG-B2000」を被写体として野趣あふれる写真撮影に挑戦した。スマホで。(2020/9/30)

八村塁選手デザインのG-SHOCK "8"にちなんだオリジナル仕様
プロバスケットボールプレイヤー八村塁選手がデザインを監修した「G-SHOCK」の新モデルが8月8日に発売。価格は6万8200円(税込)。(2020/7/29)

PR:G-SHOCK「フロッグマン」、初のアナログモデルがいま登場した理由
ダイバーなど海のプロフェッショナルが支持するG-SHOCK「FROGMAN」(フロッグマン)。27年の歴史の中で初めてのアナログモデル「GWF-A1000」が登場した。(2020/6/26)

G-SHOCKに「ONE PIECE」「ドラゴンボールZ」コラボモデル
カシオ計算機は、人気アニメ「ONE PIECE」「ドラゴンボールZ」とコラボレーションした「G-SHOCK」を発売する。どちらもベースモデルは「GA-110」。(2020/6/17)

組み込み採用事例:
G-SHOCKの新製品に採用された環境発電用組み込みコントローラー
ルネサス エレクトロニクスの環境発電用組み込みコントローラー「RE」ファミリーが、カシオ計算機「G-SHOCK」の新製品「GBD-H1000」のメインコントローラーに採用された。腕時計の多機能化と低消費電力化の両立に貢献する。(2020/4/10)

G-SHOCKに心拍計・GPS機能搭載の新モデル 健康チェックやトレーニングに対応 5万5000円
カシオ計算機が心拍計とGPS機能を搭載した「G-SHOCK」を4月24日に発売する。価格は5万5000円(税込)。(2020/2/26)

「smartNeji」が目指すもの:
G-SHOCK級のタフネスさを備えた“IoTねじ”が三重苦に直面する現代社会を救う!?
NejiLawとカシオ計算機が共同開発を進めている“IoTねじ”、「smartNeji」とは一体どのようなものなのか。NejiLaw 代表取締役社長で発明家でもある道脇裕氏、そしてカシオ計算機に、smartNeji開発の背景とその狙いについて話を聞いた。(2020/2/4)

コーチは「G-SHOCK」、アシックスとカシオがランナー向けフォーム改善サービス
カシオ計算機とアシックスがウェアラブルデバイスを用いたランナー向けの新サービスを提供する。“走り”の可視化とカスタマイズされたコーチングを目指す。(2020/1/30)

「G-SHOCK」と緊急消防援助隊がコラボ 「隊員の熱い思いとプライドの象徴を宿した」
カシオ計算機が緊急消防援助隊とコラボした「G-SHOCK」を6月に発売する。価格は5万円(税別)。(2020/1/8)

PR:最新G-SHOCK「MTG-B1000XBD」を“分解”してみた そして分かったタフさの秘密と開発者のこだわり
(2019/12/27)

幸福を呼ぶかもしれない耐衝撃ウォッチ、「G-SHOCK」から「MANEKINEKO」
福を呼ぶ招き猫をモチーフにした「G-SHOCK」が登場。ライトを点灯するとウォッチフェイスに招き猫の姿が浮かび上がるモデルも。(2019/12/19)

「トランスフォーマー」×「G-SHOCK」第2弾はマスターネメシスプライム 11月18日から予約抽選販売
ブラック&ブルーグリーンのデザインがかっこいい。(2019/11/18)

カシオ「G-SHOCK」とトランスフォーマーのコラボ商品、第2弾が登場
カシオ計算機とタカラトミーが、腕時計の「G-SHOCK」と変形ロボット「トランスフォーマー」を合体させたコラボレーション商品を発売する。第2弾では、闇に落ちた戦士「マスターネメシスプライム」をモチーフにした。価格は3万円(税別)で、12月7日に発売。(2019/11/7)

「G-SHOCK」技術を生かした「IoTねじ」登場 締め付け強度を測定、インフラ設備の“ゆるみ”を検知
カシオ計算機と工業品メーカーのNejiLawが、締め付けの強度を取得できるIoTセンサーを備えたねじ「SmartNeji」を共同開発すると発表。「G-SHOCK」の開発で培った耐衝撃性、耐振動性を電子回路に応用。インフラ施設など、多様な構造物の強度測定に使用できるという。(2019/11/6)

