ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「秘文」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「秘文」に関する情報が集まったページです。

2つの独自エンジンで未知の脅威の検知と誤検知の抑制を両立:
PR:内部脅威と戦う日立流のセキュリティ対策とは
セキュリティ対策は、侵入や感染を防ぐ入口対策だけでは不十分だ。脅威に侵入されることを前提として、いかに早期に発見・対処するかが重要課題となっている。本稿では、サイバー攻撃の「拡散」に着目して被害を防ぐ新しい内部脅威対策について紹介しよう。(2017/1/23)

日立製作所、サイバー攻撃の拡散検知ソフトを強化 監視能力を向上
「拡散活動検知ソフトウェア」に機能を追加し、「VMware NSX」や「JP1」と連携する。(2016/12/22)

現場に寄り添うソリューションでなければ意味がない:
PR:ユーザーに多くを求めず、マルウェアへの対処を自動化する――日立ソリューションズとトレンドマイクロ、連携の真意とは
2016年7月、マルウェア検知/自動遮断のためのソリューションを共同で発表した日立ソリューションズとトレンドマイクロ。その狙いは何なのか? 両社のキーマンに聞いた。(2016/12/20)

PR:暗号化ソフトがマルウェア対策! どういうこと?
多数の日本企業に導入されている暗号化ソフトの「秘文」が、なんとマルウェア対策を実現したというのだ。「検知するの?」「駆除できるの?」――機密情報の漏えいを防ぐ「秘文」が手にした新たな情報保護のチカラを紹介する。(2016/9/26)

異常検知と通信の自動遮断をワンストップで提供:
トレンドマイクロと日立ソリューションズ、マルウェア感染防御ソリューションで連携
トレンドマイクロと日立ソリューションズは、「マルウェアの感染拡大を防止」するソリューションを共同開発。2016年8月より販売を開始する。(2016/7/27)

@ITマイナンバーセキュリティセミナーレポート:
マイナンバー対応は「騒ぎ過ぎず、楽観し過ぎず」で
2016年1月からいよいよ正式に開始されたマイナンバー制度。関連する詐欺が発生したり、重複して番号が発行されたりと、何かと話題は尽きない。一方企業側での対応はどうだろうか。幾つかの調査結果によると、既にマイナンバー対応の取り組みを進める企業がある一方で、中小企業を中心に「まだこれから」「具体的にどうすればいいか分からない」という段階の企業も少なくない。こうした悩みに対する指針を示すセミナーの模様をお届けする。(2016/2/24)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2015年6月版:
日本年金機構が標的型攻撃を受ける――これは対岸の火事ではない?
また大きな事件が起きてしまいました。しかしこれは日本年金機構の問題だけではなさそうです。そして無線LAN乗っ取りで逮捕者が。これも大きな事件のきっかけにすぎませんでした……。(2015/7/10)

暗号化ソフト「秘文」が刷新、マルウェア対策を搭載
日立ソリューションズが情報漏えい対策製品「秘文」を刷新する。(2015/6/24)

マイナンバー対策、番号管理からセキュリティまでをトータルで 日立ソリューションズが提供
日立ソリューションズが、マイナンバーの管理からセキュリティ対策までをトータルで支援するサービス「マイナンバーソリューション」を提供開始した。(2015/4/17)

「都心の植物工場」と社員に優しいオフィス パソナが採用した「社内無線LAN化」の考え方
人材サービス大手のパソナなどを展開するパソナグループは、緑化した職場環境を整えた本社「アーバンファーム」をはじめ、社員のライフスタイルに合わせた働き方/ダイバーシティの取り組みを積極推進することで知られる。この一環として導入した「全社無線LAN化」の考え方とは。(2015/3/23)

日立ソリューションズが「秘文」を刷新、ファイル拡散を防ぐ新製品も
企業間連携の拡大やセキュリティ脅威の複雑化を背景に、情報漏えい防止ソリューション「秘文」のコンセプトを刷新し、製品体系を2015年春に一新する。(2014/11/27)