新たに26件を登録:
「G-SHOCK」「ポータブルCDプレーヤー」「電子オルガン」などが未来技術遺産に
国立科学博物館が「重要科学技術史資料」(愛称:未来技術遺産)を新たに26件登録したと発表。中には腕時計の「G-SHOCK」や世界初の「ポータブルCDプレーヤー」などがある。(2019/9/4)

国立科学博物館の「未来技術遺産」が発表 G-SHOCK、CDプレーヤー、シンセサイザー、など26件が選定
暮らしを変えた重要な存在として、多分野の技術や製品が評価されています。(2019/9/3)

水曜インタビュー劇場(ピカピカ公演):
生産計画2倍! 初のフルメタル「G-SHOCK」は、どのようにして生まれたのか
G-SHOCK初のフルメタル仕様モデル「GMW-B5000」が売れている。2018年4月に発売したところ、すぐに店頭から姿を消して、生産計画を2倍に。G-SHOCKシリーズでこれまでになかったモデルは、どのようにして生まれたのか。担当者に話を聞いたところ……。(2019/7/31)

カシオが「G-SHOCKスマート」に本気 20年度に発売、売上100億円目指す
カシオ計算機は「G-SHOCK」ブランドのスマートウォッチ、通称「G-SHOCKスマート」を2020年度に投入する。「堅牢性を軸としたスマートウォッチのデファクトスタンダードを獲得する」と意気込む。(2019/5/15)

PR:G-SHOCKのデザインを変えた大変革 「カーボンコアガード構造」とは?
カシオ計算機の耐衝撃ウォッチ「G-SHOCK」に大きな変化が起きようとしている。「GRAVITYMASTER」(グラビティマスター)の新製品「GWR-B1000」は、新しい「カーボンコアガード構造」を採用。耐衝撃性を維持しながら従来のイメージを覆す「ボタンガードレスデザイン」を実現している。(2019/3/27)

カシオ、新しい耐衝撃構造の「G-SHOCK」発売 ボタンガードが不要に
カシオ計算機が新しい「カーボンコアガード構造」を採用した“GRAVITYMASTER”を発売。従来のイメージを覆す、ボタンガードのないデザインとなった。(2019/2/27)

矢野渉の「金属魂」特別編:
PR:金属をまとった「G-SHOCK」――懐古と先進と
35年の歳月を経て登場した初代「G-SHOCK」の金属バージョン「GMW-B5000」。そして最新技術で新しい耐衝撃構造を実現したクロノグラフ「MTG-B1000D」。趣きの異なる2つの腕時計をカメラマンの目線で探ると新しい魅力が見えてきた。(2018/11/29)

「G-SHOCK」とコラボしたトランスフォーマーが誕生 “至高の時計”と共鳴合体するアツい展開……!
G-SHOCKとの合体が無類の防御力を誇るトランスフォーマーを生み出す……!(2018/11/17)

カシオ「G-SHOCK」とトランスフォーマーが合体 35周年でコラボ
カシオ「G-SHOCK」とトランスフォーマーの変形ロボットが一体化したコレボ商品が登場。両製品の35周年を記念したもの。(2018/11/16)

胸に時計を装着:
G-SHOCKとトランスフォーマーがコラボ 腕時計と「オプティマス」が変形合体
G-SHOCK・トランスフォーマーがコラボ。「オプティマスプライム」のフィギュアと合体できる腕時計を12月8日に発売する。希望小売価格はセットで税別2万9000円。(2018/11/16)

成形技術:
カシオが初代G-SHOCKのベゼルを光成形で、しかもリアルな素材を使って複製
カシオ計算機(カシオ)は2018年10月31日、初代「G-SHOCK」機種の期間限定レストア(修復)サービスを開始すると発表した。対象機種は1983年に発売した「DW-5000C」と1987年に発売した「DW-5600C」で、対象部品はベゼル(時計の盤面周辺にあるカバー)とバンド、電池。(2018/10/31)

PR:海難救助のプロが認めた潜水カエル——G-SHOCK「フロッグマン」25年間の軌跡
1993年の「DW-6300」に始まるG-SHOCK「フロッグマン」。電波ソーラーへの進化や独自の水深センサー開発など多くの変革をへて海難救助のプロ御用達になった。その歴史を振り返る(2018/9/25)

PR:メタルと樹脂の劇的融合 “G-SHOCK”「MTG-B1000」開発陣の挑戦
今までよりも踏み込んだサイズダウンに取り組み、新しい耐衝撃構造に行き着いた“G-SHOCK”「MT-G」の新製品「MTG-B1000」。その詳細と経緯について、カシオ計算機で商品企画を担当する牛山和人氏とデザイナーの正林盛次氏に話を聞いた。(2018/6/14)

PR:「G-SHOCK」のニューフェイス、タフでスタイリッシュな「G-SQUAD」を“相棒”に街歩き
カシオの「G-SHOCK」シリーズに、歩数計機能を内蔵し、スマホとの連携も可能な“G-SQUAD”「GBA-800」が加わった。スポーツはもちろん海外取材の際にも身に着け、相棒のように過ごしたので、そこで体験したGBA-800の魅力をリポートしよう。(2018/3/26)

PR:タフなだけじゃなかった! GPSナビにスマホ連携——G-SHOCK レンジマンの先端技術
カシオ入魂の新しい「G-SHOCK RANGEMAN」。GPSナビを搭載し、さらに活躍の幅を広げるために詰め込まれた新技術の数々とは? 羽村技術センターでその詳細を聞いた。(2018/3/7)

CES 2018:
ごつい! タフネス! スマート! カシオが最新「G-SHOCK RANGEMAN」を披露
カシオが「CES 2018」で耐衝撃ウォッチ「G-SHOCK RANGEMAN」(レンジマン)シリーズの最新モデル「GPR-B1000」を初披露。GPSナビゲーション機能を搭載し、スマートフォン連携にも対応する。(2018/1/12)

G-SHOCKの新モデルに搭載:
0.05mmの組み込みずれも許さない、カシオ新型モジュールへの挑戦
カシオ計算機は、耐衝撃ウォッチ「G-SHOCK」の新モデル「GPW-2000」を発売する。標準電波とGPS電波に加え、スマートフォン経由で接続したタイムサーバからも最新の時刻を取得する仕組みを搭載した。その肝となる技術が、カシオがGPW-2000のために開発した新モジュール「Connected エンジン 3-way」だ。同モジュールの開発にまつわる話を聞くと、腕時計に対するカシオのこだわりが見えてくる。(2017/5/19)

ビジネスギア探訪:
スマートウォッチはビジネスに使える? その1 Bluetooth対応G-SHOCKを試す
Apple Watchなどさまざまな種類が登場したスマートウォッチは、ビジネスシーンでどれだけ使えるものでしょうか。ビジネスギア好きの筆者が注目した2つのモデルについて検証しました。今回はBluetooth対応のG-SHOCKを試してみます。(2016/12/3)

カシオの企画・開発担当者に聞く:
PR:7年ぶり登場したG-SHOCK「FROGMAN」は、どう進化したのか
2016年6月、7年ぶりにG-SHOCK「FROGMAN」のニューモデルが登場した。これまでのモデルと違ってどのような機能が搭載されているのか。企画・開発に携わったカシオ計算機・時計事業部の担当者に話を聞いた。(2016/9/13)

カシオ開発者に聞く:
PR:どのようにして開発したのか? G-SHOCKとPRO TREKに搭載されている「磁気センサー」
カシオの腕時計「G-SHOCK」と「PRO TREK」に最新の「磁気センサー」を搭載したモデルが登場した。タフな環境の中でも、方位計を正確に使いたい。そのようなニーズに応えるために、カシオの開発陣はどのような工夫を凝らしたのか。話を聞いた。(2016/8/5)

「0から1を生み出す」とは――G-SHOCKの父から教わる“発明”の原点
G-SHOCKを開発したカシオ計算機の伊部菊雄氏が、樫尾俊雄発明記念館がある成城の明正小学校のワークショップに登壇。子どもたちに発明の極意を教えた。(2016/8/4)