ストレージとミドルウェアのプロに聞く:
PR:データ増加への“現実解”、それはオンプレミスとクラウドのハイブリッド環境だ!
企業のファイルストレージはクラウドを活用する時代に入りつつある。しかし、セキュリティ対策や費用対効果などの面で導入をためらう企業が多いのも事実だ。メリットを最大化しリスクをヘッジできる“現実的”なストレージ環境をどうすれば構築できるのか。ストレージとミドルウェアの専門家に聞いた。(2014/11/19)

場所を問わずに使えるのは当たり前:
クラウド? オンプレミス? これからのコンテンツ共有の在り方とは
最近、従業員がIT管理者に無断でクラウドサービスなどを利用して情報を共有してしまう、いわゆる「シャドーIT」が課題となっている。セキュリティを保ちながら、クラウドベースのコンテンツ管理の利便性を享受するポイントはどこにあるのか、Japan IT Weekの会場で探ってみた。(2014/5/21)

企業内ストレージとAmazon S3の連携サービス、日立ソリューションズが提供
日立ソリューションズは、企業内のストレージとAmazon S3を連携させるストレージクラウドサービス「活文 Hybrid Storage Manager」を提供する。(2014/3/5)

日立グループ、AWSとクラウドサービス連携を本格始動
日立グループ各社の製品のAWS対応を推進するほか、ハイブリットクラウドやSAP製品のAWS上での構築、認定技術者の育成などを進める。(2013/6/3)

ホワイトペーパー:
メールやWebを経由した情報持ち出しリスクを防ぐ
サイバー攻撃の一種、標的型攻撃を例としたメールやWeb経由の情報流出は脅威である。クライアントに情報を持たないVDI環境であっても誤送信対策やWebへのアップロード対策は必須だ。6000社以上の実績のある秘文シリーズでの対策を紹介する。(2013/5/10)

「クラウドの利便性と安全性を両立」と:
Dropboxに保存するデータを透過的に暗号化、「秘文」に新製品
日立ソリューションズは4月22日、情報流出などのリスクに備え、クラウドストレージサービスに保存したデータを暗号化する「秘文 Cloud Data Protection」を発表した。(2013/4/22)

暗号化ソフト「秘文」がクラウドストレージに対応、Dropboxなどで利用可能に
日立ソリューションズは暗号化ソフト「秘文」の新バージョンを発表。クラウドストレージサービスでのデータの保護をできるようにした。(2013/4/22)

AndroidやVDIに対応の「秘文」最新版――日立ソリューションズ
オフィスの外でも業務データを使うシーンが広がっていることから、製品ライアンアップを拡充している。(2012/4/23)

イメーション、暗号化ソフト「秘文」付きのセキュリティUSBソフト
イメーションは、日立ソリューションズ製「秘文LE Personal Office」を導入したUSBメモリ「Personal Office F150」を発売する。(2012/2/20)

“2010年のvPro”でビジネスの転換点をクリアせよ
2006年の登場以降、毎年新技術を導入してきたvPro。2010年で導入された新機能を米Intelの幹部がアピールする。(2010/4/7)

インテルの新vPro、PCセキュリティとヘルプデスク機能を強化
2010年の企業向けPCに搭載されるvPro技術の新機能をインテルが発表した。(2010/4/7)

NEWS
日立ソフト、専用USBメモリで社外PCをオフィス環境に変えるセキュリティソフト
日立ソフトは社内データを暗号化して社外に持ち出せるソフト「秘文 LE Personal Office」を2月26日から発売する。(2010/1/13)

日立ソフト、「秘文」にPC1台から使える新シリーズ
日立ソフトは、データ暗号化製品群「秘文」にPC1台から導入・運用ができる「LEシリーズ」を追加した。中堅・中小企業での利用を見込む。(2010/1/12)

特集:セキュアなドキュメント流通を目指して(3):
利用者が意識しないように設計するのがキモ
本特集では、ここまででリスク分析を行い自社の弱点をまず見極め、そのうえで弱点を補うためのポリシー設定を行うべきだと説明してきた。今回からは、各ベンダにポリシー策定を実行に移すためのポイントなどを聞いていく。第1弾はJP1などを提供している日立製作所に話を聞いた。(2009/12/21)

漏えいの影響を小さくする新機能:
日立ソフト、メール誤送信防止機能を強化した「MaCoTo」を発売
日立ソフトは、電子メールの誤送信対策ソフト「MaCoTo」に平文メールの送信防止機能などを追加した。(2009/5/14)

ファイル単位の情報管理も:
スマートフォンなども管理下に、日立ソフトが秘文の最新版
日立ソフトはデータ暗号化ソフト「秘文」の最新版を発売。対応デバイスを大幅に拡充した。(2009/5/7)

不正アクセス、盗難に強いモバイルコンピューティングとは?
“情報漏えいシンドローム”に負けないモバイルアクセス
情報漏えいへの懸念からノートPCなどの持ち出しを禁止する企業も、今後は不測の事態における事業継続性も考えねばならない。モバイルアクセスを封印せずに積極活用するための方策を示そう。(2009/4/16)

往時の半額以下で導入可能?:
ブレードPCはコスト・運用負荷軽減の決定打になるか
各企業ともクライアントPC管理の厳格化を進めているが、従来型PCに対しその機能を制限したり、使用状況を管理したりするのは手間もかかるし、ユーザーに負担を強いることにもなる。解決の糸口として期待されているのがシンクライアントである――。(2009/2/23)

PCログ監視システムに関するアンケート結果リポート
PCログ監視システムのユーザーは「費用対効果より機能重視」
TechTargetジャパンでは今回、PCログ監視システムに関する会員アンケートを実施した。管理・リポート機能を重視し、情報漏えい防止などセキュリティ対策としての導入効果を見込むユーザーが多いようだ。(2009/2/6)

監査ガイド、レポートテンプレートを提供:
「秘文」のログ監査を容易に、日立ソフトが支援製品
(2009/1/19)

監査などに活用へ:
日立ソフト、「秘文」製品のログ監査ツールを発売
日立ソフトは、暗号化などのセキュリティ製品群「秘文」のログを監査するためのツールを発売する。(2009/1/19)

NEWS
クリアスウィフトと日立ソフト、DLP分野の新製品開発に合意
両社の技術・製品を連携させ、機密情報の無断持ち出しを防止するDLPソリューションを2008年度内をめどに開発する。(2008/11/17)

IT統制の本番はこれからだ!:
PR:統計で理解――クライアントPC管理のイロハ
基幹業務システムや情報系システムのIT統制が進む中、多くの企業はクライアントPC管理を次の課題として位置付け、IT部門の主導によるクライアントPC管理に取り組み始めている。では、一元的なクライアントPC管理を実施するには、どのようなソリューションが必要だろうか。(2008/9/1)

外部システムとも容易に連携:
日立ソフト、Ajax採用のWebコラボレーション製品を発売
Ajaxによる優れた操作性と、外部のサービスと連携できるマッシュアップ機能を持つWebコラボレーション製品を日立ソフトが発売した。(2008/7/7)

「メール送信の怖さを知って欲しい」、クリアスウィフトがSMB市場に本格参入
クリアスウィフトは、SMB向けの電子メールおよびWebセキュリティ機能のパッケージを発表。情報漏えい対策製品として展開する。(2008/5/13)

日立ソフト、ログ管理ソフトを使った新サービス
日立ソフトは、米SenSageのログ管理ソフトウェア「SenSage Enterprise Security Analytics」を使用した統合ログ管理ソリューションの提供を始めた。(2007/12/17)