G-SHOCKを使ってた頃を思い出す カシオのスマートウォッチとアウトドアを楽しむ
カシオ計算機が満を持して開発したAndroid Wear搭載の「Smart Outdoor Watch WSD-F10」。個性的なこのスマートウォッチの使い勝手はどんなものか、カシオのフリースタイルデジカメ「Outdoor Recorder EX-FR100」と一緒に遊ぶとどう楽しいか、いろいろ試してみた。(2016/4/24)

水深計を初めて搭載した「G-SHOCK FROGMAN」、その特徴は?
カシオ計算機は6月10日に、過酷な水中でのミッションを支える3つのセンサーを搭載したダイバーズウオッチ「G-SHOCK FROGMAN(フロッグマン)GWF-D1000」を発売する。(2016/3/18)

水曜インタビュー劇場(G-SHOCK公演):
この機能って必要? そう感じても「G-SHOCK」が欲しくなる理由
カシオ計算機のG-SHOCKが売れている。パンフレットをみると、さまざまな機能が搭載されているが、スーツを着ているサラリーマンには「これ必要なの?」と思えるようなものばかり。それでも、売れている理由を探っていくと……。(2015/9/9)

過酷なシーンで活躍する、G-SHOCKの新製品「MUDMASTER GWG-1000」
カシオ計算機は8月7日、G-SHOCKの新製品「MUDMASTER(マッドマスター)GWG-1000」を発売した。(2015/8/7)

消防局コラボのG-SHOCK発売 オレンジのカラーリングがカッコよくて燃える!
タフな男に似合うやつ。(2015/7/2)

軽量化と堅牢性を実現:
ベゼルに64チタンを採用した、G-SHOCK「GPW-1000T」を発売
カシオ計算機は6月12日に、G-SHOCKの新製品「GPW-1000T」を発売する。(2015/5/21)

カシオ計算機の2015年度時計事業戦略:
今のスマートウオッチは「スマート」じゃない――デジタルだからこそ実現できる針の表現力とは?
GPSハイブリッド電波ソーラー搭載のOCEANUSやG-SHOCK、スマートフォン連携機能を持つEDIFICEなど、高機能アナログクロノグラフをリリースするカシオ。2015シーズンの新作のキーワードは、デジタルで駆動される針が見せる“表情”にあるという。(2015/3/31)

カシオ2015年春夏新作ウオッチ展示会:
高機能ハイエンドのバリエーションが多彩に――最新G-SHOCK & OCEANUS
G-SHOCK+OCEANUSで「GPS+標準電波」のハイブリッド時刻取得機能を、G-SHOCK+EDIFICEで「スマートフォン連携」というコンセプトを推し進めるカシオの腕時計。2015年春夏モデルは何に力を入れているのか? 新作発表会で見かけた注目モデルを紹介しよう。(2015/3/30)

BASEL WORLD 2015:
カシオ、GPS対応のG-SHOCKや最上位モデル「MR-G」のバーゼルスペシャルを発表
スイス・バーゼルで開かれた世界最大の時計見本市「バーゼルワールド」。カシオはG-SHOCKやOCEANUSのバーゼルスペシャルモデルを出品した。(2015/3/24)

「シャア専用G-SHOCK」発売――見せてもらおうか、カシオのGのタフネス性能とやらを
赤い彗星のG-SHOCK。(2014/12/17)

見せてもらおうか、その性能とやらを!:
「シャア専用 G-SHOCK」抽選販売受付開始――機動戦士ガンダム35周年記念商品
「G-SHOCK」と「機動戦士ガンダム」のコラボモデルとして「シャア専用 G-SHOCK」が登場。今回は、抽選販売だ。申込み期間は2014年12月17日〜2015年1月7日、価格は1万9800円(税別)。(2014/12/17)

深紅の「シャア専用 G-SHOCK」 数量限定販売
“赤い彗星のG-SHOCK”をコンセプトに、モビルスーツをイメージした「シャア専用 G-SHOCK」が数量限定で抽選販売される。(2014/12/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。