NEWS
日立ソフト、「SenSage」を使用した統合ログ管理ソリューションを発売
ログ管理ソフト「SenSage Enterprise Security Analytics(以下、SenSage)」を使用し、コンサルから設計・構築・運用支援までをサポートする統合ログ管理ソリューションを販売。幅広い業種のコンプライアンス経営強化を支援(2007/12/17)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
限りなくゼロに近いリスクを追い求める
現場のITリスクを把握してルールを可視化し、運用および管理しながらリスクをゼロに近付ける努力をする。「ITmediaエグゼクティブセミナー」で日立ソフトの松江芳夫氏が情報漏えい対策のポイントを解説した。(2007/10/25)

日立uVALUEコンベンション2007:
リビング、街中、ビジネス、携帯……通天閣やポケモンも支える日立の“身近”な技術
日立製作所のグループ内展示イベント「日立 uVALUEコンベンション2007」が東京国際フォーラムで開幕。ハイビジョンテレビや通信・産業技術のほか、同社のCSR活動なども広く展示する。開催は7月26日まで。(2007/7/25)

RSA Conference Japan 2007:
流出事故は「起こることを前提」で日立が推進する情報漏えい対策
RSA Conference 2007の講演で、ITガバナンスに基づきグループ企業全体としてどのような情報漏えい対策を実施しているか、日立製作所が語った。(2007/4/27)

日立ソフト、「秘文」の機能強化版を発表
(2007/4/27)

NEWS
日立ソフトが「秘文」を機能強化、情報漏えい抑止の新製品も発売
日立ソフトが、情報漏えい防止ソリューション「秘文」シリーズの機能強化版「秘文Ver.7.8」、および透かし印刷による情報漏えい抑止製品「Watermark Print for 秘文」を発売する。(2007/4/26)

紛失対策からウイルス対策まで――ここまでできるモバイルセキュリティ
企業のモバイル導入でまず用意するのがセキュリティ。紛失時の情報保護から安全なアクセス、ウイルス対策まで、モバイルセキュリティを提供するベンダー各社の特色をまとめてみた。(2007/4/17)

日立電サがログ統合管理ソリューションを強化、「JP1」「秘文」との連携を実現
日立電子サービスは、セキュリティログの統合管理ソリューション「SecureEagle/SIM」と「JP1」「秘文」などとの連携機能を強化した。(2007/4/5)

技術者不足に対応した収益構造の改善:
日立ソフトウェアエンジニアリング 代表執行役 執行役社長兼取締役 小野功氏――「1対N」型事業モデルを強化
国内のIT需要増加に伴い、システム開発を行うITサービス会社の業績は好調に推移しているが、一方で競争の激化や技術者不足がますます深刻な問題となっている。そうした中、ITサービス会社として確固たる地歩を築いている日立ソフトウェアエンジニアリング(以下、日立ソフト)が、その対策も含めて新たな戦略展開に力を入れている。同社の小野功社長にそのポイントを聞いた。(2007/2/21)

モバイルセキュリティに「秘文」は轟くのか
法人向け暗号化ソフト「秘文」シリーズを展開する日立ソフトがモバイルセキュリティ分野に進出する。クライアントPCの暗号化ソフト市場でシェアの過半数を握る同社は、モバイルという新たな市場でも成功を収めるのだろうか。(2007/1/31)

セキュリティ機器とクライアントPCのログを包括的に監視し分析、日立電サ
日立電子サービスは3月30日より、同社のセキュリティ管理/分析サービス「SecureEagle/SIM」に、日立ソフトの「秘文MEシリーズ」を連携させた新しいサービスを開始する。(2007/1/25)

日立ソフトがW-ZERO3などのモバイルセキュリティに本格参入
日立ソフトは、Pointsec製品のOEM供給を受けてWindows Mobile搭載のスマートフォン向け認証/暗号化ソフトを発売した。(2007/1/16)

日立電サ、データ保護システムで顧客からの持ち帰り情報の漏洩防止
日立電子サービスは、顧客から預かった情報の保護を目的に、USBメモリなど外部媒体に保存されたデータの暗号化システム「CarrySafe」を導入した。(2006/12/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。